「 月別アーカイブ:2013年09月 」 一覧

no image

学会で婚活?分子生物学会2013年12月3日~6日於神戸ポートアイランド

  2013/09/29    科学技術イベント情報

今年の分子生物学会年会の実行委員長は近藤滋氏。熱帯魚の縞模様を始めとして動物の形態が示すパターンがどのようにして形成されるのかを明らかにしてきた業績で世界的に有名ですが、その「かなり個性的」なパーソナリティもまた広く知れ渡っています。 その近藤滋氏が音頭を取る今年の分子生物学会年回は、従来の「学会」の概念をひっくりかえすくらいに面白いものになりそうです。細胞工学(和文レビュー雑誌)に「こんどうしげるの 生命科学の明日はどっちだ!?」という人気コラムを連載していて、 第十六回:来年の分子生物学会は嵐を呼ぶぜ!では以下のような所信表明を行っていました。 諸君、私は分生が好きだ。 諸君、私は分生が好きだ。 諸君、私は分生が大好きだ。 シンポジウムが好きだ。ワークショップが好きだ。プレナリートークが好きだ。ポスター発表が好きだ。ランチョンセミナーが好きだ。企業展示が好きだ。フォーラムが好きだ。受賞講演が好きだ。 横浜で、札幌で、京都で、博多で、神戸で、この日本で行われるあらゆる分子生物学会が大好きだ。 朝一番の講演のために、聴衆が一斉に会場に入ってくるのが好きだ。 座長の挨拶に続いて会場が暗くなり、最初のスライドが映し出されるとこころが踊る。 極めつけのデータを示したスライドで、会場に軽いため息を上げさせるのが好きだ。 ツッコミを入れてくる質問者を、更に決定的なデータでやり込めた時など、胸がすくような気持ちだった。 ずらりと並んだポスターの前を、そぞろ歩きをしながら眺めるのが好きだ。 紳士服の青木で買った新品スーツを来た大学院生が、一生懸命説明している様など感動すらおぼえる。 展示会場で、企業の係員から手渡される粗品を集める楽しさといったら、もうたまらない。 アンケート用紙を手にしたグライナーのコンパニオン部隊が、引き気味の大学院生に、何度もアタックを繰り返すのも最高だ。 マイナーなテーマのシンポを主催するのが好きだ。 頑張って動員をかけたのに、トークの切れ目ごとに人が立ち上がり去っていくのを見るのは、とてもとても悲しいものだ。 コンピートしているラボに先を越されるのが好きだ。 ひとつ前の演者に自分と同じ実験結果を話されてしまい「偶然同じ結果なのですが」と前置きせざるをえなくなるのは屈辱の極みだ。 諸君。 分子生物学会の会員諸君。 君たちは、2013年神戸年会に一体何を望んでいる? 今までどおりの分生を望むか? もっと刺激的なイベントにあふれた学会を望むか? 熱血議論の限りを尽くし、三千世界の新発見があふれる、嵐の様な学会を望むか? 「分生」「分生」「分生」 よろしい。ならば分生だ。 我々は、手に入れた研究結果を、今まさに発表せんとする若手研究者だ。 だが、世間から隔絶された実験室で、1年間耐え続けてきた我々に、ただの学会ではもう足りない。 大学会を! 一心不乱の大学会を! 分子生物学会を面白くするために様々な企画案があったようでそれらのいくつかは実現するようです。海外ポスドクの学会参加支援、TEDフォーマットのプレゼン、楽器経験者によるJAZZ演奏、出会いがない若手研究者男女出会いの場のプロデュースなど、真面目な学術集会にイベント性が付加されており、こんな学会なら参加してみたいと思わせる内容です。 しかし一番取り上げて欲しかったデータ捏造論文不正問題への取り組みが現時点ではウェブサイト上に見当たらないのが気になります。12月までにはまだ間があります。分子生物学会が研究不正防止に向かって真正面から取り組んでいることを示す企画を上げてきてほしいものです。 捏造論文を出したラボヘッドたちをパネリストとして招待するとか、分子生物学会の重鎮を集めて「非捏宣言」をしてもらうとか、データ捏造の現場を目撃したことのある人たちによる覆面座談会とか、リアルタイム匿名掲示板による論文不正防止の議論とか、とにかくなんでも良いので、分子生物学会はこの問題を風化させるつもりはないという意思表示をしてもらいたいものです。それなくしては、分子生物学会に明日はありません。 第36回日本分子生物学会年会(年会長:近藤滋)ウェブサイト

