【全文】ウラジミール・ゼレンスキー ウクライナ大統領による日本国会でのスピーチ2022年2月23日18:00~(日本時間)

Володимир Зеленський звернувся до народу й політиків Японії.

ウクライナ大統領ゼレンスキー氏の国会での演説(リアルタイムでインターネットを通じての演説)の全文は、下の報道記事などで読めます。

  1. 全文】ウクライナ ゼレンスキー大統領 国会演説 2022年3月24日 7時58分 NHK NEWS WEB
  2. 「ウクライナへの侵略の津波を止めたい」 ゼレンスキー大統領が12分の演説で訴えたこと【全文】〈AERA〉 3/23(水) 20:12 YAHOO!JAPAN

 

ここでは、ウクライナ語による原文と思われる記事及びそれのグーグル翻訳を載せます。

ゼレンスキー大統領の演説全文(ウクライナ語および日本語(グーグル自動翻訳)

Промова Володимира Зеленського в парламенті Японії(np.pl.ua)
23.03.2022
日本国会でのウラジミール・ゼレンスキーによるスピーチ
2022年3月23日

Президент України Володимир Зеленський виступив у режимі відеоконференції в парламенті Японії.
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が国会でビデオ会議を行いました。

“Вельмишановний пане Хосодо!
「細堂さん!
Вельмишановна пані Санто!
サント夫人様!
Пане Премʼєр-міністре Кішідо!
岸戸首相!
Шановні члени парламенту Японії!
日本国会の皆様!
Дорогий японський народе!
親愛なる日本人!

Для мене, Президента України, велика честь уперше в історії парламенту Японії звернутися до вас.
ウクライナ大統領である私にとって、国会史上初めてお話しできることを大変光栄に思います。

Наші столиці розділяє відстань у 8 тисяч 193 кілометри. У середньому, це 15 годин в літаку. Залежно від маршруту. Але яка відстань між нашими відчуттями свободи? Між нашими бажаннями жити? Між нашими прагненнями до миру?
私たちの首都は8000193キロメートルの距離で隔てられています。飛行機で平均15時間です。ルートによって異なります。しかし、私たちの自由の気持ちの間の距離は何ですか?生きたいという私たちの願望の間?平和への願望の間?

24 лютого я не побачив жодної відстані. Навіть міліметра між нашими столицями. Навіть секунди між нашими відчуттями. Бо ви одразу прийшли на допомогу нам. І я вдячний вам за це.
2月24日、距離は見えませんでした。私たちの首都の間でさえ1ミリメートル。私たちの気持ちの間でさえ数秒。あなたはすぐに私たちの助けに来たからです。そして、私はあなたにそれを感謝しています。

Коли Росія зруйнувала мир для всієї України, ми одразу побачили, що у світі по-справжньому. По-справжньому проти війни. По-справжньому за свободу. По-справжньому за глобальну безпеку. По-справжньому за гармонійний розвиток кожного суспільства. Японія стала лідером такої позиції в Азії. Ви одразу почали працювати для зупинки цієї жорстокої війни, яку розв’язала Російська Федерація. Ви одразу почали працювати для настання миру в Україні. А отже, у Європі. І це справді дуже важливо. Важливо для кожного на землі. Бо без миру для України жодна людина у світі не зможе впевнено дивитись у майбутнє.
ロシアがウクライナ全体の平和を破壊したとき、私たちはすぐに世界が現実であることに気づきました。本当に戦争に反対。本当に自由のために。本当にグローバルなセキュリティのために。本当にすべての社会の調和のとれた発展のために。日本はアジアにおけるこの地位のリーダーになりました。あなたはすぐにロシア連邦によって行われたこの残忍な戦争を止めるために働き始めました。あなたはすぐにウクライナで平和のために働き始めました。だから、ヨーロッパでは。そして、これは本当に非常に重要です。それは地球上のすべての人にとって重要です。ウクライナの平和がなければ、世界の誰もが自信を持って未来に目を向けることができないからです。

Кожен із вас знає, що таке Чорнобиль. Атомна станція в Україні, на якій у 1986 році стався потужний вибух. Викид радіації. Наслідки якого були зафіксовані в різних частинах планети. 30-кілометрова зона навколо Чорнобильської станції досі закрита. Вона небезпечна. У лісах, які заповнюють закриту зону, ще тоді, під час ліквідації наслідків вибуху на станції, були захоронені тисячі тонн заражених матеріалів, уламків, машин. Просто в землі.
あなた方一人一人はチェルノブイリが何であるかを知っています。 1986年に大爆発が起こったウクライナの原子力発電所。放射線放出。その結果は、惑星のさまざまな部分で記録されています。チョルノーブィリ駅周辺の30キロメートルのゾーンはまだ閉鎖されています。彼女は危険です。駅での爆発の影響を排除している間も、何千トンもの汚染物質、がれき、車両が閉鎖区域を埋め尽くす森に埋められました。ちょうど地面に。

24 лютого саме по цій землі поїхала російська бронетехніка, здіймаючи радіоактивний пил у повітря. Чорнобильська станція була захоплена. Силою, зброєю. Уявіть: атомну станцію, на якій сталася катастрофа. Конфайнмент, який закриває зруйнований реактор. Сховище ядерних відходів, що працює. Росія перетворила і цей обʼєкт на арену війни. А цю 30-кілометрову територію, цю закриту зону Росія використовує для підготовки нових атак проти наших сил оборони.
2月24日、ロシアの装甲車両がこの土地に出発し、放射性ダストを空中に上げました。チェルノブイリ駅が占領された。力で、武器で。想像してみてください:大惨事が起こった原子力発電所。破壊された原子炉を閉じる閉じ込め。放射性廃棄物貯蔵施設の稼働。ロシアもこの施設を戦争の場に変えました。そしてロシアは、この30キロメートルの領土、この閉鎖地帯を使用して、私たちの防衛軍に対する新たな攻撃に備えています。

Після виходу російських військ із території України знадобляться роки, щоб дослідити, якої шкоди вони завдали чорнобильській землі. Які захоронення радіоактивних матеріалів пошкодили. Та як розповсюдився планетою радіоактивний пил.
ロシア軍がチェルノブイリに与えた被害を調査するためにウクライナを離れるには何年もかかるでしょう。放射性物質の埋葬が損傷したもの。そして、放射性ダストが地球上にどのように広がるか。

Пані та панове!
皆様!

