「 Uncategorized 」 一覧

no image

臨床研究 英語論文 最速最短 実践対談編【内容紹介&書籍レビュー】

  2019/11/13    Uncategorized, 再生医学

原 正彦 日本臨床研究学会代表理事 著『すべての臨床医そして指導医いも捧ぐ超現場型の臨床研究体験書 実線対談編 臨床研究立ち上げから英語論文発表まで最速最短で行うための極意』(金芳堂2018年)がなかなか面白いです。臨床医が頑張って論文のアクセプトに漕ぎ着けるまでの苦労話が9話あります。『臨床研究 英語論文 最速最短』の続編として書かれたもので、この続編では先輩方の”疑似体験”ができるようにという狙いだそうです。 研究テーマの選び方:FINERを満たすか? これらの本で何度も出てくる、研究の教えがFINERというもので、Feasible(実行可能)、Interesting(興味深い)、New(新規性)、Ethical(倫理性)、Relevant(社会的な意義)の頭文字をとったものです。Relevantというのは日本語にしにくい英語らしい英語だと思いますが、Clinical Implication(臨床的な意義の高さ)と考えるとよいのだそう。 データのとり方が大事 データのとり方として、どういう解析をするために必要なデータなのかをわかったうえでデータを取らないと、使えないデータを無駄に集めてしまう恐れがあると警告しています。 論文投稿はまだ折り返し地点 また、論文を出すまでの労力を考えたときに、Revisionはまだ「折り返し地点」に過ぎないと言います。論文を書き上げて投稿すると終わった気になりがちなのですが、実は投稿してエディターの返事をもらうのはゴール間近かところか長いコースの折り返し地点にすぎないという感覚は大事です。そうでないと、リジェクトを食らったときに心が折れて、力尽きてしまいます。リジェクトされても戦うだけのエネルギーが絶対に必要なのです。 論文で大事なのはイントロダクション この本では、論文で一番大切なところはイントロダクションだと言います。エビデンスのパズルの中で抜けているピースが何かを読者に意識させて、そのクリニカルクエスチョンの重要性をアピールするための場所だからです。よく、サクセスフルなグラントプロポーザルの書き方でも、何が既知で何が未知なのかという知識のギャップを示して、それを埋める形で書けと言いますが、それと同じだと思いました。 レビューアーの心理を読み解く 査読者の心理を読む解くところも面白いと思いました。注文が10個書いてあっても、絶対譲れないのが1つあって、もっといえば、その譲れないポイントが10個のコメントにちりばめられているということです。そういう査読者の気持ちを汲み取れないと頓珍漢なレスポンスをしてしまうでしょう。 自分の論文がイメージできるか? インタビュー形式で面白いと思った回答が、論文を出すという経験をしてみて、思っていたことと違っていたことが何かあれば?と聞かれた論文著者が、現実に論文が完成したことがそうですと答えていたところ。確かに、初めての論文を作成しているときは、それが出版されて印刷物になるということを想像しにくいかもしれません(オンラインジャーナルだと紙にはなりませんが)。実験で苦労した量と、それが論文の図になっている部分の大きさとはたいてい比例していなくて、出来上がった論文を見ると不思議な気持ちになることが自分は多いです。苦労して得たデータが妙にあっさりと小さな図にしかならない一方で、論文のために最後につくった実験を示す模式図がやたら大きかったりして。 査読コメントへの対応の仕方 本書ではリバイス(Revision)のときの査読者への返答の仕方に関してもアドバイスがあり、とにかく査読者の要求に従って修正をする一方で、どうしても譲れないポイントは丁寧に説明しましょうと述べています。 再現性を保証するデータ管理の重要性 この著書では統計ソフトとしてRを勧めています。スクリプトで記述するので、データを読み込むところから結果を吐き出すまでが、誰がやっても同じになるので確かにお勧めです。