「 学会発表や研究セミナーで使える英語表現 」 一覧

no image

言葉の使い方:question

学会発表やその質疑応答の場面でよく聞かれる表現の中で、questionという単語に関する表現をまとめてみました。 he will be happy to take your questions. 座長:彼(演者)はみなさんの質問に答えてくれるでしょう。 I am happy to answer your questions. 質問があればお答えしたいと思います。 I welcome your questions. 質問があれば歓迎します。 I have a question for you. あなたに一つ質問があります。 I would like to ask you two questions. First, ….. …

no image

座長の英語表現:ご質問はありませんか?

学会やシンポジウムで演者の発表が終わったときに、座長が使う英語表現。 まず演者にお礼を述べます。 “Thank you for your presentation.” 質問時間であることの宣言。 “Now, the paper is open for discussion.” 会場に対して質問を促します。 “Is there any question?”

no image

座長の英語:「次の発表者は~さんです。では、どうぞ。」

学会発表やシンポジウムでセッションの進行を受け持つ座長が次の演者に進むときの英語表現。 “The next speaker is Dr.XXX YYY from 研究所名 in 国名または都市名. The title of this talk is ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ. Dr.YYY, please.”

no image

ご紹介いただきありがとうございます

トークの冒頭にはほぼお決まりの表現があります。 1.トークの前に、ホストの人が簡単な紹介をしてくれますのでそれに対するお礼、 thank you for the introduction 2.そしてセミナーのスピーカーとして招待してくれたことへの感謝、thank you for inviting me thank you for the invitation 3.それに、この場所に来られて光栄です、という挨拶。 it is a great pleasure to be here 4.その後は自由ですが、ホストとの関係、その土地との関係(何回めの訪問かとか)、その研究所・大学に既に何日か滞在していればその印象など、をさらりと話してから本題に入ることが多いです。もちろんいきなり本題に入っていっても全くOK。 そういうわけで、トークの冒頭は「ご紹介いただきありがとうございます。」からスタートすることになります。 Thank (Host Name) I want to thank Dr. (name) for the very …