no image

10月19日(土)筑波宇宙センター特別公開

毎年恒例「宇宙の日」の筑波宇宙センター特別公開。今年の日時は、 日時:10月19日(土)10:00~16:00(入場15:30まで) 場所は、 茨城県 つくば市 千現2-1-1(郵便番号 305-8505、電話番号 029-868-5000) ファンファン!JAXA!:宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)イベント情報ウェブサイト 国際宇宙ステーション(ISS)ライブ映像(http://spacestationlive.nasa.gov/timeline/) Live streaming video by Ustream

no image

2013年のノーベル賞受賞候補者を予測

  2013/09/25    Uncategorized

学術情報、研究動向の分析を行うトムソン・ロイター社が、論文・引用データに基づいてノーベル賞クラスの研究者を選出し、本年度のトムソン・ロイター引用栄誉賞の対象者として発表しました。選ばれたのは以下の3氏です。 大隅 良典 氏(医学・生理学分野「オートファジーの分子メカニズムおよび生理学的機能の解明」)→東京工業大学  大隅研究室ウェブサイト 水島 昇 氏(医学・生理学分野「オートファジーの分子メカニズムおよび生理学的機能の解明」)→東京大学 水島研究室ウェブサイト 細野 秀雄 氏 (物理学分野 「鉄系超伝導体の発見」)→東京工業大学 細野研究室ウェブサイト トムソン・ロイターによると、トムソン・ロイター引用栄誉賞の選出は、ノーベル賞受賞と高い相関性を示しているそうです。つまり、上記3氏はノーベル賞の有力候補と言えます。 参考 「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を発表。日本からは、東京工業大学の細野秀雄氏、大隅良典氏、東京大学の水島昇氏 (トムソン・ロイター 2013年 プレスリリース) 日本人3人含むノーベル賞有力候補を発表=トムソン・ロイター(朝日新聞デジタル2013年9月25日)

no image

科研費申請書の書き方

  2013/09/23    Uncategorized

* これは古い(2013年9月)記事です。最新版(2014年9月)のこちらの記事をご覧ください ⇒ 【平成27年度】誰も教えてくれなかった「通る」科研費申請書の書き方   今年も科研費申請の時期がやってきました。 文科省の予算配分もあって、ここ数年リサーチアドミニストレーター(URA)を大学が雇用する動きが活発になってきました。URAの重要な職務の一つが、外部資金獲得支援です。今まで科研費をどう書いたら良いか悩んでいた研究者も今年は強力な助っ人を得て、今までよりもずっと良い申請書が書く人が増えそうです。 申請書の書き方テクニック~科学研究費(若手研究B)を例に~ 福井大学URAオフィス (PDF14ページ):望ましくない言葉遣いを具体的に列挙するなど、丁寧・親切。 科研費計画調書の書き方指南 九州大学大学院数理学研究科 三町勝久(PDF5ページ):典型的な採択されないポイント6点、採択される申請書を書く際の心構えなど。 現時点で一般に公開されていませんが、京大も科研費申請書指南書を作成しています。 「科研費申請書の教科書」~サステイナブルな研究活動を行うために 京都大学学術研究支援室:落ちる申請書には理由があった!京都大学で採択・不採択になった科研費申請書を網羅的に分析すると、明らかな差があることに気付いた。優れた研究でも「伝わらない」申請書は採択されない。審査委員に「伝わる」申請書の書き方を、学術研究支援室が説く!(*本書は学内の科研費説明会の参加者にお配りし,また教員の方々には部局を通じて本書を配布させていただきました.既に数々のお問い合わせを頂いており,本書への強いニーズを実感しております.) 今年の申請に合わせたタイミングで新しく書籍も出版されています。 科研費獲得の方法とコツ 改訂第3版〜実例とポイントでわかる申請書の書き方と応募戦略 児島 将康  (出版年月日:2013/8/10): ビジュアル図解 科研費のしくみと獲得法がわかる: 応募の方法から、申請書の書き方・仕上げ方まで 佐藤 成美  (出版年月日2013/7/23)

