東京大学医学部不正疑惑論文調査の懐疑点 

東京大学分子細胞生物学研究所は解体か、などというショッキングな記事が出る一方で、東京大学医学部に関する調査結果が全く報道されていません。多くの人の頭の中でさまざまな疑問が渦巻いているようです。 東大は2年前の大量疑義事件の時に医学系の予備調査の結果をすぐに公表したが、今回は公表しない。不正を認定したのか、不正なしの理由の公表が不都合だからだろうか。https://t.co/FXxPGbAM33 — 世界変動展望 著者 (@lemonstoism) 2017年6月25日 東大の公式発表を待たずになぜ分生研の渡邊教授の不正認定だけがニュースとして出てくるのかが非常に謎。何かオカシくね?なぜ東大医学部論文の不正認定の有無がニュースにならないんだろう。こんなハチャメチャなことやっているのに。東大の意図は? https://t.co/bhYH3q0wbr — 日本の科学と技術 (@scitechjp) 2017年6月22日 University of Tokyo scientist hit by anonymous allegations fights back https://t.co/aHOfaca5xg 分生研渡辺氏の論文疑惑Scienceで報じられてしまった。医学部の方が深刻な問題なのに! — Green Flash (@EastSNW) 2017年6月22日 東大は分生研解体するなら医学部もじゃない。 — arune (@arunecos) 2017年6月21日   145名無しゲノムのクローンさん2017/06/21(水) 07:19:52.49ID:68TQvxw80 「ソフトの仕様で押し通す予定!笑」 「逆に堂々とできるキッカケになるかも」 「私はそう思ってるよ」 「よし!」 「そうとしか思えない」 「ありがとうOrdinary researchers!」 「オフィシャルになるだけ!ありがとうOrdinary researchers!」 「感謝しよう!」 「うん!」「それに不正じゃありません!」 「うん!」 「捏造でもありません!」 「うん!」 「Ordinary researchers!」   東大の論文不正疑義の件、分生研の方はクロ判定をしましたが、医学部のの方はシロ判定の様子です。このシロ判定には学内外から疑問の声が挙がっています。 […]