生データから論文の図に至るまでの再現性が問題になることがありますが、Rですべての処理をしていればそういった問題も回避できるはず。 多施設研究においては、データマネジメントの重要性を説いています。解析にかけるためのデータのクリーニングが必要なのだそうで、誰がやっても同じ結果になるようにクリーニング作業の過程は一つ一つ作業記録を残すことが重要だとのこと。そうしないとデータから論文の図に至るまでの再現性が保証されなくなります。この作業記録がないと、最悪の場合研究不正を疑われて、その疑義が晴らせないという事態になります。 この書籍の最後は論文デビューしたばかりの人ではなく、NEJMなどのトップジャーナルに論文を出している研究者へのインタビューになっていて非常に読み応えがありました。 消防庁が2005年からウツタイン研究で院外心停止のデータを毎年10万件収集しており、2008年には30万件のデータが集まっていたが、有効利用されていなかった。データクリーニングもされていなかった。論文化の発想がそもそも誰にもなかった。それを論文化してNEJMに掲載されたそうです。この場合は、国家規模のレジストリ-を用いた論文としてNEJMに掲載させることが最初から要請されていたとのこと。 学術誌の嗜好に合わせて投稿先を選ぶ 雑誌によって掲載する論文の好みがあるという話も興味深かったです。NEJMやJournal of the American Medical Association (JAMA)は学会誌。LancetはNatureと同じく商業誌なので面白い論文、つまり購読者が増えるような、雑誌が売れるテーマを好む傾向が恐らくあるのだそう。JAMAはアメリカ人にとって利益があるかを考えている印象。それに対して、NEJMは普遍的な価値と社会的なHealth Policyに影響するかを最も重要視している印象があるとのこと。こういった好みが論文の採否にどう影響してくるかというと、例えば、日本では胃がんが多いが胃がんの疫学研究をJAMANに載せるのは難しい。アメリカ人には胃がんが少ないので。乳癌や肺癌のほうが多い。論文を書くときは相手(ジャーナル)が何を求めているかを見極めてそれを提供するというマインドが必要で、それが論文を書くためのセンスなのではないかというお話。 臨床研究に新規性は必要か? 研究テーマの選び方の話もまた斬新でした。新規性は全く重要視しない。アメリカで研究でたから日本でもという後追いもやる。最終的に自分の論文がメタアナリシスやシステマティックレビューに使ってもらえればよいという考え。 論文のイントロダクションの重要性:知識のギャップを埋める イントロの重要性も説明されていました。イントロの書き方として、過去のデータを並べつつも、ここの部分の「この時代」や「この集団」におけるエビデンスはまだ報告されていないといったもっていきかたがよいのだそうです。ガイドラインにエビデンスがないと書いてあるところを埋めるという発想だそうです。Introductionでは「こういうエビデンスがなく、ここがKonwledge Gapです」と主張するのが効果的。 論文を出す労力 論文を出す労力は、インパクトファクターの大小は関係ないそうです。インパクトファクターが1点でも、NEJMのReviseをするときと労力はなにもかわらず、同じエネルギーを割くとのこと。 時代の潮流に合わせることの重要性 トレンドを追うことも重要だと述べています。日ごろから、NEJMやLANCET、JAMAの論文タイトルだけでもみておく。m3でもいいし、メディカルトリビューンもトレンドを見るには役立つそうです。そうして、今のトレンドとKnowledge Gapを把握する。自分が持っているデータからそのGapを埋めることができる、トレンドになっているテーマの解析を行うことができる、そんなテーマがみつかればすぐに論文を書くというスタイルなのだそう。 この辺りは、基礎研究と臨床研究で異なるかもしれません。基礎系の研究者はトレンドを気にせず自分の興味のあることにこだわる人のほうが多いのではないかと思います。 査読者への対応もまた興味深い内容でした。査読コメントへの答えはクドく書くそう。徹底的に相手に応える姿勢が大事なのでしょう。 …