На нашій землі працюють чотири атомні станції! Це 15 атомних блоків. І всі вони – під загрозою. Російські війська вже обстріляли з танків Запорізьку атомну станцію, найбільшу у Європі. Внаслідок бойових дій пошкоджені сотні промислових виробництв, багато з них – особливо небезпечні. Обстріли загрожують газо- й нафтопроводам, вугільним шахтам.
私たちの土地には4つの原子力発電所があります!これは15核ユニットです。そして、それらすべてが脅威にさらされています。ロシア軍は、ヨーロッパ最大のザポリージャ原子力発電所ですでに戦車を発射している。戦闘で何百もの産業プラントが被害を受け、その多くは特に危険です。砲撃は、ガスと石油のパイプラインと炭鉱を脅かします。

Днями російські війська обстріляли ще й хімічне виробництво на території Сумської області України. Там стався витік аміаку. Нас попереджають про можливі хімічні атаки, зокрема із застосуванням зарину, як це було в Сирії.
先日、ロシア軍もウクライナのスームィ地域の化学プラントに発砲した。アンモニアの漏れがありました。シリアの場合のように、特にサリンの使用による化学攻撃の可能性について警告されています。

А однією з основних тем для дискусій світових політиків стало питання про те, як реагувати, якщо Росія застосує ще й ядерну зброю. Будь-яка впевненість будь-якої людини у світі, будь-якої країни повністю зруйнована.
そして、世界の政治家の議論の主要なトピックの1つは、ロシアも核兵器を使用する場合にどのように対応するかという問題でした。世界のどんな人、どんな国のどんな自信も完全に破壊されます。

Наші військові героїчно захищають Україну вже 28 днів. 28 днів повномасштабного вторгнення найбільшої за розмірами держави у світі. Але не найбільшої за потенціалом. Не найбільшої за впливом. І найменшої – з морального погляду.
私たちの軍隊は28日間ウクライナを英雄的に守ってきました。世界最大の州への28日間の本格的な侵略。しかし、最大の可能性はありません。最も影響力のあるものではありません。そして最小-道徳的な観点から。

*このグーグル翻訳はほとんど意味をなさないのでAERAなど訳を紹介:

ウクライナ軍は28日間にわたって、この大規模戦争、攻撃に対して国を守り続けています。最大の国がその戦争を起こしました。ただし、影響の面で、能力の面では大きくなく、道徳の面では最小の国です。(AERAdot. /YAHOO!JAPAN)

私たちの軍人は、すでに28日間、ウクライナを英雄的に守っている。28日間、世界で最大の規模を持つ国から、全面的な侵攻を受けている。しかし、その国は能力面では最大ではない。さらに、影響力も最大ではない。そして、倫理面では最小である。ウクライナのマルチメディア報道プラットフォーム UKRINFORM

Росія застосувала проти мирних міст України понад тисячу ракет, незліченну кількість авіабомб. Російські війська зруйнували десятки наших міст. Деякі спалені вщент. У багатьох містах і селах, які потрапили під російську окупацію, наші люди не можуть навіть гідно поховати своїх убитих родичів, друзів, сусідів. Доводиться робити поховання просто у дворах розбитих будинків, поряд із дорогами, просто там, де це можливо…
ロシアは、ウクライナの平和な都市に対して、1,000発以上のミサイルと無数の空爆を使用してきました。ロシア軍は私たちの都市の数十を破壊しました。いくつかは地面に燃えました。ロシアの占領下にある多くの町や村では、私たちの人々は殺害された親戚、友人、隣人を尊厳をもって埋めることさえできません。壊れた家の庭、道路の近く、可能な限り埋める必要があります…

Тисячі людей убиті, серед них – 121 дитина.
121人の子供を含む数千人が殺された。

Близько 9 мільйонів українців були змушені полишити свої домівки, свої рідні місця, рятуючись від російських військ. Наші північні території, східні, південні – порожніють, бо люди тікають від цієї смертельної загрози.
約900万人のウクライナ人が、ロシア軍から逃げ出し、故郷である家を離れることを余儀なくされました。人々がこの致命的な脅威から逃げているので、私たちの北部の領土、東部、南部は空です。

Росія навіть заблокувала море для нас. Звичайні торговельні шляхи, показуючи деяким іншим – потенційним – агресорам світу, як тиснути на вільні народи, блокуючи мореплавство.
ロシアは私たちのために海をさえぎっています。輸送を阻止することによって自由な人々に圧力をかける方法を世界の他のいくつかの-潜在的な-侵略者に示す通常の交易路。

Пані та панове!
皆様!

Сьогодні саме Україна, держави-партнери і наша антивоєнна коаліція можуть дати гарантії, що світова безпека не буде зруйнована остаточно. Що у світі існуватиме опора для свободи народів. Для людей та збереження різноманітності в суспільствах. Для захищеності кордонів. Для впевненості в тому, що у нас, у наших дітей, у наших онуків ще буде мир.
今日、世界の安全が完全に破壊されないことを保証できるのは、ウクライナ、パートナー国、そして私たちの反戦連合です。それは世界で国家の自由への支持があるでしょう。人々と社会の多様性の維持のために。国境の安全のために。私たち、私たちの子供たち、私たちの孫たちがまだ平和を持っていることを確認するために。

Ви бачите, що міжнародні інституції не спрацювали. Навіть ООН і Рада Безпеки… Що вони можуть? Вони потребують реформування. Вони потребують ін’єкції чесності. Щоб стати дієвими. Щоб справді вирішувати і справді впливати, а не лише обговорювати.
ほら、国際機関は機能していません。国連と安全保障理事会でさえ…彼らは何ができるでしょうか?彼らは改革が必要です。彼らは正直さの注入が必要です。効果的になるために。話し合うだけでなく、本当に決断し、影響を与えること。

Через війну Росії проти України світ дестабілізований. Світ – на порозі багатьох нових криз. І хто зараз упевнений, яким буде завтра?
ロシアのウクライナとの戦争により、世界は不安定になっています。世界は多くの新たな危機の危機に瀕しています。そして、誰が今、明日がどのようになるかを確信していますか?

