「 大学入試 」 一覧

大阪大学が物理入試出題ミスの検証結果を公表

追記20180411 問1について 物理の問題では問4,5が話題になっていましたが、問1についても正答が選択肢に無いという指摘がありますので紹介しておきます。 2017年物理の出題ミスで話題になった問題〔3〕Aの問4について解 説を書きました。 なお,この問題には,問1も出題ミスではないかという疑惑があります。問1については,大阪大学へ問い合わせをし回答を得ていて,それを掲載しています。問1の大阪大学による検証結果は,まさかこんな回答をするとはというびっくりする内容でした。(引用元:記事 大阪大学2017年物理出題ミス問題の解説と,さらなる出題ミスの疑惑  乱数と暗号の部屋(暗号工房)) 弁明「問1は選択肢に正解がない」 に対する抗議にお答えします 。2018/3/11 脱帽 これは 苦しい! 問1は、いったい何を試したかったのでしょうか? (引用元:冨田 博之 京都大学名誉教授のウェブサイト)   2017年2月25日に実施された大阪大学入学試験前期「物理」の問題で出題ミスがあり、1年近くも経った2018年1月6日に30名もの追加合格者が出ました(⇒記事)。ところが、ある意味、それ以上に世間を驚かせたのは、阪大が2018年1月12日に公表した言い訳でした。阪大は、はじめに正答とした解答が誤答だったとは決して認めず、それを本来の答えとした上で別の解も正答として認めるというのです。(⇒記事)。物理を捻じ曲げ、大学入試の出題のルールをも投げ捨てたこの説明は、物理の専門家や教育者をはじめとして世の中の多くの人を憤激させました。当然、検証委員会がこれを正すのだろうと思っていたのですが、期待は見事に裏切られました。また、出題ミスに組織として対応する体制が作られていなかったわけですから、組織としての責任が厳しく問われるべきです。しかしながら、2018年3月23日公開の報告書において、検証委員会は責任を全て問題作成者と通報を受けた現場の人間に押し付け、阪大執行部には高評価を与えました。 ○ 被処分者等 ① 大学院理学研究科教授(50歳代)平成29年度大阪大学一般入試(前期日程)等の理科(物理)における科目責任者…訓告 ② 大学院理学研究科教授(50歳代)平成29年度大阪大学一般入試(前期日程)等の理科(物理)における副責任者…訓告 ③ 教育・学生支援部長(50歳代) …厳重注意 ④ 教育・学生支援部入試課長(40歳代) …厳重注意 ⑤ 教育・学生支援部入試課課長補佐(50歳代) …厳重注意 ⑥ 教育・学生支援部入試課係長(40歳代) …訓告 (引用元:処分の公表について) 入試問題に関する誤り判明後の対応について 入試担当理事に第一報が入って以降、総長のリーダーシップのもと、大学としての対応は迅速であると同時に、合否判定に必要な手続きを慎重に踏んでおり、特段の問題点や課題はなかった。(引用元:検証報告書) 阪大のこのような体質に対する批判的なコメントがいくつか目に留まったので紹介します。 3月23日付で大阪大学の「事案検証委員会」の検証結果が公表されました。いったい何を検証されたのか、すでに報じられている事実経過を羅列しただけで、1月12日のふざけた 「 …