no image

日本の公教育を一私企業に売り飛ばした人間は誰なのか?「文科省=ベネッセ」のズブズブな関係

  2019/11/08    Uncategorized

私の身の回りでの話ですが、中学生が受けたGTECの英語の解答で、デタラメな英作文なのになぜかエクセレントとして高い点をもらっているのをみて、GTECを採点している人間っていったい誰なんだ?と驚いたことがあります。これが決して例外的な事象ではないということをネットで知りました。やっぱりね、というしかありません。 GTECの杜撰な採点 5月16日夜7時のNHKニュースが英語民間試験の採点の問題点を報道。自由英作文問題で、”I think to inportant”(文法も綴りも間違いで、ピリオドもない)の4語だけで、なんと160満点中41点。どう見ても0点でしょう。採点はアジアなど複数の業者に委託とのこと。やはり、大学入試には使いようがない。 pic.twitter.com/t9vahMyEZY — 江利川 春雄 (@gibsonerich) May 16, 2019   問題山積の大学入試へ英語民間検定試験導入は一応延期だが、国・数記述問題は導入予定。約20日の短期間で50万人分の採点を61億円超で落札したベネッセ。 質の高い採点者(バイト可)を選び研修? ちなみにベネッセGTECは海外送付し採点中。理由の記述問題、文法.スペル❌の1文。0点→40/160点(5月NEWS7 pic.twitter.com/xnqmMWp0PC — marmalade (@marmalade_cakes) November 6, 2019   英語の民間試験の闇についにメスが入ったか?2019.05.16 ここにいるよ   まさかそのGTECが大学入試に置き換わるとは。英語だけでなく、国語や数学の記述式問題の採点までベネッセが受注したというニュースもあり、世も末です。 長い歴史があり一定のクオリティをもっているセンター試験をなぜ民間試験に置き換える必要があるのか?しかも質的に並ぶべくもないようなものに。なぜ最近の中学校、高校ではGTECが幅を利かせているのか?生徒から貴重が自主学習の時間を奪ってまでして、GTEC試験対策を強制するのか?学校での英語の勉強をいびつにゆがめてまでなぜ文科省はベネッセに利するのかが謎でしかたありませんでした。しかし、報道をみるとなるほどと納得がいきます。癒着の構図が気持ち悪すぎる。   人物メモ 安倍晋三:首相 下村博文:元文科大臣。支援組織「博友会」 福島保:下村博文元文科大臣の支援組織「博友会」のメンバー=ベネッセの元社長 佐藤禎一:元文部次官=「進学基準研究機構」(CEES)理事長 安西祐一郎:元中央教育審議会会長(入試改革の答申を出したときの議長)=CEES評議員  武田美保:教育再生実行会議の有識者メンバー=CEES 理事 鈴木寛:下村文科相時代に文科相の補佐官=ベネッセグループの福武財団理事 …

no image

IPILIMUMABの臨床試験(NIH ClinicalTrials.govデータベースの検索結果)

  2019/11/03    Uncategorized

IPILIMUMAB(MDX-010)で臨床試験のデータベースNIH ClinicalTrials.govを検索した結果です(2019年11月3日検索) Monoclonal Antibody and Vaccine Therapy in Treating Patients With Stage III or Stage IV Melanoma That Has Been Removed During Surgery (Phase 1) NCT00025181 Novel Adjuvants for Peptide-Based Melanoma Vaccines (Phase 1) NCT00028431 Vaccine Therapy and Monoclonal Antibody …

皮膚は怪我の後、どうやって治癒していくのか?メカニズムの解説

  2019/10/20    Uncategorized

怪我をして皮膚を切ったりしたときに、人間の体はどのようにして傷を修復するのでしょうか?下の動画が非常にわかりやすく説明してくれます。 創傷が治癒する過程 ケガはどのように治るのか? - サルタック・シンハ 2014/11/11 TED-Ed Stages of Wound Healing Process 2014/09/28 usmlesteps123   傷の修復過程で線維芽細胞(Fibroblasts)が傷のところに集まってきますが、その過程を模倣した実験観察の動画(下)。 Wound Repair and Fibroblast Migration 2016/09/19 Zar

