「 北海道大学 」 一覧

no image

北大教授夫婦が二重に研究費を獲得

夫婦ともに研究者というカップルは多いのですが、新聞報道によれば、研究の実態は一つなのに研究費を二重取りしていたという例が北海道大学で発覚しました。 有賀早苗教授の側には研究の実態がないにもかかわらず、2006年度に800万円、07年度に750万円を不正受給していたという。(朝日新聞 2015年5月1日) 研究者が受給した科学研究費補助金の内容は、KAKEN科学研究費助成事業上で公開されています。 研究機関:北海道大学 研究種目:基盤研究(B) 配分額 総額:17750千円2006年度:8000千円 (直接経費:8000千円)2007年度:9750千円 (直接経費:7500千円, 間接経費:2250千円) 研究課題番号:18390253 家族性パーキンソン病PARK7原因遺伝子DJ-1の機能解析と創薬 Function of DJ-1, a causative gene for familial Parkinson’s disease PARK7 代表者:有賀 早苗 北海道大学・大学院・農学研究科・教授 研究分担者:有賀 寛芳 北海道大学・大学院・薬学研究院・教授 研究機関:北海道大学 研究種目:特定領域研究 配分額 総額:8200千円2006年度:4100千円 (直接経費:4100千円)2007年度:4100千円 (直接経費:4100千円) 研究課題番号:18023002 パーキンソン病PARK7の原因遺伝子DJ-1の機能解析 代表者:有賀 寛芳 北海道大学・大学院・薬学研究院・教授 研究分担者:有賀 早苗 北海道大学・大学院・農学研究院・教授 研究成果の概要も同じくデータベース上で公開されています。2つの研究プロジェクトの成果報告書は以下の通り。 研究課題番号:18390253 研究概要(最新報告) 1)DJ-1の機能解析-ドパミン生合成におけるDJ-1の機能 DJ-1はTH, DDCに直接結合し、活性を正に制御することを明らかにした。パーキンソン病患者で見られるDJ-1変異体にはその活性がない。また、ヘテロ変異体は野生型DJ-1に対し、dominant …