「 月別アーカイブ:2016年04月 」 一覧

no image

生命医科学論文20,621報のうち782報(3.8%)で、同一データ画像を論文中の他の実験の図にも使用していることが判明

同一画像を不適切に使用した生命医科学論文の蔓延ぶりを、スタンフォード大学の研究者らが2016年4月20日にbioRxivにて報告しました。 この報告の内容の一部をまとめると、 1995年から2014年の間に40の学術誌(14の出版社)に掲載された、ウエスタンブロットの実験を含む20,621報の論文をピックアップし、論文中の画像データを目視により調べた。 調査対象とした20,621報のうち、782報(3.8%)の論文が、同一の画像データを論文中の別の実験の図においても使用していた。 同一画像データ重複使用論文のファーストオーサーおよびラストオーサーの他の論文を調べたところ、やはり同一画像データの重複使用を行っている割合が有意に高かった。 カテゴリーI:単純な重複使用。典型的な例は、ローディングコントロールとして用いたβアクチンの画像の使いまわし。ケアレスミスの可能性もあるが、実験をせずにデータを捏造した可能性がある。(下図参照) カテゴリーII:位置をずらしての再利用。位置をずらしたり、回転させたり、反転させたりして利用。意図的な行為と考えられるため、研究不正の可能性が高い。(下図参照) カテゴリーIII:画像データに変更を加えて再利用。意図的な行為と考えられるため、研究不正の可能性が高い。(下図参照) 782報の”問題あり”論文のうち、230報(29.4%)がカテゴリーIの単純な重複を含んでいた。356報(45.5%)がカテゴリーII,196報(25.1%)がカテゴリーIIIの問題を含んでいた。 論文:The Prevalence of Inappropriate Image Duplication in Biomedical Research Publications. Elisabeth M Bik, Arturo Casadevall, Ferric C Fang bioRxiv doi: http://dx.doi.org/10.1101/049452 カテゴリーI(単純な再利用)の例 (引用元:The Prevalence of Inappropriate Image Duplication in Biomedical Research …

沼研の伝説的なエピソード : 沼 正作 博士 (1929-1992)

  2016/04/22    研究の進め方

沼正作博士は、神経伝達物質の受容体やイオンチャネル等の一次構造を次々と決定していき、脳内で働くさまざまな神経機能素子の分子的実体や構造機能相関を明らかにすることにおいて多大な貢献をした科学者です。あの怒涛の業績を産み出した沼研では、どのように研究が進められていたのでしょうか?当時、京都大学医化学教室(医化学第二講座) 沼 研究室で活躍された研究者の方々が語るエピソードには、非常に興味深いものがあります。   研究に対する厳しさ 大学院に入って数日後に 「君,もう大学院をやめなさ い」 と言われました。当時私の研究していた酵素は室温で数秒で失活する酵素で,私が不安定を言い訳の材料にしたことに沼先生は激怒しました。  (医 化 学 教 室 と 私) フラコレが夜中にとまって活性画分を失ったとき: 「何でや。」 「フラコレがとまっておりました。」 「君なんでみとらんのや。フラコレなんて故障するにきまっとる。夜中じゅう起きてチェックするのが当然で私はいつもそうしてますよ。」 (医 化 学 教 室 と 私) 「コンピューターに間違いはつきもの。ヌクレオチドシークエンスをアミノ酸に読み替えるのは,目で全部チェックしないとコンピューター間違えますからね。今までずっとそうしてきましたから。そのおかげで,これまでの論文1つも間違いがありませんわ。」 (医 化 学 教 室 と 私) 沼 先生が風邪を引いたヒトに向かってよく言っていたことですが, 「緊張感が足りないと風邪を引きます。緊張感を保って ACTH を分泌するようにしておけば風邪は引きませんよ。従って私は風邪を引いたことがない。」 …

自分は研究に向いているか? を知る14の質問

  2016/04/18    研究の進め方

大学院博士課程進学などの進路を決めるにあたって、自分は研究者になれるだろうか?研究者に向いているだろうか?と悩む人は多いと思います。 プロローグ 一つの現実的な方法は、どんな人間ならば研究者として雇われるのか、募集要項を見てみることです。 【募集職種】 職  種:研究員 【応募資格】 博士号取得者または着任までに取得見込みの方で、協調性、積極性、冒険心、高い向学心、幅広い好奇心、柔軟な思考、明朗な性格、鋭い洞察力、爆発的な瞬発力、驚異的な持久力、信念宿る強靭な肉体、不屈の精神、そして散り際の潔さ、これら全てを兼ね備えている方、またはこれらの項目の内、幾つかを有している方。 【待  遇】 単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。‥ 平成25年(2013年)4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。 (web.archive.org)(内容の一部のみ転載。太字・下線強調は当サイト) いかがでしょうか?こんなスーパーマンのような完璧な人間であっても、限られた期間内に結果が出せなければ、それでお終いです。寺田寅彦が『科学者とあたま』で、「科学もやはり頭の悪い命知らずの死骸の山の上に築かれた殿堂であり、血の川のほとりに咲いた花園である。」と述べていますが、まさにそういう場所です。さて、こんな世界に飛び込んでみたいと思いましたか?   68 :名無しさん@おーぷん :2015/04/25(土)18:06:05 ID:Tbi × 研究に向いている人ってどんな人? 70 :名無しさん@おーぷん :2015/04/25(土)18:07:33 ID:Qy1 >>68 ムラがなくてコンスタントに努力ができて、無理しすぎない人かな そして真面目によく勉強して信念がある人 (研究者だけど質問ある? open2ch.net)   現在の日本における研究者の生き残りレースがどれほど熾烈かを十分理解しておくことも必要です。 トップジャーナル(C,N,Sのすぐ下の姉妹紙)に論文を出してるような研究者でも任期付きの職から脱出できず、”人たるに値する生活”を得るのに苦労している現状は、異常としか言いようがない。労基法1「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。」 https://t.co/dqX0EDllEo — 日本の科学と技術 (@scitechjp) 2018年4月2日 助教の公募をやったら、すぐに多数のCNSや姉妹紙の1st author持ちの志望者が殺到するような異様な世界で、「好き」なだけでどうして生き残れるのか。 志望者達はみんな研究は好きな人ばっかりだよ。でも採用されるのは — pkm …