Турбулентність на світових ринках несе проблеми для всіх країн, які залежать від імпорту сировини. Екологічні та продовольчі виклики – безпрецедентні. А головне, зараз вирішується, чи переконаються усі агресори на планеті – явні та потенційні, що за розв’язану ними війну буде таке потужне покарання, що їм і починати війну не варто. Що їм не варто руйнувати мир. І абсолютно логічно й правильно, що відповідальні держави обʼєднуються заради захисту миру.
世界市場の混乱は、原材料の輸入に依存しているすべての国にとって問題です。環境と食品の課題は前例のないものです。そして最も重要なことは、地球上のすべての侵略者が、彼らが行った戦争が非常に強力な罰であり、戦争を始めるべきではないことを、明示的かつ潜在的に確信するかどうかが現在決定されていることです。彼らが世界を破壊してはならないこと。そして、責任ある国家が平和を守るために団結することは絶対に論理的で正しいことです。

Я вдячний вашій державі за принципову позицію у такий історичний момент. За реальну допомогу Україні. Ви стали першими в Азії, хто почав справді сильно тиснути на Росію для відновлення миру. Хто підтримав санкції проти Росії. І я закликаю вас продовжувати це робити.
私はあなたの州がそのような歴史的な瞬間にその原則的な立場をとってくれたことに感謝しています。ウクライナへの本当の助けのために。あなたはアジアで初めて、平和を回復するためにロシアに本当に圧力をかけました。ロシアに対する制裁を支持したのは誰か。そして、私はあなたにそうし続けることを強く勧めます。

Закликаю обʼєднувати зусилля держав Азії – ваших партнерів, щоб стабілізувати ситуацію. Щоб Росія шукала мир і зупинила цунамі свого жорстокого вторгнення в нашу державу, в Україну. Потрібне ембарго на торгівлю з Росією. Потрібно забирати компанії з російського ринку, щоб гроші не йшли на російську армію. Потрібно ще більше допомагати нашій державі, нашим захисникам, нашим воїнам, які зупиняють російські війська. Потрібно вже зараз починати думати про відбудову України. Про повернення життя у зруйновані Росією міста й на спустошені нею території.
状況を安定させるために、アジア諸国、あなたのパートナーの団結した努力を呼びかけます。ロシアが平和を求め、私たちの州であるウクライナへの残忍な侵略の津波を阻止すること。ロシアとの貿易の禁輸が必要です。お金がロシア軍に行かないように、ロシア市場から企業を撤退させる必要がある。私たちは、ロシア軍を阻止している私たちの国家、私たちの擁護者、私たちの兵士をさらに助ける必要があります。私たちは今、ウクライナの再建について考え始める必要があります。ロシアによって破壊された都市とそれによって荒廃した領土への生命の復活について。

Люди повинні повернутися туди, де вони жили. Де вони виросли. Де вони відчувають, що це – їхній дім. Їхня мала батьківщина. Я впевнений, ви розумієте це відчуття. Цю потребу, потребу повернення на свою землю.
人々は彼らが住んでいた場所に戻る必要があります。彼らが育った場所。彼らが感じるところは彼らの家です。彼らの小さな故郷。その気持ちはきっとご理解いただけると思います。この必要性、彼らの土地に戻る必要性。

Ми маємо напрацювати нові гарантії безпеки. Щоб можна було діяти превентивно і сильно кожного разу, коли виникає загроза для миру.
新しいセキュリティ保証を開発する必要があります。平和への脅威があるたびに予防的かつ強力に行動することが可能であること。

Чи можна зробити це на базі наявних міжнародних структур? Після такої війни – точно ні. Потрібно створювати нові інструменти. Нові гарантії. Які працюватимуть превентивно і сильно – проти будь-якої агресії. Які справді допоможуть. Лідерство Японії може стати незамінним у їхній розробці. Для України, для світу. Я пропоную це вам.
既存の国際構造に基づいてこれを行うことは可能ですか?そのような戦争の後-絶対にありません。新しいツールを作成する必要があります。新しい保証。これは予防的かつ強力に機能します-攻撃に対して。これは本当に役立ちます。日本のリーダーシップは、その発展に不可欠である可能性があります。ウクライナのために、世界のために。私はあなたにそれを提供します。

Щоб світ міг знову відчувати впевненість. У тому, яким буде завтрашній день. Що він буде, що він буде стабільним і мирним. Для нас, для майбутніх поколінь.
世界が再び自信を持てるように。明日はどうなるでしょう。彼がどうなるか、彼が安定して平和になるか。私たちにとって、将来の世代のために。

Пані та панове!
皆様!

Японський народе!
日本人!

Разом з вами ми здатні зробити багато. Навіть іще більше, ніж можемо уявити.
私たちはあなたとたくさんのことができます。想像以上に。

Я знаю, яка у вас блискуча історія розвитку. Як ви вмієте будувати і вмієте захищати гармонію. Керуватися принципами й цінувати життя. Захищати довкілля. Коріння цього – у вашій культурі. Яку українці по-справжньому люблять. Я говорю це не просто так, не голослівно. Це насправді так.
私はあなたがどんな素晴らしい歴史を持っているか知っています。ハーモニーを構築する方法と防御する方法をどのように知っているか。原則に導かれ、人生を大切にします。環境を守れ。これのルーツはあなたの文化にあります。どのウクライナ人が本当に好きか。私はこれをそのように言っているのではなく、根拠のないものではありません。これは実際には真実です。

Ще у 2019 році, буквально через півроку, як я став Президентом України, моя дружина Олена взяла участь у проекті для дітей з особливостями зору. У проекті зі створення аудіокнижок. І озвучила саме японські казки. Українською мовою. Бо вони зрозумілі для нас, для дітей. І це була лише крапля у величезному морі нашої уваги, української уваги, до вашого надбання.
私がウクライナの大統領に就任してから文字通り6か月後の2019年に、妻のオレナは視覚障害のある子供たちのためのプロジェクトに参加しました。オーディオブックを作成するプロジェクトで。そして、彼女は日本のおとぎ話を声に出しました。ウクライナ語で。彼らは私たちにとって、子供たちにとって明らかだからです。そして、これはあなたの財産への私たちの注意、ウクライナの注意の広大な海のほんの一滴でした。

У цінностях ми з вами схожі – попри шалену відстань між нашими країнами. Відстань, якої насправді не існує. Бо в нас однаково тепло у серцях. Завдяки спільним зусиллям, завдяки ще більшому тиску на Росію ми прийдемо до миру. І зможемо відбудувати нашу країну. Реформувати міжнародні інституції.
私たちは価値観においてあなたに似ています-私たちの国の間の狂った距離にもかかわらず。実際には存在しない距離。私たちにも同じように暖かい心があるからです。共同の努力のおかげで、ロシアへのさらなる圧力のおかげで、私たちは平和になります。そして、私たちは国を再建することができるでしょう。国際機関を改革する。

Впевнений, що Японія буде з нами тоді – так само, як і зараз. У нашій антивоєнній коаліції. У цей вирішальний час для всіх нас.
その時、日本は私たちと一緒にいると確信しています-今と同じように。私たちの反戦連合で。私たち全員にとってこの重要な時期に。

Дякую!
ありがとう!

