ムーンショットPM筑波大教授が強制猥褻で逮捕

筑波大教授逮捕のニュース

【逮捕】女子学生に“わいせつ” 筑波大教授の男を逮捕 Dec 7, 2021【公式】日テレNEWS (動画削除済)

筑波大学の教授の男が、大学内で20代の女子学生に複数回にわたってわいせつな行為をしたとして逮捕されました。 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは筑波大学・生命環境系の教授の大沢良容疑者(61)です。 警察によりますと大沢容疑者はことし4月から9月にかけて複数回にわたり、大学内の建物の中で20代の女子学生の胸などを無理やり触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれています。先月、女子学生が警察に被害を訴えたことから発覚したものです。 調べに対し大沢容疑者は、「強制的にわいせつな行為をした認識はない」と容疑を否認しています。(2021年12月7日放送「news every.」より)

逮捕の筑波大教授を送検

【指導後も】筑波大教授を送検 女子学生に“わいせつ” Dec 8, 2021 【公式】日テレNEWS (動画削除済)

報道に基づく事実関係

  • 2021年4月~9月 筑波大学生命環境系 系長 大澤良教授(61)が学内で複数回にわたって20代の女子学生の胸を触るなどのわいせつな行為
  • 9月下旬 女子学生が大学の「ハラスメント相談センター」に相談
  • 10月中旬 加藤副学長が教授に対して、女子学生と会ったり連絡を取ったりしないよう指導
  • 11月18日 女子学生が警察署に相談
  • 12月 警察が捜査し逮捕

参考:筑波大学幹部の教授 強制わいせつ疑いで逮捕 容疑を否認 12月07日 18時08分 茨城 NHK NEWS WEB

筑波大学の発表

本学教員の逮捕について

令和3年12月7日

筑 波 大 学

本学教員の逮捕について

 本日(令和3年12月7日)、本学の教員が、強制わいせつの容疑でつくば警察署に逮捕されたことは、誠に遺憾であり、大学としても大きな衝撃を受けております。

 警察の発表によると、同教員は、今年4月から9月にかけて、本学構内において県内在住の20代女性に数回にわたりわいせつな行為を行ったとされています。

 国立大学法人の教員という立場の者が、構内において、かかる行為を行ったことは許されざることであり、大学としてこのたびの事態を極めて重く受け止めています。被害者の女性に対しまして、心からお詫び申し上げます。

 今後、詳細が明らかになった段階で、大学として厳正な処分を行います。

 本学におきましては、これまでにも法令順守や職員倫理について指導を徹底してまいりましたが、このたびの事態を受けて、全学を挙げて更なる取り組みの強化を進めてまいります。

https://www.tsukuba.ac.jp/news/20211207173000.html

この筑波大学の公式発表を見て、呆れかえりました。「県内在住の20代女性に」ってなんですか?この文言だと、まるで筑波大学とは無関係な女性に対してのわいせつ行為であるかのように思えます。しかし実際には、自分が指導する大学院生(D3)の女性に対するわいせつ行為です。大学の事なかれ主義がよくわかる文章だと思います。「本学構内において」というのも、まるでキャンパスのどこかベンチかと思いました。実際には教授室という密室の中で行われたわいせつ行為です。「逮捕されたことは、誠に遺憾であり、大学としても大きな衝撃」というのもおかしな反応で、被害者は事前に大学に相談したにも関わらず、ほとんどなんの対応もせずに放置したため、被害者が弁護士や警察に相談したといういきさつがあるようです。

 

逮捕された教授はムーンショット型研究開発制度のPM

今回逮捕された教授は内閣府の1000億円規模の予算の研究事業「ムーンショット型研究開発制度」のプロジェクトマネージャー(PM)の一人です。

サイバーフィジカルシステムを利用した作物強靭化による食料リスクゼロの実現

プロジェクトマネージャー 筑波大学 生命環境系 教授 大澤 良
Researchmap

実施体制

被害を受けた女子大学院生にしてみれば、大規模な予算を獲得しているようなビッグボスを告発するのは非常に勇気の要ることだったと思います。普通に大学に通報しても、大学は学生よりもまず教授を守ろうとするのではないでしょうか。大学の公式発表の心無い文章ひとつみても、自分にはそのようにしか思えません。

被害者の女子学生は、ツイッターで告発に至る経緯を、拡散希望として詳細に説明していましたが、現在は削除したようです。


告発の経緯を説明した文章(削除前)を一読しましたが、重要なこととして、会話の一部が録音されていて、相手はセクハラ(強制わいせつ)をしていることを自覚してる発言があったこと、被害者は行為をやめてくれるように頼んでいること、被害にあった日付、時刻、場所の情報までないと証拠として取り上げられてもらえないこと、逐次記録された文書の存在が大事のようです。大学に相談したが放置され(大学からは他言しないように口止めされた)、弁護士や警察に頼ったといういきさつも書かれていました。セクハラやわいせつ行為は立証することが困難で、できるだけ客観的な証拠を残すことが大事だと思います。

”大沢容疑者は、調べに対し「強制的にわいせつな行為をした認識はない」と容疑を否認”(ヤフーニュース)とのことなので、合意があったかなかったかが裁判での焦点になるのかもしれませんが、大学教員が自分が指導する博士課程の学生に対してラボ内でわいせつ行為を働いたという事実だけで、断罪されるに十分事足りるのではないかと思います。研究者生命に関して言えば、博士課程の学生は教授に生殺与奪の権利を持たれている状態なので、弱い立場の学生から拒絶しづらい条件がそもそも存在しており、強制したつもりはないという言い訳は通りません。

勘違いする大学教授

今回の報道で、容疑者の言い訳「強制的にわいせつな行為をした認識はない」を見て思い出したのが、以前、日本化学会がつくった、教授の勘違いを助長させそうなこの動画。

関連記事 ⇒ 日本化学会のPR動画 教授への恋愛感情

学部学生や大学院生は、指導してくれる大学教授に対してはほとんど無条件に尊敬の念を抱くのではないかと思います。それを、何をやっても許されると勘違いしてしまうのだとしたら大間違いです。

 

参考

  1. 2021-12-07 ■筑波大の教授にセクハラされていた女子学生の件 はてな匿名ダイアリー

50代東大教授が自分の大学院生に交際を強要して停職4か月の処分を受けるもセクハラの自覚なし

関連記事⇒東大ミスコン主催者の広告研が東大女子ミスコン応募者ファイナリストににセクハラ

 


東大のウェブサイト上の記者発表資料を、以下に転載します(太字強調は当サイト)。

東京大学のプレスリリース

懲戒処分の公表について 令和2年2月6日 東京大学

東京大学は、大学院教授(男性・50歳代)に対し、1月29日付けで、停職4月の懲戒処分を行った。

教授は、2年以上にわたり、指導する本学大学院学生に対して恋愛感情を示し続け、当該学生が教授との交際を望んでいないことを十分に認識しながらなお、執拗に交際を申し込み、交際を拒まれるたびに、研究に関する予定を変更したり、不機嫌になったりするなど当該学生を翻弄し、結果的に研究が続けられなくなるほど精神的に追い詰めた。さらに、意に反する身体接触も行った。

教授の行為は、セクシュアルハラスメントに該当する行為であり、就業規則第38条第5号に定める「大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけた場合」及び同条第8号に定める「その他この規則及び大学法人の諸規則によって遵守すべき事項に違反し、又は前各号に準ずる不都合な行為があった場合」に該当することから、同規則第39条第4号に定める停職4月の懲戒処分としたものである。

付 記
本件に関する行為の詳細や被害者に関する情報については、被害者のプライバシーを侵害したり、被害者に対して二次被害を与えるおそれがあることなどから、公表を差し控えます。

<添付資料>
東京大学教職員就業規則(抄) (PDFファイル: 63KB)
東京大学における懲戒処分の公表基準 (PDFファイル: 7KB)


本学教員としてあるまじき行為であり、かかる行為は決して許されるものではなく、厳正な処分をいたしました。
大学として、このことを厳粛に受け止め、今後このようなことがおこらないよう、再発防止にあたっていく所存です。

東京大学 理事・副学長
宮 園 浩 平

(転載元:懲戒処分の公表について記者発表 本部広報課 掲載日:2020年2月6日)


 

 

東大教授のやったこと

教授は2年以上にわたり、無料通信アプリ「LINE(ライン)」や対面で数十回、大学院生に恋愛感情を示し、複数回交際を申し込んだ。教授は拒否されるたび、大学院生の研究の予定を急に変更したり、不機嫌になったりした。無理やり体を触ることもあったという。(読売新聞 msn.com

 

東大教授の主張

「セクハラはしていない」

(読売新聞 msn.com

 

痴漢行為を働いたら逮捕されたり懲戒免職になると思いますが、自分の大学院生に対して無理やり体を触るなどのセクハラ行為を働いても停職4か月で済むというのは処分が軽すぎるのではないでしょうか?東大の声明に「今後このようなことがおこらないよう、再発防止にあたっていく」とありますが、この教授がセクハラだったと考えていないのだから、またお気に入りの女子大学院生が入学してきたら同じことを繰り返しそうです。

 

 

この事件に関するツイートの一部を紹介

早稲田大学商学部50代男性教授がパワハラ・セクハラで懲戒解雇

過去数年間にわたってセクハラ行為やパワハラ行為を働いていた早稲田大学商学部の男性教授が、2019年2月15日付けで懲戒解雇されたことが早稲田大学の発表やその他の報道で明らかになりました。

2013年から複数の職員に対し、大声で繰り返し罵倒するなどのパワハラ行為をしていたほか、複数の学生に対し、体を触るなどのセクハラ行為 (早大教授パワハラ・セクハラ 15日付で解任 2019年2月15日 金曜 午後7:01 FNN PRIME)

男性教授は2015~17年、自分のゼミで複数の学生に対する性的発言や身体接触などのセクハラ行為を繰り返し、精神的苦痛を与えた。13~18年には複数の大学職員を大声でののしるなどのパワハラ行為をしていた。(早大、学生にセクハラの教授解任 職員へパワハラも 2019.02.15. デイリー

早大のウェブサイトでの説明は以下の通り。

  • 不適切な言動や行為により、複数の職員に対して精神的苦痛を与え、業務遂行を著しく阻害するパワー・ハラスメント行為を行っていた
  • 不適切な言動や行為により、精神的苦痛を与え、複数の学生の就学環境を悪化させたなどのアカデミック・ハラスメントおよびセクシャル・ハラスメント行為を行っていた

(2019年2月15日 早稲田大学 教員の解任について 本学商学学術院の男性教員1名を2月15日付で解任といたしました。)

 

教員の解任について 2019年2月15日 商学学術院長

早稲田大学は、商学学術院所属の男性教員1名が学生および職員に対してハラスメントをはじめとする行為を行ったことを調査に基づき確認しました。そのうえで、本学は、教員としての適格性を著しく欠いていると判断し、同教員を2019年2月15日付で解任いたしました。
この件に関し、商学学術院として、被害を受けた学生および職員をはじめ、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。
本学術院は、今回の事態を重く受け止めており、ハラスメント防止体制の整備にこれまで以上に努め、再発の防止に向けた取組みを行ってまいります。(引用元:早稲田大学商学部

