「 精子ドナー 」 一覧

no image

精子提供の問題点、精子提供者(精子ドナー)からの入手方法、自宅での人工授精

日本で結婚していない女性が第三者から提供された精子で人工授精の治療を病院で受けることは、日本産婦人科学会が認めていません。 被実施者は法的に婚姻している夫婦で、心身ともに妊娠・分娩・育児に耐え得る状態にあるものとする。(提供精子を用いた人工授精に関する見解 会告の改定 平成27年6月 日本産科婦人科学会) そのため、未婚で彼氏はいないが子供だけは欲しい独身の女性が妊娠を望む場合は(いわゆる選択的シングルマザー)、精子バンクを利用したり、個人から精子の提供を受けて、自分で人工授精を試みる人もいるようです。   精子バンクに潜む問題 精子の取り違え 登録、保存された精子の取り違えにより白人のレズビアンカップルが白人男性の精子を希望したにも関わらず間違えて黒人男性の精子が提供されたために、生まれてきた女の子が肌の色が黒かったという事件が起きています。このカップルは精子を提供した精子バンクに対して裁判を起こしました。 Lawsuit filed over alleged sperm bank mix-up   不適切な精子提供者 精子バンクXytex(ザイテックス)に登録していた男性は、神経工学の分野の博士号を持ち、IQは160という頭の良さで完全に健康という登録情報であったにも関わらず、この男性が36人の子供の精子提供者となった後に、彼が実は統合失調症、双極性障害(躁うつ病)、自己愛性パーソナリティ障害を患っていて、大学は中退し、刑務所に入っていた時期もあったということが発覚した事件もありました。 His sperm has been used to create 36 children: 19 boys and 17 girls from 26 families Chris Aggeles, a now 39-year-old man …