市民放射能監視センターや環境運動連合など韓国の11市民団体が、「2016ソウル酒フェスティバル」開催に抗議

市民放射能監視センターや環境運動連合などは25日、ソウル雲泥洞(ウンニドン)の日本文化院前で記者会見を開き、「2016 ソウル酒フェスティバル」の中断を促した。…団体は「イベントに参加する100カ所余りの日本の醸造所の中には5年前に原発事故が起きた福島近隣4県に所在する醸造所も含まれている」とし「さまざまな国々が日本産水産物と食品輸入を全面制限している中で酒フェスティバルを開くとは話にもならない」と明らかにした。(韓国環境団体「ソウル酒フェスティバル」の中断要求 YHOO!JAPANニュース/中央日報日本語版 3月25日) 市民団体側は「フェスティバルに参加する七つの酒蔵が、福島原発事故後に韓国政府が放射能汚染地域として定めた地域で酒を生産している。汚染地域の米や水で作られた酒をPRするイベントは、市民の安全を考慮すれば適切ではない」と主張した。今回のフェスティバルには、宮城県の三つの酒蔵をはじめ、岩手県、茨城県、群馬県、栃木県の各一つの酒蔵は参加するが、これらの地域は全て、韓国政府が放射能汚染を懸念し、2013年9月から水産物の輸入を禁止している。(YAHOO!JAPAN ニュース/朝鮮日報日本語版 3月26日) (2016ソウル酒フェスティバルウェブサイトsakefestival.krより) 2016年3月26日(土)11:00~18:00、3月27日(日)11:00~17:00 Seoul Sake Festival 2016 主催:韓国地酒輸入業協会中央会 共催:在韓日本大使館 場所:COEX D2ホール 内容:日本から日本酒蔵元約100社が参加し、400種類以上の日本酒の試飲ができる、大規模なレセプション。参加蔵元数・実施規模は日本以外で実施され る日本酒レセプションとしては過去最大規模。また、日本酒の他にも日本の観光PRを行うと共に、当地所在の和食レストランも参加し、会場で和食(焼き鳥、 ラーメン、蕎麦、おにぎり等の軽食)も食べることができる。詳細情報は、ホームページ(http://sakefestival.kr)を参照のこと。入場料:20,000ウォン(満19歳以上の方のみ入場可能)。 (在大韓民国日本国大使館 Embassy of Japan in Korea) 韓国のインターネットのニュース記事“‘방사능 우려’사케 홍보말라” 日대사관에 항의서한 (「“放射能憂慮’サケ 広報するな」日大使館に抗議書簡) (NAVER.COM 2016-03-25)には、200以上のコメントが付いていますが、それらの中からいくつか紹介します(自動翻訳 hot-korea.com/tool/translation/による日本語訳/韓国語原文)。 “‘방사능 우려’사케 홍보말라” 日대사관에 항의서한 (NAVER.COM 2016-03-25)より catd**** まぬけな政府 福島原爆社とは2011年3月に起きたが、とうに過ぎた2年後の2013年9月ではやっと輸入禁止させて、中国、台湾このような国々見ろ。 買ってからある月の中に全部オールストップした。 特に台湾はより一層検疫強化して水産物だけでなく、日本全体水産物、そして9県から出た日本産物品全体検疫して輸入禁止下は方案出した。 中国も5県全面輸入禁止. 9県検疫強化して、まぬけな韓国政府. (自動翻訳 hot-korea.com/tool/translation/) catd**** 멍청한 정부 후쿠시마 원폭사고는 2011년 3월에 […]