「 ライフハック 」 一覧

no image

ラボ川柳 絶望編

*全ては空想に基づく創作です アカデミア 見切りし時は 退路無く 転職希望ポスドク 【解説】アカデミアの世界で生きていくと強くコミットしている人間にとって、多少の困難は当然のことなのでアカデミアを去ることになるかもしれないということはなかなかオプションに入ってこないものです。その結果、完全に進退窮まって民間への就職を考えることになるわけですが、その時には年齢も経ていて雇って貰えるところはどこにもないという状況になっているのです。 アカデミア 進むも退(ひ)くも 地獄谷 高齢ポスドク しりぞくも 進むも地獄 アカデミア 特任研究員 アカデミア すがればハマるアカデミア 高齢ポスドク 論文を 出しても先が 無い小径  万年ポスドク 【解説】アカデミアに見切りをつけたからといって、民間などに職が簡単に見つかるわけではありません。ある程度年齢が高くなっている場合には、特任研究員などで食いつなぐにしても、アカデミアをやめるにしても、どちらにも希望も光も見出せない状況になっています。 五十超え お祈りメールは 100を超え 万年公募戦士 【解説】50歳を過ぎたらもう職は無いよとシニアサイエンティストに言われたことがあります。自分が50を過ぎたときには、それまでに出した公募はかるく100件を超えていました。出した公募の数=受け取ったお祈りメールです。 アカポスの お祈りメールに心折れ 任期付き研究員 【解説】公募に出さないと何の可能性もないので出し続けるわけですが、そうすると、かならずもらうのが「お祈りメール」です。今回は採用に至りませんでしたが、貴殿の今後益々のご活躍をお祈り申し上げますというアレです。ほとんどが定型文なのですが、同じ定型文であっても心のこもった定型文と心のこもらない定型文が存在することを見出したのが、小さな発見でした。どうでもいいことですが、言葉の力ってすごいと密かに思います。 論文を出しても出しても職は来ず 万年ポスドク 【解説】論文を出すのは最低限の条件であって、論文がコンスタントに出ているからといって職が得られるほど現在の研究業界は甘くありません。とにかくポジションが非常に少ないのです。 新発見 新聞載るも 職は無く 任期切れ研究者 【解説】自分の研究成果が新聞に掲載されると嬉しいのですが、それは自分の親が喜ぶ程度のことであって、職に繋がるだけのインパクトはありません。新発見の大きさにもよるのですが。 学会で 喝采浴びて 職切れる 任期付き研究者 【解説】学会で注目されるような研究成果は、次々に出てくるわけでその数だけ職が用意されているわけではありませんので、ほとんどの人は一過的に時の人となり、そのうち忘れ去られます。 論文は身を助けると言うはウソ 任期の切れたCNS持ち 【解説】セル、ネイチャー、サイエンス(CNS)は生命科学の3大トップジャーナルで、これらの雑誌に論文を出すことを夢見ている人、目標にしている人は多いことでしょう。しかしCSNに論文が掲載されることは研究者としてのキャリアを約束してくれるものではもはやありません。一昔前、いや、二昔前、いやもっと前かな、であれば、CNSに出して東大教授になっったと思われるキャリアパスを見かけましたが、今の時代、CNS持ちで溢れていますので、地方大学の助教の口をCNS持ちが争うというインフレ状態のようです(ネットの噂に基づく)。CNSのどれかに論文業績あるけれどもアカデミアに見切りをつけた人は、自分が直接知るだけでも何人もいます。 ネイチャーに 蹴られて研究 終わり告ぐ 高齢ポスドク …