no image

「霊長類認知ゲノミクス」キックオフワークショップ 9月30日(月)-10月1日(火)@生理研

  2013/09/23    Uncategorized

「霊長類認知ゲノミクス」キックオフワークショップ 期日:9月30日(月)-10月1日(火)@ 会場:自然科学研究機構生理学研究所 ヒトの高次認知機能やその破綻として現れる精神・神経疾患の根本的な理解には、マウスやラットなどのげっ歯類に代わる、ヒトにより近縁な霊長類モデルの開発が必要不可欠であると考えられます。ヒトの疾患、特に高次認知機能に関わる病態機序の解明には、そもそもヒト脳との形態や機能分化の程度において大きな差異があるマウス脳やラット脳で得られた結果を、ヒトに外挿する方法論の限界も指摘されており、一方、ヒトにおいては、病態と遺伝子・分子の相関関係は明らかにできる可能性がありますが、実験的な操作や侵襲的な実験が不可能なため、因果律の解明まで踏み込む事が極めて難しいのが現状です。 そこで、本プロジェクトでは、ヒト脳との形態的・機能的類似性を持ち高次認知機能課題の遂行に優れているマカクザル(ニホンザルおよびアカゲザル)、また、高度の社会性・認知機能を有し、かつ世代時間の短いマーモセットを対象に、げっ歯類でもヒトでも行えないエビデンスベースの因果律の解明を目指した霊長類精神・神経疾患モデルの作出を行う事を目標とするものであります。 上記の目的を達成するために、具体的に3つのフェーズを想定しています。 ① みつける(ゲノム解析:エキソーム解析、CNV 解析、など) ② はかる(中間表現型解析:遺伝子発現解析、タンパク質機能解析、脳構造・機能イメージング、認知行動解析、など) ③ そうさする(操作・介入実験:遺伝子導入、クローンサル作製、など) 上記の3つのフェーズ間をシームレスかつ体系的につなぎ合わせることで、「霊長類認知ゲノミクス」研究を推進しようというのが本ワークショップのねらいです。 (http://www.nins.jp/cnsi/brain/index.php#bs_infoより一部転載)

