「 高等教育 」 一覧

no image

助教とは?年収や待遇、仕事内容、キャリアパス

大学教員と聞くと一般の人は、教授?くらいしか思いつきませんが、日本の大学の研究教職員には教授、准教授、講師、助教という職があります。以前は助手という職種があったのですが、2007年に研究をする助手が助教になり、教育専門の助手が助手と分けられました。しかし「助教」という職は、一般の人にはほとんど知られていません。   助教という中途半端な職名についての雑感 大学教員の職名に「助教」というものがあります。英語でいうと助教はAssistant Professorと訳されるので、むしろ昔の助教授のようなポジションかとも思う人がいるかもしれませんが、実際には、昔の助教授が今の准教授に対応していると思います。つまり英語名と日本語名で、職名が意味するものが異なっているという、わけのわからない状態になっていると個人的には感じています。なぜならアメリカでAssistant Professorというと、通常はラボを主宰するPrinsicpal Investigatorだからです。その上に教授がいるわけではありません。テニュアトラックのAssistant Professorは業績が認められればAssociate Professorとしてパーマネント職に移行します。日本の”Assistant Professor”(助教)はほとんどの場合、任期付きであり業績をあげても任期が切れると終わりになります。 日本の助教は上にいる教授がどう扱うかでかなり状況が異なりますが、研究や生活の自由度が高いとはいえないでしょう。 助教という職の中途半端さは、本人がそう思っているくらいですから世間から見たら全く理解できない代物です。英語でいうとAssistant Professorですが、英語をあまり気にしない一般の人にはProfessorの部分しか目に入らないため、中学の同窓会に行くと「お前、大学教授になったんだ、すごいなぁ。」と間違って持ち上げられたりします。「いやいや、そうじゃなくて助教っていう職なんだよ、むかしでいう助手ってやつ。しかもどんだけ成果を上げても所詮任期付きで、俺、今職探し中なんだ。」と、現実を解説し始めると自分が惨めになるだけなので、中途半端な笑いを浮かべてその場をやり過ごすことになります。   ウィキペディアによる助教の説明 ウィキペディアによれば、助教が以下のように説明されています。 2007年4月1日以降、旧来の助手は、教授候補の研究者として位置づけられ、単独で研究室と講義を持つことのできる助教と、研究や実験の補助や事務などを専ら担う助手とに分かれることになった。(助教 ウィキペディア) この解説はあまり的確ではありません。そもそも助教は教授候補ではありません。もちろん今はまだ助教でも将来、業績を挙げて教授になる人はいますがごく一部の人に限られます。助教のことを「教授候補」とみる人などどこにもいません。大昔は、助手⇒助教授⇒教授という内部昇進のキャリアパスが日本に存在していたので、その名残がこのウィキペディアの記述に残っているでしょうか? また、助教が「単独で研究室を持つ」ことはありえません。そもそも助教の人事は建前は別として現実的には教授が100%決定権を握っていると思います。公にそういうと語弊があるので誰もおおっぴらにそうは言いませんが。教授の一存で雇用された助教に研究の自由があるはずもないのです。一部の理解のある教授は助教に最大限の自由を与えてひとつの研究グループを任せることはあります。 近年は、テニュアトラック助教という制度を導入している大学もあるため、その場合には助教が研究室を主宰するケースがあります。そのあたりは大学によって、あるいはその人事によってかなり事情が違ってきます。テニュアトラック助教であっても、メンターとなる教授がいて、事実上その教授の支配下に入ることも多いのではないかと思います。教授の下にいる「助教」と、「テニュアトラック助教」は別ものと考えるべきです。 講義に関しても、実験や演習を持たされることはあっても、通常の講義は助教は持たないのが普通だと思います。そんなわけで、上記のウィキペディアの説明は、助教の現実からはかけ離れています。 教授が上にいても「研究代表者」として科研費などの外部資金を獲得すれば、助教も自分独自の研究ができます。ただしここでも教授との関係で状況が変わってきます。助教が研究資金をとってきても研究室全体で使うことになる場合、100%の自由はないかもしれません。教授が学位指導教官になっている大学院生の実験や研究指導を助教が任されている場合には、線引きが曖昧になるため、これをおかしいと目くじらを立てるわけにもいきません。   助教の任期 大学の助教が任期付きであることを一般の人に話すと、一様に驚かれます。コンスタントに論文を出して研究者として十分な業績があったとしても最長10年間の任期が延長されることはありません。なぜなら10年を超えると法律によって無期転換する義務が生じるため、大学側は雇用財源が確保できないことを理由に絶対にそうしないからです。まあ、このへんの取り扱いは大学によって大きな差があります。”進んでいる”大学の場合、実際にはラボ付き(=教授がラボヘッドで、部下としての助教を雇う場合)の助教であっても、あえてテニュアトラック制度を活用してパーマネント職につなげようと努力している公募もJRECINなどを見ているとちらほら見受けられます。 関連記事 ⇒ 任期付き大学教員の任期について 業績が出ているのなら、次の職が得られるのでは?と誰しも思うでしょうが、PIの職は非常に少ないため業績があるのに職が得られない状態の人がたくさん出てきています。研究を続けたければ、再び任期付きの研究員などに戻るしかありません。 こうしてみると、研究者という職業は独身者にはいいのかもしれませんが、今の日本で、結婚して家族を持ってまで続けられる職とは到底思えません。 いまどきの助教は任期付きが当たりまえですが、「任期付き」の制度が導入される以前にすでに助教だった人は、定年まで助教としての地位が保証されるようです。このへんの事情は自分は詳しくないですが、10年以上助教をやっている人がどこの大学にも見受けられるので、そうなのでしょう。助教に限らず、任期導入前に雇用された准教授、講師なども、パーマネントだと思います。上の教授が定年退官してしまうと、他所から別の人が教授になったときに、お荷物扱いされて辛い立場に追い込まれるでしょうが、最低限の雇用が保証されていて、「生きていていい」というだけでも素晴らしいことです。教授退官後に外から教授をとらずに、研究室の准教授が内部昇進して教授になるパターンも、JRECINなどを見ているとありそうで(=デキ公募)、外から見ると「なんだよ!」と思いますが、中の人にとっては研究者としてのポジションが保証されていて良い話です。昔はこちらが普通だったわけで、この時代は研究者にとってはいい時代だった(=研究者が職業として成り立っていた)と思います。   助教の任期が切れたあとはどうなるのか 関連記事 ⇒ 任期が切れた助教はどこへ行くのか?   助教の年収 助教の年収がいくらなのかは、年齢や国立・私立の違いなどで変わってくるので一概には言えませんが、ネット上の情報をまとめておきます。学生数が多いマンモス大学の私学なら国立よりも給与水準は高いでしょうし、そうでない私立大学なら国立大学よりも低いのではないでしょうか。教授もそうですが、日本では大学からもらう給料の額は、研究能力とは全く関係がありません。ノーベル賞をとるような研究をしていようが、論文も書かずにのらりくらりしていようが、給与に差はないのです。 これが日経平均採用企業での勤務経験があり、二度の留学経験があり、過去5年に15報の査読付論文(全て責任著者)を出版しており、科研費若手研究(A)を頂いており、直近の賞与で「勤務成績が優秀のため勤勉手当に一定の率を加算」との評価をいただいた40歳大学教員の税込年収です。ご査収ください。 pic.twitter.com/gagCxary1i — takash (@takash4) …

