「 大学改革 」 一覧

no image

東大が民間英語テストに関する答申を公表

追記 東大が民間試験のスコア提出を受験に義務付けないことを発表しました。国からの圧力で二転三転した東大ですが、現状の民間試験導入に反対する態度を明確に表明したといえるのでないかと思います。 東大、英語民間試験を義務付けず 20年度からの2次試験 東大が、2020年度からの「大学入学共通テスト」の英語で導入される民間検定試験について、2次試験では受験生に得点(スコア)の提出を義務付けない方針を決めたことが25日、関係者への取材で分かった。一定の英語力を出願資格として求めるが、民間試験のスコアだけでなく、高校の調査書などで実力が証明されれば代用可能とする。近く発表する。共通テストの英語は最初の4年間、従来型のマークシート式試験と、「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測る民間試験が併存する見込みで、大学入試センターは今年3月、英検(新方式)など7団体の8種類を認定した。(共同通信 2018/9/25 23:47 9/25 23:48 updated)     文科省や国立大学協会が、センター試験の英語に代えて認定民間英語試験の利用を大学に強要するのは、暴挙としか思えません。例えば、実績ゼロの(これからスタートする)新しい英検(4技能テストを1日で実施)を認定するなど、実績があることを認定基準としていたことに矛盾しますし、TOEICのように高校の英語教育とはかけ離れたビジネス志向の民間英語試験が認定されたのも不適切でしょう。GTECのスピーキングテストで隣の受験者の音声が聞こえるなど、スピーキング試験を適切に実施することの困難さは、ツイッターなどでさんざん指摘されています。 性格が大きく異なる民間試験を複数認定して、スコアの換算を用いて入学者選抜に利用するのは、大学入試の公正さを著しく歪める恐れがあります。問題山積の民間試験導入を拒否した東大が、これまでに、文科省からの圧力のせいなのか態度を二転三転させて、受験生や高校生、高校教育に携わる先生方を不安に陥れているのが現在の状況ではないでしょうか? そんな東大が、今後の方針を決定する際に非常に大きな手がかりとなるであろう「答申」を公表(PDFリンク)しました。ワーキンググループが議論した結論を東大総長に答申した形ですが、そもそもこのワーキンググループは東大の先生たちなので、これは東大が今、民間試験の導入に関して何を考えているかを表す非常に重要な資料です。報道によれば、 東京大学は14日、2020年度から始まる大学入学共通テストの英語で導入される民間資格・検定試験を合否判定に使うかどうかについて、白紙に戻して検討することを明らかにした。東大は今年3月に民間試験を使わない方針を示したが、4月には一転して活用すると発表していた。(大学入試 東大「白紙に戻し検討」 20年度、英語の民間試験活用  毎日新聞2018年7月15日 東京朝刊) 白紙に戻すという態度の表明ですが、自分が中身を読んだかぎり、いろいろな可能性を残しつつも「使わない」という方向に持っていきたい気持ちが強く感じられます。   以下、主観的なコメントを交えながら、この答申を読んでみたいと思います。自分の興味で一部をピックアップして紹介してますので、全文は(PDFリンク)でご覧ください。   入学者選抜方法検討ワーキング・グループのメンバー (敬称略)(答申 PDF Page 14) 座長:石井洋二郎 理事・副学長 委員:福田 裕穂 理事・副学長 委員:岩村 正彦 法学部長 委員:石田 淳 教養学部長 委員:小玉 重夫 教育学部長 委員:中澤 恒子 教養学部教授 委員:伊藤 たかね …

