「 研究発表の誤り 」 一覧

no image

「人間の手が精巧にできているのは創造主なる神のおかげ」とする論文を掲載した学術誌プロスワン(PLOS ONE)に対して科学者から非難が殺到

プロスワン(PLOS ONE)は、学術雑誌の出版社PLOSが2006年に創刊したオープンアクセスジャーナルです。論文の価値は雑誌掲載後に研究者が決めるべきという編集方針と、紙面の制約がないオンラインジャーナルという特性から、投稿された論文の採択率が高いという特徴があります(採択率70%程度といわれる)。論文が受理されやすいわりにはインパクトファクターも比較的高めなので、多くの研究者に支持されています。日本人研究者にも馴染みの深いメジャーな学術誌の一つです。 ところが、2016年1月5日にこのプロスワンに掲載された中国人研究者の論文「Biomechanical Characteristics of Hand Coordination in Grasping Activities of Daily Living」(日常生活での把持動作における手の協調運動の生体力学的な特徴)が、研究者に衝撃を与えています。 (http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0146193) なんと、この論文の中で著者らは、「手の精巧な構造は、創造主なる神のおかげである」と1度ならず3回も繰り返し述べているのです。 まずアブストラクトで(該当箇所を太字で示しました)、 “The explicit functional link indicates that the biomechanical characteristic of tendinous connective architecture between muscles and articulations is the proper design by the Creator …

no image

宇宙誕生を説明するインフレーション理論の証拠となる重力波の痕跡を検出

  2014/03/20    研究発表の誤り

【追記20150131】 この投稿記事で紹介した研究発表は、後に間違いであったと結論されました。 「原始重力波」実はノイズ…欧米チームが解析 (YOMIURI ONLINE 2015年01月31日) 米国の研究チームは、南極に設置した電波望遠鏡で原始重力波の痕跡をとらえたと昨年3月に発表。インフレーション理論を裏付ける観測結果で、「ノーベル賞級の成果」と注目された。  しかし、発表当初から、この痕跡はノイズで生じた可能性が指摘され、米国やESAのチームが、観測衛星「プランク」で得られた新データなどを基に共同で解析を進めていた。両チームの関係者は「重力波の痕跡が隠れている可能性はまだあり、今後も研究を続ける」としている。(http://www.yomiuri.co.jp/science/20150131-OYT1T50053.html)     宇宙が誕生するときに急膨張が起きたとするインフレーション理論は佐藤勝彦博士らにより提唱されたものです。このインフレーション理論の証拠となる138億年前に生じた重力波の痕跡がアメリカの研究チームにより観察されました。 BICEP2 Press Conference – March 17, 2014 参考 佐藤勝彦教授の「宇宙誕生の理論」裏づけ 世界初「重力波」観測(FNN 0318 14:48):日本の宇宙物理学者・佐藤教授が、1981年に発表した「インフレーション理論」を裏づけるものとなる。 重力波、誕生間近の宇宙膨張の痕跡 米チームに「ノーベル賞級」との評価(産経ニュース2014.3.18 14:51):生まれたばかりの宇宙は急激に膨張したと考えられており、その際に発生した重力波の痕跡を今回、初めて見つけたとしている。 わしのビッグバン理論は間違ってなかった…重力波初観測の大ニュースに涙ぐむ物理学者(動画) (GIZMODO 2014.03.19 23:00):今回紹介するのは、この発見で立証されたインフレーション理論の主提唱者のひとり、アンドレイ・ドミトリエヴィチ・リンデ( Andrei Dmitriyevich Linde)スタンフォード大教授です。教授は佐藤勝彦氏、アラン・グース氏がこの理論を提唱した翌1982年に独自の新モデルを発表し多大な影響を与えました。 BICEP2 2014 Results Release (http://bicepkeck.org/) The Big Bang (NASA Science …