実験を始めてほんの数日目の大学院生に向かって「君、もう辞めなさい」と言ったり、風邪で病院に行ってラボミーティングに遅れた人に向かって「公私混同するな。」と叱ったりした京大教授がかつていたそうですが(→参考記事:沼研伝説)、今の時代だとアカハラ認定されそうですね。

男性教授は2015~17年、自身のゼミに所属する複数の学生に対し、大声でどなったり体に触ったりした。ゼミを欠席した学生にゼミを辞めるよう命じたこともあった。また、13~18年に複数の職員に対し、大声で罵倒したり担当以外の仕事を強要したりした。(学生らを大声で罵倒、早大の50代男性教授解任 2019/2/15(金) 19:28配信 YAHOO!JAPAN 読売新聞オンライン)

 

 

参考

  1. 早大、セクハラやパワハラで教授を解任 2019/2/15 18:27 共同通信社
  2. 早大でセクハラ 50代の商学学術院教授を解任 (2月15日(金)19時42分 毎日新聞 / biglobe.ne.jp)
  3. 「大学教授」と「大学院教授」の違いを教えてください 2012/8/3101:50:30 YAHOO!JAPAN知恵袋

 

早稲田大学における過去のセクハラ問題

早稲田大学文学学術院の男性教員を2018年7月27日付けで解任

当該教員には、以下の非違行為が認められる。① 申立人に対し、ア 申立人や周囲の学生が気づくほど足元を見つめる イ 申立人の外見についてかわいいと告げる ウ 頻回に2人きりで食事に行き、自分が箸をつけた料理を食べさせる、申立人が食べているものをとる エ 指で肩や背中を押す、頭を触る等の不必要な身体接触を行う オ 私用の買い物を頼む などの行為によって不快感を与えたこと。 ② 申立人を食事に連れて行き、食事の際、申立人に対し、「卒業したら女として扱ってやる」、「俺の女にしてやる」などと告げたことによって、苦痛を与えたこと。③ 他学生がいる教室で、授業中に、雨で濡れた服を着替えるように指示した上、申立人に対し「裸だったらどうしようかと思った」と告げたこと。 ④ 本学の名誉および信用を著しく傷つけたこと。 ⑤ 申立人以外の学生に対してもハラスメント行為を行ったこと。⑥ 教員の業務上知り得た個人情報について、他の学生の前で発言したこと。 とりわけ、指導教員の立場や優越的地位を利用して、学生に対して繰り返し飲食に誘い、恋愛感情を表明し、相手に卒業後に「愛人」になるよう迫った行為については、およそ本学教員としての適格性を欠いており、改善を期待することはできない。(教員の解任について Fri, 27 Jul 2018 早稲田大学

19年前に女子生徒と関係を持った高校教諭を懲戒免職

19年前に自分が担任を受け持つクラスの女子生徒と性的関係を持っていた、定年間近の都立高校教諭(59)が懲戒免職の処分を受けました。

20年前に“女子生徒と性的関係” 都立高教諭を懲戒免職 (TOKYO MX 2018/09/12)

教師

多摩地域の都立高校に勤務する59歳の男性教諭

生徒

担任のクラスの女子生徒

時期

1999年11月から2001年3月まで

発覚

2018年2月に、元女子生徒が男性教諭に当時のことに関して電話。教諭が現在の勤務先の高校の校長に報告。

処分

東京都教育委員会教は2018年9月12日付で男性教諭を懲戒免職処分に

男性教諭のコメント

「教師として取り返しのつかないことをしてしまった。反省し、後悔している」

 

都教委によりますと、多摩地域の都立高校に勤務する59歳の男性教諭は、1999年11月から2001年3月まで、当時勤務していた高校で担任をしていた女子生徒と合意の上、複数回にわたって性行為を行いました。今年2月になって、女子生徒側から男性教諭に当時を振り返る電話があったことを受けて、教諭が現在勤めている高校の校長に打ち明け、問題が発覚したということです。(20年前に“女子生徒と性的関係” 都立高教諭を懲戒免職 YAHOO!JAPANニュース 2018/9/12(水) 22:03 TOKYO MIX)

 

反響

同情、批判、様々なコメントがネット上で見受けられますが、以下、自分が主観で選んだいくつかを紹介します。

ヤフーニュースのコメント欄(3511コメント)から一部を紹介します。

時効について

  • 民法や刑法には法律上の時効制度があるけど、こういった懲戒権には時効制度がないためかなり古い事由による懲戒も可能となります。(引用元

報道された「合意」を疑う声

  • 「合意の上で」はたぶん先生側の証言だから実際に合意があったかはわからないよね。
  • 合意っていってもそれは男側の申告だから女子生徒からしたら脅迫されていたと受け止めていたかも
  • 自身は20年前以上に合意なしでしたが似た経験があります。相手は合意の上と都合の良い解釈でした。数十年たつ今でも傷が癒えず心療内科に通って居ます。
  • 圧倒的な優位に立つ立場の人間が未成年の生徒を言いくるめて性交渉に強引に持ち込んだのかな。ある意味パワハラも含まれる半強制的な性行為だったのかも。
  • 合意のもと・・って。それって、性犯罪者が一番最初に発する言葉だよね。「相手が嫌だと言ってなかった」「合意の元でおこなった」って。20年前に合意の元でしたから、はい終了。と男性側が思ってても、女子生徒の場合は実はそうじゃなくて、ずっと思っていたという事だと。

仮に双方の合意があったとしてもやはり不適切だという声

  • 生徒がトラウマで立ち直っていないなら仕方が無いかも知れないし
  • 20年間ずっと女性が長年納得いかない感情を持ち続けていたんだと思う。これはかなりキツいと思う。
  • 男性教師は合意の上での関係と忘れていたのに、元女子生徒はずっと不適切な関係に悩んでいたのでしょうね。
  • 被害者側にとっては未成年の子どもだった頃に受けた加害行為に自分が悪いのだと思い込んで苦しんできた20年があったかもしれない
  • 合意の上でも…そこは教師なら、いや大人なら、未成年を保護すべき大人なら、しないものだよ……。両思いなら、相手が学校卒業して、成人になるのを待つべき。大人のすることじゃないね
  • 「合意の上」とはなっているが、40近くの男(教師)と10代女の子(生徒)の、何が「合意」なの?万一、女性から言い寄られても、「そういうことはダメだよ」と諭す立場でしょ?100歩譲って、恋愛なら、卒業するまで待ってからそうすればいいこと。結局、女性は、実際には、だまされたり遊ばれたりしていたことに、大人になってから気ずき、傷ついていたのかも。いづれにせよ、許されることではない。

報道されていない事実があるはずという声

  • 定年直前に懲戒免職・・・教育委員会が20年前の事案に対して公務員として最も重たい処分を下したということは、真相はかなり悪質だったと見るべきだろう。
  • この教諭は記事にできないくらいのことをしたってことだよ。でなければ、懲戒免職になるはずはないでしょうに。
  • 無責任で肝心なことを報道しない記事は社会に混乱をもたらす。

懲戒免職は重すぎるのか?

  • 逆に言えば本来であれば20年前に懲戒免職になってたんだから、20年間給料、ボーナスをもらえただけ本人にとっては有難いことだと思う。

教育現場の現実

  • 女子校の出ですが男性教師の殆どが卒業生を嫁に迎えていました。ということは…。
  • 女子校出身のアラフォーです。男性教諭と同級生が関係持ってるらしいよ、なんて噂はしょっちゅうでした。
  • 今現在も、教育現場では男性教員が女子生徒へ、もしくは教育実習女子生徒へ手を出している事例が多くあります。その他生徒も知っていることがほとんどです。保護者としては、学校のアンケート調査や教員に対する懲戒処分等厳しい対応を望んで止みません。しかし、現実には、学校が事実を揉み消したり、被害生徒が退学になったり、口止めされたりして泣き寝入りしている事案が多いです。被害者は傷が癒えるまで、声をあげれないのが現状です。学校の管理職が、男性が多い場合は、まず揉み消されます。

 

参考

「このように被害が発覚するのは氷山の一角です」NPO法人「スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワーク」(SSHP)代表の亀井明子さんはそう言い切る。「特に私立学校の実態は、調査がないので分かりません」元公立中学校教師の亀井さんはSSHPの立ち上げ準備から約20年にわたり、およそ2千件の被害相談を受けてきた。活動を進めるなかで痛感したことがあるという。「北海道から沖縄までどこでも起こっていて、まるで金太郎飴のように手口が似通っているんです」

男性教師が「指示に従わなかった」と女子生徒に非があるかのような理由をつけて激しく叱責。生徒が泣き出すと一転して抱きしめ、キスするなどわいせつ行為に及ぶ――。実際にSSHPの受けた中学生からの相談だ。このようにスクールセクハラは、「指導し評価する者」と「教え子」というような力関係を利用して生じるものだ。

なかでも指導者が絶対的存在になりやすい部活動は、被害の温床になりやすい。例えば、ある中学校の剣道部は全国大会に出場する強豪だったが、顧問教師が女子生徒に服を脱ぐよう仕向けたり、教師の指をなめさせたりすることが、「伝統の儀式」となっていたという。これもSSHPに寄せられた事例の一つだ。「プライドを捨てて心を裸にしろ」などという理屈で服を脱がせるケースは多く、「支配」の一形態だと亀井さんは解説する。

「背後の力関係から、子どもはイエスと答えるしかない。内申書や部活の選手選びなどに響くと思うと抵抗しづらく、また被害が深刻になるほど、親が悲しむと考えて言い出せなくなってしまうのです」(教師から「支配」のわいせつ―― 「スクールセクハラ」実態と構造 2018/2/20(火) 9:50 YAHOO!JAPANニュース)

  1. 平成28年度公立学校教職員の人事行政状況調査について(文部科学省)教育職員の懲戒処分等の状況(平成28年度)懲戒処分又は訓告等(以下「懲戒処分等」という。)を受けた教育職員は、8,038人(0.87%)で、 平成27年度(6,320人(0.69%))から1,718人増加。・わいせつ行為等により懲戒処分等を受けた者は、226人(0.02%)で、平成27年度(224人)から微増。
  2. 文科省 わいせつ教員 処分過去最多 SNSきっかけ増加 (毎日新聞2017年12月27日 18時00分 最終更新 12月27日 18時00分) 文部科学省は27日、2016年度にわいせつ行為で処分された公立学校の教職員は226人(前年度比2人増)となり、2年連続で過去最多を更新したと発表した。… 文科省によると、処分理由は「体に触る」が89人(39%)で最も多く、「性交」44人(19%)、「盗撮・のぞき」40人(18%)と続いた。被害者の48%は自校の児童・生徒で、教え子とホテルでみだらな行為をした高校教諭や、女子トイレを盗撮した小学校教諭がいた。