no image

学校に校則は必要か?【アタリマエを疑え!】

学校が鬱陶しくて窮屈な場所だったとしか自分には記憶されていない理由は、全員が同じときに同じように振舞うことが強制され、生活の細々としたところまで学校に管理されていたからではないかと思います。研究者という職業は、人と同じことをやったら仕事になりません。誰もやらないことだけれども自分だけがその面白さに気付いているような事を見つけて、一人だけ他人と違うことをやるのが仕事です。明らかに、校則に縛られて中高の生活を送ることとは、生きる態度が正反対だと思います。先生が生徒を管理しやすくするための校則は、自主性を育てるうえで害にならないのでしょうか?日本の校則に纏わる事情をまとめます。 授業中のトイレは男子1分・女子3分以内 女子生徒の下着は白 男女の距離は2メートル以上離れる 日焼け止め禁止 マフラー禁止(盗まれるのを防ぐため) ペットボトルを持ち込まない ポニーテール禁止(襟足が感情をそそって刺激的なため)(ブラック校則に非難の声 「授業中のトイレは男子1分・女子3分以内」とか先生ってヒマなの? 2017年12月20日 11時59分 J-CASTテレビウォッチ livedoor.com)   校則に関する学校側の本音 ウワサの保護者会「校則スペシャル(後編) 10代の本音VS学校の本音」(*DAILYMOTION動画は削除されたようです) 【パネリスト】荻上チキ,春名風花,井上咲楽,東京理科大学教授…八並光俊,金城学院大学教授…原田琢也, 【出演】教育評論家…尾木直樹, 【司会】高山哲哉,【語り】宮島史年  (2018年2月24日放送分)   日本一校則が厳しい高校 男子は頭髪を染めているか耳や目、襟?にかからないかを見て、女子は頭髪を染めているかパーマをかけているかピアス穴をあけているかスカートをあげすぎていないか、爪を伸ばしすぎていないか(普通の爪で引っかかるのでみんな深爪です)等を見られます ちなみにひっかかると四回程度で停学になるそうです それだけで辛いのに女子の検査をする人に男性教師を使われて執拗に髪を触られたりベルトの確認のためにブレザーをあげて見せるのが苦痛でなりません(学校での服装検査が苦痛です 2014/4/1316:58:30 YAHOO!JAPAN知恵袋) 「この校則じゃあ、いかんと思った」(まるでハガキのように。 ほぼ日) 聞いてください!ウチの変な校則!! 集計期間:2016/09/08 – 2016/10/05 pictlink.com   日本一校則がゆるい高校 日本で一番自由な校風の高校はどこでしょうか? 校則ではないですが、生徒が考えた禁止事項があります。『麻布3禁』というもので、(1)校内での麻雀禁止、(2)授業中の出前禁止、(3)校内を鉄下駄で歩くことの禁止です。(茶髪も私服もOK、校則のない「麻布学園」校長が語る「自由」を育てることの大切さ 弁護士ドットコム 2018年02月12日 09時54分) 校則 緩い。とにかく緩い。無いに等しいです。ピアスも髪染めもスカート短くてもネイルしててもなんでもOK! 校則=法律と生徒間では言われるくらい本当に自由な学校です。先生的には自分で考えてお茶高生として恥じない格好をしてればいいという感じがします。ピアス、髪染め、メイク、バイトOKなのでとくに行事前は皆個性豊かになります。(お茶の水女子大学附属高等学校 みんなの高校情報) 高田高校は全国でも珍しい校則の無い学校です。(新潟県立高田高等学校 PDF) アルバイトしてる人いますよ、友達には2.3人います 化粧してる人はたくさんいますよぉ。 金髪ド派手な方が東大に推薦で合格したりするしね。 南は大学と同じ位自由 勉強するしないも自由 化粧するしないも自由 恋愛するしないも自由(教えて!札幌南高校 掲示板) 私の卒業した札幌西高も、 …