Арігато газаймас!
ありがとガス!

Слава Україні!
ウクライナに栄光あれ!

Слава Японії!”
日本に栄光を!」

原文:https://np.pl.ua/2022/03/promova-volodymyra-zelenskoho-v-parlamenti-yaponii/
日本語は、グーグル翻訳 https://translate.google.com/

この記事ではウクライナ語と日本語を並べましたが、インターネットブラウザに自動翻訳のアドオンがあれば、ウクライナ語のウェブサイトの記事がそのまま日本語訳で読めました。

Промова Володимира Зеленського в парламенті Японії

 

参考

  1. 【ノーカット】ウクライナ ゼレンスキー大統領が国会で演説―― Ukrainian President Zelensky delivers speech at Japanese Diet 392,960 回視聴8 時間前にライブ配信  日テレNEWS (YOUTUBE動画)

 

 世間の反応

自分も思ったのですが、直接言及せずに、日本人が想起する言葉でかつ現在のウクライナが共有できるものをスピーチに埋め込んでうまくまとめられたものだったと思います。各国ごとにこのレベルでスピーチの草稿を作りこんでいるのだとしたら、かなり精密な仕事ができるチームが大統領についているんだろうなと想像します。


パックンは「基本的にスタート地点はアリストテレスが言った『お客様を知れ』っていう、この出発点からうまく研究を重ねて演説を行っている」と分析した。「今回の演説はそこまで露骨じゃないのが、逆に素敵だなと思った。具体的な事例に触れずに思い出させるテクニックがうまい」と称賛した。(パックン、ゼレンスキー大統領の演説に「具体的な事例に触れずに思い出させるテクニックがうまい」 3/23(水) 22:36配 スポニチアネックス )

 

ロシアのウクライナ侵攻

民間人の被害・死亡

「私は生きている 戦い続ける」爆撃で負傷も気力失わず ウクライナ国民は徹底抗戦(2022年3月2日) 2022/03/02 ANNnewsCH

  1. ウクライナ非常事態庁「民間人2000人以上死亡」ロシア侵攻 3/2(水) 21:51 日テレNEWS YAHOO!JAPAN ウクライナの非常事態庁は2日、ロシアによる軍事侵攻でこれまでに民間人2000人以上が死亡したと発表しました。
  2. ウクライナのサッカー選手2人がロシア軍による攻撃で死亡 1人は自宅が爆撃 3/2(水) 13:35 東スポWeb YAHOO!JAPAN 国際プロサッカー選手協会(FIFPro)が、ウクライナ人選手2人がロシアによる侵攻で死亡したと発表。「私たちの考えは、この戦争でサッカー界で最初に報告された犠牲である、若いウクライナのサッカー選手ビタリー・サピロ(21)とドミトロ・マルティネンコ(25)の家族、友人、チームメートにある。2人のご冥福をお祈り申し上げます」と声明を出した。‥ サピロは従軍し、キエフを防衛する部隊でロシア軍との戦闘により命を落とした ‥ マルティネンコは自宅が爆撃を受けて母親とともに亡くなった。

ゼレンスキー大統領

“秘密のシェルター”で「家族にも会えず」 ゼレンスキー大統領 取材中も爆撃が・・・(2022年3月2日) 2022/03/02 ANNnewsCH

 

プーチンの誤算

  1. ーチンは当初4日でウクライナを片付けるつもりだったようだ。しかし、そうは行かなかった。戦いは長引くだろう 二関吉郎 ワールド 2022年3月2日 水曜 午後2:04 FNNプライムオンライン 「6日前、ロシアのウラジミール・プーチンは自由社会の礎を揺さぶり、彼の意のままに屈しせしめようとした。しかし、彼は大きな計算違いをした」「彼は予想だにしなかった強固な壁にぶち当たったのだ。それはウクライナの人々だ」アメリカのバイデン大統領は、ワシントン時間の3月1日夜、日本時間の先程、時季外れの一般教書演説で、ウクライナ侵攻を決断したプーチン氏を非難するとともに、抵抗を続けるゼレンスキー大統領とウクライナ国民をこのように讃えた。

関連記事 ⇒ ウクライナ侵攻勝利宣言の誤報・誤配信によって明らかにされたプーチンの頭の中

ロシア経済への打撃

  1. ロシア強豪クラブの大富豪オーナーが破産寸前に 損失額は約1兆円か=ロシアメディアが報道 3/2(水) 21:18 東スポWeb YAHOO!JAPAN ロシア放送局「マッチTV」はウクライナ侵攻によって同国の金融市場が危機的状況となり、フェダン氏が副社長を務める石油会社「ルクオイル」の株が暴落したと指摘。関係者の話として「フェダンは彼の財産の80%を失った」と報じている。

中国の立場

  1. 中国は「苦しい立場」に ロシアのウクライナ侵攻で―米高官 2022年03月01日06時26分 JIJI.COM キャンベル氏は、ロシアの軍事侵攻に対し米国と同盟・友好国が結束を示していることを中国の指導者が「懸念している」と強調。

 

ウクライナ侵攻勝利宣言の誤報・誤配信によって明らかにされたプーチンの頭の中

ウクライナ侵攻が数日もかからずに完了すると考えていたプーチンは、勝利宣言の記事を準備していましたが、謝ってそれをウェブ上で自動配信してしまい、直後に慌てて削除しました。しかし、インターネットにアーカイブされたその記事は、下のリンクから読むことができます。

https://web.archive.org/web/20220226051154/https://ria.ru/20220226/rossiya-1775162336.html

26日朝8時に配信を予定し、実際に配信してしまったということは、ウクライナ侵攻が2日で完了すると考えていたのでしょうか。ロシア語原文と、グーグル翻訳を掲載します。

08:00 26.02.2022 Наступление России и нового мира

Петр Акопов Все материалы

Новый мир рождается на наших глазах. Военная операция России на Украине открыла новую эпоху — причем сразу в трех измерениях. И конечно, в четвертом, внутрироссийском. Тут начинается новый период и в идеологии, и в самой модели нашего социально-экономического строя — но об этом стоит поговорить отдельно чуть позже.

