「 北海道大学 」 一覧

no image

北大教授夫婦が二重に研究費を獲得

夫婦ともに研究者というカップルは多いのですが、新聞報道によれば、研究の実態は一つなのに研究費を二重取りしていたという例が北海道大学で発覚しました。 有賀早苗教授の側には研究の実態がないにもかかわらず、2006年度に800万円、07年度に750万円を不正受給していたという。(朝日新聞 2015年5月1日) 研究者が受給した科学研究費補助金の内容は、KAKEN科学研究費助成事業上で公開されています。 研究機関:北海道大学 研究種目:基盤研究(B) 配分額 総額:17750千円2006年度:8000千円 (直接経費:8000千円)2007年度:9750千円 (直接経費:7500千円, 間接経費:2250千円) 研究課題番号:18390253 家族性パーキンソン病PARK7原因遺伝子DJ-1の機能解析と創薬 Function of DJ-1, a causative gene for familial Parkinson’s disease PARK7 代表者:有賀 早苗 北海道大学・大学院・農学研究科・教授 研究分担者:有賀 寛芳 北海道大学・大学院・薬学研究院・教授 研究機関:北海道大学 研究種目:特定領域研究 配分額 総額:8200千円2006年度:4100千円 (直接経費:4100千円)2007年度:4100千円 (直接経費:4100千円) 研究課題番号:18023002 パーキンソン病PARK7の原因遺伝子DJ-1の機能解析 代表者:有賀 寛芳 北海道大学・大学院・薬学研究院・教授 研究分担者:有賀 早苗 北海道大学・大学院・農学研究院・教授 研究成果の概要も同じくデータベース上で公開されています。2つの研究プロジェクトの成果報告書は以下の通り。 研究課題番号:18390253 研究概要(最新報告) 1)DJ-1の機能解析-ドパミン生合成におけるDJ-1の機能 DJ-1はTH, DDCに直接結合し、活性を正に制御することを明らかにした。パーキンソン病患者で見られるDJ-1変異体にはその活性がない。また、ヘテロ変異体は野生型DJ-1に対し、dominant …

no image

不正使用5億3500万円 北大最終報告

北海道大学は預け金などの不正経理に関して調査をしてきましたが、このたび最終調査報告書をまとめ公表しました。研究費を私的に流用していた教授は刑事告訴されています。 本学における公的研究費等の不適切な経理処理について、昨年11月に平成19年度以 降に預け金の記録がある在職教員の調査結果公表後、①平成16年度から平成18年度に おいてのみ預け金の記録がある在職教員にかかる調査、②退職者・転出者にかかる調査、 及び③講座等名による帳簿にかかる調査の結果、総額50,638,330円(該当教員等 15名内退職者・転出者2名)の不適切な経理処理があったと調査委員会が認定し、13 名の教員について懲戒処分等が決定した。 これにより、平成19年度以降に預け金の記録がある在職教員の調査結果を含め、不適 切な経理処理として認定された額は、総額534,935,445円、総人数56名の教員 への懲戒処分等が決定した。(PDF)   参考 公的研究費等の不適切な経理処理について(最終報告)北海道大学 平成26年7月15日 (PDF) 北大の不適切経理、計5億3500万円 教員59人関与 (朝日新聞DIGITAL 2014年7月15日):”…遺伝子病制御研究所に所属していた60代の元教授1人に私的流用があったとして、北大は昨年6月、元教授と取引業者1社を詐欺容疑で北海道警に告訴した。…” 北大預け金最終報告 総額5億3400万円に 06年度以前5千万円 (北海道新聞 07/15):”…北大の山口佳三学長は15日記者会見し、帳簿が残る2004年度以降の学内調査の最終報告を発表した。新たに5063万8330円の不正が判明、総額は計5億3493万5445円に上るとし、 …”