no image

2013年11月18日(月)―19日(火)第3回URAシンポジウム

  2013/09/23    科学技術イベント情報

2013年11月18日(月)―19日(火)第3回URAシンポジウム 高い実績を有する国内のURAを招き、URAの実務・組織運営について紹介すると共に、大学における研究活動やイノベーション促進に向けてのURAネットワークの機能について議論します。 参加対象:URA及び研究支援業務に携わる職員、教員(研究者) 機能(業務) 業務内容のイメージ (1)研究戦略推進支援業務(リサーチ・ディベロップメント関係等) ① 政策情報等の調査分析 政府の科学技術政策、審議会の答申・提言等や、ファンディング・エージェンシー等の事業について、その策定段階からインターネットや関係者へのヒ アリング等を通じて情報を収集し、政策動向等について分析を行う。また、組織においてこの機能充実のため、施策情報等にかかるデータベースの整備等、情報 分析機能の強化、充実を図る。 ② 研究力の調査分析 研究者の研究分野、外部資金獲得状況や論文投稿状況等を把握し、マッピング等により大学・部局等の研究特性の組織的把握を行う。また、組織においてこの機能充実のため、研究者情報のデータベースの整備等、研究プロジェクトの策定基盤を強化・充実化する ③ 研究戦略策定 組織の研究教育資源を有効に活用することを目指し、組織改編、研究拠点形成、研究支援体制構築に関する立案・支援、関係部局との調整等を行う。研究者相互の認識の拡大と深化、意識醸成、プレゼンス確立のため、例えば新たな課題発見のためのワークショップの開催等を行う。 (2)プレ・アワード業務 ① 研究プロジェクト企画立案支援 外部資金獲得状況等から他大学との比較、採択結果の分析等を行う。また、研究者のマッチング、研究チームの構成員候補のリストアップ等の外部資金に応募する研究プロジェクトの企画案の策定のための支援、調整等を行う。 ② 外部資金情報収集 国、ファンディング・エージェンシーや企業等が募集する補助金・委託事業等の国内外の外部資金及び関連情報について、その策定段階からインター ネットや関係者へのヒアリング等を通じて収集、募集内容、対象や要件等を分析し、背景となる政策動向や外部資金獲得によるメリット・デメリット等を把握 し、適切な研究分野・経験を持つ研究者に情報提供を行う。 ③ 研究プロジェクト企画のための内部折 衝活動 外部資金受入、研究プロジェクトに必要な研究資源の確保や協力機関との契約等締結に関する事務局との調整、学内の研究者・研究科等への研究プロ ジェクトへの参画交渉・調整を行う。また、申請件数が限られている大型外部資金について、学内ヒアリング等を通じて公募条件の合致の確認、申請件数の調整 を行う。 ④ 研究プロジェクト実施のための対外折 衝・調整 学外の研究者・研究機関への研究プロジェクトへの参画交渉や外部資金受入、事業計画・NDA等の契約等締結に関する協力機関との調整を行う。 ⑤ 申請資料作成支援 研究者の発想を整理し、必要なデータ等の収集、外部資金の申請書の研究計画の分筆・ドラフトや予算計画の作成を行う。また、申請書の添削・改善アドバイスや形式・内容が公募条件等に適合しているかどうかの確認を行う。 申請書等を基にヒアリング審査等におけるプレゼンテーション資料等の作成や支援を行う。申請書やプレゼン資料作成指導セミナー等の開催。 …

no image

リサーチアドミニストレーター(URA)リンク集

  2013/09/23    Uncategorized

リサーチアドミニストレーター(URA; Univsersity Research Administrator)の業務に関するリンク集です。 【リサーチ・アドミニストレーターとは】 リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知っていますか?:丸山 浩平氏、阿部 佑氏(東京農工大学 先端産学連携研究推進センター)へのインタビュー(Chem-station.com) 【組織】 リサーチアドミニストレーション研究会 Society of Research Administrators (SRA)  National Council of University Research Administrators (NCURA) 【企業】 エルゼビア・ジャパン株式会社イベント:エルゼビア研究戦略セミナー2013年6月26日「研究評価」、エルゼビア研究戦略セミナー2012年6月7日「URAを取り巻く環境の最新情報」、 トムソン・ロイター・プロフェッショナル株式会社 :トムソン・ロイター 学術情報ソリューションが提供するURA・研究支援実務担当者向け有料研修、 【国立大学】 京都大学 学術研究支援室(Kyoto University Resaerch Administration Office):   「科研費申請書の教科書」”落ちる申請書には理由があった!”、URA募集特設サイト、 金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構 (Organization …

no image

リサーチ・アドミニストレーターとは?

