「 生化学 」 一覧

no image

蛋白質、たん白質、たんぱく質、タンパク質、タンパク、たんぱく、たん白、蛋白、‥ proteinの正しい日本語訳は何?

  2019/07/13    生化学

日常のくだけた会話でタンパク質のことをタンパクと呼ぶことはあっても、学術用語としてはタンパク質だと思っていました。ところが、KAKENデータベースを確認すると、「質」がない例が散見されます。よく見みると、○○タンパク、あるいはタンパク▲▲▲のように、複合語にしたときに「質」を落とす使い方があるようです。 複合語であっても、○○タンパク質、タンパク質▲▲▲と呼ぶのが正しいのではないかと自分は思うのですが、どうなのでしょう?proteinに対応する日本語は何が正しいのか、ウェブ上で動向を調べてみました。   KAKENにみる「タンパク」vs.「タンパク質」vs.「蛋白」vs.「蛋白質」 研究者の言葉遣いを知るために、KAKENデータベースを見てみました。「質」をつけるかどうかだけでなく、カタカナ表記vs.漢字表記という問題もあります。 KAKENデータベースで検索すると、検索結果は「タンパク質」が67,361件(2019年に絞ると628件)で、「蛋白質」が39,688件(2019年に絞ると133件)でした。 protein complex  タンパク複合体 275件 蛋白複合体 382件 蛋白質複合体 959件 タンパク質複合体 2022件 protein characterization  蛋白質分析 20件 タンパク分析 52件 蛋白分析 68件 タンパク質分析 111件 protein analysis 蛋白質解析 118件  タンパク解析 207件 蛋白解析 244件 タンパク質解析 444件 of proteins  タンパクの 9,074件 蛋白の 17,226件 蛋白質の 17,384件  タンパク質の 34,506件 採択された研究課題が掲載されているKAKENですから、自分が科研費計画調書を書く場合には、多数派「タンパク質」に従っておけば間違いないでしょう。   PROTEINSの日本語訳:分野や状況による使い分け 蛋白質の表記の多様性は、業界の慣習を反映しているようです。 用語集では1概念1用語を原則とするから、同義語の整理の他に同音異義語、同義異音語なども統一しなくてはならない。しかし日本語では、例えば「蛋白質」(医学用語)のような基本用語でさえ、常用漢字でない場合に「タンパク質」(文部省)、「たん白質」(通産省、厚生省)などの同義異字語が生じる。(専門用語研究 Journal of the Japan Terminology Association …