A new world is being born before our eyes. Russia’s military operation in Ukraine has ushered in a new era – and in three dimensions at once. And of course, in the fourth, internal Russian. Here begins a new period both in ideology and in the very model of our socio-economic system – but this is worth talking about separately a little later.

私たちの目の前に新しい世界が生まれています。ウクライナでのロシアの軍事作戦は、新しい時代の到来を告げました-そして一度に三次元で。そしてもちろん、4番目の内部ロシア語。ここで、イデオロギーと私たちの社会経済システムのまさにモデルの両方で新しい時代が始まります-しかし、これは少し後で別々に話す価値があります。

Россия восстанавливает свое единство — трагедия 1991 года, этой страшной катастрофы нашей истории, ее противоестественный вывих, преодолены. Да, большой ценой, да, через трагические события фактически гражданской войны, потому что сейчас пока еще стреляют друг в друга братья, разделенные принадлежностью к русской и украинским армиям, — но Украины как анти-России больше не будет.

Russia is restoring its unity – the tragedy of 1991, this terrible catastrophe in our history, its unnatural dislocation, has been overcome. Yes, at a great cost, yes, through the tragic events of a virtual civil war, because now brothers, separated by belonging to the Russian and Ukrainian armies, are still shooting at each other, but there will be no more Ukraine as anti-Russia.

ロシアはその団結を回復しつつあります-1991年の悲劇、私たちの歴史におけるこの恐ろしい大惨事、その不自然な混乱は克服されました。はい、かなりの費用がかかります、はい、実際の内戦の悲劇的な出来事を通して、ロシアとウクライナの軍隊に属することによって分けられた兄弟はまだお互いに撃っています-しかし、反としてウクライナはもうありません-ロシア。

Россия восстанавливает свою историческую полноту, собирая русский мир, русский народ вместе — во всей его совокупности великороссов, белорусов и малороссов. Если бы мы отказались от этого, позволили бы временному разделению закрепиться на века, то не только предали бы память предков, но и были бы прокляты нашими потомками — за то, что допустили распад Русской земли.

Russia is restoring its historical fullness, gathering the Russian world, the Russian people together – in its entirety of Great Russians, Belarusians and Little Russians. If we had abandoned this, if we had allowed the temporary division to take hold for centuries, then we would not only betray the memory of our ancestors, but would also be cursed by our descendants for allowing the disintegration of the Russian land.

ロシアは歴史的な充実感を取り戻しつつあり、ロシアの世界、ロシアの人々、つまり偉大なロシア人、ベラルーシ人、そして小さなロシア人全体を集めています。もし私たちがこれを放棄し、一時的な分裂を何世紀にもわたって定着させていたら、私たちは先祖の記憶を裏切るだけでなく、ロシアの土地の崩壊を許したために私たちの子孫によって呪われたでしょう。

Владимир Путин взял на себя — без капли преувеличения — историческую ответственность, решив не оставлять решение украинского вопроса будущим поколениям. Ведь необходимость его решения всегда оставалась бы главной проблемой для России — по двум ключевым причинам. И вопрос национальной безопасности, то есть создания из Украины анти-России и форпоста для давления на нас Запада, это лишь вторая по значимости среди них.

Vladimir Putin has assumed, without a drop of exaggeration, a historic responsibility by deciding not to leave the solution of the Ukrainian question to future generations. After all, the need to solve it would always remain the main problem for Russia – for two key reasons. And the issue of national security, that is, the creation of anti-Russia from Ukraine and an outpost for the West to put pressure on us, is only the second most important among them.

ウラジーミル・プチンは、ウクライナの問題の解決策を将来の世代に任せないことを決定することにより、誇張することなく、歴史的な責任を引き受けました。結局のところ、それを解決する必要性は、2つの主な理由から、ロシアにとって常に主要な問題であり続けるでしょう。そして、国家安全保障の問題、すなわち、ウクライナからの反ロシアの創設と、西側が私たちに圧力をかけるための前哨基地は、それらの中で2番目に重要なものにすぎません。

Первой всегда оставался бы комплекс разделенного народа, комплекс национального унижения — когда русский дом сначала потерял часть своего фундамента (киевскую), а потом вынужден был смириться с существованием двух государств уже не одного, а двух народов. То есть или отказаться от своей истории, согласившись с безумными версиями о том, что “только Украина это и есть настоящая Русь”, или же бессильно скрежетать зубами, вспоминая времена, когда “мы потеряли Украину”.

The first would always be the complex of a divided people, the complex of national humiliation – when the Russian house first lost part of its foundation (Kiev), and then was forced to come to terms with the existence of two states, not one, but two peoples. That is, either to abandon their history, agreeing with the insane versions that “only Ukraine is the real Russia,” or to gnash one’s teeth helplessly, remembering the times when “we lost Ukraine.”

最初のものは常に分裂した人々の複合体、国家の屈辱の複合体です-ロシアの家が最初にその基礎の一部を失ったとき(キエフ)、そして次に1つではなく2つの州の存在に同意することを余儀なくされました、しかし二人。つまり、彼らの歴史を捨てて、「ウクライナだけが本当のロシアである」という非常識なバージョンに同意するか、「私たちはウクライナを失った」時代を思い出して、どうしようもなく歯を食いしばる。

Вернуть Украину, то есть развернуть ее обратно к России, с каждым десятилетием было бы все сложнее — перекодировка, дерусификация русских и настраивание против русских малороссов-украинцев, набирала бы обороты. А в случае закрепления полного геополитического и военного контроля Запада над Украиной ее возвращение к России стало бы и вовсе невозможным — за нее пришлось бы воевать с атлантическим блоком.

Returning Ukraine, that is, turning it back to Russia, would be more and more difficult with every decade – recoding, de-Russification of Russians and inciting Ukrainian Little Russians against Russians would gain momentum. And in the event of the consolidation of the full geopolitical and military control of the West over Ukraine, its return to Russia would become completely impossible – it would have to fight for it with the Atlantic bloc.

