国際学会も怖くない!英語の研究プレゼンで使える英文フレーズとその発音を youglish.com で学ぶ

      2019/07/08




国際学会などで英語で発表をすることになった場合、どんな英文が使えるのか、どんな風に発音するのか悩みがつきません。そんな日本人研究者の悩みをズバリ解決する凄いウェブツールがあることをツイッターで知りました。


youglish.comですが、これは使えます。検索できること自体すごいのですが、このツールでは、YOUTUBE動画の下に、英文トランスクリプトが大きく表示され、しかもその下の操作ボタンを使うと、何回も同じ場所を繰り返し再生したり、5秒前に戻って再生したり、ポーズして自分で発音練習する間をとったりできます。そして、次の動画に移動したり(右側の青緑色のボタン)、前の動画に戻ったりもできます。この操作性が実に素晴らしいため、非常に能率よくいろいろな人の発音を参考にしながら自分で英文フレーズの発音練習をすることができます。

以下、英語のセミナーで頻出する英文フレーズをyouglish.comで検索した結果のリンクを羅列していきます。全ての検索結果が科学研究の英語プレゼンではないことはご容赦ください。

Contents

本論に入る前の挨拶の表現

紹介してくれた座長にお礼

Thank you for the introduction. 

招待へのお礼

I want to thank you for the invitation.

Thank you for having me today. 

オーガナイザーへのお礼

First of all, I would like to thank the organizers ~

その他の挨拶

It’s a great pleasure to be here.

I am honored to be here.

I am excited to be here. 

I am pleased to be here. 

話の流れをつくることの重要性

プレゼンは、講演者がバスの運転手として乗客を目的地に運ぶようなものです。トークの最初の部分では、お客さんをバスに乗せなければなりません。そして乗客に対して、「○○行きのバスです。」と目的地を明確にアナウンスする必要があります。トークの途中では、お客さんが「本当にこのバスは目的地に行くんだろうか?」と不安がって途中下車してしまうことないようにする必要があります。そしてトークの最後では、お客さんが期待した通りの目的地できっちり下ろしてあげることが必要です。このバスの例えは、昔プレゼン方法のセミナーで聞いたことなのですが、なるほどと思いました。話の流れを作るために便利な英語表現をみていきましょう。

 

今日の講演で何を話すかを話す

動詞talkを用いた表現

So, today I’m going to talk about ~ 

What I’ll be talking about is ~

What I will be talking about 

動詞tellを用いた表現

What I’m going to tell you about is ~ 

What I will be telling you about is

I am going to tell you about ~ 

自分たちの研究が何についてなのかを紹介

Our research focuses on ~

Our lab is interested in ~

 

今日の講演で何を伝えたいのかを伝える

動詞convinceを用いた表現

I’m going to convince you that ~ 「~ということを納得していただけるように話をしたいと思います。」

try to convince you 

 

まず初めのトピックの導入

I would like to begin with ~ 

let’s start with 

let’s take a look at 

 

研究の興味の説明

What we were interested is ~  「我々が興味を持っていることは~です。」

What we were interested was

What we are interested in is

 

仮説・クエスチョンを伝える

hypothesize, hypothesisを使った表現

So, we hypothesized that ~ 「我々は~という仮説を立てました。」

So, the hypothesis was ~ 「我々が立てた仮説は、~です。」

questionを使った表現

The question we addressed is ~ 「我々が答えたいと考えた問いは、~です。」

the question we wanted to answer/ask/address 

The key question is

knowを使った表現

What we wanted to know is ~ 「我々が知りたいと思ったことは~です。」

What we wanted to know is whether ~ 「我々は~かどうかということを知りたいと思いました。」

We wanted to know how ~ 「我々は、どのようにして~なのかを知りたいと思いました。」

We wanted to know, what ~「我々は、何が~なのかを知りたいと思いました。」

We wanted to know where ~ 「我々は、どこで~なのかを知りたいと思いました。」

We wanted to know when ~ 「我々は、いつ~なのかを知りたいと思いました。」

We wanted to know, which ~「我々は、どちらが~なのかを知りたいと思いました。」

We wanted to know, why ~「我々は、なぜ~なのかを知りたいと思いました。」

We wanted to know if ~ 「我々は、~かどうかを知りたいと思いました。」

 

重要なポイントを述べる

The point here is that ~ 「ここで重要なポイントとなるのは~です。」

 

スポンサーリンク

どんな実験・解析を行ったのかを伝える

How do we do that? 「さて、どうやってそれをやればよいのでしょうか?」研究目的を述べたあとで、具体的な方法を述べる前の前置きとして使えそうなフレーズです。

We conducted  a ~ analysis. 

