Category: 科学論文の査読システム

ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)誌が差読者のコメント等を公開へ

通常、投稿論文の査読内容が公開されることはありません。しかし、査読システムの透明性を高めるために、学術誌によっては差読者のコメントおよび論文執筆者と編集者とのやりとりなどを公開する動きがごく一部ながらあります。ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)誌は2016年1月から、論文著者が了解すれば査読内容等を公開することになりました。

as a trial, we will be publishing all reviewer comments to authors and author rebuttal letters for published papers submitted from January 2016, unless the authors ask us not to. (doi:10.1038/ncomms10277)

このような試みはNature Communicationsが初めてではありません。数年前からEMBO journalでは、例えばPeer Review Process File -EMBO-2015-92116(PDF)といった形でレフェリーのコメントやそれ対する論文著者らのレスポンスを公開しています。

参考

  1. Transparent peer review at Nature Communications (Nature Communications 14 December 2015 doi:10.1038/ncomms10277)
  2. EMBO journal introduces transparent peer-review (blogs.nature.com 05 Jan 2009):”Beginning with manuscripts submitted in 2009, a supplementary process file will be included with the online publication of papers. “
  3. What is open peer review? (F1000Research 21 May 2014)