ウクライナを返還すること、つまりロシアに戻すことは、10年ごとにますます困難になるでしょう-ロシア人の記録、非ロシア化、そしてロシア人に対するウクライナのリトルロシア人の扇動は勢いを増すでしょう。そして、ウクライナに対する西側の完全な地政学的および軍事的支配が強化された場合、ロシアへの復帰は完全に不可能になります-それは大西洋のブロックと戦わなければなりません。

Теперь этой проблемы нет — Украина вернулась к России. Это не значит, что будет ликвидирована ее государственность, но она будет переустроена, переучреждена и возвращена в свое естественное состояние части русского мира. В каких границах, в какой форме будет закреплен союз с Россией (через ОДКБ и Евразийский союз или Союзное государство России и Белоруссии)? Это будет решаться уже после того, как будет поставлена точка в истории Украины как анти-России. В любом случае — завершается период раскола русского народа.

Now this problem is gone – Ukraine has returned to Russia. This does not mean that its statehood will be liquidated, but it will be reorganized, re-established and returned to its natural state of part of the Russian world. Within what boundaries, in what form will the alliance with Russia be consolidated (through the CSTO and the Eurasian Union or the Union State of Russia and Belarus)? This will be decided after the end is put in the history of Ukraine as anti-Russia. In any case, the period of the split of the Russian people is coming to an end.

今、この問題はなくなりました-ウクライナはロシアに戻りました。これは、その国家が清算されることを意味するものではありませんが、再編成され、再確立され、ロシア世界の一部の自然な状態に戻されます。どのような境界内で、どのような形でロシアとの同盟が固定されますか(CSTOとユーラシア連合またはロシアとベラルーシの連合国を通じて)?これは、ウクライナの反露としての歴史に終止符が打たれた後に決定されるでしょう。いずれにせよ、ロシア国民の分裂期は終わりに近づいています。

И вот тут начинается второе измерение наступающей новой эпохи — оно касается отношений России с Западом. Даже не России, а русского мира, то есть трех государств, России, Белоруссии и Украины, выступающих в геополитическом плане как единое целое. Эти отношения вступили в новый этап — Запад видит возвращение России к своим историческим границам в Европе. И громко возмущается этому, хотя в глубине души должен признаться себе, что по-другому и быть не могло.

And here begins the second dimension of the coming new era – it concerns Russia’s relations with the West. Not even Russia, but the Russian world, that is, three states, Russia, Belarus and Ukraine, acting in geopolitical terms as a single whole. These relations have entered a new stage – the West sees the return of Russia to its historical borders in Europe. And he is loudly indignant at this, although in the depths of his soul he must admit to himself that it could not be otherwise.

そして、ここから来るべき新しい時代の第二の次元が始まります-それはロシアの西側との関係に関係しています。ロシアではなく、ロシアの世界、つまり、ロシア、ベラルーシ、ウクライナの3つの州が、地政学的に単一の全体として行動しています。これらの関係は新しい段階に入った-西側はロシアがヨーロッパの歴史的な国境に戻るのを見ている。そして彼はこれに大声で憤慨しているが、彼の魂の奥底では、他の方法ではあり得ないことを彼自身に認めなければならない。

Неужели кто-то в старых европейских столицах, в Париже и Берлине, всерьез верил в то, что Москва откажется от Киева? В то, что русские вечно будут разделенным народом? Причем в то же самое время, когда Европа объединяется, когда немецкие и французские элиты пытаются перехватить у англосаксов контроль над евроинтеграцией и собрать единую Европу? Забывая, что объединение Европы стало возможным только благодаря объединению Германии, которое произошло по русской доброй (пусть и не очень умной) воле. Замахнуться после этого еще и на русские земли — верх даже не неблагодарности, а геополитической глупости. Не было у Запада в целом, и уж тем более у Европы в отдельности, сил удержать в своей сфере влияния, а тем более забрать себе Украину. Чтобы не понимать этого, нужно было быть просто геополитическими дураками.

Did someone in the old European capitals, in Paris and Berlin, seriously believe that Moscow would give up Kyiv? That the Russians will forever be a divided people? And at the same time when Europe is uniting, when the German and French elites are trying to seize control of European integration from the Anglo-Saxons and assemble a united Europe? Forgetting that the unification of Europe became possible only thanks to the unification of Germany, which took place according to the good Russian (albeit not very smart) will. To swipe after that also on Russian lands is not even the height of ingratitude, but of geopolitical stupidity. The West as a whole, and even more so Europe in particular, did not have the strength to keep Ukraine in its sphere of influence, and even more so to take Ukraine for itself. In order not to understand this, one had to be just geopolitical fools.

パリとベルリンの古いヨーロッパの首都の誰かが、モスクワがキエフをあきらめるだろうと真剣に信じていましたか?ロシア人が永遠に分裂した人々になるということ?そして、ヨーロッパが団結しているのと同時に、ドイツとフランスのエリートがアングロサクソン人からヨーロッパ統合の支配権を握り、団結したヨーロッパを結成しようとしているのはいつですか?ヨーロッパの統一が可能になったのは、善良なロシア人の意志に従って行われたドイツの統一のおかげだということを忘れてしまいました。その後、ロシアの土地でもスワイプすることは、感謝の念の高さではなく、地政学的な愚かさです。西側全体、そして特にヨーロッパは、ウクライナをその勢力圏にとどめる力を持っていなかったし、ウクライナを自分自身のためにとらえる力もなかった。これを理解しないためには、地政学的な愚か者でなければなりませんでした。

Точнее, был только один вариант: сделать ставку на дальнейший развал России, то есть Российской Федерации. Но то, что он не сработал, должно было стать понятно еще двадцать лет назад. А уже пятнадцать лет назад, после Мюнхенской речи Путина, даже глухой мог услышать — Россия возвращается.

More precisely, there was only one option: to bet on the further collapse of Russia, that is, the Russian Federation. But the fact that it did not work should have been clear twenty years ago. And already fifteen years ago, after Putin’s Munich speech, even the deaf could hear – Russia is returning.