no image

北大教授が研究費1600万円以上を着服

  2013/12/27    Uncategorized

⇒ 北海道大学が最終報告:公的研究費の不正使用5億3500万円 北海道大学の発表によると、西村孝司北海道大学遺伝子病制御研究所教授(平成25年7月4日付けで退職)が1600万円以上もの公的研究費を私的に流用し、マイカーのタイヤ購入代金や車検費用、高級腕時計など日用品の購入に充てていたことが明らかになりました。 参考 公的研究費等の不適切な経理処理にかかる刑事告訴について (北海道大学 平成25年12月27日):”このたびの本学における公的研究費等の不適切な経理処理にかかる調査の過程で、元本学遺伝子病制御研究所教授 西村孝司氏(平成25年7月4日付けで退職)が公的研究費等を私的な目的で流用していた事実が判明したために、本年6月14日付けで同氏及び関販テクノ株式会社代表取締役ほか2名を、北海道警察札幌方面北警察署へ刑事告訴しました。…” 公的研究費等の不適切な経理処理の概要(北海道大学2013年12月27日):公的研究費における不正経理処理が明らかになった北海道大学の教授ら44名の処分内容と概要 北大:元教授「預け金」1600万円流用 腕時計など購入(毎日新聞 2013年12月28日 00時30分(最終更新 12月28日 03時07分)

no image

北大20教授らが研究費不正4億8千万円

⇒ 北海道大学が最終報告:公的研究費の不正使用5億3500万円 平成25 年11月13日の北海道大学の発表「公的研究費等の不適切な経理処理について」によると、研究費等の不適切な経理処理があり、教授20人を含む教員44名が関与していたことが明らかになりました。不正の内容は、いわゆる「預け金」と呼ばれるものです。また教員1名に関しては私的流用も発覚しました。 預け金の経理不正を成り立たせるためには、研究者と業者が結託し、大学事務がそれを見逃すという3者の協同が不可欠であり、各々の責任が問われるべきです。 北大は改善策として管理体制等の強化等の取り組みを示しています。 納品物品の事後抽出確認(平成23年10月から実施) 納品先までの職員の同行(平成23年10月から実施) 宅配便など、納品受付センター未経由納品物等の第三者確認(平成25年3月から実施) 反復使用を防止するため、納品受付センター経由物品のマーキング対応(平成25年3月から実施) 資産管理対象納品物品のシリアル番号の届出義務化(平成25年3月から実施) 納品後の随時確認(平成25年4月から実施) 教員と業者との直接接触を極力回避するための電子購買システムの導入(平成26年度から実施予定) 不正経理の手口 「預け金」とは、業者と架空取引を行い、契約した物品が納入されていないの に納入されたなどとして代金を支払い、その支払金を当該業者に管理させるも の。業者に対して、適時の支払いができないことを知りながら物品を納入させ るなどした後に、業者に架空取引を指示して代金を支払い、先に納入させた物 品などに対する代金の支払いに充てることを含むものである。 「品名替え」とは、業者から実際に納品を受ける物品に対する支払いのために、 業者に指示してその物品とは別の物品が納入されたなどとして代金の請求をさ せて、その支払いをなしているものである。 参考ウェブサイト 公的研究費等の不適切な経理処理について(PDF) 平成25年11月13日 国立大学法人北海道大学総長 山口 佳三 平成24年12月21日 国立大学法人北海道大学 公的研究費等の不適切な経理処理にかかる調査結果について(中間報告)(PDF) 2013年7月22日改訂 国立大学法人北海道大学 研究費不正使用防止計画 (PDF) 2007-04-27 北海道大学研究戦略室コラム「不正経理の徹底排除を」:誠に残念ながら、本学においても教員による不正経理事件が発生してしまった。新聞各紙などですでに報じられており詳細は控えるものの、カラ発注によるキックバックや、カラ出張、カラ謝金といった、非常に稚拙だが、関係者間で口裏を合わせ書類を整備すれば発見しにくくなる、悪質な手法である。