「 サイエンスコミュニケーション 」 一覧

no image

STAP細胞NATURE論文捏造事件の理研中間報告会見に対するリアルタイムな世間の反応

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)の研究者らが関与したSTAP細胞NATURE論文捏造事件の中間報告が2014年3月14日に理化学研究所により行われ、ニコニコ動画で生放送されました。匿名掲示板2ちゃんねるでは、専門分野の人たちがこの会見に対する感想をリアルタイムで書き込んでいきました。最初から結論ありきの調査報告に憤りのコメントが多数寄せられましたが、記者会見に臨んだ5名の方々が4時間ぶっ通しという長時間の会見の疲労にもかかわらず最後まで真摯に答えていたことや一人ひとりの本音が見えてくる部分もあったことから、会見を行ったことに対して一定の評価をする声も上がりました。 実験ノートの有無を曖昧なままにしたり、データ改竄、捏造の事実をただちに研究不正と認めなかったり、調査委員会の役割を非常に限定することにより他の不正の可能性に目をつむるなど、この中間報告は理研のような日本のトップの研究所が積極的に研究不正を隠蔽しようとしているという印象を世間に与えてしまい、若手研究者を絶望的な気分にさせるのに十分な内容でした。日本の科学研究の未来のためにも万人が納得する最終報告が望まれます。 会見は午後2時から午後6時過ぎまで続きました。以下、2ちゃんねるのスレッド「STAP細胞の懐疑点PART117,119,120」にリアルタイムで書き込まれた約三千件の投稿の一部を紹介します。 STAP細胞の懐疑点 PART117 117 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/14(金) 14:58:51.61 理研「コピペは不正ではない」 146 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/14(金) 15:02:12.84 こりゃ科学者全員敵に回したな 155 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/14(金) 15:03:20.32 理化学研究所は世界の信頼を失ってもオボカタを守る その並々ならぬ決意が伝わる会見だった 194 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/14(金) 15:10:37.91 この組織駄目だろ のらりくらりで何も答えようとしない 255 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/14(金) 15:24:04.89 悪意のない改ざん、意図的でない改ざんなんて存在するのか?w こんな説明で納得するバカがいるのか?w 274 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/14(金) 15:27:35.76 関係者が自分の組織を守ることしか考えてないから滅茶苦茶だな 国際問題なんだよ 解ってんのかよ 283 :名無しゲノムのクローンさん:2014/03/14(金) 15:28:29.76 肝心の所は全部「調査中」「詳細は影響するので公表できません」 でも、STAPの真実性については、「科学コミュニティでの検証にまかせる」 すげーなw …

no image

「科学をあなたのポケットに」の講談社ブルーバックスが創刊50周年!

  2013/11/16    出版

ブルーバックスは講談社が出版している新書シリーズで、「科学をあなたのポケットに」をキャッチフ レーズとして1963年に創刊されました。今年2013年は50周年にあたります。 記念すべきブルーバックスの第1冊目「人工頭脳時代― 頭 脳労働の革命が始まっている」 (1963年)の後、「相対性理論の世界」(1966年)、「量子力学の世界」(1967年)、「マックスウェルの悪魔」(1970年)、「ブラック・ ホール」(1975年)、「クォーク」(1981年)、「フェルマーの大定理が解けた!」(1995年)、「消えた反物質」(1997年)、「記憶力を強 くする」(2001年)、「iPS細胞とはなにか」(2010年)など、50年間のブルーバックスの発行点数は1800を超えるそうです(累計部数は7千 万)。後にノーベル賞を受賞した日本人研究者が執筆していた本もいくつもあり、かなり本格的なサイエンス入門書シリーズと言えます。 50年間の歴代ベスト10は、 「子どもにウケる科学手品77」後藤道夫(著)1998年 75万部 「ブラックホール」ジョン・テイラー(著)、渡辺正(訳)1975年 63万部 「相対性理論の世界」J・A・コールマン(著)、中村誠太郎(訳)1966年 63万部 「四次元の世界」都筑卓司(著)1969年 57万部 「パズル・物理入門」都筑卓司(著)1968年 36万部 「量子力学の世界」片山泰久(著)1967年 33万部 「マックスウェルの悪魔」都筑卓司(著)1970年 32万部 「計画の科学」加藤昭吉(著)1965年 32万部 「統計でウソをつく法」ダレル・ハフ(著)、高木秀玄(訳)1968年 31万部 「電 気に強くなる」橋本尚(著)1969年 30万部 となっており、1960年代はブルーバックスの黄金時代であったようです。このころは物理学やパズルの人気が高いことがわかります。ちなみに21世紀(2001年~)の売上ベスト3を見てみると、 「記憶力を強くする」池谷裕二(著)2001年 24万部 「『分かりやすい説明』の技術 」藤沢晃治(著)2002年 20万部 「進化しすぎた脳」池谷裕二(著)2007年 17万部 となっており、現代の人々が脳科学や生きるためのスキルに興味を持っている様子が窺えます。 参考 講談社ブルーバックス ブルーバックス創刊50周年記念 『ブルーバックス物語』ダウンロード(PDF:6.7MB)

no image

出版社の新書に見るサイエンス啓蒙~相対性理論を例に

  2013/11/16    出版

難解な科学をわかりやすく一般の人に伝える。これはとても難しいことですが、さまざまな出版社が工夫を凝らしてサイエンス関連の新書を出版しています。サイエンスのトピックとして外せないのが、子供から大人まで全ての人を魅了するアインシュタインの相対性理論。 相対性理論をわかりやすく解説した本がこれほど数多く出版されているということは、裏を返せばそれだけ難解なのでしょうか。 【講談社ブルーバックス(新書)】 「科学をあなたのポケットへ」の理念のもと、難解になりがちな科学の内容をやさしく噛み砕いて解説。 ブルーバックス 高校数学でわかる相対性理論 特殊相対論の完全理解を目指して 竹内淳(著) 2013年 ブルーバックス アメリカ最優秀教師が教える 相対論&量子論―はじめて学ぶ二大理論 スティーヴン.L・マンリー、スティーヴン・フォーニア(著)、 吉田 三知世(訳) 2011年 ブルーバックス新装版 相対論のABC―たった二つの原理ですべてがわかる 福島 肇 (著) 2007年 ブルーバックス 新装版 相対論的宇宙論―ブラックホール・宇宙・超宇宙 佐藤 文隆 (著), 松田 卓也 (著) 2003年 ブルーバックス新装版 四次元の世界―超空間から相対性理論へ 都筑 卓司 (著) 2002年(初版1969年) ブルーバックス 20世紀物理はアインシュタインとともに―同時代の物理学者との交流と論争 中村 誠太郎 (著) 2000年 ブルーバックス 図解・わかる相対性理論 数式なしできちんと理解できる 池田和義(著) 1999年 ブルーバックス 相対論対量子論―徹底討論・根本的な世界観の違い メンデル・サックス (著), 原田 稔 (訳) 1999年 ブルーバックス らくらく相対論入門―常識を捨てれば相対論が見える エリック …

no image

10月19日(土)筑波宇宙センター特別公開

毎年恒例「宇宙の日」の筑波宇宙センター特別公開。今年の日時は、 日時:10月19日(土)10:00~16:00(入場15:30まで) 場所は、 茨城県 つくば市 千現2-1-1(郵便番号 305-8505、電話番号 029-868-5000) ファンファン!JAXA!:宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)イベント情報ウェブサイト 国際宇宙ステーション(ISS)ライブ映像(http://spacestationlive.nasa.gov/timeline/) Live streaming video by Ustream