「 自動車自動運転 」 一覧

自動運転車で初の死亡事故 テスラSが前方のトレーラーを認識できずに突っ込み大破

アメリカの電気自動車メーカー、テスラ・モーターズの自動運転支援機能「オートパイロット」搭載車セダン「モデルS」の2015年モデルを運転していたジョシュア・ブラウン氏が、2016年5月7日にフロリダ州の高速道路でトレーラーと衝突事故を起こし亡くなるという事故がありました。事故時、オートパイロット(自動運転機能)を作動させていたことから、自動運転車による初めての死亡事故となりました。 自動運転機能を作動させて走行中のセダン車「モデルS」の前方に、横切るようにトレーラーが進入。テスラによると、強い日差しのため運転手も自動運転機能もトレーラーを認識できず、ブレーキが作動しないままトレーラーに潜り込む形で衝突。運転していた男性が死亡した。(ヤフーニュース/毎日新聞 7月1日(金)11時10分配信) straitstimes.comで事故の状況が説明されています(下図 straitstimes.comより)。左折してきたトレーラーが前方を塞いでいるにも関わらず、直進していたテスラSの自動運転装置が認識できずにそのまま衝突。セダンはトレーラーの下を潜り込み、上部を大破させて向こう側へ突き抜けました。 ニューヨークタイムズ紙の説明によれば、トレーラーを潜り抜けたセダンはその後車道から飛び出し、フェンスを2箇所破ったあと電柱に激突してようやく止まりました(下図 nytimes.comより)。 この事故でセダンは大破し、運転手のジョシュア・ブラウン氏は亡くなりました。 事故はフロリダ州ウィリンストンにほど近い、中央分離帯のある幹線道路で発生しました。事故を起こした半自動運転モードのテスラ Model Sは、前方で車線変更したトレーラーを感知できずに接近を続け、トレーラーの側面からコンテナ部の下に巻き込まれる格好で衝突しました。そしてトレーラー に踏みつけられながら向きを変えた電気自動車はふたつのフェンスを突き破り、道路そばの民家の電柱に激突したのち停止しました。この事故によってModel Sはフロントガラスからルーフ、トランクリッドに至るまでをねじり切られるように大破し、搭乗していたジョシュア・ブラウン氏は死亡しています。(自動運転で死亡のテスラオーナー、DVD鑑賞中だった可能性。トラック運転手が証言。側面からの衝突検知も機能せず engadget日本版 BY Munenori Taniguchi 2016年07月02日 12時55分) 自動操縦装置がなぜトレーラを認識できなかったのか、謎が残ります。 「後方の空が明るく光っていて、白い色をしたトレーラーの側面をドライバーも自動運転機能も認識しなかった。そのため、ブレーキが作動しなかった」という。(テスラの自動運転車で初の死亡事故。何が問題だった? The Huffington Post  |  執筆者: Damon Beres 投稿日: 2016年07月01日 13時46分 JST) モデルSは強い日差しを受けてトレーラーの白い車体を認識できず、減速せずにトレーラーに突っ込んでいったという。…テスラのニュースリリースによれば、「自動運転モードとドライバーのいずれも、明るい空を背景にしたトレーラーの白い車体を認識できなかった」という。 (テスラ自動運転車で初の死亡事故、メーカーに責任は? 「公道でのベータ版テスト」に批判も newsphere.jp 更新日:2016年7月4日) 今回の事故の状況だけれど、テスラの発表によれば「後方の空が明るい上、大型トレーラーのボディに光が反射しておりドライバーも自動運転機能も認識しな かった」。このコメントは全く納得出来ない。テスラの場合、前方の障害物は電波を使ったミリ波レーダーと、単眼カメラという二つのセンサーで認知してい る。ミリ波レーダーは電波のため、光に影響されない。というか、そこがミリ波レーダーの特徴だ。(テスラ、自動運転中トラックの側面に衝突しドライバーは死亡 YAHOO!JAPANニュース 国沢光宏  | 自動車評論家 2016年7月1日 15時58分配信) …