「 自然 ネイチャー 」 一覧

no image

火星が2018年7月31日に最も接近

夜の南天低いところに異様に赤く明るく光る星が目につきますが、それは火星で、現在地球にかなり接近しているため明るく見えています。 火星大接近2018(国立天文台) 2003年8月以来の最接近で、2018年7月31日に火星は地球に最も近づきます。ちなみに衝(Opposition)(火星が太陽の正反対の位置にくる)は7月28日(日本時間)。 What’s Up for July 2018 火星大接近2018は、「大接近」とも呼ばれる近い距離での最接近となります。このころの火星はマイナス2.8等の明るさで輝き、視直径は24秒角を超えます。(大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台)   参考 火星大接近 2018年夏、南の空の赤い星に注目! 7月31日 地球再接近 距離:5760万km (astroarts.co.jp) Watch for it: Mars will be CLOSEST to Earth in over 30 years (theweathernetwork.com) 火星が地球に最接近(2018年7月)(国立天文台) 火星の大接近と小接近 (国立天文台)