「 月別アーカイブ:2017年08月 」 一覧

自宅待機命令の無効確認を岡山地裁が退ける 岡山大学の研究不正を告発した森山芳則元教授(63)と榎本秀一元教授(53)への自宅待機命令

大学側による自宅待機命令の無効確認などを求めて、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則元教授(63)と榎本秀一元教授(53)が大学側を訴えていた裁判の判決が2017年8月22日に岡山地裁でありました。地裁は「命令は正当」として2人の請求を退けています。   報道など 本学に関する裁判の結果について (岡山大学 17.08.22):本学元教員2名が、本学が行った自宅待機命令が無効であるとして、岡山地方裁判所に同命令の無効確認と慰謝料(各300万円)を求めていた訴訟の判決が、平成29年8月22日にあり、同裁判所は元教員2名の自宅待機命令の無効確認請求を却下し、慰謝料請求を棄却する旨の判決を行ないました。 この判決に対する学長のコメントは以下のとおりです。 本学の主張の正当性が認められたものと考えています。今後も適正な運用を行っていくよう、努める所存です。 岡山大元教授2人の請求退ける 自宅待機命令無効訴訟で地裁判決 (山陽新聞 2017年08月22日 20時27分 更新)(会員限定有料記事)   参考 製薬会社と医学部の癒着 現役国立大学教授が実名で現状告発 (NEWSポストセブン 2014.02.10 07:00) 今、岡山大学で何が起きているのか? 岡山大学の抱える問題点を告発し、大学執行部による懲戒処分の背景を解説します。 twilog 片瀬久美子@kumikokatase 【岡山大の件】 森山先生を支援する会   同じカテゴリーの記事

no image

学校の授業を外部委託に?

  2017/08/23    科学教育

報道によれば、経済産業省は2018年から教育現場の生産性を高めるための事業を始めるそうです。 「教育現場の生産性」という聞きなれない言葉への反応 「教育現場の生産性」って何だろう。再教育キャンプ? — 名無し整備兵 (@seibihei) 2017年8月22日 「教育現場の生産性」という言葉遣いそのものに絶句する。アホか。 https://t.co/bfA7QPzm2A — 山根 拓 (@HYamane7) 2017年8月22日 たとえば、さっき教育の現場での「生産性」ってなんだろう?ってつぶやいたけど、たとえば、学習塾みたいな「学力の向上」とかが無くて、本来の「教育の目的」を考えるととても、すごく難しいことなんだよね。「教育の仕事における生産性」ってなんだ?って思うことが何度もあった。 — はなだのぶかずlispフレンズ (@nobkz) 2017年4月2日 文科省の管轄だと思われていた教育に経産省が関わってくることへの驚きの声 教育に経産省?経産省? — よしよし (@nananjy) 2017年8月21日 何故、経産省がやるの?授業の外部委託支援、教育の生産性向上へ経産省:日本経済新聞 https://t.co/3DOSXGAfCG — Y.M (@yoshi_567) 2017年8月22日 授業の外部委託支援、教育の生産性向上へ経産省:日本経済新聞 https://t.co/lZiYnwaO91 これって経産省の仕事なの?? — 考える(?)葦 (@thinkingreedefl) 2017年8月23日 それ、文科省の本業だけど、経産省がやるんだ。 「経済産業省は2018年から教育現場の生産性を高めるための事業を始める。保育所や幼稚園、小中高などの教育機関、一部の企業が対象になる見通し。」 …

