英語で学会発表をするための練習方法

      2018/05/16

英語で学会発表をするための練習方法について思いついたことを書きます。
一番良い方法は、本番の学会の前に小さな学会やセミナーでリハーサルがてらしゃべることでしょうがなかなかそこまでは機会がないかもしれません。
段階的に書くと、
1.一人で家で練習
2.家族や親友など親しい人に聞いてもらいながらしゃべる練習
3.ラボのメンバーの前で発表練習
4.小さな規模の学会やセミナーで発表
5.海外の学会で発表
という順序になると思います。全部できなくてもいいですが、機会が作れるものは全部試してみるといいと思います。
誰にでもできるのが一人での練習なので、それについてアイデアを書いてみます。
まず、誰にでもできると言いましたが、恥ずかしがり屋さんは自分のアパートや部屋で隣近所や家族に聞かれながら大きな声で発表練習ができないかもしれません。
気持ちはわかります。私もそんな「変な人」になる勇気がありませんでした。
まずそのシャイな心を吹き飛ばしてください。これから大勢の外国人の前で英語で発表しようなどと大それたことを考えているのですから、近所に変な声が聞かれたくらいどうってことないです。自分がやるべきことをやる、と決めてください。
覚悟を決めてください。腹を括ってください。
それで、アイデアですが。
録音、または録画することです。いまどきPCとウェブカメラがあるんですから誰でもできますよね。
自分の発表を。自分が大舞台でしゃべっていることをリアルに想像しながら練習してくださいね。きちんと聴衆を見渡して一人ひとりとアイコンタクトを取りながら。PCの画面を見ながらやると前にスライドが来ますが、自分の背後のスクリーンにスライドがあるイメージでやったほうがいいです。この差は大きいですから。
最近スライドプロジェクターが小型化してかつ値段が安くなってきていて個人で買えなくはないところまで来ています。お金に余裕のある人はプロジェクターを買って部屋の壁に投影しながら練習すると臨場感が出ていいとおもいます。このアイデアは私がやりたくてまだやっていないことなんですが。
自分を撮影するのはかなり恥ずかしいことかもしれませんが、ヘタクソなみっともないしゃべりをしている自分を記録して見直して、どこをどう直すべきか徹底的に考えてください。これを繰り返して、まあまあ悪くないかもと思えるレベルに上げるのが目標です。


 - 学会発表やセミナーで使える英語表現, 学会発表を英語でする場合の注意点