「 学会発表やセミナーで使える英語表現 」 一覧

no image

言葉の使い方:question

学会発表やその質疑応答の場面でよく聞かれる表現の中で、questionという単語に関する表現をまとめてみました。 he will be happy to take your questions. 座長:彼(演者)はみなさんの質問に答えてくれるでしょう。 I am happy to answer your questions. 質問があればお答えしたいと思います。 I welcome your questions. 質問があれば歓迎します。 I have a question for you. あなたに一つ質問があります。 I would like to ask you two questions. First, ….. …

no image

座長の英語表現:ご質問はありませんか?

学会やシンポジウムで演者の発表が終わったときに、座長が使う英語表現。 まず演者にお礼を述べます。 “Thank you for your presentation.” 質問時間であることの宣言。 “Now, the paper is open for discussion.” 会場に対して質問を促します。 “Is there any question?”

no image

座長の英語:「次の発表者は~さんです。では、どうぞ。」

学会発表やシンポジウムでセッションの進行を受け持つ座長が次の演者に進むときの英語表現。 “The next speaker is Dr.XXX YYY from 研究所名 in 国名または都市名. The title of this talk is ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ. Dr.YYY, please.”

no image

トークの締めの言葉

「ご静聴ありがとうございます。ご質問があればどうぞ。」というのが締めの言葉になります。いくつか例をあげましょう。 もっとも簡潔に、 Thank you for your attention, and I’d be happy to take your questions. いろいろなバリエーションがありえます。 So, I’d be happy to answer any questions, and thank you for your attendance, and I hope to answer questions you might have.

no image

What節の、その先へ

What節は便利ですが、同じことを繰り返す場合に、同じ言葉を使うことはあまりカッコよくありません。ちょっとずつ違う表現ができたほうがCOOLです。 言い換えられる例です: What you can notice is … One thing you can notice is … What we wanted to consider is … The question we wanted to consider is … What we wanted to know is … One question that …