no image

生命科学が学べる日本の大学院、大学、 学部、学科

  2017/08/14    大学教育, 大学選び, 高校教育

生命科学を学びたい高校生、大学生向けに学科紹介をピックアップ(順不同。随時追加、更新予定)   大阪大学大学院 生命機能研究科 ”生命のない分子がどのように編み上げられて生命が生まれてくるのか。私たちはそれを生命機能とよび、それを知りたいのです。 それには、物理学、化学、分子生物学、細胞生物学、医学など、生命体を形成する各階層の問題に取り組む研究者が集まって、議論し、成果を示し合い、共同研究を進めながら、階層を貫く原理を求める必要があります。” (アドミッションポリシー)  研究室一覧 研究成果 東北大学大学院 生命科学研究科 研究分野 分子生命科学専攻 生命機能科学専攻 生態システムk生命科学専攻 研究室一覧  研究成果 名古屋大学 理学研究科 生命理学専攻 研究室・教員一覧 論文紹介 理化学研究所 脳科学総合研究センター(理研BSI) 研究室一覧 プレスリリース 東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻 ”生物化学専攻と旧・生物科学専攻を統合して新・生物科学専攻となり”(専攻案内) 最新の研究成果 生物情報科学科 “おおまかにいうとバイオインフォマティクスは生命を「情報」として捉え、生命科学の膨大なデータを解析するための情報科学的手法を開発し、生命現象の背後にひそむ法則性や規則性を見つけ出す研究分野です。また、システム生物学は生命を「システム」として捉え、遺伝子やタンパク質など個別の要素である”部分”と生命現象のダイナミックな振る舞いである”全体”との関係を数理モデルなどを使って明らかにする研究分野です。いずれの分野も、いわば、生命科学を物理学や工学のような視点から理論的に捉えることが共通した特徴です。” 教員・研究室一覧 生物学科 教員一覧 生物化学科 教員・研究紹介 理化学研究所 統合生命医科学研究センター 研究室紹介 プレスリリース 総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理学専攻 講座及び担当教員一覧 プレスリリース・研究報告 基礎生物学専攻 研究教育職員一覧 プレスリリース一覧 遺伝学専攻 研究室主宰者一覧 プレスリリース 熊本大学 発生医学研究所 研究室一覧 ニュープレス 慶應義塾大学 先端生命科学研究所 “慶應義塾はこの研究所を「アカデミックベンチャー」と位置付け、失敗を恐れず未知の領域に果敢に挑戦し、新規先端技術の開発を積極的に推進します。” (所長挨拶) メンバー 論文ハイライト 東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系 教員・研究室 研究成果ニュース 東京大学大学院 農学生命科学研究科 専攻・附属施設等一覧 研究科トピックス(研究成果)   京都大学大学院 理学研究科 生物科学専攻 スタッフ一覧  京都大学 農学研究科・農学部 応用生命科学科 教員一覧 立教大学 理学部 生命理学科 ”ポストゲノム時代の今日、立教の生命理学では「一味ちがった」生命へのアプローチを目指しています。それは、生命現象を、「理学」として(目先の応用を追い求めるのではなく)、分子科学に基礎をおいて(DNAやタンパク質といった生物をつくる分子から)、多面的にとらえることです。” 研究室の紹介 東京理科大学 基礎工学部 生物工学科 “学科を構成する各研究室では、生化学、遺伝学、生理学、分子生物学、細胞生物学、有機化学などの多岐に渡る手法を用いて、バクテリアから真核生物、哺乳類の細胞にいたるまで幅広い研究を展開しています。 ”  教員・研究室紹介 東京理科大学 理工学部 応用生物化学科 “本学科は、微生物から高等動植物に至る多様な生命機構を主として細胞や分子のレベルで解明する生物科学と、それを基盤とする応用技術を研究することにより、バイオサイエンスの基礎から応用にいたる知識と創造力を身につけた人材の育成を目指しています。”(学科紹介) 研究室・教員紹介 同志社大学大学院 脳科学研究科 “我々脳科学研究科の「発達加齢脳専攻」8部門長は、それぞれ、神経回路シグナル伝達制御、神経膜分子輸送、神経発生制御因子、神経回路メカニズム、神経回路形態、神経回路情報処理、神経変性疾患、イオンチャネル動態を研究標的として国際的実績を挙げており、脳科学研究科の学位プログラム(教育課程)は、この研究拠点を母体とする5年一貫制博士課程において、次世代を担う研究者を養成することをめざしています。 ” (研究科の概要) 玉川大学 脳科学研究所 専任教員の紹介 慶應義塾大学 理工学部 生命情報学科 教員スタッフ一覧 上智大学 理工学部 物質生命理工学科 教員紹介   早稲田大学 先進理工学部 生命医科学科 教員および研究テーマ紹介 弘前大学 農学生命科学部 教員・研究紹介一覧  福岡大学 理学部 化学科 研究室紹介  京都産業大学 総合生命科学部 教員一覧 ”京都産業大学は、2019年4月に向けて総合生命科学部を再編し、新たに『生命科学部(仮称)』を開設することといたしました。… 生命科学部は、先端生命科学科と産業生命科学科の2学科構成といたします。さらに、それぞれの学科は、学びの分野を明確にし、医療と健康、食料と資源、生態と環境の3つのコースを設けて、専門性を高めます。また、動物生命医科学科で実施してきた、実験動物1級技術者、食品衛生管理者の資格取得についても継続して取り組みます。今後は、創薬やES細胞・iPS細胞等の最先端医療技術開発に関わる動物実験の需要が高まることが予想されるため、高度な知識と技術を有する実験動物技術者の育成に関わる国家資格の創設等について、京都府とともに求めていくこととします。研究においては、国際的にも高い評価を得ているタンパク質動態研究をはじめ、発生・再生医学、インフルエンザウイルスなどを対象とする感染症研究、植物生理学、ミツバチを含む動植物育種学、植物ゲノム解析、集団遺伝学、ダニなどの環境微生物研究など、これまで総合生命科学部で培ってきたテーマを新学部でも継続するとともに、共同研究などにより学部内で積極的に融合を図ることで、より一層研究を発展させていきます。。” (生命科学部(仮称)設置構想について2017.07.14) …