より正確には、唯一の選択肢がありました。それは、ロシアのさらなる崩壊、つまりロシア連邦に賭けることです。しかし、それが機能しなかったという事実は、20年前には明らかだったはずです。そして、すでに15年前、プーチンのミュンヘン演説の後、聴覚障害者でさえ聞くことができました-ロシアが戻ってきています。

Сейчас Запад пытается наказать Россию за то, что она вернулась, за то, что не оправдала его планы поживиться за ее счет, не дала расширить западное пространство на восток. Стремясь наказать нас, Запад думает, что отношения с ним имеют для нас жизненно важное значение. Но это давно уже не так — мир изменился, причем это прекрасно понимают не только европейцы, но и управляющие Западом англосаксы. Никакое западное давление на Россию ни к чему не приведет. Потери от возгонки конфронтации будут с обеих сторон, но Россия готова к ним морально и геополитически. А вот для самого Запада повышение градуса противостояния несет огромные издержки — и главные из них вовсе не экономические.

Now the West is trying to punish Russia for the fact that it returned, for not justifying its plans to profit at its expense, for not allowing the expansion of the western space to the east. Seeking to punish us, the West thinks that relations with it are of vital importance to us. But this has not been the case for a long time – the world has changed, and this is well understood not only by Europeans, but also by the Anglo-Saxons who rule the West. No amount of Western pressure on Russia will lead to anything. There will be losses from the sublimation of confrontation on both sides, but Russia is ready for them morally and geopolitically. But for the West itself, an increase in the degree of confrontation incurs huge costs – and the main ones are not at all economic.

現在、西側は、ロシアが戻ってきたという事実、その費用で利益を上げる計画を正当化しないこと、西側の空間を東に拡大することを許可しないことでロシアを罰しようとしています。西側は私たちを罰しようと努めており、それとの関係は私たちにとって極めて重要であると考えています。しかし、これは長い間当てはまりませんでした。世界は変化しました。これはヨーロッパ人だけでなく、西欧を支配するアングロサクソン人にもよく理解されています。ロシアに対する西側の圧力は、何にもつながりません。双方の対立の昇華による損失がありますが、ロシアは道徳的および地政学的にそれらの準備ができています。しかし、西側自体にとって、対立の程度の増加は莫大な費用を負担します-そして主要なものはまったく経済的ではありません。

Европа, как часть Запада, хотела автономии — немецкий проект евроинтеграции не имеет стратегического смысла при сохранении англосаксонского идеологического, военного и геополитического контроля над Старым Светом. Да и не может быть успешен, потому что англосаксам нужна подконтрольная Европа. Но получение автономии необходимо Европе и по другой причине — на тот случай, если Штаты перейдут к самоизоляции (в результате нарастания внутренних конфликтов и противоречий) или сосредоточатся на Тихоокеанском регионе, куда перемещается геополитический центр тяжести.

Europe, as part of the West, wanted autonomy – the German project of European integration does not make strategic sense while maintaining the Anglo-Saxon ideological, military and geopolitical control over the Old World. Yes, and it cannot be successful, because the Anglo-Saxons need a controlled Europe. But Europe needs autonomy for another reason as well — in case the States go into self-isolation (as a result of growing internal conflicts and contradictions) or focus on the Pacific region, where the geopolitical center of gravity is moving.

ヨーロッパは、西側の一部として、自治を望んでいました。ヨーロッパ統合のドイツのプロジェクトは、旧世界に対するアングロサクソン人の思想的、軍事的、地政学的な支配を維持しながら、戦略的に意味がありません。はい、そしてそれは成功することはできません。なぜなら、アングロサクソン人は統制されたヨーロッパを必要としているからです。しかし、ヨーロッパは別の理由でも自治を必要としています。国家が(内部紛争や矛盾の拡大の結果として)自己孤立したり、地政学的な重心が移動している太平洋地域に焦点を合わせたりした場合に備えて。

Но конфронтация с Россией, в которую втягивают Европу англосаксы, лишает европейцев даже шансов на самостоятельность — не говоря уже о том, что точно так же Европе пытаются навязать разрыв с Китаем. Если сейчас атлантисты радуются тому, что “русская угроза” сплотит западный блок, то в Берлине и Париже не могут не понимать, что, потеряв надежду на автономию, европейский проект просто рухнет в среднесрочной перспективе. Именно поэтому самостоятельно мыслящие европейцы сейчас совершенно не заинтересованы в строительстве нового железного занавеса на своих восточных границах — понимая, что он превратится в загон именно для Европы. Чей век (точнее полтысячелетия) глобального лидерства в любом случае закончен — но различные варианты ее будущего все еще возможны.

But the confrontation with Russia, into which the Anglo-Saxons are dragging Europe, deprives Europeans of even the chance of independence — not to mention the fact that they are trying to force a break with China in the same way on Europe. If now the Atlanticists are happy that the “Russian threat” will unite the Western bloc, then in Berlin and Paris they cannot fail to understand that, having lost hope for autonomy, the European project will simply collapse in the medium term. That is why independent-minded Europeans are now completely uninterested in building a new iron curtain on their eastern borders – realizing that it will turn into a corral for Europe. Whose century (more precisely, half a millennium) of global leadership is over in any case – but various options for its future are still possible.

しかし、アングロサクソン人がヨーロッパを引きずっているロシアとの対立は、ヨーロッパ人に独立のチャンスさえも奪い、ヨーロッパで同じように中国との決別を強制しようとしているという事実は言うまでもありません。今や大西洋主義者が「ロシアの脅威」が西側諸国を団結させることに満足しているなら、ベルリンとパリでは、自治への希望を失い、ヨーロッパのプロジェクトは中期的に崩壊することを理解しなければならない。そのため、独立心のあるヨーロッパ人は、東の国境に新しい鉄のカーテンを建てることにまったく関心がなく、ヨーロッパの囲いに変わることを認識しています。いずれにせよ、その世紀(より正確には半千年)のグローバルリーダーシップは終わったが、その将来のためのさまざまな選択肢はまだ可能である。

Потому что строительство нового миропорядка — и это третье измерение нынешних событий — ускоряется, и его контуры все четче проступают через расползающийся покров глобализации по-англосаксонски. Многополярный мир окончательно стал реальностью — операция на Украине не способна сплотить против России никого, кроме Запада. Потому что остальной мир прекрасно видит и понимает — это конфликт России и Запада, это ответ на геополитическую экспансию атлантистов, это возвращение Россией своего исторического пространства и своего места в мире.

Because the construction of a new world order – and this is the third dimension of current events – is accelerating, and its contours are more and more clearly visible through the spreading cover of Anglo-Saxon globalization. A multipolar world has finally become a reality – the operation in Ukraine is not capable of rallying anyone but the West against Russia. Because the rest of the world sees and understands perfectly well – this is a conflict between Russia and the West, this is a response to the geopolitical expansion of the Atlanticists, this is Russia’s return of its historical space and its place in the world.