東京学芸大学准教授のアカハラセクハラ事件簿

東京学芸大の男性准教授がアカハラで停職3か月

  1. 東京学芸大の男性准教授がアカハラ…研究全面否定や不適切発言、院生が大学に相談し発覚 2022/04/15 18:19 読売新聞 東京学芸大は15日、学生に対するアカデミック・ハラスメント(立場を利用した嫌がらせ)などがあったとして、男性准教授を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。‥ 准教授は2019~20年、指導していた大学院生1人に対して、研究発表会で研究内容を全面否定したり、授業中に不適切な発言をしたりして、大きな苦痛を与えた。

東京学芸大50代男性准教授が学生にアカハラ・セクハラで諭旨解雇

下の記事と別人かどうかわかりませんが、また学芸大でセクハラというニュースがありました。

  1. 東京学芸大、准教授を解雇 学生にセクハラやアカハラ 2020.10.23 18:12 産経新聞
  2. 大学教員の懲戒処分について 東京学芸大学 令和2年10月23日 国立大学法人東京学芸大学長 國分充 このたび、本学の大学教員が、学生に対するアカデミック・ハラスメント及びセクシュアル・ハラスメント又はこれらに類する人格権の侵害行為を行っていたことが判明しました。このことを受け、役員会で事実確認を行い、令和2年10月22日付けで当該大学教員を懲戒処分として諭旨解雇といたしました。

 


 

東京学芸大 教育学部の40代の准教授がセクハラで停職3カ月

以下、報道内容のまとめです。

ハラスメント行為を働いた人
  • 東京学芸大 教育学部の40代の准教授
ハラスメント被害者
  • 准教授の研究室に所属していた複数の学生。最大4人(男子2、女子2)
セクシャルハラスメント行為の内容
  • 研究室にいた学生を退出させ、室内で女子職員の体に触った
  • 海外出張時に女子学生に同じ飛行機やホテルを取るよう勧め、女子学生が別のホテルを取ると、その部屋までついていった
  • 海外出張の際、女子学生に自分のホテルの部屋に荷物を置くよう指示し、夜間に荷物を取りに来させた
  • 学生に対し、土日を含めて毎日のようにメールなどを送り「交際相手がいるのか」などプライベートに関することを聞いた
アカデミックハラスメント行為の内容
  • 深夜や早朝に通信機器を使って研究指導を行った
  • 自分の研究プロジェクトの管理業務を、無報酬で学生にさせた
ハラスメント行為発覚の経緯
  • 学生から16年9月に大学側に訴え
大学の准教授に対する処分
  • 停職3カ月の懲戒処分(平成29年11月21日付け)
准教授のコメント
  • 「アカデミックハラスメント(研究・教育で地位が上の人が行う嫌がらせ)やセクハラと受け止められてもやむを得ない行為だった。学生を傷つけ、失望させてしまったことを深く反省している」
ハラスメント行為があったと認定された期間
  • 2014年7月~16年8月

 

報道

  1. <東京学芸大>准教授を懲戒処分 学生にアカハラ・セクハラ (YAHOO!JAPANニュース 毎日新聞 11/22(水) 8:48配信):”東京学芸大は21日、教育学部の40代の准教授が研究室に所属していた複数の学生にハラスメント行為を繰り返したとして、22日から停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。”
  2. 女子学生のホテルまでついていき…セクハラで准教授停職(朝日新聞DIGITAL 2017年11月22日06時59分):”セクシュアルハラスメントやアカデミックハラスメントがあったとして東京学芸大学(東京都小金井市)は21日、教育学部の40代の男性准教授を停職3カ月の懲戒処分にし、発表した。”

大学の公式発表

大学教員の懲戒処分について
 このたび、本学の大学教員が、平成26年7月から平成28年8月までの間、指導学生らに対し、学習・研究活動を阻害し当該学生らの尊厳ないしこれに関わる人権を侵害したアカデミック・ハラスメント、セクシュアル・ハラスメントまたはこれに類する人権侵害に該当する行為を行っていたことが判明しました。
このことを受け、役員会で事実確認を行い、平成29年11月21日付けで当該大学教員を懲戒処分として停職3月といたしました。
また、本件に関わる管理監督責任者である当時の学系長及び現学系長に対し、文書による厳重注意の処分を行いました。教育に携わる本学の大学教員がこのような行為をしたことは誠に遺憾であり、被害学生及び関係者の皆様には心よりお詫び申し上げます。
今後、このような行為が再び繰り返されることのないよう、服務規律の一層の徹底を図り、再発防止と信頼の回復に努めて参る所存です。平成29年11月21日
国立大学法人東京学芸大学長
出 口  利 定 http://www.u-gakugei.ac.jp/pickup-news/win/2017/11/post-330.html

東京学芸大学におけるその他のハラスメント報道・ブログ記事

  1. 東京学芸大教授、アカハラで諭旨解雇 就職活動の妨害も朝日新聞DIGITAL 2017年9月12日23時07分):”東京学芸大は12日、教育学部の50代男性教授が複数の学生に、不適切で悪質な言動をするアカデミック・ハラスメントをしていたと発表した。一部の学生は精神疾患で通院していたという。同大は諭旨解雇の懲戒処分とし、男性教授は11日付で辞職した。”
  2. 東京学芸大学執行部への公開質問状~~中○○○氏のセクハラ疑惑について(修正版)(仮称・未定稿) (東京学芸大学人文社会科学系教授  関谷一郎 関谷ゼミブログ 2012-09-25):”法の論理の上に胡坐をかいて学内で起きたハラスメントを<見ぬフリ>し、逆にセクハラ問題を取り上げようとしない執行部を「批判」し、その背中を問題解決に向けて押し続けた者を腹いせのように「処分」しようとしているのだから、学大も地に落ちたものである。”

島根大 40代准教授の恋愛セクハラ ほか

島根大学のハラスメント事件 ⇒ 島根大学40歳代男性准教授がハラスメント行為、別の40歳代男性准教授も女性を暴行


島根大学医学部教授がハラスメントで停職6ヶ月の懲戒処分

本学職員の懲戒処分について 2018年4月6日

このたび,平成30年3月30日付けで,下記のとおり本学職員に対し懲戒処分を行い
ましたので,公表します。
同人の行為は,社会の本学に対する信用を著しく傷つけるものであり,教育に携わる
大学教員として絶対に行ってはならないことであり,誠に遺憾であります。
大学として,このことを深刻に受け止め,本学においてこのような不祥事を起こすこと
のないよう服務規律の一層の確保に取り組んでまいります。

国立大学法人島根大学長 服 部  泰 直

被処分者 職   名   教授

年齢・性別   50歳代・男性

処分内容 停職6月
処分理由  

処分理由は以下のとおりである。

(1)当該教員は,指導していた申立人である院生の許可を得ることなく,大学院履修変更願いに無断で押印しこれを提出したため,当該院生が昼夜開講コースから昼間コースへの変更となり,昼間働いて夜間の授業を受けることができなくなり,申立人の就労環境,就学環境に大きな不利益を与えたこと。

(2)申立人が他の機関に出向中に,出向前の所属講座から別の講座に本人の断りなく移籍させ,出向前の所属講座を退職扱いにしたこと。

(3)申立人から論文原稿の添削を郵送で依頼された際に,複数回にわたり説明もなく受け取りを拒否し教育責任を放棄していること。

(4)申立人のことを「テロリスト」と学内の関係者に発言していたこと。

(5)申立人の派遣先機関の者に対し,申立人を「破門」にすると電話で伝えており,申立人の信用を失墜させたこと。

(6)申立人が話し合いを望んで空港で待っていた際に,ストーカー扱いし警察官又は警備員に通報しており,申立人の人格を傷つけ信用を失墜させたこと。

これらの行動は,国立大学法人島根大学ハラスメントの防止等に関する規程第4条第1項第7号の「その他のハラスメント」に該当する。

 

根拠条項 国立大学法人島根大学職員就業規則第81条第1項第1号
処分年月日 平成30年3月30日

 

被処分者 職   名   准教授

 

年齢・性別   40歳代・男性

処分内容 停職3日
処分理由  

同人は,自己の授業を受講していた学生に対して授業中に,その学生の持病を承知していながら,名指しはしなかったが明らかに当該学生と分かる言い方で,本人の心情を傷つける不適切な発言を行った。

これらの行為は国立大学法人島根大学ハラスメントの防止等に関する規程第4条第1項第7号の「その他のハラスメント」に該当する。

なお,過去にも同様の行為があり加重的事情とした。

 

根拠条項 国立大学法人島根大学職員就業規則第81条第1項第1号
処分年月日 平成30年3月30日

報道

  1. ハラスメントで停職6カ月 島根大教授、不服と提訴へ (産経WEST 2018.4.2 18:51更新) 指導していた女子大学院生の履修変更届を本人に無断で提出するなどのハラスメントをしたとして、島根大が医学部の男性教授(57)を停職6カ月の懲戒処分としていたことが2日、関係者への取材で分かった。… 関係者によると、教授は歯科口腔外科学講座で教えていた平成27年1月、院生から預かっていた印鑑を履修変更届に押して学務課に提出したが同年8月、事前の同意がなかったなどとして、院生側が大学にハラスメントの申し立てをした。
  2. 島根大医学部教授が教え子にハラスメントで停職処分 (日刊スポーツ 2018年4月2日18時49分)指導していた女子大学院生の履修変更届を本人に無断で提出するなどのハラスメントをしたとして、島根大が医学部の男性教授(57)を停職6カ月の懲戒処分としていたことが2日、関係者への取材で分かった。
  3. 島根大 学生らに嫌がらせの教授と准教授を停職処分 (毎日新聞2018年4月7日 18時03分 最終更新 4月7日 19時01分)島根大は6日、学生らに嫌がらせをしたとして50代の男性教授を停職6カ月、40代の男性准教授を停職3日の懲戒処分にしたと発表した。いずれも3月30日付。

 


島根大学40代准教授が女子学生に恋愛セクハラ

島根大学は、女子学生に対してセクハラ行為を働いた40代の男性准教授を停職2カ月(2017年2月3日付)、30代の男性講師を停職7日の懲戒処分(2017年2月17日付)にしていたことを、2017年7月4日に発表しました。

40代の男性准教授(停職2カ月の懲戒処分)

  • 女子学生に対して一方的な恋愛感情を抱く
  • セクハラ発言
  • 携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で頻繁に連絡を取る
  • 返事が来ないと執拗に探し回る

30代の男性講師(停職7日の懲戒処分)

  • (上記とは別の)女子学生らをしつこく食事に誘う
  • 女子学生の1人にセクハラ発言
  • 授業でミスをした男子学生を責めるメールを学生および教員らにも送信

服部泰直島根大学学長のコメント

  • 「深刻に受け止め、再発防止に取り組む」

真偽は未確認ですが、准教授、講師ともに島根大学教育学部所属という情報がネット上にあります。

 

ツイート

 

 