no image

大学入試改革の民間英語試験候補リスト

  2018/03/16    大学入試, 高校改革, 高校教育

大学入試センター試験にかわる民間英語試験として立候補している団体および試験は、日本英語検定協会の英検およびTEAP、Educational Testing ServiceのTOEFL、ベネッセコーポレーションのGTEC、国際ビジネスコミュニケーション協会のTOEIC、ブリティッシュ・カウンシル(およびIDP:IELTS オーストラリア)のIELTS、ケンブリッジ大学英語検定機構のケンブリッジ英語検定およびリンガスキルとなっています。文科省によってどの試験が認定されるかは、2018年3月末に発表される見込み。 立候補している7団体24試験の詳細は以下の通り。 公益財団法人日本英語検定協会 実用英語技能検定(英検)[1級、準1級、2級、準2級、3級]、 英検は、小学生から社会人まで幅広い方を対象とした、英語検定試験です。 使える英語の4技能が評価され、英検取得者は多くの高校・大学の入学試験や単位認定で優遇されています。 英検は、世界各国の教育機関で海外留学時の語学力証明資格に認定されています。英検資格で、世界へ羽ばたく道が広がります。 (引用元:http://www.eiken.or.jp/eiken/merit/) Test of English for Academic Purposes(TEAP) Test of English for Academic Purposes Computer Based Test(TEAP CBT) TEAPおよびTEAP CBTは主に高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発されております。テスト構成は日本における「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となっており、テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されております。難易度の目安としては、英検準2級〜準1級程度で、日本の高校3年生の英語を測定するのに最適なレベルとなっております。 (引用元:http://www.eiken.or.jp/teap/merit/index.html) Educational Testing Service TOEFL iBTテスト TOEFL テストは、世界で最も広く受け入れられている英語能力試験で、オーストラリアやカナダ、英国、米国を含め 130 か国 10,000 …

2017年阪大&京大入試 音波の問題の解説

  2018/02/04    大学入試

出題ミスへの対応が遅れて、実に1年近くも経ってから大阪大学と京都大学がそれぞれ追加合格者が出すことになった、いわくつきの音波のの問題を、出題ミスを指摘していた予備校物理講師の吉田弘幸氏が解説。 吉田弘幸先生の物理① 2017年度大学入試考察 音波の反射 吉田弘幸先生の物理② 2017年度大阪大学入試考察 10:11~ 問5でnが整数から遠い値になってしまうことについて 12:58~ 大阪大学の追加説明に関して 吉田弘幸先生の物理③ 2017年度京都大学入試考察   参考 音波の干渉と反射について 2017年度大阪大学および京都大学入試出題内容の検討 吉田弘幸氏による解説 (PDF) 高校物理における音波の解説 2018年1月12日 京大理 佐々真一 (PDF) 2017年度 京都大学入試問題「物理」 出題ミスとの指摘あり (四谷学院大学受験予備校 公開日:2018/01/23 最終更新日:2018/02/01)指摘のポイントは何か?大阪大学、そして京都大学、いずれも大きなポイントが2点あります。POINT1 1つの音源から異なる方向に出される音波の位相はどう考えればよいか POINT2 壁で反射された音波の位相はどう変わるか 京都大学の出題を解説 京都大学の出題の問題点(1)四方八方に出る音は、同位相で送り出されると見てよいのか?(2)壁で音波が固定端反射するとはどういうことか? 京大入試ミス 「もっと早く気付けた」6月外部会合で疑問 (鳥井真平、飼手勇介、池田知広 毎日新聞2018年2月1日 22時06分 最終更新 2月1日 22時06分) 京大がミスの可能性について、外部から初めて指摘を受けたのは1月15日。‥ 1月15日に文科省にメールで指摘した予備校「四谷学院」の教務部長、栗山潔さん(47)は「阪大も京大も条件設定の不備だったが、阪大は複数の解答を正解にして、根本的なミスを認めていない。それと比べると、京大は全面的にミスを認め、良心的だと思う」と話す。阪大のミスを指摘し、同19日に京大のミスも直接指摘した予備校講師の吉田弘幸さん(54)は「京大も文科省も早く対応したのは、阪大のケースがあったからではないか」と語った。   大学が公開した解説 …

