「 投稿者アーカイブ:scienceandtechnology.jp 」 一覧

The Times Higher Educationが世界大学ランキングを発表 東大42位、京大65位

  2018/09/29    Uncategorized

The Times Higher Educationが世界大学ランキングを発表しました。 Browse the full results of the World University Rankings 2019 The Times Higher Educationによる日本の大学のランキング 1位:東京大学 2位:京都大学 3位(同位):大阪大学、東北大学、東京工業大学 6位:名古屋大学 7位(同位):藤田保健衛生大学、北海道大学、九州大学、帝京大学、東京医科歯科大学、首都大学東京、筑波大学 日本の私立大学の1位(同位)は、藤田保健衛生大学と帝京大学でした。 Rank Name No. of FTE Students No. of students per staff International Students Female:Male Ratio 42 …

地下鉄の座席に大股開きで座る男性らの股間に若い女性が漂白液を垂らす

  2018/09/28    社会

電車に足を広げて座る男性は、他の乗客が座れるはずの座席を塞いでしまっているので大変迷惑です。このマナー違反は日本に限らず世界各国で問題になっているようで、ロシアの女性が過激な行動に出ました。ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で、大股開きで座席に座るマナーの悪い男性たちの股間に女子学生の活動家が漂白液をかけてまわったそうです。しかし、がら空きの車内にいる男性をも攻撃するのは明らかにやりすぎでしょう。   大股開きで座席を占領する男性の乗客に女性活動家が制裁を加える映像 抗議の動画に非難殺到 ロシア・サンクトペテルブルク   活動家の女子学生の名前 Anna Dovgaliuk(Anna Dovgalyuk)さんという人らしいです。この人はスカート内盗撮への罰則が法的に制定されていないことに抗議するために地下鉄構内で自らスカートをめくりあげてパンツを公衆に見せるという抗議行動も過去に行なっています。 VIRAL Anna Dovgalyuk removes skirt at metro station Woman pulls up skirt in crowded station calling to criminalize ‘upskirting’ (3:22) Upskirting Protest: Russian Student Demands Criminalization (1:21) この動画の説明の中で彼女は、自分には法律を変える力はないが、このビデオの主張を通じて、犯罪とみなされるべきこの問題に対する世間の関心を呼び起こしたい、と述べている。 In the description …

ジョブアプリケーションのためのカバーレターの書き方

  2018/09/27    Uncategorized

応募書類におけるカバーレターの重要性 「カバーレターを見るだけで、応募書類の山のうちの半分は、ほぼ一瞬で却下できてしまいます。」 “In almost no time we can reject half our applicant pool just by looking at their cover letters,” says Susan Lord, associate professor of electrical engineering at the University of San Diego. (The Basics of Cover Letter Writing …

流星ショーを人工的に作る岡島礼奈氏の天文ビジネス

  2018/09/26    宇宙ビジネス

流れ星を人工的に実際に作って、流星ショーを鑑賞してもらう宇宙ビジネスを作ろうとしているのが、東京大学天文学科・同大学院博士課程卒の岡島礼奈(おかじま れな)氏。   研究の端緒 「まず、流れ星を流すために必要最低限の装置の研究をはじめました。流れ星のタネとなる流星源と、流星源を正確な時間と場所に放出する装置、この2つです」 大気圏への再突入が再現できる風洞実験装置で、人工流れ星を明るくする実験を繰り返した。2014年末になって、あくまで実験装置の中ではあるが、都会の夜に肉眼で確認できる明るさを実現した。(流れ星を自由自在に操る…女性企業家が挑む天文学プロジェクト 2015.07.19 12:30 デイリーニュースオンライン)   構想 [05/05]Vol.36_Lena Okajima ALEの人工流れ星は、打ち上げ代行サービスを利用して自社開発の人工衛星(ALE SAT)を高度400キロメートルほどの太陽同期軌道に投入し、そこから放出した流れ星の基となる粒を大気圏に突入させて光らせるというものである。(『宇宙ビジネスの衝撃 21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ』 堀内 勉 2018年06月01日 HONZ) SkyCanvas Promotion Movie   流星のタネ(流星源) (写真引用元:異端会議)   岡島礼奈氏インタビュー記事 世界初、人工流れ星の実証実験 新たな宇宙利用ビジネスの創出へ 株式会社 ALE 岡島 礼奈 代表取締役、蒲池 康 チーフエンジニア (人に聞く~インタビュー JAXA研究開発部門) 流れ星を人工で作る方法が企業秘密のワケ (2018年9月25日 9時15分 プレジデントオンライン/livedoorNEWS) ジャーナリスト 田原 総一朗、ALE 代表取締役社長 岡島 礼奈 世界初!流れ星をエンタメにする、ALE・岡島礼奈社長の人工流れ星計画 …