参考

  1. 本学職員の懲戒処分について (島根大学 2017年7月4日) このたび2名の本学職員に対し懲戒処分を行いましたので公表します。
  2. 島根大学教育学部の教員をセクハラで処分・島大生の間で噂が広がる。 2017年7月4日、島根大学教育学部の男性教員二人をセクハラ行為で処分するというニュースがありました。なかよし討議!2017-07-05 21:47:16
  3. 一方的な恋愛感情をメール、セクハラで准教授を停職 島根大 (産経WEST 2017.7.4 21:15更新)
  4. 学生にセクハラ 島根大学の准教授らを処分 (dmenu/BSSニュース2017年07月04日22時14分)
  5. 「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」平成29年度採択機関の決定について 科学技術振興機構(JST) 平成29年4月28日: 島根大学 「地域とともに課題を見つめ、キャリアをデザインする しまねガールズ・サイエンスプロジェクト」 女子中高生の科学への興味を促し、自分自身の将来を見据えたキャリアデザインを考える場を提供し、女子中高生および保護者・教員の理系のイメージを変え、理系キャリアの意識醸成を図る。 まず、(1)身近なサイエンスの学びを知るため、「サイエンス講演会」「出前授業」「体験学修」などを実施。次に(2)どのような職業に就けるかを知るため、「女性が活躍する企業、病院など」を見学。さらに、(3)地域課題におけるサイエンスの役割を知り、仕事の意味や意義について理解するため、地域課題に対峙する人たちとの意見交換やワークショップなど、課題解決に向けた研修会を実施する。これらの取り組みを踏まえ、(4)自分に合ったキャリアをデザインできるよう、女性研究者などの先輩リケジョによるキャリア相談会などを実施する。なお、これらの成果は、ロールモデル集や進路指導教材として活用できるよう冊子にして中学校・高等学校に配布するなどして、広く社会に発信する。
  6. ハラスメントでお悩みの方はこちら (島根大学 ハラスメントの防止)

 

島根大学のその他のセクシャル・ハラスメント

  1. セクハラ行為で島根大准教授を停職 研究室内で体触る (産経ニュース 2017.8.22 07:03更新):”島根大は21日、大学で開かれた研究会の内容を聞きに来た他大学の女子大学院生にセクハラ行為をしたとして、50代の男性准教授を停職5カ月の懲戒処分にした。”
  2. 島根大教授セクハラで諭旨解雇(NHK ONLINE 島根県のニュース 松江放送局 2011年09月26日 19時31分):”島根大学の60歳代の教授が去年、女子学生に対してセクシャルハラスメントを行ったとして、大学はこの教授を26日付けで諭旨解雇処分としました。諭旨解雇処分を受けたのは島根大学生物資源科学部の60歳代の男性教授です。”
  3. 女子学生にわいせつ行為強要、島根大教授を懲戒解雇 (jbbs.shitaraba.ne / 読売新聞 2006年7月22日21時53分更新):”2004年10月、学外で3回にわたって女子学生にわいせつな行為を強要したという。大学側の調査に対し教授は「合意の上だった」と説明したが、女子学生は否定している。”

 

島根

  1. 島根雑談総合掲示板
  2. 島根大学 学生掲示板 (医総理生資法文教育院)島根大ちゃんねる

宮崎大卒論で女子学生の半裸画像 大学敗訴

在職中のハラスメントは事実無根で、退職金が支給されなかったのは不当として、宮崎大の元准教授の男性が退職金や慰謝料など約1045万円の支払いを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は6日までに、大学側の上告を棄却する決定を出した。大学側に約313万円の支払いを命じた二審判決が確定した。(宮大の敗訴確定、元准教授へ退職金 ハラスメント訴訟 宮崎日日新聞 2017年3月7日

 

宮崎大学(宮崎市)は28日、教育文化学部の40代の元男性准教授が、複数の女子学生の半裸写真を野外で撮影し卒論に掲載して提出させるなど、懲戒解雇に相当する不適切な行為があったと発表した。3月末に辞職しているため懲戒処分はできないが、退職金の不支給を決めた。元准教授は「写真は学生が撮った」などと主張してハラスメント行為を否定しているという。 被害を受けた学生からの申し立てを受け、大学が調査していた。大学によると、写真は計十数枚。被写体は研究室の女子学生4〜5人で、一部加工されているが、上半身裸や下着姿で顔も判別できる状態だった。(宮崎大:元准教授セクハラ 学生の半裸写真撮影など 毎日新聞 2012年06月29日

 

元准教授側の弁護士が29日、県庁で記者会見し、「事実無根で著しい名誉侵害だ」として近く大学を相手取り、損害賠償請求訴訟を宮崎地裁に起こす方針を明らかにした。 弁護士によると、問題の卒論は、県内に伝わる妖怪伝承をテーマにした民俗学の論文で、妖怪にふんした学生の写真が掲載されていた。大学が「半裸だった」と主張する写真について、弁護士は「体に布を巻いた状態などで撮り、学生による画像加工で裸に見える状態になった」と説明した。(宮大元准教授セクハラ問題:「事実無根で名誉侵害」 大学相手に損賠提訴へ /宮崎 毎日新聞 2012年6月30日 / 教師不祥事列伝)

 

一審の宮崎地裁判決は准教授側の請求を棄却。二審・福岡高裁宮崎支部の判決では「元準教授が撮影し,画像を卒論に掲載させたと認めるべき証拠はない。(そもそも)卒論の指導教員は別の教員。退職手当不支給の決定は法的に無効で,原告に精神的苦痛を与えた」などと指摘。(ハラスメント訴訟 宮大の敗訴確定、最高裁決定 元准教授へ退職金(宮崎日日新聞) / 全国国公立私立大学の実験情報)

 

問題となった卒論はA、B2名の共著でAは卒業目前に自死、Bは証人として出廷している。(宮崎大学卒論事件・元准教授懲戒処分不服裁判①  @gazette_mom5:22 – 2014年9月14日)

ちなみにBさんは他学科学生でゼミ教官は別にいたが宮崎の妖怪を題材とする卒論作成を■■にもちかけられたと証言。■■が担当ゼミ教官に「自分が指導する旨伝えた」と。(宮大裁判③ @gazette_mom 5:24 – 2014年9月14日)(■は元准教授。当サイトによる変更)

宮大裁判④ 提訴後、■■は潔白を訴えるため「問題卒論は別学科学生Bの仕業であって自分のゼミ生Aは単独でまともな卒論を提出した」と驚愕の新主張を展開し、根拠として「学生A単独の卒論」を提出。被告宮大は反対尋問で「Aの単独論文」がねつ造であるとの印象を固めている。以下、その理由。出典Tweets with replies by 愛桜(あいら)(gazette_mom)さん | Twitter  (■は元准教授。当サイトによる変更)

宮大裁判⑪仮にAさん単独論文が存在したとしても。問題の共同卒論は揺るがぬ事実で、Bさんは、卒論掲載の写真選択まで■■の指示だったと証言している。… 出典Tweets with replies by 愛桜(あいら)(gazette_mom)さん | Twitter  (■は元准教授。当サイトによる変更)

 

女子学生の半裸を撮影するなどハラスメント行為があったとして、宮崎大(菅沼龍夫学長)が6月に解雇相当の処分にした40代男性の元准教授が、2009年夏に自ら発行した学内情報誌に女子学生を撮影して掲載紙「教育の場に不適切な写真だ」などと学内外から大学に抗議が来ていたことが分かった。…問題となったのは、脚を組んだミニスカートの女性を低い位置から撮影したものや、あおむけになった女性の写真。「宮大のマドンナたち」などのタイトルで掲載された計24頁の一部で、浴衣や高校の制服姿もあった。…女性は同大の学生と卒業生で、発行者と撮影は元准教授と明記されている。関係者によると、元准教授から「芸術のためだから服を脱いで」と持ち掛けられた女子学生もいたという。…ある男性教員は「成人雑誌のようであまりに非常識」として大学側に回収を求めたが、同大は元准教授を口頭で注意しただけだった。  2012年(平成24年)7月19日 西日本新聞 / 「続・たそがれ日記」アーカイブ(性)

 

この事件に関しては、現代ビジネスにこの元准教授の主張を取り上げた記事が出ています。上で紹介したインターネットの情報と真っ向から対立する内容です。

今回は、国立大学法人・宮崎大学のケースを追う。同大学で教鞭を振るっていた准教授が、身に覚えのない「セクハラ」「パワハラ」で突然解雇されてしまった。(国立大にパワハラを捏造され、解雇通告を受けた教授の告白 【ルポ・大学解雇②】田中 圭太郎 現代ビジネス 2017.03.28)

 

参考

  1. 国立大にパワハラを捏造され、解雇通告を受けた教授の告白【ルポ・大学解雇②】(田中 圭太郎 現代ビジネス 2017.03.28)
  2. 【社会】卒論に女子学生の半裸写真掲載などのハラスメント行為 元宮崎大准教授の文学部国文学科教授を解雇 山梨・都留文科大 (http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1342825796/l50): “山梨県都留市田原の都留文科大は、文学部国文学科の40歳代男性教授を7月31日付で解雇すると決めた。3月まで勤めていた宮崎大(宮崎市)で、学生に対するセクハラなどを理由に「懲戒解雇処分に相当」とする決定を受けていたことが理由。都留文科大は理事会で解雇を決め、19日、ホームページで公表した。都留文科大や宮崎大によると、教授は宮崎大准教授時代の昨年夏から秋にかけ、ハラスメント(いやがらせ)行為をしたとされる。複数の女子学生の卒業論文の指導に際し、学生たちの半裸に近い写真を論文に掲載させたほか、推薦した就職先を断った学生に威圧的な言動を取ったりしたという。…ソース 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120720-OYT1T01736.htm?from=main8”
  3. 【社会】宮崎大の元准教授が、研究室に所属していた女子学生の半裸写真を卒論に掲載させ懲戒解雇に (http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1340884564/):”…宮崎大によると、元准教授は昨年夏から秋にかけ、指導していた女子学生の卒業論文に載せる目的で、研究室の女子学生4、5人の上半身裸の写真を複数回にわたって野外で撮影した。写真はコンピューターグラフィックス(CG)で体を毛で覆うような加工をし、十数枚を論文に掲載させた。宮崎大は「文化人類学的な内容の論文だ」と説明している。ほかにも、研究室で学生に飲酒を強要したり、女子学生のスリーサイズを他人の前で話題にしたりするなどのハラスメント行為をしていた。… ソース:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120628/crm12062820360021-n1.htm”
  4. 「前任校でセクハラ」教授解雇、大学に無効判決 読売新聞(2014年04月22日)/ 全国国公立私立大学の事件情報:”前任校で「セクハラ行為があった」などと認定されたために、新たな勤務先の都留文科大(山梨県都留市)から解雇されたのは不当だとして、同大元教授の40歳代男性が同大に解雇無効などを求めた訴訟で、東京地裁立川支部(太田武聖裁判官)は21日、男性の主張を認め、同大に解雇期間中の賃金の支払いを命じる判決を言い渡した。”
  5. 愛桜(あいら)@gazette_mom

「研究の話をしよう」と教授から食事に誘われたら行くべき?アカデミアにおけるセクシャル・ハラスメントのリアル

大学4年のときに70代の男性の教授に『卒論を見てあげるから』と大学のそばにある高級ホテルのカフェに呼ばれた。途中まで書いた卒論を印刷して持参したら、まったく読んでもらえず。徐々に体を触ってきた。(黙殺されがちな「大学教員による学生へのハラスメント」実態調査 TweetFacebook2020年3月8日 16:00 マネーポスト