京大も2017年物理出題ミスを認め追加合格

  2018/02/01    大学入試

京大2017年入試物理でも出題ミスが指摘されていましたが、京都大学は入試ミスを認め、2018年2月1日16時から記者会見を行い、今回の件に関して謝罪および説明しました(NHKがインターネット中継し、18:19分ころに会見が終了)。 KyodoNews 2018/02/01 北野正雄 副学長は記者会見し「極めて遺憾」と謝罪。   採点のやり直しにより、17名が追加合格。追加合格の内訳は、理学部4人、工学部10人、農学部3人。第1志望に合格していたのに、第2志望以降に入学していたのは工学部7人、農学部4人。 これらの学生は、転科が認められるとのこと。他の追加合格者に関しては、2018年4月からの入学が望ましいが、既に他大学に在籍しているなど個々の状況が異なる可能性があるため、個別に希望を聞いて対応するそうです(参考:記者会見の質疑応答)。 山極寿一学長のコメント「影響を受けた受験生や学生の立場に立って、誠意をもって対応していく」(JIJI.COM 2018/02/01-16:59)   入試ミスの指摘と問題点の解説 京大がミスの可能性について、外部から初めて指摘を受けたのは1月15日。‥ 1月15日に文科省にメールで指摘した予備校「四谷学院」の教務部長、栗山潔さん(47)は「阪大も京大も条件設定の不備だったが、阪大は複数の解答を正解にして、根本的なミスを認めていない。それと比べると、京大は全面的にミスを認め、良心的だと思う」と話す。阪大のミスを指摘し、同19日に京大のミスも直接指摘した予備校講師の吉田弘幸さん(54)は「京大も文科省も早く対応したのは、阪大のケースがあったからではないか」と語った。(京大入試ミス 「もっと早く気付けた」6月外部会合で疑問 鳥井真平、飼手勇介、池田知広 毎日新聞2018年2月1日 22時06分 最終更新 2月1日 22時06分) 昨日,京大に送ったメールの文面 pic.twitter.com/szAyQKqMSP — よしだひろゆき (@y__hiroyuki) 2018年1月20日 2月12日に開催する講演会「音波の反射と干渉」のレジュメ(暫定版)です。https://t.co/62xMIRrzoj — よしだひろゆき (@y__hiroyuki) 2018年1月19日   入試ミスの内容 該当する問題:物理問題Ⅲ(4)「せ」(別紙2参照) 配点3点 (入学試験問題PDF) ミスの内容:問題文中に条件設定が不足していたため、正解が一つに定まらない設問となっていた。 ※ 問題の解説については「物理問題Ⅲ(4)の解説」(別紙3)を参照 (京都大学 2018年02月01日)   京都大学による問題点の解説 壁での反射について …

no image

京大2017年入試物理でも出題ミスの指摘

  2018/01/21    大学入試

追記 新しい記事 → 京大も2017年物理出題ミスを認め追加合格が17名(うち、既に京大の他学科在籍者11名)になったことが2018年2月1日の記者会見で発表されました。 * * * 以上、追記 * * *   2017年阪大入試物理の出題ミスを2017年8月に指摘していた予備校の先生が、京都大学の2017年物理においても出題ミスがあったのではないかという指摘をしています。 2017年京都大学前期日程物理IIIの問題文     京都大学 前期日程 物理 Ⅲ 問題文(代々木ゼミナール)   京大に対する出題ミスの指摘 京大の2017年入試物理でも出題ミスがあるという指摘がなされました。 昨日,京大に送ったメールの文面 pic.twitter.com/szAyQKqMSP — よしだひろゆき (@y__hiroyuki) 2018年1月20日   問題点の解説 いちおう完成しました。今度は図も少し入れました。https://t.co/NB3tJiKCWd — よしだひろゆき (@y__hiroyuki) 2018年1月17日   割れている予備校の解答 (せ)の選択問題の解答が駿台は①、河合塾と代ゼミは②と割れています。 駿台の解答 大学入試解答速報 京都大(物理問題III) せ① 河合塾 2017年国公立大二次試験 解答速報 京都大学(前期)物理 解答例 物理問題III せ② 代々木ゼミナール 2017年入試問題と解答例 京都大学 前期日程 物理III せ②   新しい記事 → 京大も2017年物理出題ミスを認め追加合格   京大の2017年入試物理IIIに関するツイート ツイッター上の様々な意見を紹介します(*随時追加、変更) あらきけいすけ@OUS‏ @arakik10京大の問題(車が壁に平行に走るときの波の干渉の部分だけ)を解いてみた。反射での位相の振る舞いは難しいかも。SEGの先生の「車の位置での波が云々」は、言いがかりに過ぎないように思われる。 …