2019年日本でもヒト受精卵のゲノム編集実験を解禁

  2018/09/25    Uncategorized

研究で使う受精卵は、不妊治療で使われなかった受精卵(余剰胚)だけで、遺伝子改変した受精卵を人や動物の胎内に戻すことは認めない。(受精卵「ゲノム編集」来年4月にも解禁へ…基礎研究に限定 2018年09月24日 18時46分 読売新聞 YOMIURI ONLINE)   参考 受精卵「ゲノム編集」来年4月にも解禁へ…基礎研究に限定(2018年9月24日 18時46分 読売新聞 YOMIURI ONLINE)遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」を人の受精卵に行う基礎研究が、日本でも来春、解禁される見通しとなった。文部科学省と厚生労働省は28日に開かれる有識者会議で、研究に関する指針案を示す。 「ヒト受精卵をゲノム編集」で続く危険性論争 病気の遺伝子は修復できたか……見方は分かれ、再現実験も困難(WEBRONZA 粥川準二 サイエンスライター 2018年09月03日) 昨年8月、「『ヒト受精卵にゲノム編集』で何が起きたのか」で伝えたように、米オレゴン健康科学大学のショウクラット・ミタリポフらはヒト受精卵にゲノム編集を行い、ある病気の原因となる変異遺伝子を正常な遺伝子に置き換えることに成功した、と『ネイチャー』で報告した。しかし米コロンビア大学のディエター・エグリなど複数の専門家から、遺伝子を置き換えたのではなく削除しただけではないか、と批判された。 エグリらの批判は、論文になる前のプレプリント(原稿)として示された。ミタリポフは「数週間以内に返答する」と述べていた。ようやく今年8月、エグリらのものを含めて、ミタリポフらの主張を批判する記事2件が『ネイチャー』に掲載され、ミタリポフらによる反論も同時に掲載された。 ヒト受精卵の「ゲノム編集医療」で中国が独走状態にある理由(規制に縛られる日米欧の科学者たち 小林 雅一 2018.08.30 現代ビジネス) ヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる研究に関する合同会議  (第 2 回) 議事録 平成 30 年 7 月 11 日(水曜日)10 時 00 分~12 時 00 分  40 page PDF ヒト受精胚を用いたゲノム編集利用研究について ヒト受精胚へのゲノム編集技術等を用いる研究に関する合同会議(第1回) 国立成育医療研究センター研究所 生殖医療研究部 阿久津 英憲 2018年5月30日 PDF30ページ 内閣府専門調査会 受精卵のゲノム編集で報告書  容認 基礎研究に限定、指針作成へ (日本経済新聞 2018/3/9 11:33)内閣府の生命倫理専門調査会は9日、遺伝子を効率よく改変できるゲノム編集技術でヒトの受精卵を操作する基礎研究について、総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)への報告書案をまとめた。生殖補助医療を目的とする基礎研究の指針を国が作ることを求めた。現時点では医療応用は容認できないとした。早ければ2018年度内にも受精卵ゲノム編集の基礎研究が解禁される見通しだ。 遺伝子組み換えを超えた技術「ゲノム編集」でヒトはどう変わる?医療応用から遺伝子ドーピングまで、現状と問題点を探る (imidas 2018/01/05 石井哲也 北海道大学安全衛生本部教授)出産を目的とした受精卵の遺伝子改変に関しては40年ほど前から論争があり、臨床的、倫理社会的問題から法律で厳格に禁止している国が多い。 (素案)提言 …