今まで尊敬していた大学教員など目上の人による突然の行動に、驚きや恥ずかしさから、咄嗟に断ったり、「やめてください。」と言うことが困難な場合があります。また、羞恥心のために人に相談できず、自分の感じ方がおかしいだけではないかなどと一人で悩んでしまうかもしれません。教授は研究室において絶対的な権力を持っていますから、自分の学位、職がその教授の意志次第という弱い立場におかれた学生、研究員、秘書にしてみれば、教授の意に反する行動をとることは非常に困難でしょう。また、加害者が徐々に言動をエスカレートさせていった場合に、被害者が拒絶するタイミングを逸してしまい、被害が大きくなることも考えられます。

教授に体を触られたり卑猥な話題が出たりして、いつも不快な気持ちになります。かといって欠席すれば単位が取れず卒業できない(大学のゼミの飲み会はセクハラだらけ。 ふらっと相談室

セクシャルハラスメントは、露骨な性的表現、行動から始まるとは限りません。通常の研究業務との区別が曖昧な場合があります。4月は、新しく研究室に配属される卒研性、院生、ポスドクなどが多いでしょう。これからの研究をどうするか、教授と相談することになります。そのときに、これからのあなたの研究の話をするためにという理由をつけられて、教授から食事に誘われたら、行くべきなのでしょうか?断わると教授の気分を害しないでしょうか?教授には微塵も変な気持ちがないのだとしたら、自分が考えすぎなだけでしょうか?大人数のラボであれば、1対1での食事を避けることができる可能性もあります。しかし、みんなで行くと思っていたのに実は二人きりだったとしたら?あるいは、少人数のラボなので必然的に二人きりになるとしたら?自意識過剰なだけと思われてしまうのでしょうか?

私は,国立大学の教授です。先日,大学院の女子学生二人で夕飯を食べに行った際,良い雰囲気だと感じたため,帰り際にキスをしました。すると後日,大学のセクシャルハラスメント対策委員会から,女子学生から,無理やりキスをされたと相談が来ているため,私からも事情聴取をしたいとの呼び出しが来ました。私としては,その女子学生とは何度か二人で食事に行って好意を感じていたので,突然の呼び出しに驚いています。(No.1778、2017/09/06 11:43 shinginza.com

いまどき、まともな大学であれば、男性大学教員が女子学生と二人きりになる状況を作ること自体を避けるように、ハラスメント防止教育をしているはずです。

まじめな先生は、教授室や研究室で女子学生と2人きりで会うことは絶対にありません。そんな状況になったときは、ドアを開けておく学外で2人きりで会うこともない。もし、2人きりになってドアを閉じるような先生ならば注意すべきでしょう。(大学セクハラ -大学生の娘が担当教授から「性的被害」を受けたら…… PRESIDENT 2007年12月3日号 president.jp

 

これってセクハラ?

指導や業務の連絡メールに「今日2人で食事でもどう?」と書かれている東京大学 ハラスメント相談所

「なんだかいやだな、と思ったら、それはあなたの安全センサーです。」 東京大学ハラスメント相談所

論文指導を受けにB教授の研究室を訪ねたところ、不意に身体を触られたため「やめてください」と言うとB教授は「ごめん、ごめん。でもそんなに冷たくされると指導しにくいな」と言った。 東京大学 ハラスメント相談所 2005.3.18 【ケーススタディ】

修士論文に向けた研究の相談をしようと教授に面談を要求したときのことです。教授から「夜8時に私の研究室に来なさい」というメールが入りました。… 研究室に行ってみると、教授が一人で待っていました。… 「腹が減ったから、晩ご飯を食べに行かないか」といきなり誘われました。… 教授からのせっかくの誘いは断れず、一緒に食事に行くことになりました。 大学院でのハラスメント セクハラに苦しめられる院生・救ってくれない大学

教授の中には、露骨に「君には今度の学会で論文を発表させてあげよう」とか「君をどこそこの研究機関に紹介してあげよう」などと甘言をもちいて性的な誘いをするケースがあり、これを学生が拒否すると、その後全然指導をしてくれなくなったり、研究テーマをもらえなかったり、今までの態度をひるがえし、研究内容について罵倒される、などの不利益をこうむるケースがありえます。 助けて!教授がセクハラをしてきます。All About 2008年08月27日

職場でヌードカレンダーを置いていた先輩にそれをやめてほしいと伝えたことがあります。みんなの前で言うと先輩も気まずいだろうと思ったので、廊下で偶然二人になったときに「やめてもらえませんか?」と言いました。「え、なんで?」と聞き返されましたが、あえて「セクハラですよ」という言い方はせずに「私はああいうのは苦手なんですよ」と言ってみました。先輩は納得したわけではなかったようですが、それからカレンダーは撤去してくれました。 京都外国語大学 人権教育啓発室 カウンセラーからのアドバイス

 

セクシャル・ハラスメントの加害者は、自分の行動に対して、被害者が拒絶する態度をとらなかった場合に、それを同意したと勝手に解釈してしまい、自らの行為がセクシャルハラスメントと認定され得ることを自覚していない場合があります。

セクハラ加害者の認識のズレ

以前、既婚の男性教授に対して女子大生が恋愛感情を募らせていくストーリー仕立ての「PR」動画を日本化学会が作成し、物議を醸しました(⇒記事)。これは、セクハラの土壌がアカデミアに存在していることを物語っていると思います。こんな風土なので、「恋愛感情であってセクハラではない」と主張するバカな教授が後を絶ちません。日本化学会がこれですから、個々の大学教員のセクシャルハラスメントに対する認識は、相当低いのではないかと思います。大学には教員に対してセクハラ防止教育を実施する義務がありますが、教育が不十分なのか、なにかを勘違いした教員がまだまだ多いようです。

ある加害者は、被害者にむかって「何でこれがセクハラになるのか本当にわからないのです。教えてください」と聞きました。これって、交通事故を起こした加害者が、悲しんでいる遺族に向かって「交通ルールがわからないから教えて」と要求するようなもので、非常識きわまりないものなのですが、セクハラやアカハラする人はストーカーなど性犯罪者と同じで、自分が間違っているとは夢にも思っていなかったりします。相談組織の委員に任命されたら セクシュアル・ハラスメントの相談組織の委員になってしまった人のためのページです)

セクハラの男性のハラッサー側にとっては、「触ったのではなく、手をおいただけ」という軽度な認識をしているときが多々あり、このような認識の行き違いがセクシュアル・ハラスメントの根本的な問題となっていることが説明されました。…. ハラッサーと被害者の間に上下関係が存在する場合、被害者側は、何も発言することができず、ただ黙っていただけであるにも関わらず、「合意」したと解釈されてしまうそうです。(学内委員研修「大学におけるセクハラの防止と対策」を開催しました 大阪市立大学助成研究者支援室  平成27年10月28日

男性の上司が女性の部下を食事に誘ったとします。女性は「上司と二人で行くのは嫌だな」と思いながらも、上司に誘われたら断われないと生真面目に考えたり、何回断ってもしつこく誘われるので、断り切れずに誘いに応じることがあるんですよね。…自分が50代の既婚者なのに、20代の独身女性と恋愛できる、好かれていると考えるのは、普通はあまりないことですよね。…セクハラは個人対個人の男女関係のもつれなどではなく、上下関係を利用した行為ですから、職場環境の問題だという意識を皆が持つ必要があります。(LINEのハートスタンプを「好意」と勘違い 「疑似恋愛型セクハラ」はなぜ起きる? 弁護士ドットコム 2016年07月24日)

大阪高判平24. 2. 28 キャンパス・セクハラ事件

 本件は,私立大学教授X(加害者男性原告・被控訴人)が同じ大学に勤務する(移籍まもない)准教授A(訴外被害者女性)に対して行なったセクハラをめぐって,Y大学(雇用主被告・控訴人)から減給処分を受けたところ,X がセクハラの事実はないと主張して,懲戒処分の無効を訴えた事件である。第1 審では,セクハラは認められないとして,懲戒処分無効が確認され,X が勝訴した。Y 大学が控訴した本件第2 審ではY 大学が勝訴し,そこで大阪高裁は,X のセクハラを認め,懲戒処分は有効であると確認した。… 

 A が被控訴人からの飲酒の誘いに応じるなどしたのは,被控訴人が本件学部の教授の地位にあり,発言力があると感じており,これを拒否すると自己の本件学部内での立場に不利益が生じないとも限らないと考えたためであったと認められ,また,隣り合わせの飲酒の席でセクシャル・ハラスメント行為を受けたからといって,直ちに,その席を立って帰宅するなどすることも容易ではないものと考えられ,A は,上記のように本件学部における被控訴人と自己との関係を考慮し,被控訴人の機嫌を損ねることを避け,自己に不利益等が生じないようにしたいと思って,本件店舗で最後まで同席したり,同一のルートを通って帰宅し,別れ際に握手を求めたり,謝礼のメールを送信したりしたものと認めるのが相当である。そして,A が被控訴人に対して拒否的な態度や不快感を明確に示さなかったからといって,A が被控訴人の言動に対して何ら不快感を抱かなかったといえるものではないことはもちろん,セクシャル・ハラスメント行為がなかったことを推認させるといえるものでもない。(キャンパス・ハラスメントの近時判例傾向について吉川英一郎 同志社商学 第66巻 第5号(2015年3月))

それでは、実際にセクハラされた、あるいは、これってセクハラでは?ということをされた場合に、どのように対処すればよいのでしょうか?被害者は相談の事実を加害者に知られたくはないでしょうから、相談相手が本当に秘密を守ってくれるのかどうかが心配です。多くの場合、大学はセクハラ等の相談窓口を設置していますが、相談体制は大学によりまちまちです。大学教員が相談員を兼ねるところもあれば、学外のカウンセラーが対応するところもあります。一人で悩まずに信頼できる身内や友人、先輩、先生に相談するのが良いと思いますが、実際のところ、これが正解というものはないため、以下、さまざまな考え方やアドバイスを紹介するに留めます。

セクハラへの対処法

ハラスメントを受けたと思ったら  自分を責める必要はありません。ハラスメントにあってもあなただけの問題ではありません。不快であるという意思表示をすることも大切です。ただし、それを言えなくてもあなたの落ち度とされることはありません。相手に不快だと意思表示ができない場合は、一人で悩まず、信頼できる周囲の友人や教員に相談しましょう。友達などの身近な人に伝えてもらうことやグループのリーダーなどに力になってもらうことも一つの方法です。ハラスメントについて具体的にその事実(日時、場所、相手の言動、証人、あなたの対応、気づいたことなど)などを記録しておきましょう。証人になってくれる人がいれば、証言を依頼しておくこともよいでしょう。相手からの電子メールなどは必ず残しておきましょう。ハラスメント相談室を利用してください。(九州大学ハラスメント相談室

被害はきっちり記録する;睡眠をとる;獲得目標を決める;どのような手段で戦うかを決める (戦うために知恵をつける)

