「 免疫学 」 一覧

2018年ノーベル生理学医学賞は本庶佑博士とJames Allison博士が受賞

  2018/10/01    がん, ノーベル賞, 免疫学, 医学

2018年ノーベル生理学医学賞が日本時間2018年18時30分に発表されました。 2018年ノーベル生理学医学賞発表の瞬間 Announcement of the Nobel Prize in Physiology or Medicine 2018   免疫制御分子の発見とがん治療への応用の研究に関して、本庶佑博士とジェームズ・P・アリソン(James Patrick Allison)博士が共同受賞しました。 【ノーベル賞受賞】本庶佑 京都大学名誉教授 記者会見 【ノーベル賞受賞】本庶佑 京都大学名誉教授 記者会見 生中継(ニコニコ生放送)(20:20終了) ノーベル医学生理学賞に京大・本庶氏 午後7時20分から会見(2018年10月1日) (06:06~)この度はノーベル医学生理学賞を頂くことになりまして大変名誉なことだと喜んでおります。これはひとえに、長いこと苦労してきました共同研究者、学生諸君、また、さまざまな形で応援して下さった方々、また、長い間支えてくれました家族、ほんとに言い尽くせない多くの人に感謝いたしております。1992年のPD-1の発見とそれに続く極めて基礎的な研究が、新しいがん免疫療法として臨床に応用され、そして、たまにではありますが、この治療法によって重い病気から回復して元気になった、あなたのおかげだと言われる時があると、本当に私としては自分の研究がほんとに意味があったということを実感し何よりもうれしく思っております。そのうえにこのような賞を頂き大変、私は幸運な人間だというふうに思っております。今後この免疫療法がこれまで以上に多くのがん患者を救うことになるように、一層、私自身ももうしばらく研究を続けたいと思いますし、世界中の多くの研究者がそういう目標に向かって努力を重ねておりますので、この治療法がさらに発展するようになると期待しております。また、今回の基礎的な研究から臨床につながるような発展ということで授賞できたことによりまして、基礎医学分野の発展がいっそう加速し、基礎研究に関わる多くの研究者を勇気付けるということになればわたしとしてはまさに望外の喜びでございます。 (質疑応答 10:05~) 本庶佑 京都大学名誉教授・特別教授のノーベル賞受賞記者会見【動画&書き起こし】  報道 <ノーベル賞>医学生理学賞に 本庶佑氏 京都大名誉教授   2018年ノーベル生理学医学賞は本庶佑博士とジェームズ・P・アリソン博士 BREAKING NEWS The 2018 #NobelPrize in Physiology …

チーズアレルギーの中学生が学校でチーズをTシャツの中に入れられ死亡

  2018/09/24    免疫学, 生命科学

乳製品にアレルギーのある少年のTシャツの中に、クラスメイトがふざけてチーズを入れたために、少年がアナフィラキシーを起こして10日後に死亡するという事件が去年イギリスの学校で起きていたそうです。2018年9月19日に開かれた死因審問で、事件の状況について証言がなされました。救急が電話を受けたときは、ただのアレルギー反応という説明だったが実際に救急隊員が到着したときには、少年は呼吸困難に陥っており蕁麻疹が出た状態だったそうです。 On Wednesday, the inquest heard from paramedic Kierin Oppatt, who said the 999 operator was told it was “just an allergic reaction” but when he arrived Karan was “gasping for air” and had broken out in hives. (Boy, 13, with dairy allergy …