 

予測される結果を述べる

So, the prediction is that ~ 「予期されることは、~」

 

実験結果・発見したことを述べるときの言い方

Now, what we found is ~ 「さて、我々が見つけたことは~」

What we found is that ~. 

What we found was ~. 

What we found is ~. 

Furthermore, we found ~ 「さらに~ということを見出しました。」

That’s exactly what we observed. 「その予想通りのことが実際に観察されました。」

 

実験結果と感情表現

What was surprising to us is/was ~ 「我々が驚いたことに、~」

To our surprise, we found

What was intriguing was ~ 「我々が驚いたことは、~」

What was unexpected was that ~ 「予想外だったことは~」

Not surprisingly, we found that ~ 「予想通りに、~」

As we expected, we found that ~ 「期待した通り、~」

We unexpectedly found ~ 「期待とは異なり、~」

What we didn’t expect was ~ 「予想していなかったことは~」

 

スライドの説明

This slide shows you ~ 「このスライドが示しているのは~です。」

In this slide, you see ~ 「このスライドに示されているのは、~です。」

on the top panel  「上のパネルに示されているのは、~です。」

on the bottom panel 「下のパネルに示されているのは、~です。」

on the left panel 「左側のパネルに示されているのは、~です。」

on the right panel 「右側のパネルに示されているのは、~です。」

This is just to give you a sense of ~ 「これは~がどんなものかを皆さんにわかっていただくために示しています。」

 

便利なWhat節

What節は本当に万能です。What節を使った英文フレーズがスムーズに口をついて出てくるようにすれば、英語でのプレゼンが非常に楽になります。主語にYouを用いれば、聴衆の意識を対象に向けさせる効果があります。主語にWeを用いれば、講演者と聴衆の一体感を演出する効果があります。

動詞see

What you see in this slide is ~  「このスライドでお示しすることは~」

What you can see here is ~  「ここで示されていることは~」

What you can see is ~  「ここで示されていることは~」

What you see here is ~ 「ここで示されていることは~」

What we can see is that ~ 「ここで示されているのは、~ということです。」

動詞show

What’s shown here is ~ 「ここで示されているのは~です。」

動詞notice

What you can notice is ~

What you may notice is

One thing you can notice is that ~ 

 

例を示す exampleを使った表現

Here is one example of ~

Let me show you one example (of ~). 

Let me show you some examples (of ~)

Let me show you a couple of examples (of ~) 

Let me show you a few examples

 

話すことの予告・次のスライドへ進むときの表現

In the next slide i will show you ~

In the next slide, you will see ~ 

In the next slide, we

What you see in the next slide is ~

As I will show you in the next slide, ~

次のスライドに行く前に、次に何を見せるのかを予め予告することが、話の流れをスムーズにするためには非常に重要です。いきなりデータを見せてはダメで、理解を容易にさせるには、聴衆に心の準備をさせる必要があるのです。

What I’m going to show you now is ~ 「次にお見せするのは~です。」

What I’m going to show you here is ~ 「次にお見せするのは~です。」

I will come to this later

 

スライドの細かさの言い訳

this is a busy slide

 

図の説明

色の説明

is shown in blue 

is shown in red

is shown in magenta

is shown in green  

グラフを説明するときに使える英文フレーズ

What you (can) see in this graph is ~ 

The dotted line shows ~ 

X-Yグラフの説明をするときに使える英語表現

on the x axis

on the y axis

 

対照実験

In a control experiment,

As a control we used ~  

相手に見えて欲しい場所に目を向けてもらいたいときに使える英文フレーズ

if you take a closer look at ~ 

if you pay attention to this ~

実験結果に関する感情

we were perplexed

 

結果の解釈・現象の説明

the simple explanation

the simplest explanation  

What we think is happening is that

What this is telling us is

What this means is

 

結論を示す英語表現

Our data suggest

Our results show

 

話す内容量の調節

I won’t go into detail, but ~ 「詳細には立ち入りませんが、~」

I won’t go into details, but ~

I won’t go into details. 