被害に遭ったとき(あるいは遭ったと思ったとき)は、誰からどのような被害を受けたかなどを詳しく記録しておくと、客観的に事態を判断する助けになり、後で問題解決の役に立つことがあります。他人に見せるかどうかは別として、できるだけ正確な記録を取っておくことを勧めます。 (慶應義塾ハラスメント防止委員会事務室)

不快と感じた時、不当な扱いを受けたと判断した時には、その言動の相手に、不快あるいは不当であるという意思表示をしましょう。それができない時には、友人等信頼できる人に相談しましょう。ハラスメントの被害を受けたとしても、被害者に責任はありません。一人で悩まず、早めにハラスメント相談員に相談しましょう。北海道大学ハラスメント相談室

もしあなたが、ハラスメントを受けていると感じているなら、一人で悩まず、誰か信頼できる人に相談することが必要です。京都大学 学生総合支援センター カウンセリングルーム

一人で我慢せずに、誰か周囲の信頼できる人に相談しましょう。ことばと態度で、嫌だ、不快だ、という気持ちをはっきりと相手に伝えましょう。無視したり、受け流したりしているだけでは、状況は少しも改善されません。相手が嫌がっていることに、行為者が気づいていない場合もあります。記録をつけておきましょう。見ている人がいたら、その人にも確認しておきましょう。窓口に相談しましょう。京都大学におけるハラスメントの防止と対応について

はっきりと拒絶しましょう;会社の相談窓口にご相談ください;都道府県労働局雇用環境・均等部(室)にも相談窓口があります職場でのセクシュアルハラスメントでお悩みの方へ 厚生労働省

仲間を作る;拒否の姿勢を明確にする;他の上司や人事部などの社内の然るべき担当者に相談する;外部の機関に相談する;弁護士に相談する上司のセクハラ撃退方法 厳選労働問題弁護士ナビ

同じような被害にあっている人がいれば、一致団結しましょう。一人で戦うよりは、精神的・立場的にはるか優位に立てます。そのような人がいなかったり、職場の誰もあなたがセクハラにあっていることに気づいていない場合は、信頼できる同僚などに事情を話し、目撃者・証人になってもらうよう協力を要請しましょう。(証拠集め・仲間集め;第三者への相談;本人に伝達;会社へ訴える;法的手段に訴える セクハラ・パワハラ問題の対処法・解決法  行政書士 マルケン事務所

セクハラをされたらスマホで会話を録音します。日にち、場所、時間、シチュエーション、受けた被害などもメモします。すべて証拠になります。職場だったら人事へ、私のように、なかったことにされることもあるので、コンサルさんにも相談します。あるいは、信頼のおける上司や同僚に相談します。セクハラを人事へ相談したら見なかったことにされた体験談 夢ソムリエ 2016-12-02

セクハラ相談、セクハラ防止に対する大学の取り組み

  1. 九州大学ハラスメント相談室
  2. 東京大学ハラスメント相談所 東京大学 理学系研究科セクシュアル・ハラスメント防止講習会報告 平成17年8月31日
  3. 京都大学におけるハラスメントの防止と対応について ハラスメント相談に関する心得:”相談を希望している人にとって、どうやったら相談しやすい窓口になるでしょうか。まず誰が相談員であるかを周知徹底するとともに、相談に行きやすい工夫がいります。また、身近な窓口である部局窓口では、日頃から、「あの人なら相談に行ってもいいな」という信頼される言動が問われます。相談員は、職場、研究室、大学からセクシュアル・ハラスメントなどをなくしていく上で、大切な役割を担っているのです。”
  4. お茶の水大学セクシュアル・ハラスメント等人権侵害相談室

セクハラの統計

99年11月に行った女性研究者の現状についてのアンケート調査の結果のうち、セクシュアル・ハラスメントについて報告する。女性の4割がセクシュアル・ハラスメントにあっており、非常に深刻な被害をもたらしたものがそのうちの約半数に達することがわかった。…被害の内容は、ヌード写真を研究室に貼るといったものから、抱きつく、実習の時やその他の時にわざと体にさわる、食事などに何度もしつこく誘う、わざと性的な言葉を言う、性的な噂を流す、などがあります。これらはどれも、相手の女性にとって、想像以上に大きな苦痛を与えるものです。(天文月報2000年4月号  天文学分野の女性研究者問題アンケート調査の結果報告<後編>)

平成13年10月に神戸大学生・大学院生を対象に実施されたセクハラ実態調査 (神戸大学セクシュアル・ハラスメント防止委員会) では、回答を寄せた学部学生・大学院生の4.2%が「セクハラ被害を受けた経験がある」と答えています。…神戸大学におけるセクハラ実態調査で最も多かった被害は「身体接触」 (65.6%) で、以下「言葉によるセクハラ」 (36.0%)、「しつこい誘い」 (14.8%) 等 (複数回答) となっています (図、上)。セクハラは権力関係を背景にして生じることが多く、学生にとっては、指導や評価の面で大きな権力を持っている指導教官が加害者になりやすいとされています。…大学院生が被害者の場合の加害者は教官が最も多く、…(神戸大学 保健管理センター)

セクシュアル・ハラスメントの相談件数等について ガイドラインに基づき相談件数等を公表します。熊本大学 ハラスメント相談

A majority of the survey respondents (64 percent) said they had experienced sexual harassment (inappropriate sexual remarks, comments about physical beauty or jokes about cognitive sex differences, for example). And more than 20 percent reported they had been the victims of sexual assault (unwanted physical contact of a sexual nature, including touching, physical threats, or rape). (University of Illinois at Urbana-Champaign press release / PLOS ONE paper “Survey of Academic Field Experiences (SAFE): Trainees report harassment and assault.” / PHYSICS TODAY 18 Jul 2014)

女性が研究者になるのを阻害する要因としてのセクハラ問題

アカデミアにおけるセクシャルハラスメントが問題になっているのは日本に限りません。

どうして学問の世界に女性が少ないのでしょうか?いっこうに増えない理由のひとつは、どの分野にもセクシュアル・ハラスメントやいじめの加害者が大勢いて、優秀な女性研究者を積極的に排除してきたからだと思います。女性研究者とセクシュアル・ハラスメント 慶応大学 (日吉) 天文学教室 加藤万里子

Science’s Dark Secret: Sexual Harassment of Female Scientists

過去の事件・セクハラ教員に対する処分の事例

セクハラは、あらゆる大学で起こっています。また、反省し改善を約束したはずの同じ大学で、セクハラは何度も繰り返し起きています。多すぎて網羅的に記載するのは困難なので、いくつかの事例を以下、紹介します。

奈良女子大学 

このたび、国立大学法人奈良女子大学では、平成28年2月17日付けで、下記のとおり本学職員の懲戒処分を行いましたので公表します。1.処分該当者:40代の男性准教授 2.処分の内容:懲戒解雇  3.処分の概要:当該教員は、不適切な授業運営により学生の学習機会を制限したうえ、授業中に学生に不快感を与える言動を繰り返し行いました。 さらに、学生に対する重大なハラスメントを行い、修学環境を著しく悪化させました。これは、本学職員就業規則、本学職員倫理規程及び本学セクシュアル・ハラスメント等の防止等に関する規程に違反するものであり、当該職員を懲戒解雇としました。…  (http://www.nara-wu.ac.jp/news/H27news/20160218.html)

大阪大学

大阪大学教授の重大セクハラと「隠ぺい疑惑」を追及する!~「学生の性器を触る」「布団で添い寝」でも処分は休職一カ月…? (現代ビジネス  2016.07.15):”X教授は、1年以上にわたってその学生に対し、性器を触る、学生の下宿先に泊まり添い寝をする、一緒に風呂に入るなどの行為を繰り返した、とのことでした。学生は『やめてください』と伝えたにもかかわらず、止む気配がなく、ついに耐えられなくなり、勇気をもってハラスメント相談室に駆け込んだようです”

東京大学 

50代東大教授 大学院生に交際 停職4か月(令和2年1月29日付け)セクハラの自覚なし

大学院教授(男性、50歳代)に対し、10月19日付けで、停職1月の懲戒処分を行った。教授は、平成25年秋頃、本学大学院学生(女性)に対して性的と受け止められても当然ともいえる言動を繰り返し、セクシュアルハラスメント又はこれに該当する人格権侵害に該当する行為を行っていたものである。… (懲戒処分の公表について 平成27年10月27日 東京大学)

東北大学

教員のパワハラ、セクハラ続いた東北大学 「相談窓口」活用で学内浄化進むか (J-CAST NEWS 2014/4/ 3):”… 大学院経済学研究科の40代男性講師が、研究会で知り合った他大学の女子大学院生を飲食に誘い、気分が悪くなったという女子学生をホテルに連れて行ってわいせつな行為を働いたため、懲戒解雇になっている。   さらに1か月さかのぼった2月28日、大学院工学研究科の50代男性客員教授が職場の懇親会の席上で女性職員にセクハラ行為をはたらき、2月27日付で停職6か月となった。”

京都の大学

セクハラか否か、裁判官たちを悩ませた“被害者・女子学生”8000通のメールの「中身」(産経WEST 2014.4.3):”「望まない性的関係」を訴えるはずの大量のメールは、逆に親密ぶりを裏付ける根拠となった。京都にある大学で元特任教授だった男性(70)が、別の大学院に通う当時20代の女子学生へのセクハラを理由に懲戒解雇したのは違法として、大学側に損害賠償などを求めた訴訟。1、2審判決とも「女性側が性的関係を望んでいなかったとは言えない」として解雇処分を無効とする一方、賠償請求は退けた。”

弘前大学

弘前大学の50代男性准教授 「2人で同室に泊まった方が安くなるから」とゼミの女子学生と海外調査出張で13泊

京都大学

京大教授、女子学生にセクハラで辞職 京都大は16日、学生と不適切な関係があったとして学内で調査の対象となっていた大学教員が辞職したと発表した。大学関係者によると、辞職したのは50代男性で総合人間学部教授。女子学生に対するセクハラ行為があったという。… 岸本佳典総務部長は「本人が反省し辞職しており、退職金の受け取りも放棄しているので、懲戒解雇と同様の効果があると考えている」と説明した。(2009年9月16日 スポーツ報知 / kyoto-u.com 京大生のためのコミュニティサイト 談話室 > 雑談 > ハラスメント対応の「新体制」)

京大 矢野事件:京都大学東南アジア研究センター所長の政治学者・矢野暢教授の教授秘書に対するセクシャルハラスメントの事例。1993年4月から6月にかけてセクハラ被害を訴えて辞職した秘書は計7人にのぼる。…矢野は秘書と性的関係を持った事実は認めつつも、相互責任に基づく和姦を主張。1994年、京大への復職や名誉毀損の損害賠償を要求して京都地方裁判所に3件の訴訟を提起したが、自身では一度も出廷せず、1997年に全て敗訴が決定。(参考:ウィキペディア)