  2013/09/23    Uncategorized

リサーチアドミニストレーターという職種をご存じでしたか? リサーチ・アドミニストレーターは日本にはこれまでほとんど存在しなかった新しい職種です。リサーチ・アドミニストレーターに期待される人材像を募集要項から読み解いてみましょう。 文科省の説明によると、 研究開発内容について一定の理解を有しつつ、研究資金の調達・管理、知財の管理・活用等をマネジメントする人材 ということです。また、東京大学の説明を借りると、 リサーチ・アドミニストレーターとは  教員の研究活動の質の向上を図るため、教員とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果の活用促進等を行う専門職のことです。 文部科学省は今年度、「研究大学強化促進事業」なるものを始めました。この事業は国際的な競争力があると認められる日本国内の22の大学・研究機関を選び出し、リサーチアドミニストレーターの雇用など研究環境の整備を目的とした予算を配分することによってさらに日本の研究競争力を引き上げようというものです。 リサーチ・アドミニストレーターの職務の具体的な内容は何なのか、京都大学の募集要項(「研究大学強化促進事業に関する特定専門業務職員(リサーチ・アドミニストレーター)の募集について」)を例に見てみると、 区分 主な職務の概要 学術研究支援室関係 大学の研究力分析や研究戦略立案、競争的資金獲得に向けた研究者支援事業の企画・運営、研究プロジェクトの企画・運営・広報支援、研究者情報の基盤整備、研究環境改善に向けた情報収集・分析、事務部門と連携した諸制度の改革、など 国際関係 海外の大学等との交流推進支援体制の構築、学術研究成果の海外発信、 教職員・学生の国際化事業支援、研究者・学生の海外からの受け入れおよび海外への派遣推進支援、など 情報環境関係 エ ビデンスに基づく本学の研究推進戦略の立案支援を目的とした研究者の活動分析(研究・教育・社会貢献活動など)、国内外の学術動向に係るデータの調査・分 析、本学研究者の活動のモニタリング・集約・可視化を行うためのデータベース設計および及びアプリケーション開発、など 産官学連携関係 大型の共同研究プロジェクトのプロデュース、国際共同研究推進プログラムの支援、産官学連携データの収集・分析、など 学際融合関係 融合チーム研究プログラム等の推進、未踏領域開拓イニシアティブ機構(仮称)の設立に向けた業務、テニュアトラックユニットの設置に向けた業務、など リサーチ・アドミニストレーターのあるべき姿に関して、各大学の募集要項の一部を抜粋してみます。(URA:University Research Administrator の略) 神戸大学シニア・リサーチ・アドミニストレーターの公募 本事業におけるURAとは、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果の活用を行うことにより、研究者の研究活動の活性化や研究開発マネジメントの強化などの研究支援業務に従事する人材を指します。 本 学が採用するURAは、学術研究の理解力、および担当する研究分野での本学のシーズの本質・代替技術との比較優位を検証・把握する能力、また、産業界の動 向に照らし、研究戦略と研究マネジメントについて研究者と互いに議論しながら理解し、社会実装の可能性を高める能力を有し、大学全体の研究戦略、学術研究 の水準の評価、環境整備などを、URAを指導し、また既存のコーディネーターと連携しつつ、統合的に推進するための人材を求めています。 広島大学リサーチ・アドミニストレーターの公募について 科学技術やの動向、研究費獲得支援等に高い関心があり携わ る意欲があこと る意欲があこと 。 情報・システム研究機構リサーチ・アドミニストレーター募集 ここでいう研究マネジメント人材とは、研究内容を深く理解した上で研究推進のための様々な業務や事務を遂行し得る人材を指します。つまり、従来の研究者や事務職とは異なる、研究と事務の両方に通じた第三のキャリアを持つ人材の確保がこの事業の成否を左右することになります。 …

