「 天文学 」 一覧

no image

ウィルタネン彗星(46P)の軌道、位置、観察ガイド

  2018/12/18    天文学

ウィルタネン彗星とは ウィルタネン彗星は1948年1月に天文学者ウィルタネン(Carl Alvar Wirtanen 1910-1990)が発見した彗星で、公転周期は約5.4年で太陽のまわりをまわってます。地球も動いているため、彗星が地球に接近するのは100年に一度もないぐらいのまれなことのようです。 2018年の宇宙、どうでしょう?(9~12月分) 東明六郎 マイナビ  2018/08/29 08:53:29   ウィルタネン彗星の軌道 ウィルタネン彗星の軌道は一番遠いところでも木星の軌道付近なので、太陽系の外側には出ていかない彗星です。下のGIFアニメーションでは、2018年末から2019年初めにかけてウィルタネン彗星(ピンク色の軌道)が地球(濃い青色の軌道)に接近する様子がよくわかります。 GIFアニメーション出典:46P/Wirtanen (wikipedia) ふたご群の夜、もうひとつの流星群が現れる? (2012年12月13日 NASA Science News / AstroArts) ウィルタネン彗星と、ふたご座流星群のもととなる小惑星ファエトンの軌道 Comet 46P/Wirtanen – Orbit(wirtanen.astro.umd.edu)   肉眼でみえるウィルタネン彗星 最接近した12月16日ごろが3.5等級の明るさだそうで、12月いっぱいは4等級台をキープするようなので、空のきれいな地域であれば肉眼でなんとか見えそうです。肉眼で彗星が観察できるチャンスは、これが平成最後になるとか。 2018年のウィルタネン彗星 46P/Wirtanen(turupura.com) You may not even need a telescope this weekend to see this …