宇宙誕生を説明するインフレーション理論の証拠となる重力波の痕跡を検出

      2015/01/31




【追記20150131】 この投稿記事で紹介した研究発表は、後に間違いであったと結論されました。

「原始重力波」実はノイズ…欧米チームが解析 (YOMIURI ONLINE 2015年01月31日)

米国の研究チームは、南極に設置した電波望遠鏡で原始重力波の痕跡をとらえたと昨年3月に発表。インフレーション理論を裏付ける観測結果で、「ノーベル賞級の成果」と注目された。

 しかし、発表当初から、この痕跡はノイズで生じた可能性が指摘され、米国やESAのチームが、観測衛星「プランク」で得られた新データなどを基に共同で解析を進めていた。両チームの関係者は「重力波の痕跡が隠れている可能性はまだあり、今後も研究を続ける」としている。(http://www.yomiuri.co.jp/science/20150131-OYT1T50053.html)

 

 

宇宙が誕生するときに急膨張が起きたとするインフレーション理論は佐藤勝彦博士らにより提唱されたものです。このインフレーション理論の証拠となる138億年前に生じた重力波の痕跡がアメリカの研究チームにより観察されました。

BICEP2 Press Conference – March 17, 2014

参考

  1. 佐藤勝彦教授の「宇宙誕生の理論」裏づけ 世界初「重力波」観測(FNN 0318 14:48):日本の宇宙物理学者・佐藤教授が、1981年に発表した「インフレーション理論」を裏づけるものとなる。
  2. 重力波、誕生間近の宇宙膨張の痕跡 米チームに「ノーベル賞級」との評価(産経ニュース2014.3.18 14:51):生まれたばかりの宇宙は急激に膨張したと考えられており、その際に発生した重力波の痕跡を今回、初めて見つけたとしている。
  3. わしのビッグバン理論は間違ってなかった…重力波初観測の大ニュースに涙ぐむ物理学者(動画)
    (GIZMODO 2014.03.19 23:00):今回紹介するのは、この発見で立証されたインフレーション理論の主提唱者のひとり、アンドレイ・ドミトリエヴィチ・リンデ( Andrei Dmitriyevich Linde)スタンフォード大教授です。教授は佐藤勝彦氏、アラン・グース氏がこの理論を提唱した翌1982年に独自の新モデルを発表し多大な影響を与えました。
  4. BICEP2 2014 Results Release (http://bicepkeck.org/)
  5. The Big Bang (NASA Science Astrophysics):…This and other cosmological problems could be solved, however, if there had been a very short period immediately after the Big Bang where the Universe experienced an incredible burst of expansion called “inflation.”
  6. 素粒子論的宇宙論基礎(新井真人 チェコ工科大学)(PDF) :標準ビッグバン理論の問題点 地平線問題 平坦性問題 > インフレーション理論(1981年 佐藤、グース)。インフレーション t=10^(-36)から10^(-32)の間に宇宙が10^26倍に。
  7. How astronomers saw gravitational waves from the Big Bang(nature.com/news 17 March 2014):On 17 March, John Kovac announced to the world that he and his team of radio astronomers had found the imprint of gravitational waves from the Big Bang. They did so by looking at the cosmic microwave background (CMB), sometimes called the ‘afterglow’ of the Big Bang, using BICEP2, a telescope experiment based at the South Pole. This signal of gravitational waves was seen in the polarization of the CMB — similar to the kind of polarization that certain sunglasses block — over a small patch of sky.This polarization map, which is reminiscent of the way iron filings arrange themselves on a surface under the effects of a magnetic field, was found to have particular vortex-like, or curly, patterns known as B modes. The presence of B modes is a tell-tale sign of the passage of gravitational waves generated during inflation, a brief period during which the Universe underwent an exponential expansion, right after its birth.

 - 研究発表の誤り