no image

森口尚史氏のiPS細胞臨床研究不正に関する最終報告書を東大が公表

  2013/09/22    Uncategorized

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心筋細胞を患者に移植したというウソの発表をした森口尚史(ひさし)氏(49)。新聞で大々的に報道された直後にウソがバレてさんざん世間を騒がせましたが、ようやく東京大学が最終報告書をまとめて公表しました。 森口尚史氏による研究活動の不正行為に関する調査報告 東 京 大 学 平成24 年10 月10 日、米国で開催された国際会議において、森口 尚史 元・医学部附属病院 特任研究員(平成24 年10 月19 日付け懲戒解雇。以下「森口尚史氏」という。)により、iPS 細胞から誘導した心筋細胞移植を初めてヒトで行ったとする研究(以下「iPS 心筋細胞移植」という。)をハーバード大学の関連病院で行ったとする発表がなされ、翌11 日に読売新聞で報道された。直後にハーバード大学は、正規の手続きを経た臨床応用が行われたことを否定し、その後、森口尚史氏による虚偽発表等の不正行為 について新聞各誌で報道された。 これを受け、本学においては、森口尚史氏が在籍していた医学部附属病院及び先端科学技術研究センターにおいて予備調査を実施するとともに、本部に設置した科学研究行動規範委員会1において調査・審議を行い、調査結果をまとめたので、その概要を報告・公表するものである。 (http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_250920_j.html)  4. 本学の対応について (1) 関係者の処分等 森口尚史氏に対しては、虚偽の発表を行い、大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけたとして、平成24年10 月19 日付けで懲戒解雇の懲戒処分が既になされている。その他の関係者については、本学規則に基づき、厳正に対処する。 (2) 公的研究費の返還 森口尚史氏が特任研究員として雇用され、参画していた公的研究費に関しては、資金配分機関の指導に基づき、適切に対応する。 (3) 論文の取り下げ 不正行為であると認定した14 編の論文のうち、5 編については、既に撤回されている。その他の論文等についても、撤回等の処置が確実に講じられるよう、適切に対応する。 (4) 再発防止に向けた取組 (http://www.u-tokyo.ac.jp/public/pdf/public01_250920_j.pdfから一部抜粋) 不正を行った責任者は懲戒解雇、公的研究費を返還するというものです。助教の監督責任についても言及していますが、この森口尚史氏の一件は「単独犯」の趣きが強いものです。それに対して、東京大学分子細胞生物学研究所や大阪大学医学部の研究不正は研究室ぐるみの組織的犯罪の様相があります。なぜなら、同じ研究室から出た異なる筆頭著者による複数の論文で不正行為があったからです。 実質的な論文不正の責任者を懲戒解雇し、研究費を返還させるということを是非他の事件にも公平、公正に適用してもらいたいものです。億単位の研究費を使って不正行為を働いてきた研究室は、その数億円~数十億円を返還すべきですし、それを徹底することが今後の論文不正防止の最良の策でしょう。 再発防止に向けた取組みで教育のためのリーフレットを配っても効果はありません。そんなことは何年も前から行われていることです。 過去にさかのぼってでも責任を追及して、懲戒解雇、研究費返還などを徹底的に行い、論文不正が割に合わないことだと研究者に知らしめることが最重要です。捏造体質の研究室が組織的に行ってきた論文不正の悪質さに比べたら、森口尚史氏の件などジョークみたいなもので、メディアがこぞって仰々しく取り上げる価値はありません。 …

no image

浜松ホトニクスが2013年11月7日(木)~9日(土)フォトンフェアを開催

  2013/09/18    科学技術イベント情報

浜松ホトニクスが2013年11月7日(木)~9日(土)フォトンフェアを開催します。内容は光技術に関連した展示、講演・セミナー。 講演タイトルは、 『次の60年へ、光の未来への新しい挑戦 – HAMAMATSUから世界へ』 『日本の科学技術と新産業』 『電子管技術 -その基盤・現状・将来展望-』 『システム製品の現状と将来展望』 『光半導体製品の現状と将来展望』 『ライフホトニクス -研究・開発の現状と将来展望-』 『量子カスケードレーザの研究開発に携わって』 『質量の起源とヒッグス粒子』 『バイオミメティクス(生物模倣技術)と光生物学-信号としての光が織り成す世界-』 フォトンフェアでは他にも数多くのセミナー、展示があります。 詳細は浜松ホトニクスフォトンフェアウェブサイトをご覧ください。