「 月別アーカイブ:2015年11月 」 一覧

卓越研究員制度は雇用不安を改善できるか?

  2015/11/27    科学行政

新たに創設される「卓越研究員」制度(2016年公募開始)は、博士研究員(ポスドク)や任期付大学教員の雇用不安の改善に貢献できるのでしょうか? 2016年3月29日追記: 文科省の卓越研究員事業のウェブサイトで、卓越研究員受け入れ先全リストが公開されました。 一覧化公開ポスト 本事業の対象となる、各機関からの提示ポストは以下のとおりです。 卓越研究員ポスト一覧  (Excel:96KB) 卓越研究員ポスト Integrated disciplines (総合)  (PDF:736KB) 卓越研究員ポスト Humanities(人文学)  (PDF:173KB) 卓越研究員ポスト Social sciences(社会科学)  (PDF:218KB) 卓越研究員ポスト Mathematical and Physical sciences(数物系科学)  (PDF:311KB) 卓越研究員ポスト Chemistry(化学)  (PDF:429KB) 卓越研究員ポスト Engineering(工学)  (PDF:673KB) 卓越研究員ポスト Biology(生物学)  (PDF:282KB) 卓越研究員ポスト Agricultural sciences(農学)  (PDF:383KB) 卓越研究員ポスト Medicine, Dentistry and Pharmacy(医歯薬学)  (PDF:367KB) * * * * * 関連記事 ⇒ 卓越研究員の受け入れ先が募集要項を公開 2016年3月28日 JREC-INに123件が掲載される 2016年度から新たに「卓越研究員」制度が始まります。 文部科学省は優秀な若手研究者が大学や国立研究開発法人、企業を自由に選んで研究に専念できる新制度を2016年度から導入する。国が毎年100~200人を将来性や論文から「卓越研究員」に認定する。各機関が人件費を負担し終身雇用を保証する。…( …

誰でもわかる 今年のノーベル賞~生理学・医学 物理学 化学賞~【日本科学未来館×Newton×ニコ生】

誰でもわかる 今年のノーベル賞~生理学・医学 物理学 化学賞~【日本科学未来館×Newton×ニコ生】 黒田有彩(司会、NHK Eテレ『高校講座 物理基礎』MC) 髙橋麻美(日本科学未来館 科学コミュニケーター 生理学・医学賞チームリーダー) 谷明洋 (日本科学未来館 科学コミュニケーター 物理学賞チームリーダー) 松浦麻子(日本科学未来館 科学コミュニケーター 化学賞チームリーダー) 詫摩雅子(日本科学未来館) 髙嶋秀行(Newton本誌・ムック 編集部長) ※本番組は2015年10月25日にニコニコ生放送で放送されました

no image

ロボ­ットスーツ「HAL」を厚生労働省が医療機器として承認

厚生労働省は2015年11月25日に体に装着して歩行能力を高めるロボ­ットスーツ「HAL」を医療機器として承認しました。ALS(amyotrophic lateral sclerosis;筋萎縮性側索硬化症)など8つの難病を対象としています。装着型のロボットが保険が適用される医療機器として承認されたのは日本で初めてだそうです。 HAL医療用下肢タイプを承認しました 11 月10日開催の薬事・食品衛生審議会 医療機器・体外診断薬部会での審議を経て、本日11月25日付けで下記のHAL医療用下肢タイプを承認しましたのでお知らせします。 [ 販売名 ] HAL 医療用下肢タイプ [ 申請者 ] CYBERDYNE株式会社 [ 申請日 ] 平成27年3月25日 [ 使用目的 ] 本品は緩徐進行性の神経・筋疾患患者を対象として、本品を間欠的に装着し、生体電位信号に基づき下肢の動きを助けつつ歩行運動を繰り返すことで、歩行機能を改善することを目的として使用する。 対象となる緩徐進行性の神経・筋疾患は、以下の8疾患である。 【1】脊髄性筋萎縮症(SMA) 【2】球脊髄性筋萎縮症(SBMA) 【3】筋萎縮性側索硬化症(ALS) 【4】シャルコー・マリー・トゥース病(CMT) 【5】遠位型ミオパチー 【6】封入体筋炎(IBM) 【7】先天性ミオパチー 【8】筋ジストロフィー (厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000105014.html) ロボットHALを医療機器で初承認 保険もききます(15/11/25) (YOUTUBE Published on Nov 25, 2015) 歩行訓練ロボットスーツHAL 製造販売承認することに (YOUTUBE Published on …

no image

新規遺伝子型ノロウイルスGII.P17-GII.17

  2015/11/23    伝染病・感染症

嘔吐、下痢などを引き起こすノロウイルスは、抗ウイルス剤が存在しないため、輸液などの対症療法に頼るしかありません。そのため、予防が非常に重要です。近年、特に日本や中国で新型のノロウイルスが流行していますが、この新型ウイルスは川崎市の健康安全研究所により発見、同定されたものだそうです。 川崎市健康安全研究所が昨年3月、新型のノロウイルスを世界で初めて見つけた。…新型ウイルスは、ウイルス・衛生動物担 当の職員5人が発見。昨夏に国際機関で登録され、今夏には英文の感染症専門誌にも掲載された。5人は功績をたたえられ、10月に市から表彰を受けた。(新型ノロウイルス、川崎市職員が発見 世界初の快挙 朝日新聞 DIGITAL 2015年11月23日) ノロウイルスの遺伝子型について ノロウイルスには 5 つの遺伝子群 (GI-GV) が存在し、ヒトに感染するのは GI、II、IV であると言われています。さらに、GI は 9 種類 (GI.1-GI.9)、GII は 22 種類 (GII.1-GII.22) の遺伝子型に細かく分類されています。(川崎市健康安全研究所 2015年9月25日) 新型ノロウイルスについて 2014 年 3 月に健康安全研究所が新たな遺伝子型を含むノロウイルスを検知しました。このノロウイルスは、以前に検出された GII.17 とは異なる変異ウイルスで、2013 年までは川崎市では検出されたことはなく、世界的にも初めての確認となり国際的に GII.P17-GII.17 という遺伝子型に命名されました。(川崎市健康安全研究所 2015年9月25日) 新型ノロウイルスに対する警戒の呼びかけ ノロウイルスは、遺伝子型ごとに殻の表面の形が異なることから、これまでの主要遺伝子型である GII.4 に感染したことがあり GII.4 に対する免疫を獲得している人でも …

no image

遺伝子組換えサーモンがついに食卓へ

  2015/11/22    遺伝子組換え食品

アクアバウンティー・テクノロジーズ社が開発した、遺伝子組換え技術により通常よりも速く成長するサケ『アクアドバンテージ・サーモン』が生産・販売され食用に供されることを、 アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration; FDA)が2015年11月19日に承認しました。アクアバウンティーが最初にFDAの許可を申請したのは1996年で、実に20年近くもかかってようやくここまでたどり着いたということになります。 “The FDA has thoroughly analyzed and evaluated the data and information submitted by AquaBounty Technologies regarding AquAdvantage Salmon and determined that they have met the regulatory requirements for approval, including that food from the …