日本の田舎の生活・価値観・精神性

  2018/09/24    地域

日本の地方大学や僻地の研究所を訪れると、50年くらいタイムスリップしたような感覚になったり、時間が3倍くらい遅く流れているような錯覚に陥ることがあります。 あえて悪い言い方をすれば、何の緊張感もなく、毎日適当に生きて、時間が過ぎていくのが田舎というところです。(都会のスタンダード、田舎のスタンダード 2013.05.07 Tuesday いすみ鉄道 社長ブログ) 研究であれば、日本のどこであろうが世界のどこであろうがやることに大差ないはずですが、生活するとなると都会の生活と田舎の生活とでは大きな違いがあります。地方都市、および、さらに人口の少ない田舎の地域での生活に関するネット情報等をまとめます。   教育格差 釧路にも大学は存在すると書いたが、しかし子供たちにとってそこは病院などと区別されない「建物」にすぎず、「大学生」という存在にじかに出会ったことは、すくなくとも私は一度もなかったし、また私の場合は親族にも大学卒業者が皆無だったため、高校卒業後の選択肢として「大学進学」をイメージすることは、きわめて困難であった。… 私が東大に入学し、なかば憤慨したのは、東大と同じ駒場東大前駅を最寄り駅とする中高一貫校が存在し、その東大進学率が抜群に高いということだった。なんという特権階級だろう! しかも彼らには、自らがその地理的アドバンテージを享受しているという自覚はない。 田舎者(私)の無知と貧弱な想像力の例をいくつか挙げたが、まさに問題は、この「想像力が奪われている」ということにある。こうした田舎では、とにかく文化と教育への距離が絶望的に遠いがゆえに、それらを想像することじたいから疎外されているのだ。… あまりに遠すぎて想像すらできないこと、これが田舎者の本質的な困難なのである。… 教育における地域格差の帰結をあらためて言い換えれば、それは「同じ学力の子供が、田舎に住んでいるという理由だけで、都市に住んでいれば受けられたはずの教育の機会を奪われている」ということである。 いざ大学進学を志したとしても、田舎の子供にはさらなる障壁がいくつも立ちはだかっている。思いつくままに羅列してみよう。 ○「せめて県内の大学に行ってほしい」と希望する親(北海道はとくにこの傾向が強かった) ○「女性は大学・都会になど行くべきでない」という根強い価値観 ○都会に出ようとする若者への激しい嫉妬と物理的・精神的妨害 ○受験に対する精神的な負担(多くの人は飛行機に乗ったことも大都市に行ったこともない) ○単身で「都会へ引越す」ことへの精神的負担 ○都会での大学生活について相談できる大人の不在 ○塾や予備校の不在(都会にどんな機関があるのか知る機会もない) ○近所の本屋に受験参考書が揃っていない(取り寄せるべき参考書を知る機会もない) ○過去問を閲覧することができない ○各種模擬試験の案内がない 田舎者は、こうした数多の困難によって、教育から隔絶されている。こういう話をすると、かならず「いまはインターネットで教育が受けられる」という反応がある。だがこれは、くりかえすが、機会の問題ではなく想像力の問題なのだ。田舎ではそのような発想じたいが不可能なのである。(「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由 2018.04.25 現代ビジネス) 見えている世界が違うのは田舎という場所の問題なのか (4月 25, 2018 かわさきOncology&Palliative Care) 私は高校卒業後、浪人せずに医学部に入っているので、教育は釧路市内でしか受けたことはない。高校の授業と本屋で買った参考書と市内の塾だけで国立大の医学部に進学できているし、私の同級生も同じような教育環境で半分以上が大学に進学している(東大も、医学部も複数いる)。… 田舎か都会かというのは問題を単純化しすぎで、「同じ地域で学生時代を過ごしているのに見えてる世界が違うのはなぜか」という問題を考察した方がいい。 「田舎育ちだと教育や文化に触れられず大学に行く選択肢が与えられない」という記事に対して同意や疑問の声 (4月25日 togetter) 東京の近くであっても、小学校教師の当たりはずれや学習塾に行く機会の有無による運がかなりあると思っている。 彼の親だけでなく、その父親は文壇の権威で知られた大学教授で、彼の幼馴染も東京の超有名大学に籍を置いていました。こうした層の人たちにとって、大学に行くことは、今まで自分の生きてきた場所を後にする事でもない。孤軍奮闘のパイオニアになる事でもないのです。まるで息をするように一流大学に進学しているんです。(家族で初めて大学進学した女子だった私 EdiMadam 2018/04/29 20:50 note.mu)(太字強調は当サイト)   地方大学 都会の大学とは違って、クソ本気で勉強しているっていう人がいない。… 就職は、地銀・地方新聞社クラスならマジで余裕だ。普通に大学生活おくってたら楽勝。ただ、上を目指そうっていう気持ちがあるなら、こんなところには来るな。都会に行け。地方国立大学は安定してるんだよ。安定して卒業できるし、安定して就職できる。でも上は目指すことはかなり難しい。普通でないモチベーションを持ち続けられる自分と、自分と同じようにモチベーションを持ち続けられる友人を最低一人はみつけなければならないからな。(■今年地方国立大学を卒業する俺が新入生にアドバイスしたい 2010-02-18 …

