「 自然 ネイチャー 」 一覧

no image

呼吸に必要な酵素の遺伝子を持っていない(?)不思議な細菌を発見

  2017/07/22    自然 ネイチャー

地表に現れたマントル由来の岩石に湧く泉で、どのような生物がいるか調べたところ、27種の微生物の遺伝子が見つかった。周辺は強アルカリ性で、約40億年前の地球に似た過酷な環境という。 そのうち、岩石に付着した細菌では、酸素を使った呼吸など生命維持に必要とされるエネルギーを得るための遺伝子を一つも持っていなかった。(どうやって生きてるのか…「常識外れ」の細菌、泉で発見 朝日新聞 DIGITAL7/21(金) 23:27) 論文はこちら。 The ISME Journal , (21 July 2017) | doi:10.1038/ismej.2017.111 Unusual metabolic diversity of hyperalkaliphilic microbial communities associated with subterranean serpentinization at The Cedars Shino Suzuki, Shun’ichi Ishii, Tatsuhiko Hoshino, Amanda Rietze, Aaron Tenney, Penny L …

ツメガエル発生48時間がニコニコ生放送

  2017/05/05    自然 ネイチャー

アフリカツメガエルの受精、卵割(細胞分裂)、尾芽胚形成、孵化まで発生過程48時間がニコニコ生放送される ゴールデンウィーク中の2017年5月3日(水)17時から5月5月5日(金)17時頃までの48時間にわたって、、アフリカツメガエルの受精から尾芽胚形成までの発生過程がニコニコ生放送で生中継され、20万人以上の視聴者でおおいに盛り上がりました。 (写真の出典:【みんなで数えよう】アフリカツメガエルの細胞分裂〜受精から孵化まで〜基礎生物学研究所×niconico) 発生過程の解説は基礎生物学研究所の上野直人教授および上野研究室のラボメンバーが行いました。 TWEETS タイムシフト予約したアフリカツメガエルの孵化のやつ見てる — ド畜生ガエル吾平 (@midj1010) 2017年5月5日 東京はおでかけ日和だったが、連休中の都内なんぞ出る気にはなれずニコ生でカエルの卵が細胞分裂する配信をずっと観てた。胚ってかわいい( ՞ټ՞) — 沿岸防衛体研究所 (@ganboken) 2017年5月5日 胚人になったはいいがはやくも胚ロスでしにそう — らいち (@tipiropiro) 2017年5月5日 昨日からニコ生でカエルの細胞分裂を途中途中見てたけど、意外と面白かったな — 日和 (@pupucumu) 2017年5月5日 くそ、くそ…アフリカツメガエルの細胞分裂見て癒されないと死ぬ…… — メルトリリスちゃんが来る九下 (@9under_) 2017年5月5日 うおアフリカツメガエルのすげぇ育ってた。 最後見たときまだ桑実胚だったのになー。 — SAKEY (@mystiaSAKEY) 2017年5月5日 なんでカエルの細胞分裂見ながら飯食ってんだろ… — 社畜天国 …

ハチの脳には他者を見て学ぶ柔軟性 Science誌

  2017/02/25    自然 ネイチャー

ハチの自然な行動のレパートリーの範疇に入らないような課題であったとしても、ハチは柔軟にそれを学ぶことができ、しかも第三者は既に学んだハチの行動を見ることによりそれを学ぶことができることがわかりました。2017年2月24日号のサイエンス誌が伝えています。下の動画は、ボールを決められた地点まで運ぶと褒美がもらえるということを学習したハチの行動。この研究グループは過去の研究でハチが紐をひっぱって報酬を手に入れる作業を学ぶことができることを発見していましたが、紐を引っ張るような行動はハチの本来の行動に近いものです。それに対して、今回の研究では、ボールを転がして運ぶ行動を学ばせることに成功しています。このように、自然なハチの行動パターンとはいえないような新しい行動を学べるだけの柔軟さをハチの脳が備えている、ということを示した点に、今回の研究の意義があります。 参考 Olli J. Loukola, Clint J. Perry, Louie Coscos, Lars Chittka. Bumblebees show cognitive flexibility by improving on an observed complex behavior. Science  24 Feb 2017:Vol. 355, Issue 6327, pp. 833-836 DOI: 10.1126/science.aag2360 Bumble bees are surprisingly innovative (Science …

DNAの解析でキリンは4種に分類される

  2016/09/10    自然 ネイチャー

動物のキリンは、種としてはひとつだけから成っており、亜種としていくつかに分かれるとこれまで考えられてきました。しかし、見た目は同じようにみえるキリンですが、DNAレベルでの解析から4種に分けるべきだと主張する論文が、カレント・バイオロジーに掲載されました。DNAの差がこれほど大きければ、これらの4種間が野生で交尾することはないだろうと著者は述べています。 “We have studied the genetic relationships of all giraffe subspecies from across the continent. We found, that there are not only one, but at least four genetically highly distinct groups of giraffe, which apparently do not mate with each …

生浜高校生物部が殻なしで鶏卵の孵化に成功

  2016/06/22    自然 ネイチャー

殻無しの状態で卵を培養してヒヨコを誕生させることは、長らく不可能と考えられていました。 しかし、千葉県立生浜(おいはま)高等学校生物部(顧問:田原豊先生)では、食用鶏卵を割卵した内容物を透明プラスチックラップの中へ移して胚を培養する「ラップ法」の研究を続けた結果、2012年6月22日、7月8日、7月15日に計3個体のヒヨコを誕生させることに成功しています。その年度の実験だけでも300個以上の卵を用いて試行錯誤を続けたそうですが、成功したときの条件下での実験に限れば、10個中3個が孵化したため、成功率率30%とのこと。 最初の成功例では、56時間保温後に割卵していたそうですが、その後の研究により保温時間無しでも孵化に成功。また、最近では鶏卵だけでなくウズラ卵の孵化にも成功しているそうです。 生浜高校生物部のこれらの研究成果は数々の賞に輝いていますが、今年、NHK番組『ガッテン!(ためしてガッテン)』(5月18日(水)放送)で取り上げられたことがきっかけとなり、世界的な反響を呼んでいます。 Does this answer which one came first? Amazing video shows an egg transform into a chicken using a plastic cup and cling film but NO SHELL in school science experiment (Mail Online By Louise Cheer for …