「 科学と平和 」 一覧

no image

1945年8月6日 アメリカが広島に原子爆弾を投下した日

World’s First Atomic Bomb – Manhattan Project Documentary – Films 「はだしのゲン」の被爆体験 Peter Jennings – Hiroshima: Why the Bomb was Dropped (1995)   参考 Voices of the Manhattan Project: “A public archive of our oral history collections of Manhattan Project veterans …

no image

日本学術会議が学術フォーラム「安全保障と学術の関係:日本学術会議の立場」を開催

日本学術会議主催の学術フォーラム「安全保障と学術の関係:日本学術会議の立場」が平成29年2月4日に日本学術会議講堂で開催されました。 (引用元:プログラム) 総合司会 大政 謙次(日本学術会議第二部会員、東京大学名誉教授、愛媛大学大学院農学研究科客員教授、高知工科大学客員教授) 13:00-13:05 開会挨拶 挨拶 大西 隆(日本学術会議会長・第三部会員、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授) <第Ⅰパート:委員会中間とりまとめの状況報告> 13:00-13:05 開会挨拶 挨拶 大西 隆(日本学術会議会長・第三部会員、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授) 13:05-13:35 委員会中間とりまとめの状況報告 杉田 敦(日本学術会議第一部会員、法政大学法学部教授) <第Ⅱパート:日本学術会議の内外の意見> 進行 小松 利光(日本学術会議第三部会員、九州大学名誉教授) 13:35-13:50 (演題調整中)兵藤 友博(日本学術会議第一部会員、立命館大学経営学部教授) 13:50-14:05 「学術研究のために」という視点 須藤 靖(日本学術会議第三部会員、東京大学大学院理学系研究科教授) 14:05-14:20 (演題調整中)佐野 正博(日本学術会議連携会員、明治大学経営学部教授) 14:20-14:35 軍民両用(デュアルユース)研究とは何か-科学者の使命と責任について 福島 雅典(日本学術会議連携会員、財団法人先端医療振興財団臨床研究情報センター長(兼)研究事業統括) 14:35-14:50 防衛技術とデュアルユース(予定)西山 淳一(公益財団法人未来工学研究所 政策調査分析センター研究参与) 14:50-15:05 安全保障と学術について(予定)根本 清樹(朝日新聞社論説主幹) <第Ⅲパート:総合討論>進行 …

現職のアメリカ大統領としては初めて、バラク・オバマ氏が被爆地広島を訪問 【スピーチ動画・全文】

  2016/05/27    科学と平和

“Science allows us to communicate across the seas and fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos, but those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.” (科学のおかげで我々は海を越えてコミュニケーションを取り、雲より高く空を飛び、病気を治し、宇宙を理解することができる。しかし、これらの同じ発見が、今まで以上に効果的な殺人装置へと変わり得る。) – Barack Obama “Technological progress without …

no image

自由と平和のための京大有志の会の声明

戦争は、防衛を名目に始まる。 戦争は、兵器産業に富をもたらす。 戦争は、すぐに制御が効かなくなる。 戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。 戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。 戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。 精神は、操作の対象物ではない。 生命は、誰かの持ち駒ではない。 海は、基地に押しつぶされてはならない。 空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。 血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、 知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。 学問は、戦争の武器ではない。 学問は、商売の道具ではない。 学問は、権力の下僕ではない。 生きる場所と考える自由を守り、創るために、 私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。     注:上記の文章は「自由と平和のための京大有志の会」の声明を転載したものです。また、写真やYOUTUBE動画は当サイトscienceandtechnology.jpが紹介のために挿入したものであり、声明とは直接関係ありません 参考 自由と平和のための京大有志の会 まず、総理から前線へ。(広告批評) 糸井重里さん・後編 「ほんとうかな」と自問する力 (毎日新聞 2015年02月17日):”でも、これも今なら戻してって言いますよ。戦争に対する考えが深まっていないですよ。戦争はゲームや子供のチャンバラごっこではない。単純に戦争になった時に総理が前線に行けばすむっていう話じゃないんじゃないって思う。これは何かをやりたければ、「○○をやってから言え」っていうのと同じ論理だもん。紋切り型を上手な決まり文句にしただけですよ。決まり文句で批判するだけで、戦争を無くすこともできなければ、実際のところ何にもなんない。ちょっと考えが甘いし、鳩の絵を描けば平和っていうのと同じ感じで引っかかります。”

no image

安全保障関連法案に反対する学者の会

no image

ノーベル平和賞授与決定を受けてマララさん(17歳)が行ったスピーチ

  2014/10/13    科学と平和

まだ17歳で、何もしていない若いマララさんにノーベル平和賞を授けるのはあまりにも早過ぎるのではないかという批判もあるようです。しかし彼女のスピーチを聞けば、彼女がいかに精神的に成熟しており、平和に対するコミットメントがいかに強いものであるかが良くわかります。 私には二つの選択肢しかありませんでした。 一つは、声を上げずに殺されること。 もう一つは、声を上げて殺されること。 私は後者を選びました。 当時はテロがあり、女性は家の外に出ることが許されず、女子教育は完全に禁止され、人々は殺されていました。 Raw Video: Malala Yousafzai’s entire Nobel prize speech マララさんのスピーチ全文(英文) (読売新聞YOMIURI ONLINE) マララさんのスピーチ全文(日本語訳) (読売新聞YOMIURI ONLINE) 参考 マララさん授賞に「あまりに若すぎる」 委員長「権利の代弁者だ」と反論 (産経新聞 10月11日(土)):”一人の記者が発表の後、挙手して「マララさんはあまりに若すぎる。まだ未来がある身であり、期待感で授賞するのはどうなのか」と疑問を投げかけた。”