no image

志望大学の選び方20個のポイント

  2017/11/10    高等教育, 高校教育

高校生のあなたにとって、どの大学を選ぶかはその後の人生を大きく左右する大きな決断となります。志望大学をどのようにして決めますか? 自分で自分の志望大学を決めるのはそう簡単ではありません。自分は一体何者になりたいのか、どんな職業についてどんな人生を歩みたいのか、そのためには大学ではどんなことを学びたいのか、そのためにはどの大学のどの学部・学科を目指せばよいのか、と考える必要があります。 自分の意志だけでなく、親の意見、先生の意見、他人からの見られ方なども影響してきます。 高校生の時点ではまだ何になりたいのかが見えていない人も多いとは思いますが、大学選びの助けになりそうなポイントをいくつか挙げてみたいと思います。   1 今の学力で志望大学を決めるか、受験当日の学力で決めるか 多くの中高校生は今の自分の偏差値だとこの辺りの大学かなと、早い段階で決めつけています。受験までまだ間があるのなら、まっとうな勉強方法で努力を続ければ学力は伸びるものです。今の成績で志望大学を決めるのではなく、志望大学を先に決めて、その大学に合格できるだけの学力をつける努力をしたほうが、モチベーションが上がりますし自分の可能性が広がります。 みんな定期テストなどの結果によってある程度成績の序列というのが決まっていて、その序列に応じたように志望校を決めていく。「オレは、大体あのへんかなー」というイメージをみんな持っていて、そのイメージ通りのところに行く。これって、どうなのでしょうか?(「行ける大学」ではなく、「行きたい大学」へ 池田潤 OFFICIAL BLOG) 難関大学に合格する人の多くは、いわゆる秀才タイプではなく努力家タイプ 今、成績が良くないのは、あなたの能力がないからではなく、やり方が悪いから 自ら考えて戦略を立て、勉強法を工夫し、主体性を持って勉強を進めていかねばならない(和田秀樹先生に聞く! 難関大に合格する受験生の条件 大学受験パスナビ 2016/4/7)   2 大学入試はあなたを落とすためでなく、受け入れるためにある 高校生のあなたは意外に思うかもしれませんが、大学の入試問題はあなたを振り落とすためにあるわけではありません。あなたがこんな人ならば是非来てほしい、あなたにはこんな勉強をしたうえで来てほしいという気持ちがこめられたメッセージが入試問題なのです。ですから、過去の入試問題を研究することによって、大学が求めるものが見えてきます。偏差値的には横並びとされる大学であっても、過去の入試問題を見てみると出題傾向、出題形式は決して同じではなく、大学によって欲しい学生像に違いがあります。大学は、偏差値の高い生徒に来てほしいと思っているわけではありません。 東京大学の入試問題は,どの問題であれ,高等学校できちんと学び,身につけた力をもってすれば,決してハードルの高いものではありません。(東京大学アドミッション・ポリシー) 東大受験生 「2倍角・3倍角・半角・和積・積和公式はいざとなれば加法定理から全部導ける。とにかく根幹となる加法定理だけは確実に暗記しておこう。受験勉強はこうやって効率よくやることが大事だ。」 東大教授  「では、加法定理を証明せよ。」 東大受験生 「ぎゃああああああああああああああああああ」 (受験の月) (1)一般角θに対して sine θ, cos θの定義を述べよ. (2) (1)で述べた定期にもとづき,一般角 α, βに対して sin (α+β) = sin α cos β + …