I won’t go into detail. 

How much time do I have left?  「あと何分残っていますか?」

How much time do I have? 

So/Well/Maybe/I guess/I think, I’ll skip this slide/part. 「これはスキップします。」

 

トークの流れの制御

一つの結果から次のクエスチョンを導入する

this brings up a question 「この結果から、一つの疑問が生じます。」

it/that brings me to the next question 「この結果から次のクエスチョンが生じました。」

That led us to ask (the question)~ 「この結果から~というクエスチョンが生じました。」

 

研究の興味が何だったのかを明瞭に伝える

What we really wanted to know was/is ~ 

what we wanted to know 

I was trying to understand ~ 

 

話したことの確認

what I have told you

as I said

as I mentioned, ~  

what I was telling you about

 

これが最後のスライド

this is the last slide

 

伝えたかったことを伝える

テイクホームメッセージ

  1. take home message

 

終わることの予告・まとめ

I’m going to wrap up (~) 

 

講演の締めの言葉

Thank you for your attention.

Thank you for listening

 

質問があれば受けます

I would be happy to take any questions

I would be happy to take questions. 

I will be happy to take any questions

I will be happy to take questions 

I am happy to take questions. 

質疑応答

質問を切り出すときの英語表現

My question is about ~(名詞)). 「私の質問は~に関することです。」(このように質問内容をまず最初におおざっぱに伝えたほうが、演者に質問内容を理解してもらいやすくなります。)

I wanted to ask you a question about ~ 「~について質問したいと思います。」(wantedと過去形が良く使われるようです。口調が柔らかくなるのでしょうか。)

I want to ask you a question about ~ 「~について質問をしたいのですが、」

I was wondering if ~  「質問の内容は~」

I have two questions. The first is ~ 「質問が2つあります。最初の質問は~」

I would like to ask two questions. 「質問が2つあります。」

I have a question for you. 「あなたに質問がひとつあります。」 

Can I ask one more question? 「もう一つ質問していいですか?」

Can I ask another question?  「もう一つ質問していいですか?」

I’m asking this question because ~ 「私がこの質問をしている理由は~」(演者に質問の意図を伝えたほうが、的確な答えが返ってくる可能性が高まります。)

The reason (why) I’m asking this question is ~  「私がこの質問をしている理由は~」

 

受け答え

Well, that’s a great question.  「それは良い質問です。」(英語ではありきたりの表現ですが、日本語の学会で下手にこういう受け答えをすると相手に対して失礼に響くことが多いので要注意。)

Well, that’s a hard question to answer. 「答えるのが難しい質問です。」

So, his question is ~ 「彼の質問は、~」(質問者がマイクを使わなかったときなどに、質問の内容を聴衆のために再度繰り返すときの表現)

So, his question was

So, her question is ~

So, her question was

The short answer is yes. 

Does that answer your question? 答えになっていましたか?私の説明であなたの質問に答えたことになりますか?

Did I answer you question

What was the firs question, again?

We haven’t done that experiment. 

We haven’t done that  

 

気を付けるべき発音の単語・

  acetylcholine  adiponectin  apoptosis  Arabidopsis  arrhythmias  calmodulin  chloroform  chlorophyll  chromosome  diabetes  Drosophila  epinephrine  eukaryote  genome  hydrgen  immunohistochemistry  iPS cells  microbiota  NFAT  noradrenaline  RNA-seq  single cell analysis  Treg  triglyceride  t-SNE  tubulin  tyrosine  urea  zebrafish  

 

セミナーで良く使われるその他の語彙

   a talented postdoc  a very talented graduate student  contributed to this work  CRISPR/Cas9  fantastic collaborators  great collaborations  last but not least  long standing question  one of my potdocs  the good news is  Treg 

 

その他の語句

And that’s where ~ comes in. 「そこで~の登場となります。」

 


 - 科学プレゼンテーション