「 科学研究助成 」 一覧

no image

新学術領域研究2019年度新規採択課題・領域代表が発表される

新学術領域研究2019年度新規採択課題・領域代表が発表されました。 令和元年度の採択課題情報(新規1,702件:挑戦的研究(開拓・萌芽)、新学術領域研究(研究領域提案型) – 領域・総括班・計画研究・公募研究、特別研究員奨励費)を追加収録しました — KAKEN (@kaken_nii) 2019年7月4日 研究期間 (年度) は、2019-06-28 – 2024-03-31です。 研究課題名 研究代表者 超地球生命体を解き明かすポストコッホ機能生態学 高谷 直樹 筑波大学, 生命環境科学研究科(系), 教授 人間機械共生社会を目指した対話知能システム学 新学術領域研究(研究領域提案型) 領域代表者 石黒 浩 大阪大学, 基礎工学研究科, 教授 情報物理学でひもとく生命の秩序と設計原理 岡田 康志 東京大学, 理学(系)研究科(研究院), 教授 「生命金属科学」分野の創成による生体内金属動態の統合的研究 津本 浩平 東京大学, 工学(系)研究科(研究院), …

採択?不採択? 科研費交付内定が通知される

  科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版 科研費 採択される3要素 第2版 いかにして研究費を獲得するか 関連記事 ⇒ 2020年度(令和2年度)科研費交付内定が通知 「基盤Cなんて、普通に研究してれば、誰でも取れるよ。」 #5日後に死ぬ研究者 #科研費発表まであと5日 — 日本の科学と技術 (@scitechjp) March 26, 2020   関連記事 ⇒ 2019年4月1日科研費の採択が通知される 明日は、エラーバーを手作業で短く見せて論文出している研究者たちが科研費の研究助成を受ける日か?東大が言うようにエラーバーを手作業でテキトーに描くのが生命科学の研究では本当に「通常」なの?自分はそんな人間に会ったこと今まで一度もないんだけど。https://t.co/pvqpuVhUDu #科研費 #AMED — 日本の科学と技術 (@scitechjp) March 31, 2020     毎年4月の初日は科研費当落の通知があるため(種目によっては6月)、研究者はハラハラドキドキさせられたあげく、歓喜、または、残念さのどちらかを味わうことになります。科研費に纏わるツイートをいくつか紹介します。 科研費が採択されたかどうかの判別法 科研費が通ったかどうか、いつもわかりにくいです。特に、落ちている場合。 分野によって違うことはなく、科研費電子申請システムの「交付内定時の手続きを行う」で、申請した課題名が載っていなければ、残念ながら不採択です。 — ちゃっぷ (@sleeping_chap) 2018年4月2日 もう科研費の交付内定e-radで見れますね。電子申請システムにログインして「交付内定時の手続きを行う」を開いて平成30年度分が「所属研究機関処理中」になっていれば内定。 — masuda minoru …

no image

CREST・さきがけ 応募締め切り迫る!

  2015/05/08    科学研究助成

科学研究費補助金(科研費)がボトムアップ型なのに対して、「CREST」や「さきがけ」は日本が国の政策として研究の方向性を予め決めて行う、いわゆるトップダウン型の研究助成です。 「CREST」は、科学技術イノベーションに大きく寄与する卓越した成果を創出するネットワーク型研究(チーム型)で、研究期間は5年半以内、研 究 費は総額1.5 ~ 5 億円/ チーム。平成27年度第1期CREST研究提案募集に対する応募の締め切りが5/19( 火) 正午。 「さきがけ」は科学技術イノベーションの源泉となる成果を世界に先駆けて創出するネットワーク型研究(個人型)で、研究期間は3年半以内、研 究 費が総額3 ~ 4 千万円。平成27年度第1期さきがけ研究提案募集応募締め切りが5/12( 火) 正午。 CRESTやさきがけに応募するにあたっては、トップダウン型という特質を理解したうえで申請書を書く必要があります。 JSTグラントの申請書のポイント •戦略目標にそって研究総括が定めた「領域のねらい」、「募集に当たって」などが公表されます。 •いくら基礎的にすぐれた研究でも、「領域のねらい」に合致しないと採用されません。 •研究論文ではありません。あくまで研究課題の提案を書いて下さい。専門外の方も審査に加わります。わかりやすく、図をまじえて書いて下さい。 •これまでの研究成果もすべて書くのではなく、当課題の提案の根拠になるものにとどめて下さい。 申請書の審査ポイント •オリジナリティがあるか。 •個人(CRESTの場合研究代表者のチーム)の貢献がどの程度あるか。 •期間内にどこまでしようとしているのか。 •計画は申請金額に見合っているか。 •基礎となる予備研究があるか。 •パブリケーションの能力があるか。 (引用元:JST CREST,さきがけの特徴と申請のポイント http://home.sato-gallery.com/research/Grant-Proposal-JSTkobe2014.pdf) CREST 研究領域 (研究領域ウェブサイトへのリンク) 研究総括 戦略目標 発足年度 現代の数理科学と連携するモデリング手法の構築 坪井 俊 …