杉田水脈(すぎた みお)氏のLGBTに関する発言

  2018/09/24    Uncategorized

LGBT: 女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の各単語の頭文字を組み合わせた表現 (ウィキペディア) 杉田 水脈@miosugita (ツイッター) 杉田水脈(すぎた みお)氏の発言 杉田氏のLGBTに関する考えがまとめられた動画。杉田氏のセクシュアリティへの無理解ぶりがわかります。 彼女が、国民の選んだ日本の現職の衆議院議員です。 #杉田水脈 #LGBT pic.twitter.com/JerWbVzVDF — l (@liberal_dive) 2018年7月19日   杉田水脈(すぎた みお)氏のLGBT発言問題時系列まとめ LGBTに関する杉田水脈(すぎた みお)氏の発言が大きな波紋を呼び起こしています。関連する報道や記事などをまとめておきます(最新→古い順) 新潮45は月刊「文芸春秋」のような総合雑誌をうたい、1982年に前身の雑誌が創刊された。週刊新潮や写真週刊誌「FOCUS」(2001年休刊)と並び、文芸で知られる同社の中で「社会派」の一翼を担ってきた。事件報道を重視したノンフィクション路線だったころもあったが、現在の若杉良作編集長が就任した16年9月号から、右派系雑誌常連の論客が目立つように。近年はネットでの過激な発言で注目を浴びる論者を次々と紹介するようになっていた。(「限りなく廃刊に近い休刊」 新潮45を追い込んだ怒り 2018年9月26日05時01分 朝日新聞DIGITAL) 新潮社は25日夜、本社内で報道各社の取材に応じ、杉田水脈衆議院議員による論文、そしてそれを擁護する特集記事を掲載したことが問題となっていた『新潮45』の休刊について説明した。担当者はAbemaTV『AbemaPrime』の取材に「苦渋の決断だが、限りなく廃刊に近い休刊」との認識を示した。取材に当たった所太郎氏によると、新潮社側からは「『新潮45』の実売数は1万部前後が続いており、雑誌単体では赤字という状況があった。(『新潮45』は「限りなく廃刊に近い休刊」 佐藤隆信社長と編集担当取締役に減給処分 AbemaTIMES 2018年09月26日 00時32分 JST  HUFFPOST) お知らせ 「新潮45」休刊のお知らせ 弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。 これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。2018年9月25日 株式会社 新潮社 “安倍チルドレン”杉田水脈議員、LGBT巡る問題で騒動 自民党の谷川とむ議員も問題発言(2018年09月24日 13時35分 まいじつ @niftyニュース)谷川氏はインターネット番組で、同性婚のための法整備は不要との見解を示した上で、同性愛を『趣味みたいなもの』と言い放ったのです。LGBTではない者にとって、性的少数派の声は性的嗜好のように理解されている証左でしょう。 杉田水脈議員は「LGBTに税金を投入」について具体的な説明を(網尾歩 (コラムニスト)  2018年9月22日 WEDGE Infitiniy) 「新潮45」が二度目の大炎上で大きく失ったもの まっとうな議論のきっかけどころか… (井戸 まさえ 2018.09.22 現代ビジネス) 結果、現在「新潮45」は完売だという。社会的責任と、経営と、社内外での成果。「新潮45」10月号は期せずして新潮社の基本理念や時代的役割を問うことにもなった。いや、新潮社だけでなく、全ての出版社、放送局、ネットメディア、出版、メディア業界、そしてそこで働く出版人の足許を、もう一度確認する作業が求められているのだ。 新潮社が「常識を逸脱した偏見と認識不足」との社長コメント 新たな批判の声も(2018/09/21 18:43 Yoshihiro …