  1. 大学はセクハラの温床だった (上野千鶴子 社会学者 2018年08月13日 論座 RONZA

お茶の水大学

ゼミの女子学生にセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)をしたとして、停職3カ月の懲戒処分を受けたお茶の水女子大大学院の男性教授が、大学と学長を相手に懲戒処分取り消しなどを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。難波孝一裁判長はセクハラ行為があったと認定し、懲戒処分も適法としたが、約3年間、教育活動などを停止させた措置については「2年ほどで足り、長過ぎる」と判断。大学に100万円の賠償を命じた。 (キャスフィ!学生コミュニティ お茶女投稿掲示板より/朝日新聞2005年06月27日)

上智大学

  1. 上智大教員、女子学生にアカハラ・セクハラ 公表は未定 (2020年1月10日 10時35分 朝日新聞DIGITAL)

早稲田大学

早稲田大学商学部50代男性教授がパワハラ・セクハラで懲戒解雇(2019年2月15日付け)

女性は2017年4月、渡部氏から「課題を見てやるから」と研究室に呼び出されたが、指導はしてもらえず、食事に連れて行かれた。渡部氏は「入学する前はお前は人間以下だった」と見下す発言をしたという。食事をしながら渡部氏は「卒業したら女として見てやる」「俺の女にしてやる」とも発言。(セクハラ相談員は「触られたくらいで」と言い放った。2018/08/10 06:01 BUZZFEEDNEWS)

「日経の顔」田勢康弘早大教授がセクハラで解職(My News Japan 04/09 2010):”日経新聞の客員コラムニストで早大大学院客員教授の田勢康弘氏(65)が、修士論文審査中の女子学生に対して「共著で小説を出すんだから脱げ」という趣旨のセクハラ行為をしていた件で、2010年3月末に早大を解職されていたことが分かった。”

東京学芸大学

学芸大准教授がセクハラで停職3カ月(平成29年11月21日付け)

静岡大学

指なめセクハラ静岡大教授 停職1か月は甘くないか (J-CAST ニュース 2008/9/12):”この教授は、学生が嫌がるにもかかわらず、手を握り締め、手の甲にキスをした。さらに、その指をいきなりなめ出したというのだ。”

宮崎大学

宮崎大卒論で女子学生の半裸画像

福井大学

赤とんぼ研究者(既婚)が交際相手の学生を殺害

立教大学

一般教育部助教授が不倫関係にあった教え子を殺害(1973年)(ウィキペディア)

青山学院大学

法学部教授が研究室内で女子学生と性行為 強制猥褻ならびに強姦致傷で逮捕(1973年)(ウィキペディア)

  • 早瀬 圭一『老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末』2018/2/23  

女子学生を食事に誘う男性大学教授・男性大学教員、恋する男性教員

  1. 時々、その学生さんを夕食に誘って、残り僅かな彼女とのひと時を楽しんでいます。(大学教員の心の隙間 2008年7月2日 3:24 発言小町
  2. 男の人と2人きりで食事に行くことは、それなりの危険性もあるということを覚えておきなさい。… 先生と2人で食事に行くこと、ショッピングモールへ行くことなどは、社会的に問題となる行為なのでしょうか。(大学の教授と数回の食事。いけないことなのでしょうか 2014/01/08 15:39 教えて!goo)
  3. 1年以上に渡ってその学生を思い続ける感情が持続したままです。おそらく恋愛感情というものなのでしょう。この感情は心理学で言う転移現象が長期にわたって持続していると考えてよいのでしょうか?(学生に恋をしてしまいました 2007/11/16 00:04 教えて!goo)
  4. 食事にさそわれて2回個人的にお会いしただけなのに、こっちに付き合う気があると勘違いされてしまったようです。しかし、こちらが男女の付き合いはできないと断ると今までとても皆から信頼されていたいい先生だったにも関わらず、理由もなく授業中おこったり、ちょっとした事で単位を落としたり、休講にしたりと今までとは同じ人とは思えない行動をするようになりました。(通っている大学の教授に告白されました 恋のビタミン Vol. 0035

セクシャルハラスメントに関するその他の事例

  1. 同性愛を暴露され転落死 望まない”アウティング”に「想像力の欠如」の声も (The Huffington Post 2016年08月06日):”同性愛者であることを同級生に暴露された後、心身に不調を来して、建物から転落死した一橋大法科大学院生の男性(当時25)の両親が、大学と同級生に計300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。”
  2. 一橋大ロースクール学生の自死事件に思う (永易至文コラム 第52話 016年8月11日)
  3. 企業内の同性愛セクハラ、なぜ増加?~被害者は泣き寝入りで退職のケースも(ビジネスジャーナル 2014年2月24日)
  4. セクハラは日常茶飯事元エリート裁判官(瀬木比呂志氏)が明かす 裁判官は正義より出世が命です(週刊現代 2014.05.02):”上層部の意に沿わない裁判官に対して人事局が再任を拒否する事例や、裁判長が部下である若い女性事務官に性的な関係を強要した例など、枚挙に暇がありません。”

セクシャルハラスメントに関する法律の効果

直接的には、雇用機会均等法11条1項は、「職場におけるセクハラ」が生じることのないように、事業主に対して、労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の「セクハラに関し雇用管理上講ずべき措置」を講じる義務を課すにとどまります。そして、厚生労働大臣は,同条項に違反した事業者に対して同法29条に定める勧告をした場合において、その勧告を受けた事業者がこれに従わなかつたときは、事業者の名称とともに、その旨を公表することができます。労働法務の基礎知識 セクシュアル・ハラスメント(セクハラ)の定義・種類 企業法務照合サイト

  1. 雇用機会均等法(正式名称「雇用分野における男女の均等な機会及び待遇の確保に関する法律」)11条1項に規定される、職場におけるセクハラ
  2. パワハラ・セクハラは犯罪!?職場の違法行為まとめ

雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

  1. 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律 第十一条 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

セクシャルハラスメントに関する民事訴訟

職場におけるセクハラにより被害を受けた労働者は、民法に定める不法行為を理由として、性的な言動を行った行為者(上司、同僚等)と事業主に対して損害賠償請求をすることができます。労働法務の基礎知識 セクシュアル・ハラスメント(セクハラ)の定義・種類 企業法務照合サイト

セクハラは法律的にいえば、民法上の不法行為として構成されます(709条)。すると加害者はその「損害」を賠償する義務が生じます。具体的には精神的損害としての慰謝料請求となります。専修大学 防止のために(教員版)

セクハラ行為を主張するためには、いつ、どこで、どのように、誰から、どのような行為をされたかを、被害者自身が明確に記録しておく必要があります。(セクハラ     (セクシャルハラスメント)職場におけるセクハラについて、加害者と被害者の関係、セクハラの法的責任、示談交渉、損害賠償などについて解説しています。川村法務事務所)

セクハラで民事訴訟を提起する際には、まず訴状を作成する必要があります。訴状には、「誰が誰を相手方として訴えるのか」「請求する原因は何か」「求める判決の内容は何か」「証拠方法(資料)が何か」などを明確に記載する必要があります。(セクハラの裁判とその事例 弁護士ドットコム)

日本の裁判におけるセクハラ行為に対する慰謝料の相場は、その行為の継続性や悪質性、性行為の有無、そして精神疾患の発症や、休職・退職したか等、様々な事情が考慮されるので一概には言えませんが、おおよそ30万円~300万円となるケースが多いと言われてきました。…1999年以降、日本においても700万~1000万前後の慰謝料を認める判例(東北大事件・仙台地判平11.5.24判時 1705-135、西の京高校事件・奈良地判平成 11.12.1など)が増加傾向にあるのも事実です。(<アデランス>セクハラ訴訟、解決金1300万円で和解へ 企業法務ナビ 2015/01/21)

【東北大学】 東北大事件・仙台地判平11.5.24判時1705-135 大学助教授の大学院生に対する言動が、教育上の支配従属関係を濫用したもので性的自由等の人格権の侵害に当たり、慰謝料として750万円の損害賠償の支払を命じたもの ロア・ユナイテッド法律事務所 IV.会社の人材管理 【第10編 労務管理の問題解決】 – 第1章 女性従業員 - セクハラへの会社の責任と制裁) / 東北大学セクハラ訴訟が画期的な判決と賠償金を勝ち取りましたので、お知らせします。 24日に出た判決では、原告被害者の主張を全面的に認め、750万円(請求額1000万円)という空前の額の賠償金の支払いを加害者に命じました。 大学院における指導教官と院生の間の関係を支配従属関係であると断言し、そのなかで地位と権限を濫用して性関係を強制することは、性的自由を侵害し、研究教育環境を悪化させる人権侵害であって、不法行為であるとした判決です。キャンパス・セクシュアル・ハラスメント全国ネットワーク事務局 渡辺 和子 25 May 1999

【お茶ノ水大学】 平成14(ワ)10105 損害賠償請求 平成17年4月7日 東京地方裁判所
主文1 被告Y1は,原告に対し,金230万円及びこれに対する平成11年5月18日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。…事案の概要 本件は,被告大学の大学院科目履修生で留学生の原告が,担当教授である被告Y1から,同被告と原告を含む学生との懇親会の後,二人でホテルのラウンジにおいて飲もうと誘われ,これに応じたところ,帰宅するまでの間に,卑猥な言葉をかけられたり,数回にわたり胸を触られるなどされ,さらに,その後,ゼミにおいても冷遇されるなどのセクシュアル・ハラスメント(以下「セクハラ」という。)を受けたなどとして,被告Y1については,当該セクハラ行為等を不法行為として,被告大学については,良好な研究・学習環境を提供すべき信義則上の義務の違反があるとして,それぞれ1200万円の損害賠償を求めている事案である。裁判所 判例情報

民法

  1. 民法 第七百九条  (不法行為による損害賠償) 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

(出典:民法 総務省行政管理局 電子政府の総合窓口(e-Gov)

セクシャルハラスメントに関する刑事訴訟

セクハラも犯罪になる可能性があります。パワハラ・セクハラは犯罪!?職場の違法行為まとめ 弁護士による労働相談SOS みらい総合法律事務所)

その行為が悪質な場合は、セクハラ行為も刑事責任の対象となる可能性があります。具体的には、暴行又は脅迫によって、反抗することが著しく困難な状況で、性的羞恥心を害するような行為をすれば強制わいせつ罪(刑法176条)、お酒に酔わせたり、病気などでぐったりしているなど、逆らえない状態で強制わいせつに当たるような行為をした場合には、準強制わいせつ罪(刑法178条)、さらに暴行又は脅迫によって反抗することが著しく困難な状況で、性交渉をすれば強姦罪(刑法177条)に問われる可能性が考えられます。(<アデランス>セクハラ訴訟、解決金1300万円で和解へ 企業法務ナビ 2015/01/21)

刑法

  1. 刑法 第百七十六条  (強制わいせつ) 十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
  2. 刑法 第百七十七条  (強姦) 暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。
  3. 刑法 第百七十八条  (準強制わいせつ及び準強姦) 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。 2  女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。
  4. 刑法 第二百四条 (傷害) 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
  5. 刑法 第二百八条 (暴行) 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。
  6. 刑法 第二百二十三条   (強要) 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
  7. 刑法 第二百三十条   (名誉毀損) 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
  8. 刑法 第二百三十一条 (侮辱) 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

