「 自然災害 」 一覧

no image

御嶽山噴火による犠牲者の遺族が国と長野県を提訴へ

  2017/01/17    自然災害

2014年(平成26年)9月27日11時52分に長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山が噴火し、登山者ら58名の死亡が確認され5名が行方不明のままです。この噴火で亡くなった5人の遺族が、国と県に対し総額1億5000万円の損害賠償を求める訴えを今月25日に起こすことがわかりました。 気象庁などは噴火前の2日間にわたって1日50回以上の火山性地震を観測していたにもかかわらず、噴火前に噴火警戒レベルを引き上げなかったこと、山頂付近に山頂周辺などに設置していた3つの地震計のうち2つが故障していたにもかかわらず故障を放置していて精度の高い観測ができなかったことが、提訴の理由として挙げられています。 気象庁のデータをみると、噴火に先立ち、2014年9月に入ってから地震の回数が増加している様子がわかります(下図)。 (図:気象庁作成のグラフを着色し(1、2段め)、重ね合わせた(3段目)) 参考 気象庁ホーム > 各種データ・資料 > 火山観測データ > 御嶽山の火山観測データ 2014年の御嶽山噴火 (ウィキペディア) 御嶽山噴火災害で遺族が国と長野県を提訴 「国は警戒レベル上げず」「県は地震計の故障を放置」(産経ニュース 2017.1.17):”58人が死亡、5人が行方不明となった平成26年9月27日の御嶽山噴火災害で、噴火前に噴火警戒レベルを引き上げず、山頂付近の地震計の故障を放置して適切な観測を行う義務を怠ったとして、長野県内外に住む5遺族が国家賠償法に基づき、国と県に総額1億5千万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こすことが17日、分かった。” 御嶽噴火、5遺族が国・県を賠償提訴へ 「警戒レベル不適切」(日本経済新聞 2017/1/17):”58人が死亡、5人が行方不明となった2014年9月の御嶽山の噴火災害で、5遺族が国家賠償法に基づき、国と県に総額1億5千万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こすことが17日、遺族らへの取材で分かった。” 御嶽山噴火の遺族 国と長野県に損害賠償求め提訴へ(NHK NEWS WEB 2017年1月17日):”58人が死亡、5人が行方不明となった3年前の御嶽山の噴火災害で、亡くなった5人の遺族が、噴火前に噴火警戒レベルを引き上げなかったほか、山頂付近にある地震計の故障を放置していたとして、国と県に対し総額1億5000万円の損害賠償を求める訴えを起こすことになりました。” 御嶽山噴火で遺族が提訴へ 国と県に1億5千万円請求朝日 (新聞DIGITAL 2017年1月17日):”2014年9月27日に起きた御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害をめぐり、死亡した登山者5人の遺族が、国と長野県を相手に総額1億5千万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を起こす。”

東日本大震災津波訴訟 大川小児童の遺族が勝訴

  2016/10/26    自然災害

20180427 追記(高裁の判断) 報道 児童の遺族「未来の命を救える判決」 大川小・津波訴訟 (山本逸生、窪小谷菜月 岡本進 朝日新聞DIGITAL 2018年4月27日03時35分) 84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の津波訴訟で、仙台高裁は校長や市教育委員会による防災体制の不備を厳しく指摘し、組織的な過失を認めた。 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」(毎日新聞2018年4月26日 14時10分 最終更新 4月27日 02時48分) 東日本大震災の津波で児童と教職員計84人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校を巡り、児童23人の遺族が市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は26日、1審・仙台地裁判決より一部の原告の慰謝料を見直すなどして損害額を約1000万円増額し、14億3617万円の賠償を市と県に命じた。 参考 「山へ逃げよう」の大川小児童証言は“精査中”!? 教員の会話は「検証委とりまとめ案」に盛り込まれず (池上正樹:ジャーナリスト DIAMOND online 2013.10.23) 最も問題なのは、その後の<移動においては地域のお年寄りが先頭を歩き、そのあとに児童が続いていたため、かなりゆっくりとした速度で移動をしていたようである>という描写だ。 先頭集団にいた生存児童は、「校庭にいたときから女性教諭がずっと先導していた。先生以外に、大人の姿はなかった」と証言している。 唯一生存した男性教諭の報告に大きな矛盾!? 大津波後の大川小生存者を見た夫妻の証言 (加藤順子 DIAMOND online 2012.9.5) 「A先生の報告書は、最初から全部嘘なんです。だいたい9割方は嘘だから。なんで嘘ついたんだかは、わかんないですけども」 私たちが訪れた目的を説明すると、工場の社長は、市教委が作成した生存教諭の聞き取り書について、いきなり、そう切り出した。「A先生は、何も濡れていないから和室にそのまま通した。Bくんの靴は、濡れていたね。靴下を脱がせて、そのまま履いているわけにはいかないということで履き替えさせた。濡れた場所はわからないですよ。おそらく歩いてくるのに、この辺も全部泥だらけだったから。Bくんは、濡れて汚かったね」 中妻じょうた 板橋区議会議員‏ @nakatsuma 7〜8mの津波が来ていることはラジオでわかっており、子どもを引き取りに来た親が必死にそれを訴えたのに動かなかったのはなぜか。なぜ教頭は川の様子を見ることを指示せず自分で見に行ってしまったのか。教頭や校長への昇進基準は何か。トップとして何をすべきか理解してトップについているのか。21:23 – 2012年7月19日 中妻じょうた 板橋区議会議員@nakatsuma 山を登ろうと言わなかったのは、校長不在時の責任者であった教頭と一番古株の教師。教頭はなぜか自分で川の様子を見に行ったりしてしまい、統率の動きをしていなかった。一番古株の教師が「校庭が安全だからここに留まれ」と主張し、暖をとるたき火をやるためにドラム缶2つを校庭に持ち出していた。10:49 – 2012年7月19日 破棄されたメモの中に“大川小児童の重大証言”も? 大きく揺らぐ石巻市教委が作成した公文書の信憑性 (池上正樹:ジャーナリスト DIAMOND …

no image

御嶽山噴火

  2014/09/28    自然災害

御嶽山噴火 死者47人に 火山活動での被害としては戦後最悪(14/10/01) 御嶽山噴火 31人の心肺停止確認、40人重軽傷、43人行方不明(14/09/28) Video: Japan volcano shoots rock & ash on Mount Ontake – BBC News (BBC NEWS) 御嶽山噴火 山頂付近の山荘に40人が取り残される(FNNnewsCH 14/09/27) 参考 御嶽山噴火、死者47人…戦後最悪の火山災害に (読売新聞 YOMIURI ONLINE 2014年10月02日 01時06分):”今回の噴火による死者は47人となり、火山災害の死者数としては、1991年と93年に計44人の死者・行方不明者を出した雲仙・普賢岳(長崎県)の火砕流被害を超え、戦後最悪の惨事となった。地元消防には、亡くなった47人を上回る数の行方不明者情報が寄せられており、捜索は2日もほぼ同じ態勢で継続する。” At least 30 people presumed dead on erupting Japanese volcano By Jethro Mullen and …