no image

2019年度ノーベル化学賞はリチウムイオン電池の発明者 吉野彰、ジョン・グッドイナフ、スタンリー・ウィッティンガムの3氏に

  2019/10/09    Uncategorized

2019年度ノーベル化学賞受賞者の発表  吉野彰氏の記者会見 ノーベル化学賞の旭化成・吉野彰氏「リチウムイオン電池が受賞してうれしい」(2019年10月9日 THE PAGE ザ・ページ) 吉野彰氏の略歴: 1966年 – 大阪府立北野高等学校卒業 1970年 – 京都大学工学部石油化学科卒業 1972年 – 京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修士課程修了 1972年 – 旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社)入社 (参照:ウィキペディア) リチウムイオン電池の誕生 2018 Japan Prize Commemorative Lecture: Dr. Akira Yoshino  2018/04/23  JapanPrize 

no image

16S rRNAのシーケンシングによる細菌の種類の同定

  2019/10/08    Uncategorized, 脳科学

Detection and identification of bacteria in clinical samples by 16S rRNA gene sequencing:comparison of two different approaches in clinical practice https://www.microbiologyresearch.org/docserver/fulltext/jmm/61/4/483_jmm030387.pdf?expires=1570540556&id=id&accname=guest&checksum=5420BE74E3BA950EA45B92F013CBE211 Efficient Nucleic Acid Extraction and 16S rRNA Gene Sequencing for Bacterial Community Characterization https://www.jove.com/video/53939/efficient-nucleic-acid-extraction-16s-rrna-gene-sequencing-for Efficient Nucleic Acid Extraction and …

no image

ミスドの”イモイモしい”『さつもいもド』5種:プレーン・紫いも・大学いも・スイートポテト・黒みつきなこ

  2019/09/22    Uncategorized

「イモイモしい」とは TVCM 「さつまいもド」篇 2019/09/05 misterdonutjp   さつもいもド、5種 ミスドでほくほく“おいもドーナツ”5種♪ 安納芋パウダー使用の本格味 – うまいめし https://t.co/QDikwTK8xT @urepiaさんから — 日本の科学と技術 (@scitechjp) September 22, 2019 さつまいもド プレーン さつまいもド プレーン ¥129(税抜¥120) 安納芋パウダーを練り込んでつくった、ほんのりと甘い味で、しっとりした食感のドーナツ。 さつまいもドいただいた🥰 プレーンあんまり甘くなくて美味しーーーーーーー! pic.twitter.com/Cs37lX93Za — fumika (@fumika11299) September 16, 2019   さつまいもド 紫いも さつまいもド 紫いも ¥140(税抜¥130)安納芋パウダーが入ったしっとりとした生地に、紫いもグレーズで仕上げたドーナツ。 夢、叶いました。 全種類買えた〜!さつまいもド🍠 …

no image

第3回定量生命科学研究所シンポジウム  「生命科学の若手フロンティア」

  2019/09/05    Uncategorized

41名無しゲノムのクローンさん2019/08/31(土) 12:34:29.63ID:5pk2ZcR6x>>53>>62>>63 定量研の一次面接  次のPIに選ばれるのはだーれだ?  みんなで予想しよう! 第3回定量生命科学研究所シンポジウム 「生命科学の若手フロンティア」 日時:2019年8月30日(金) 10:30~18:00  場所:東京大学弥生講堂一条ホール  講演者: 角井 康貢 (Francis Crick Institute)  中島 昭彦 (東京大学 総合文化研究科)  丸山 剛  (早稲田大学高等研究所)  近藤 徹  (東北大学理学研究科)  田尻 怜子 (東京大学 新領域創成科学研究科)  吉原 栄治 (Salk Institute)  伊藤 拓水 (東京医科大学)  坪山 幸太郎 (東京大学 定量生命科学研究所)  乘本 裕明 (Max Planck Institute)  船水 章大 (Cold Spring Harbor Laboratory)  安原 崇哲 (東京大学医学系研究科) 【問い合わせ】:定量生命科学研究所 総務チーム(soumu@iam.u-tokyo.ac.jp)   東大の公開(=参加費無料・事前登録不要)シンポジウムの案内が2ちゃん(5ちゃん)にしか掲載されていないのが不可解。     参考 東京大学定量生命科学研究所 シンポジウム  ポスター(ウェブ) …

no image

大学学長の仕事とは?