(出典:刑法 総務省行政管理局 電子政府の総合窓口(e-Gov)

刑法改正

  1. 「それはセクハラです」と声を上げ続けるしかない 刑法改正による強姦罪の厳罰化 (cyzo woman 2016.12.01):”来年の通常国会で性犯罪規定に関する刑法改正案が提出される予定で、これは1907年(明治40年)制定以来、初の大規模改正といわれています。”
  2. 性犯罪の罰則に関する検討会(法務省):「性犯罪の罰則に関する検討会」取りまとめ報告書〔PDF〕

その他

  1. キャンパス・セクシュアル・ハラスメント・全国ネットワーク
  2. ハラスメント相談の現場から(クオレ・シー・キューブ):”ハラスメント問題は、犯罪行為に匹敵する悪質なものから、個別のコミュニケーションの改善で予防できるものまで、多岐にわたります。”

海外の大学、アカデミアにおけるセクシャルハラスメントの事例と報道

  1. Sexual harassment in STEM: ‘It’s tragic for society’ (By Sara Ganim, CNN Updated 0044 GMT (0844 HKT) October 1, 2016)
  2. The shifting tide of sexual harassment in science (By Rachel Feltman The Washington Post February 10, 2016):”We know it happens, and far too often: Young women in academia – especially in scientific fields – face sexual harassment that can range from inappropriate comments to actual assault. The perpetrators are frequently their male supervisors.”
  3. How to stop the sexual harassment of women in science: reboot the system (THE CONVERSATION January 29, 2016 6.20am AEDT) “The culture in astronomy, and in science more broadly, needs a major reboot following revelations early this year of another case of harassment against women by a senior male academic. The journal Science revealed earlier this month that the latest case involved Christian Ott, a professor of theoretical astrophysics at Caltech university, in the United States. Frustrated that Ott was not fired and only placed on unpaid leave for a year, the two female students who raised the allegations took their story to the popular online news outlet Buzzfeed. Also this month, US Congresswoman Jackie Speier raised the case of Professor Tim Slater, who had been investigated for various sexual harassment incidents that began after he was hired by the University of Arizona in August 2001. Slater went on to the University of Wyoming.”
  4. How Women Are Harassed Out of Science (Joan C. Williams and Kate Massinger. The Atlantic Jul 25, 2016 )The discrimination young researchers endure makes America’s need for STEM workers even greater.
  5. How Sexual Harassment Halts Science (By Vince Grzegorek July 19 2016 1:01 PM slate.com) Recent reports have revealed how rampant sexual harassment is in the astronomy community. What’s to be done?
  6. ‘We All Felt Trapped’ (INSIDE HIGHER ED January 23, 2015 ):”The harassment, however, “started day one,” Harbi said. Eventually, she said she discovered she was one of many women, which MIT confirmed. Harbi last October sent MIT a packet of more than 100 chat logs, emails, pictures, recordings and screenshots to document the harassment against her and other women. She gave Inside Higher Ed permission to view the contents on condition that they not be published and that names of the other women not be disclosed. The various pieces of evidence include nudity and sexually explicit language. After reviewing the packet, MIT last month announced that an investigation had determined that Lewin, 78, had “engaged in online sexual harassment in violation of MIT policies.”” 物理学講義で有名なウォルター・ルーウィン(Walter Lewin)MIT教授がセクハラで処分された事例。
  7. 米国スター教授が起こしたセクハラ問題の衝撃 学生の訴えを無視した大学の無自覚さと、学術界の構造的問題 (WEB RONZA 2015年10月20日):”カリフォルニア大学バークレー校(UCB)のジェフ・マーシー教授が、セクシャルハラスメントで処分されたというのである。マーシー氏は、太陽系外惑星の研究者として世界的に著名であり、仮にノーベル物理学賞がこの分野に授与されるとしたら、3人のうちの1人に入ることは確実だと言われていた 。”
  8. Berkeley professor at center of sexual harassment scandal sues his accusers (The Guardian 29 September 2016):”Blake Wentworth, assistant professor of south and south-east Asian studies, has accused the women of defamation and “intentional infliction of emotional distress”, with new lawsuits filed nearly a year after university investigators concluded that he had violated sexual harassment policies.”
  9. Fil-Am UC Berkeley student file sexual harassment complaint vs. professor UC Berkeley graduate student instructors Erin Bennett and Filipino-American Kathleen Gutierrez filed a complaint with a state agency claiming that a faculty member created a hostile work environment and that the school did little to help them.
  10. Study: Young female scientists face sexual harassment, assault while in the field (By Caelainn Hogan The Washington Post July 17, 2014) “As government initiatives push women to enter careers in science, a new study reveals that young female scientists are getting sexually harassed and even assaulted while conducting field work crucial to their success — mostly by their supervisors. The study, published in the journal PLOS ONE, claims to be the first to investigate experiences of scientists at field sites, surveying 142 men and 516 women with experience working in anthropology, archaeology, geology and other scientific disciplines”
  11. Bora Zivkovic, Scientific American Blog Editor, Responds To Sexual Harassment Allegations (The Huffington Post 10/17/2013) サイエンスライターのコミュニティにおけるセクハラ問題 This happened.monica byrne October 9, 2012

海外の大学のセクシャルハラスメントに対する取り組み

  1. ハーバード大学、教授と学生の性的関係を「禁止」(AFP BB NEWS 2015年02月06日):”米国の一流大学の一つ、ハーバード大学(Harvard University)は先ごろ、学内のセクハラに関する方針の見直しを実施し、教授に対し、学生と性的な関係を持ってはならないと通知した。 見直しを行った同大学の委員会によると教授らは、担当の教員や指導教員であるかどうかにかかわらず、学生と「恋愛関係または性的関係」を持つことが禁じられる。学部生にも大学院生にも禁止は適用されるという。”

弘前大准教授が女子学生と海外出張で13泊同室

弘前大学人文社会科学部の50代男性准教授がセクハラ行為で停職6ヶ月の懲戒処分(2016年6月1日付け)を受けました。処分の理由となった行為は3人の女子学生に対するもので、それぞれの内容は、

  • 2014年3月 ゼミ生一人とアジア地域で調査旅行を行った際、宗教施設やホテルの同じ部屋で13泊した。
  • 2014年9月 研修旅行でアジアへ同行した学生1人に同室を提案した(学生には断られた)。
  • 2014年 ゼミでの差別的待遇を訴えた学生1人に対して、14年度後期のゼミを時間割通りに開講しなかった。

というものです。

「出発前から同室と決まっていた。いやだったが、先生が不機嫌になると思い、仕方ないと自分に言い聞かせた」(13泊同室させられた学生)

「宗教施設に宿泊部屋は一つだけだった。ホテルは同室の方が安く安全」(50代男性准教授)

「強要はしなくても、教員と学生の力関係では断れない雰囲気があったと思う。同室するだけで教員として問題だ」(吉沢篤副学長ら)

「准教授は14年9月の研修旅行でも、同行した別の女子学生に同室の宿泊を持ちかけるなど、十数年前からセクハラで何度も注意を受けていたそうです。自分好みの女子学生ばかり、えこひいきしていたため、他の学生が大学に相談。大学が注意したら、ゼミを予定通りの時間に開かないなど、逆ギレしていました」 (弘前大関係者)(日刊ゲンダイDIGITAL 2016年6月5日

「授業ではインドの“性典”カーマ・スートラにかこつけて、女子学生の手を握ったりしていた。ゼミの試験に男子学生が来ると、露骨に嫌がっていましたね。セクハラ停職処分の報道を知って、すぐに『あの先生だ』と顔が浮かびました」(弘大OB)(日刊ゲンダイDIGITAL 2016年6月5日

この准教授十数年前にも学生へのセクハラで学部長から口頭で注意を受けているほか、2015年3月にも教育活動を停止させられています。

参考

  1. 女子大生と同室13連泊 弘前大准教授の“常習セクハラ”手口(日刊ゲンダイDIGITAL 2016年6月5日)
  2. <セクハラ>女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大(ヤフーニュース/毎日新聞 6月3日(金)10時12分配信)
  3. 海外出張で女子学生と同室で宿泊…准教授を停職(読売新聞 YOMIURI ONLINE 2016年06月03日 11時56分)
  4. 准教授がセクハラで停職=出張で女子学生と同室-弘前大(時事ドットコムニュース 2016/06/02-19:51)
  5. 弘前大学人文社会科学部 文化創生課程 多文化共生コース 教員紹介
  6. 弘前大学授業計画(28年度)人文社会科学部
  7. 弘前大学 大学案内2017 (フラッシュ版)

ラボの女はトラブル源 Hunt博士がUCLをクビ

細胞周期の研究で2001年にノーベル医学生理学賞を受賞しているティム・ハント博士の発言が物議をかもしています。彼はユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の名誉教授でしたが、この発言のために辞職を余儀なくされました。

“Let me tell you about my trouble with girls. Three things happen when they are in the lab: you fall in love with them, they fall in love with you, and when you criticise them they cry.”

The resignation of Sir Timothy Hunt: Can’t feminists take a joke?

Tim Hunt sorry but stands by comments on women scientists

参考

  1. Sir Tim Hunt ‘sorry’ over ‘trouble with girls’ comments(BBC NEWS 10 June 2015)

結婚△、出産×の群馬大医教授がパワハラ解雇

群馬大学によるパワー・ハラスメントの定義:

”業務上の支配従属関係を不当に利用して,不利益な取扱い,人格的な誹謗・中傷,嫌がらせ,暴力,業務遂行の妨害等の相手の意欲及び就労関係を 著しく阻害することをいいます。”
http://www.gunma-u.ac.jp/html_campus/campuslife_16.html

NHKなどの報道によると、

「月曜日に仕事をするためには土日に働かなければならない」

と言って部下の教職員に休日出勤を強要したり、

「結婚は三角、出産はバツだ」

などと女性職員に対して発言するなど、ハラスメント行為を繰り返していた群馬大学医学部の40代の男性教授が2014年11月20日付けで懲戒解雇されました。また、部下に対して、

「ポストを空けるため(他大学などに)応募しろ」

などと言って心理的な圧力をかけ、それにより3人が精神的な病気で休み、2人が退職したそうです。大学側は2013年4月に調査委員会を設置し、2012年1月から2013年8月の間における、この教授の研究室の助教や講師の男女5人に対する言動をハラスメントとして認定しました。

 

参考

  1. 教授がパワハラ「結婚は三角 出産はバツ」(NHK NEWSWEB 2014年11月20日):”前橋市にある群馬大学医学系研究科の40代の男性教授が、部下の教職員に対して、適正な範囲を越えた休日出勤を強要したほか「結婚は三角、出産はバツだ」と女性職員を蔑視する発言などを繰り返し、パワーハラスメントを行っていたとして、大学はこの教授を懲戒解雇の処分にしました。”
  2. 群馬大、パワハラで教授を懲戒解雇 退職や休日出勤強要(朝日新聞DIGITAL 2014年11月20日):”教授は大学に発言を認めたが、一部は「指導の範囲」と話しているという。”