no image

恒星間航行を実現へ:光速の20%の速さで航行する極小宇宙船団プロジェクトを、ロシアの大富豪ユーリ・ミルナー氏が発表

  2016/04/15    宇宙開発・天文学

手のひらサイズの宇宙船団「ナノクラフト」を建造して太陽以外の他の星に到達させるプロジェクトをロシア人大富豪ユーリ・ミルナーが発表しました。ナノクラフトに搭載したカメラで撮影した画像を地球に送ってくるというものです。宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士もこのプロジェクトに参加します。 ナノクラフトが目指す恒星として選ばれたのは、太陽に最も近いケンタウルス座アルファ星ですが、それでも4.4光年の距離があります。しかし、このナノクラフトを光速の20%の速さで航行させれば20年で到達でき、自分たちが生きている間にこのプロジェクトの成果が得られるという目論見です。夢物語でしかなかった恒星間航行が、現実味を帯びてきました。 プロジェクトを説明するユーリ・ミルナー(Yuri Milner)氏。 Stephen Hawking space “Breakthrough Starshot” (1時間12分55秒) 参考 アルファ・ケンタウリにナノ探査ロボット群を送るStarshot計画発足。20年以内が目標、ホーキング博士とFacebookのザッカーバーグ、ロシア富豪が推進(engadget日本語版 BY Ittousai 2016年04月13日):”ロシアの実業家 Yuri Milner とスティーブン・ホーキング博士が、太陽系から約4.3光年離れたアルファ・ケンタウリへ20年かけて探査機を送る恒星間探査計画 Breakthrough Starshot を発表しました。わずか20年で隣の恒星系に到達するために、推進方式には光推進システムを採用。地上に巨大なレーザー発振設備「ライトビーマー」を多数建造し、宇宙に浮かぶわずか数グラムの超小型探査機「ナノクラフト」群が展開するライトセイルに100ギガワット級のレーザー光線を照射することで、一気に光速の20%ま で加速する構想です。” Reaching for the Stars, Across 4.37 Light-Years (New York Times, By DENNIS OVERBYE APRIL 12, 2016) :”Can you fly …

no image

AI研究拠点センター長に杉山 将 東大教授(41)

文部科学省が2016年4月に新設する人工知能(AI)研究拠点「AIP(Advanced Integrated Intelligence Platform Project)センター」のセンター長には、東京大学の杉山将教授 (41歳)が就任することになりました。 これまでの日経の報道をまとめると、AIPの概要は、 「人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト」政策の中核に 2016年度の研究予算は14億5000万円 研究者やスタッフを合わせた全体で約100人規模(人選はこれから)。研究員の約3割は海外から。 米カーネギーメロン大学の金出武雄教授(70歳)が特別顧問 研究員は常勤の研究者をはじめ、東京大学を中心に東北大学、東京工業大学、慶應義塾大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、さらに学長がAIの研究家で同分野に力を入れている公立はこだて未来大学などから、クロスアポイントメント制度を活用して確保(日経新聞2015/12/8) AIPセンターは文部科学省所轄の理化学研究所に設立するがクロスアポイントメント制度を考慮して、利便性の高い都心部に(日経新聞2015/12/8) 経産省の産業技術総合研究所人工知能研究センター(辻井潤一センター長)、総務省の情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター(柳田敏雄センター長)と文科省のAIPの3省連携のための司令塔となる組織を設立しその議長には日本学術振興会の安西祐一郎理事長が就任 参考 文科省の「AI研究」新拠点 トップに東大41歳教授 (日本経済新聞 2016/4/9) :”文部科学省が所管する理化学研究所に4月に新設する、国内最大級の人工知能(AI)研究拠点「AIP(Advanced Integrated Intelligence Platform Project)センター」のトップ人事が、今週正式に発表される。センター長には、機械学習などの基礎理論で国際的に活躍している東京大学の杉山将教授 (41歳)が就任する見通しだ。” 文科省の新設AI研 トップ人事に気をもむ研究者の本音(日本経済新聞 2015/12/8):”AIPセンターのセンター長候補として名前が挙がっているのは、国立情報学研究所の喜連川優所長(60歳)をはじめ、日本学術振興会の安西祐一郎理事長(69歳)、前・国立国会図書館長の長尾真氏(79歳)ほか数人だ。”