授業で発言しない学生は欠席です 近大国際学部

  2016/06/04    大学改革

人間が一人一人異なるなるように、大学にもそれぞれ個性があります。偏差値は、受験産業が大学合格者の成績に基づいてつくった、便宜のためのひとつの物差しに過ぎません。多くの人が囚われている偏差値の数字は、実は、大学の中で行われている研究や教育活動とは全く無関係であり、これら大学の中味に関しては何の情報も与えてくれないのです。もっと重要な判断材料を受験生に与えるためには、大学側の情報発信力が必要です。 今、伝える力の強さで群を抜いているのが近畿大学です。新設された国際学部のウェブサイトのトップページが強烈です。 (近畿大学国際学部ウェブサイトより) どんな学生に来てほしいのか、どんな授業を行うのかが一瞬で伝わります。このポスターはもともと新学部設置を告知するための新聞広告として製作されたもの。 近畿大学は10月15日、同大学国際学部の設置を告知する新聞広告を出稿した。… 5紙(朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞、産経新聞)の大阪本社セット版朝刊に、「新聞をもっとおもしろく」をテーマに各紙異なるビジュアルで制作した全ページカラー広告を展開。各紙とも対向面に、他4紙のビジュアルと企画趣旨を伝える5段広告を掲載した。制作を担当したのは、電通関西支社の日下慶太氏とそのチーム。大阪・新世界市場など商店街の面白ポスターを手掛けたことで知られる。若手クリエーター5チームが、それぞれ新聞社1社の紙面を受け持ち制作した。制作には、同大学総合社会学部社会・マスメディア系専攻の学生10人が参加した。(近畿大学が国際学部新設で新聞広告 電通報 2015.10.16) 新聞広告で使われなかったバージョンも近畿大学国際学部のウェブサイトで見ることができます。5人の教員が登場し、入学志願者に向けて厳しい言葉を吐いています。 (近畿大学国際学部ウェブサイトより) 近畿大学は、情報発信の強化が功を奏して、大学志願者数日本一の大学になりました。 近畿大学の2016年度一般入試志願者数は、過去最高の11万9915人。全国の主要私立大学の中で最も多く、3年連続で日本一となった。… 「定員はキープしていたので経営に問題はなかったが、レベルの高い学生を確保するためにも志願者数を増やすことは長年の課題だった」と近畿大学の世耕石弘・広報部長は話す。(近大の広告戦略、3年連続で志願者数トップに貢献  NIKKEI DESIGN 2016年5月31日) 伝え方(媒体など)は変化しているものの、広報に求められる結果には変化はありません。組織の代表として誰に伝えるかをより具体的に設定し、そのターゲットに合わせた伝え方を実践する必要があります。(広報の仕事は、こんなに面白い!(23) 近畿大学・世耕石弘さん 2015年5月号 広報会議) 世耕は学外からの視点で「研究などの実力が正当に評価されていない。広報で潜在力をアピールすれば志願者は増える」と感じた。… そこで持ち出したのが平成14年に世界で初めて完全養殖に成功した近大マグロだ。… 発表から5年が経過し、学内には「いまさら」という雰囲気があったが、新聞広告などいたるところでアピールすると、天然資源の枯渇を防ぐ研究として近大の知名度を押し上げた。 2年連続で一般入試の志願者数で日本一を達成した近大の将来について、世耕は「名実ともに関西トップの私大にしたい」と意気込む 。… とはいえ、偏差値に基づき関西私大のトップグループに位置付けられる関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)の壁がたちはだかる。下位に固定化された近大が追いつき、追い越すのは容易ではない。そこで、近大は偏差値とは別の価値観として「稼ぐ大学」というイメージを打ち立てようとしている。… こうした取り組みをニュースとして発信する世耕の広報戦略が「社会に出て役立つ実学が身につく大学」というイメージを作り上げる。(第5部・関西から攻める(3)もがき続けて早明抜いて志願者数V2…近大、世耕石弘広報部長 産経WEST 2015.12.9) 近畿大学は、入学式のプロデュースをつんく♂氏に依頼しています。 「平成27年度近畿大学入学式」13.フィナーレ 平成27年度 近畿大学にご入学の皆さん 入学おめでとうございます。この大学の卒業生でもあります 私「つんく♂」と申します。 正直言いましょう、今日この入学式には近畿大学にひっしのぱっちで入学した人。狙い定めて入った人。結果的に(滑り止めで)近畿大学に入った人。いろんな人がいるでしょう。でも、あなたにとってどの大学が正解だったんでしょうか… それはわかりません。ただひとつ言えるのは、この先の人生で、あなた自身が「ああ、この大学に入ってよかったな。」という道を歩めば良いんだと思います。 なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることができないのか… それは、私が声帯を摘出したからです。去年から喉の治療をしてきていましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他ならなかったから 一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。また振り出しです。そんな私に、「今年も近畿大学の入学式のプロデュースをお願いしたい!」と、この大学から依頼がありました。その時に思いました。「ああ、この大学を卒業してよかったな。こんな私がお役に立てるなら精一杯頑張ろう。」そう心に思いました。 昨年末から何度も大学とメールをやり取りしたり、スタッフが伝言してくれたり、を繰り返しつつ、今日、この日を迎えました。KINDAI GIRLSの皆さん、吹奏楽部、応援部の皆さん、その他たくさんの学生の皆さんが、今日の日の為に夢中でレッスンしたり、準備してくれました。「みんなで一緒に新入生を迎え入れよう!」と。 ここまでの人生はもしかしたら受身だった人もいるかもしれません。親が言うから…学校の先生がすすめたから… でも、もうすぐ皆さんは成人します。もう自分の人生を歩んで行くんです。後悔しても意味がないんです。今から進んでいくんです。自分で決めて進んで行けば、絶対に何かを得、そしてまた次のチャンスへと繋がっていくんだと思います。 私も声を失って歩き始めたばかりの一回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ないこと。そんな事をこれから考えながら生きていこうと思います。皆さんもあなただから出切る事。あなたにしか出来ないこと。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりでは無理なんだという人生が待っていると思います。 近畿大学はどんな事にもチャレンジさせてくれます。だから何もしなかったら何もしないなりの人生をチョイスすることになるし、自分で切り開いていく道を選べば、きっと自分を大きく育てるようなそんな大学生活になるでしょう。 仲間や友人をたくさん作り、世界に目をむけた人生を歩んでください。私も皆さんに負けないように、新しい人生を進んで行きます!だから最後にもう一度言わせてください。 皆さん、近畿大学への入学、本当におめでとう! 「ああ、良かった!」と思える大学生活をセルフプロデュースしてください! そして、今日この出会いに感謝します。ありがとう! 平成27年4月4日 近畿大学入学式プロデューサー つんく♂ 今までになかった学生向けサービスを提供したり、他が真似できないアグレッシブな広告を次々と打ち出したり、その活動が一際目をひく近畿大学ですが、そこにはどのような想いがあるのでしょうか? 『輝く未来に……』とか『世界にはばたくグローバル人材……』とか、大学名を隠せばどの大学でも使えるような広告は絶対に作りません。… 大学界には、受験産業が名付けたグループ分けが昔からあります。関東では『早慶上智』『MARCH』『日東駒専』、関西では『関関同立』そして本学が 入っている『産近甲龍』。つまり本学は第二グループに属されていて、上位グループである関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学に劣っているということです。何十年も前に作られたものですが、当時の学力レベルや語呂の良さから、いまだに高校生の大学選びはこのグループ分けが基本となっています …