チーズアレルギーの中学生が学校でチーズをTシャツの中に入れられ死亡

  2018/09/24    免疫学, 生命科学

乳製品にアレルギーのある少年のTシャツの中に、クラスメイトがふざけてチーズを入れたために、少年がアナフィラキシーを起こして10日後に死亡するという事件が去年イギリスの学校で起きていたそうです。2018年9月19日に開かれた死因審問で、事件の状況について証言がなされました。救急が電話を受けたときは、ただのアレルギー反応という説明だったが実際に救急隊員が到着したときには、少年は呼吸困難に陥っており蕁麻疹が出た状態だったそうです。 On Wednesday, the inquest heard from paramedic Kierin Oppatt, who said the 999 operator was told it was “just an allergic reaction” but when he arrived Karan was “gasping for air” and had broken out in hives. (Boy, 13, with dairy allergy …

耳年齢テスト 高周波の音を用いた聴力テストでわかるあなたの年齢 

イグノーベル賞のすべて!~ 仕掛け人マーク氏に聞く 【日本科学未来館×ニコ生】の番組を見ていたら、大人は高周波の音が聞えなくなるので、若者にしか聞えない高周波数の音を使ったデバイスが使われて社会問題になった例が話題に上っていました。 下の「耳年齢テスト」動画によれば、7000Hzは全年代に聞こえ、8000~9000Hzは60代の人に聞こえ、10000~11000Hzの音は50代の人でも聞こえ、12000~14000Hzの範囲の音が聞えればあなたは40代、15000Hzの音が聞こえれば30代の人で、20代後半の人なら16000Hzでも聞こえ、18~24歳という若い世代の人は17000~18000Hzの範囲の音でも聞くことができて、19000~20000Hzという高い周波数になると13~17歳のティーンエイジャーの若者しか聞くことができないようです。自分でも試したところ、年齢相応の結果が出ました。耳年齢は嘘をつかないですね。 モスキート音『耳年齢テスト』 (大人は聞こえないと話題の音) もっと細かく、どの周波数までなら自分が聞えるのかを知りたい方は、下の動画をお試しください。20Hzの低周波から20,000Hz の高周波まで連続してピッチがかわっていきます。くれぐれも音量に注意し、耳を痛めないようにお願いします。 Hearing Test HD   モスキート(The Mosquito) 高い周波数は若者にしか聞こえないことを利用した、自分の家や店の前にたむろする迷惑な若者を撃退するアラームが商品化されています。「The Mosquito」(モスキート)というその製品は、17400Hzの周波数の音を発信するそうで、この音は24歳以下の若者にしか聞えないとのこと。 Mosquito MK4 (Anti-Loitering device)  £594.00 Over the 10 years since The Mosquito was launched, CSS have sold many many thousands of them worldwide and …

オプトジェネティクス(Optogenetics 光遺伝学)研究の歴史 

オプトジェネティクス(光遺伝学)は、光照射によってイオン透過性が制御されるチャネルやポンプの遺伝子を神経細胞に発現させて、光によって神経活動を亢進させたり抑制させたりする技術です。特定の神経細胞だけを特定のタイミングで活動させたり抑制することができるため、脳の働く仕組みを理解するのに役立ちます。また、非侵襲的な刺激方法がどの程度可能なのかがはっきりしませんが、精神疾患の治療に役立てたいという期待も存在します。   ピーター・ヘーゲマン(Peter Hegemann)博士 オプトジェネティクスで使われるツールを最初に開発したのは、ピーター・ヘーゲマン(Peter Hegemann)博士の研究室でした。 Peter Hegemann | 2016 Massry Prize Lecture Harz & Hegemann 1991 Nature Nagel et al., 2002 Nagel et al., 2003 Kato et al., 2012 Wieteck et al., 2014 Science with M. Elstner Wietek et …