ディープラーニングが実行可能なGoogleの機械学習システムTensorFlow(テンソルフロー)が誰でも利用可能に

      2018/11/23




GoogleがTensorFlowというディープラーニング(深層学習)」などを実行できる機械学習システムをオープンソースソフトウエア(OSS)として公開しました。

TensorFlow: Open source machine learning

参考

  1. tensorflow.org
  2. TensorFlow: smarter machine learning, for everyone (Google OFficial Blog, November 9, 2015):”We use TensorFlow for everything from speech recognition in the Google app, to Smart Reply in Inbox, to search in Google Photos.”
  3. GoogleがGoogle Photosの画像検索、スマート返信機能などに用いている機械学習技術をオープンソース化(TECH CRUNCH日本語版 2015年11月10日 by Sarah Perez):”このディープラーニングのフレームワークは、CPU、Nvidia GPU、Android、iOS、OSXで使うことができる実用的なC++バックエンドを持ち、またPythonのフロントエンドのインターフェイスであるNumpy、iPython Notebooksや他のPythonをベースとしたツールにも対応する。”
  4. Google、人工知能ライブラリ TensorFlow をオープンソース化。音声検索や写真認識、翻訳の基盤技術ディープラーニングを商利用可で解放(ENGADGET日本語版 BY Ittousai 2015年11月10日):”商用も可能なApache 2.0ライセンスで公開されるため、人工知能の研究者や学生からアプリ開発者、家電や自動車などのメーカーまで、実際のGoogle製品で使われるのと同等品質のソフトウェア一式を道具として導入できるようになります。”
  5. 米Google、機械学習システム「TensorFlow」をOSSとして公開(IT PRO 日経コンピュータ 2015/11/10 中田 敦):”TensorFlowはディープラーニングだけでなく、勾配アルゴリズムを使用する全ての機械学習アルゴリズムが利用可能。ユーザーはプログラミング言語の「Python」を使用して、機械学習アルゴリズムをTensorFlowに実装する。”
  6. Google、最新の機械学習システム「TensorFlow」をオープンソース化(マイナビニュース Yoichi Yamashita 2015/11/10):”Google CEOのSundar Pichai氏は「研究者からエンジニア、そしてホビイストまで、機械学習コミュニティに属する全ての人々が、論文ではなく、実際のコードを通じて活発なアイディアの交換を行うようになると期待している」と述べている。TensorFlowが機械学習研究の標準的なツールセットとして利用されるようになれば、検索の今後を支える機械学習において、Googleは研究者やコミュニティと密に関わっていける。”
  7. Googleが製品開発で活用する機械学習システム「TensorFlow」を商用利用OKでオープンソース化(GIGAZINE 2015年11月10日):”TensorFlowは高速でありながらも、モバイル端末から数千台の連結されたコンピューターまで実行できる柔軟性を持つように設計されており、「コンピュータープログラムをデータフロー形式で表現できる場合にはTensorFlowを実行できる」とのことで、研究者や企業、趣味として機械学習に取り組むユーザーなど、あらゆる機械学習コミュニティのメンバーが利用できるとGoogleは述べています。”
  8. グーグルが最新機械学習ソフトを無償公開するわけとは (THE WALL STREET JOURNAL日本語版 By ALISTAIR BARR 2015 年 11 月 10 日):”同教授らによると、ディープラーニングシステムは特定のタスクを実行できる構造をつくり、大量のデータで訓練を行わなければならない。グーグルの研究者たちは数年前、動画投稿サイトのユーチューブから約1000万枚の画像を、1万6000のコンピュータープロセッサーを結ぶネットワークに取り込むこ とで猫を認識する方法をあるシステムに教えた。このシステムは数百万のパラメーター(クリスティアニーニ教授はこれを「ノブ(取っ手)」と呼ぶ)を取り込むことが可能だが調整が必要だ。それを担当する優秀なエンジニアがいなければ、グーグルが公開したディープラーニングのアルゴリズムはあまり役に立たない。”
  9. Googleの公開した人工知能ライブラリTensorFlowを触ってみた (株式会社ネクスト Engineer Blog 2015-11-10)
  10. TensorFlow 畳み込みニューラルネットワークで手書き認識率99.2%の分類器を構築(http://qiita.com/haminiku/)

 

参考(商品・サービス紹介)

  1. 転職スキル習得に役立つお勧めのプログラミングスクール

 - ロボット工学・人工知能