アインシュタインの「一般相対性理論」100周年

      2015/11/21




アインシュタインは1905年に特殊相対性理論を発表しましたが、1915年に一般相対性理論に辿りつきました。この年の11月にアインシュタインはベルリンで4回の講演を行い、自分の理論を発表しています。

アインシュタインが1915年にドイツ・ベルリンのプロイセン科学アカデミーで一般性相対理論を発表したときの論文(プリンストン大学のアーカイブへのリンク)。

  1. On the General Theory of Relativity. November 4, 1915 
  2. On the General Theory of Relativity (Addendum) November 11, 1915 
  3. Explanation of the Perihelion Motion of Mercury from the General Theory of Relativity. November 18, 1915 
  4. The Field Equations of Gravitation. November 25, 1915

一般相対性理論100周年を記念したセミナーも世界各地で開催されています。

カリフォルニア工科大学Kip Thorne教授によるレクチャー「Einstein’s General Relativity, from 1905 to 2005: Warped Spacetime, Black Holes, Gravitational Waves, and the Accelerating Universe」(November 16, 2005)。
Einstein’s General Relativity, from 1905 to 2005 – Kip Thorne – 11/16/2005

ロベルト・ダイクラーフ(Robbert Dijkgraaf)教授によるレクチャー。
100 Years of General Relativity

参考

  1. The Collected Papers of Albert EinsteinThe Berlin Years 1914-1917 
  2. On the Generalized Theory of Gravitation by Albert Einstein. Scientific American Vo.182, No.4, pp13-17. April 1950.
  3. Relativity priority dispute (Wikipedia):”Undisputed and well known facts: General relativity:Einstein gave four lectures on his theory on Nov 4, Nov 11, Nov 18 and Nov 25 in Berlin”
  4. Scientific American Volume 313, Issue 3. 100 Years of General Relativity
  5. 日経サイエンス 2015年12月号 特集:アインシュタイン 一般相対論100年

 - 相対性理論