  2019/09/01    Uncategorized

大学学長の仕事 法人化で大きく変わったことは、マネジメント・サイクルという考え方が、大学の中にはじめてきちんと入り込んできたということです。マネジメント・サイクルの意味は、一つの組織として、ある目標を立て、その目標に沿って計画し、それを実行し、それがどれくらいできたのか、できなかったのかをつねにチェックをし、そのチェックした事柄をフィードバックさせることです。 (引用元:第25回 一橋大学 杉山武彦学長インタビュー 2005/02/25 大学新聞) 学長たちは、ビジョンを示し実現につなげる能力や覚悟といった組織目標を達成するための努力と、構成員の理解や協力を引き出すための工夫やコミュニケーションという大きく二側面を重視していた。(名古屋高等教育研究 第 19 号 (2019) 学長のリーダーシップとその能力養成 両 角 亜希子 PDF)*太字強調は当サイト 自らの大学の使命と目的を極め、長い将来を見据えて夢と目標を定め、そのビジョンを明確に示し、それを世間に周知せしめ、優秀な学生や父母に認知させ、興味を抱かせることが第一となる。学内の教職員や学生に対しても、将来性のある明確なビジョンを示すことで、やる気と団結力を高めることが可能となる。(学長の指導力と大学の発展 和田 攻 産業医科大学学長 『大学と学生』第539号 2009.3)   外部資金の獲得 金沢大学はURA(ユニバーシティー・リサーチ・アドミニストレーター)制度をいち早く導入し、積極的に研究支援・研究マネジメント人材の育成を進めています。大学として外部の競争的資金獲得の申請をする時に、そうした人材が下支えをしています。彼らの下には本学のあらゆる情報を集めていますし、他の大学の動きや外国の状況も調査してもらっています。(山崎光悦 国立大学法人 金沢大学 学長 今後の大学経営における学長の責務とは 文:溝上憲文 ジャーナリスト ) 07年、政府の有識者会議が相次いで国立大学の運営費交付金に『競争原理の導入』を提言し、科学研究費補助金の実績に基づいて配分するという話を出してきた。しかし、科研費に『芸術』という引き出しがないのに、こうした話が出たことに、強い怒りを感じました。それで頑張って08年度から科研費に『芸術学』という分科を加えてもらった。(引用元:〈学長力〉ときめき呼び起こす 東京芸術大学長 宮田亮平学長 2009年1月6日 朝日新聞DIGITAL) 学長の仕事は資金を取ってくることだ。本学のライフサイエンス研究を外部の病院の臨床研究とつなげたり、国の助成事業を活用したり、さまざまなチャンネルを活用する。大型プロジェクトをマネジメントするプロジェクトマネジャー(PM)も育てたい。(引用元:2018年05月31日「学長の仕事は資金を取ってくること」東京理科大学学長・松本洋一郎氏インタビュー ニュースイッチ 日刊工業新聞)   参考 学長・学部長の職務・権限 総長の仕事 (法政大学 総長室より 総長日誌 2015年度) 以上が、総長日誌には「書かれていない」日常です。総長日誌は、「これら以外の」さまざまな活動を書いている、というわけです。   書籍 私の大学改革 野田 一夫 産能大学出版部 1999   …

no image

質的研究のための定番の教科書 書籍の紹介

  2019/08/24    Uncategorized

フリック 質的研究入門 質的研究入門 小田博志監訳 2011年 新版 質的研究入門 〈人間の科学〉のための方法論  U.フリック著 小田博志監訳 小田博志、山本則子、春日常、宮地尚子 訳 2011年2月 春秋社 第I部 フレームワーク 第I章 この本へのガイド 第2章 質的研究〜なぜ、いかに行うか 第3章 質的研究と量的研究 第4章 質的研究の倫理 第II部 理論からテクストへ 第5章 質的研究における文献の利用 第6章 理論的立場 第7章 認識論的背景:テクストの構築と理解 第III部 研究デザイン 第8章 質的研究のプロセス 第9章 研究設問 第10章 フィールドへのアクセス 第11章 サンプリング戦略 第12章 いかに質的研究をデザインするか:概観 第IV部 口頭データ 第13章 …