学長権限強化が学問の自由を脅かす危険性

岡山大学不正告発教授解雇事件で曝け出された、学長権限強化が学問の自由を脅かす危険性 岡山大学で研究不正を告発した教授が学長から解雇処分を受けた事件は、告発した教授らが処分の不当性を訴えて裁判で係争中ですが、世間に大きな衝撃を与えています。大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)でもこのトピックが取り上げられました。このラジオ番組では事件の概要が説明され、さらにこの事件の背景が考察されています。 文化放送ゴールデンラジオ! ‏@1134golden 1月19日 AM1134文化放送 大竹まことゴールデンラジオ!〜大竹紳士交友録。深澤真紀さんが語る大学の自治。2014年から「国立大学の学長の権限強化」。馳文科大臣が「学長選挙に反対」とコメント。教員人事は大学の管理が基本。 #1134golden #joqr #radiko #QRR 文化放送ゴールデンラジオ! ‏@1134golden 1月19日 AM1134文化放送 大竹まことゴールデンラジオ!〜15時台、大竹紳士交友録はオープニングで発表したテーマを変更します。「岡山大学で何が起きているか。そして大学の自治」というテーマでお届けします。 #1134golden #joqr #radiko #QRR 【大竹まこと×深澤真紀×倉田真由美】 岡山大学の不正研究と2人の教授解雇! 政府が大学人事関与