no image

1945年8月6日 アメリカが広島に原子爆弾を投下した日

World’s First Atomic Bomb – Manhattan Project Documentary – Films 「はだしのゲン」の被爆体験 Peter Jennings – Hiroshima: Why the Bomb was Dropped (1995)   参考 Voices of the Manhattan Project: “A public archive of our oral history collections of Manhattan Project veterans …

no image

東大が会見、医学系5教授は不正なしとする

2016年8月にOrdinary_researchersが東京大学の6研究室から発表された学術論文の不正を告発した問題に関して、2017年8月1日に東京大学が不正調査委員会の調査結果の結論を公表しました。 (画像キャプチャー元:データねつ造など…東大教授らが研究不正 日テレ NEWS 24 2017年8月1日 18:28 )   分子細胞生物学研究所(分生研)の不正認定は先日、一部新聞等で報道されていましたが(記事)、今回は東大が記者会見を行い公に発表したものです。分生研論文の不正認定が大きく報道されてその影に隠れていますが、注目すべきは、分生研の疑惑論文と同等かそれ以上に不正の疑いが強いと多くの研究者がみなしていた医学部論文に関して、東大が不正はなかったとしたことです。東大が医学部論文に不正はなかったとし、新聞はそのまま言葉の受け売りで「不正なし」と報道していますが、読者がそれを鵜呑みにするのは非常に危険です。以前記事にしましたが、Ordinary_researchersが指摘した東大医学部論文の疑惑の一例として下の図で示すように、デタラメなエラーバーのグラフがあったのに不正はなかったというのは、普通の研究者には到底受け入れられません。このようなグラフからは、実験がそもそも行なわれていなかった可能性や、実験していたとしても有意差のないデータをあたかも有意差が出ていたかのように見せかけた可能性が強く疑われます。東大は医学部の論文に関しても、Ordinary_researchersの指摘した疑惑の一つ一つに関してどのような調査結果を根拠に不正なしと判断したのかを公表すべきです。   東大医学部の疑惑論文、エラーバーすら使い回しって。。これで不正と認定されない可能性って0.0何パーセントくらいあるんだろうか? https://t.co/bhYH3q0wbr pic.twitter.com/I5vNyFNHD9 — 日本の科学と技術 (@scitechjp) 2017年6月21日     東大分生研と東大医学部の調査に天と地ほどの落差があるのが大きな謎でしたが、下のツイートによれば、調査委員員が別だったようです。 ついでに書くと、調査は分生研と医学部は別々の調査班が行っていて、双方の調査結果をまとめたのが、本部の調査委員会。医学部手抜きの黒幕は本部にいると予想 https://t.co/gC0wcgqiIy — バイクくん 寄り添いません (@Micheletto_D) 2017年8月2日 今回の関係者を整理すると 調査班は医学部と分生研でそれぞれ報告書を作成 まとめたのが本部科学行動規範委員会に設置された調査委員会 報告書は、文科省、JSPS、JST、AMEDに送られて、レビューしたのは文科省。 キーマンは民進党櫻井充議員。彼は昨年10月に国会で質問している — バイクくん 寄り添いません (@Micheletto_D) 2017年8月3日   公正かつ平等な不正調査とするためには、論文著者らと利害関係のない外部の研究者のみからなる調査委員会が全ての論文に関して一貫性のある調査を行うべきです。東大の調査報告書または内部資料の一部と思われる文書がネット上に掲載されましたが、下に示すように、医学部論文に関しては、小学生でも騙されない幼稚な言い訳が並んでいます。こんな稚拙な言い訳を認めてそれ以上の追及をしなかったのだとしたら、不正調査をしたとはとても言えません。 (東大研究不正調査、医学部教授おとがめなしのカラクリ YAHOO!JAPAN ニュース より) …