「 産学連携 」 一覧

no image

卓越研究員の受け入れ先が募集要項を公開 2016年3月28日 JREC-INに123件が掲載される

2016年3月29日追記: 文科省の卓越研究員事業のウェブサイトで、卓越研究員受け入れ先全リストが公開されました。 一覧化公開ポスト 本事業の対象となる、各機関からの提示ポストは以下のとおりです。 卓越研究員ポスト一覧  (Excel:96KB) 卓越研究員ポスト Integrated disciplines (総合)  (PDF:736KB) 卓越研究員ポスト Humanities(人文学)  (PDF:173KB) 卓越研究員ポスト Social sciences(社会科学)  (PDF:218KB) 卓越研究員ポスト Mathematical and Physical sciences(数物系科学)  (PDF:311KB) 卓越研究員ポスト Chemistry(化学)  (PDF:429KB) 卓越研究員ポスト Engineering(工学)  (PDF:673KB) 卓越研究員ポスト Biology(生物学)  (PDF:282KB) 卓越研究員ポスト Agricultural sciences(農学)  (PDF:383KB) 卓越研究員ポスト Medicine, Dentistry and Pharmacy(医歯薬学)  (PDF:367KB) * * * * * 卓越研究員を受け入れを希望する大学、研究機関、民間企業の募集要項が、2016年3月28日にJREC-INに123件掲載されました。新聞の報道によれば、文部科学省が受け入れ先として、63大学、23社を含む92機関を発表し、その中にはトヨタ自動車、日立製作所、アステラス製薬、キヤノンなども含まれるそうです。 このウェブページはJRECINの内容に基づいていますが内容の正確さや新しさを保証致しませんので、必ずJREC-INでご確認下さい。 住友電気工業株式会社 【卓越研究員】「計算科学を活用した無機材料の研究に取り組む研究員」の募集 住友電気工業株式会社 …

no image

東京女子医大 岡野光夫 特任教授らが、細胞シート工学に関する2011年のネイチャー・プロトコルズ論文を取り下げ

小保方晴子氏が筆頭著者の2011年ネイチャー・プロトコルズ(Nature Protocols)論文に関しては、以前から研究不正の疑惑が複数のインターネットサイトで指摘されていました。ネイチャー・プロトコルズが2016年2月25日に公表したところによれば、4人の共著者のうち小保方晴子氏を除く3人の申し出により、この論文は撤回されました。。 Retraction: Reproducible subcutaneous transplantation of cell sheets into recipient mice Published online 25 February 2016 (http://www.nature.com/nprot/journal/v11/n3/full/nprot0316-616a.html) 今回取り下げられたこの論文は小保方晴子氏が大学院時代に行った細胞シート工学関連の仕事です。早稲田大学と東京女子医大は医工融合研究教育拠点TWInsを2008年に設立しており、小保方氏の研究はここで実施されました。 Haruko Obokata,    Masayuki Yamato,    Satoshi Tsuneda    & Teruo Okano. Reproducible subcutaneous transplantation of cell sheets into recipient mice. Nature Protocols 6, …