新しい世界秩序の構築-そしてこれは現在の出来事の三次元である-が加速しているので、その輪郭はアングロサクソンのグローバリゼーションの広がりを通してますますはっきりと見えるようになっています。多極世界がついに現実のものになりました-ウクライナでの作戦は、ロシアに対して西側以外の誰も結集することができません。世界の他の地域は完全によく見て理解しているので、これはロシアと西側の間の紛争であり、これは大西洋主義者の地政学的拡大への対応であり、これはロシアの歴史的空間と世界での位置の復活です。

Китай и ИндияЛатинская Америка и Африка, исламский мир и Юго-Восточная Азия — никто не считает, что Запад руководит мировым порядком и уж тем более устанавливает правила игры. Россия уже не просто бросила вызов Западу — она показала, что эпоху западного глобального господства можно считать полностью и окончательно законченной. Новый мир будет строиться всеми цивилизациями и центрами силами, естественно, вместе с Западом (единым или нет) — но не на его условиях и не по его правилам.

China and India, Latin America and Africa, the Islamic world and Southeast Asia – no one believes that the West leads the world order, much less sets the rules of the game. Russia has not only challenged the West, it has shown that the era of Western global domination can be considered completely and finally over. The new world will be built by all civilizations and centers of power, naturally, together with the West (united or not) – but not on its terms and not according to its rules.

中国とインド、ラテンアメリカとアフリカ、イスラム世界と東南アジア-西側が世界秩序を担当しているとは誰も信じていません。ましてやゲームのルールを定めているわけではありません。ロシアは西側に挑戦しただけでなく、西側の世界的支配の時代が完全にそしてついに終わったと考えられることを示した。新しい世界は、すべての文明と権力の中心によって、当然のことながら、西側(団結しているかどうかにかかわらず)と一緒に構築されますが、その条件ではなく、その規則に従っていません。

キエフの幽霊 (The Ghost of Kyiv) :MiG-29戦闘機を操りロシア敵機を撃墜するウクライナ空軍の英雄パイロット

キエフの幽霊とは

 

Mig-29の装備

キエフの幽霊が与えてくれる勇気

キエフの幽霊への想い

キエフの幽霊に思うこと

キエフの幽霊という空軍エースパイロットの話は、都市伝説に過ぎないという見方が多いのですが、自分は本当であってほしいと思います。この話を聞くと本当に心が苦しくなります。

原爆を作り、落としたアメリカ人科学者ハロルド・アグニュー (Harold M. Agnew)博士(1921-2013)が60年後に広島に来て語ったこと

ハロルド・アグニュー (Harold M. Agnew)博士は、2005年のBBCのインタビューで「アメリカの核兵器の約4分の3はロスアラモスで私の指揮の下設計された。私の遺産です。」と語ったそうです(参照:ウィキペディア)。

アグニュー氏は、広島に原爆を投下した戦闘爆撃機B-29「エノラ・ゲイ」とともに科学観測目的で同行していたB-29「グレイト・アーティスト」に搭乗し、原爆投下直後の空からの写真を撮影しました(参照:ウィキペディア)。

Harold Agnew’s Footage of the Atomic Strike Against Hiroshima

その時の私の正直な気持ちは、「日本人は当然の報いを受けた」というものでしたし、今でもその気持ちに変わりはありません。

My honest feeling at the time was that they deserved it, and as far as I am concerned that is still how I feel today. (The men who bombed Hiroshima By Matthew Davis BBC News, Washington updated at 10:07 GMT, Thursday, 4 August 2005 11:07 UK )

 

【アーカイブ】原爆を開発、投下に同行、映像撮影したアグニュー博士と被爆者の対話の一部始終(2005年放送)

上の動画で、対談している被爆者の男性が、謝罪をして欲しいとお願いしたときに、通訳からそれを聞いた瞬間、アグニュー氏「自分は謝らない。彼が謝るべきだ。」と感情的になっていました。

アグニュー氏の考えでは、一般市民であっても戦争に何らかの形で加担しているのだから、原爆のような無差別な大量殺戮も正当化されるようです。

  1. The men who bombed Hiroshima

「誰かを非難したいのなら、あんなことをした日本軍を非難すべきです。」(~11:29)

「私が思うに、銃弾で死のうが爆発物で死のうが原子爆弾で死のうが通常の爆弾で死のうが、死ぬときは死ぬんです。死ぬのは、ひどいもんです。あなたがた(インタビュー相手の被爆者の二人)はある意味、幸運です。あなたがたは生き延びたが、多くの人は死んだのですから。」(~12:28)

 

参考

  1. Harold Agnew’s Interview (1992) Voices of the Manhattan Project
  2. Harold Agnew, physicist, atomic bomb Everyman PNAS November 26, 2013 110 (48) 19179-19180.
  3. LA-UR-15-23148 (Accepted Manuscript) Harold M. Agnew, 1921-2013. Schwarz, Ricardo Blum Los ALamos
  4. Harold Agnew, head of atomic laboratory, dies at 92 By Elaine Woo October 2, 2013 The Washington Post

1945年8月6日 アメリカが広島に原子爆弾を投下した日

World’s First Atomic Bomb – Manhattan Project Documentary – Films

「はだしのゲン」の被爆体験

Peter Jennings – Hiroshima: Why the Bomb was Dropped (1995)

 

参考

  1. Voices of the Manhattan Project: “A public archive of our oral history collections of Manhattan Project veterans and their families. Our online collection features 400 audio/visual interviews with Manhattan Project workers and their families, including J. Robert Oppenheimer, General Leslie R. Groves, Glenn Seaborg, Hans and Rose Bethe, George and Vera Kistiakowsky, and many more.”

 

報道

  1. 広島原爆の日のあいさつでも黙殺…安倍首相の「核兵器禁止条約」拒否姿勢の裏に核兵器保有願望が (リテラ 2017.08.06)
  2. 被爆者「満腔の怒りで抗議」 核禁止条約に首相触れず (朝日新聞 DIGITAL 2017年8月6日21時23分):”核兵器禁止条約の歴史的採択から初めて迎えた、広島原爆の日。しかし安倍晋三首相は6日の平和記念式典で、条約には一切触れなかった。”
  3. きょう72年 広島原爆の日 核兵器のない世界を (NHK NEWS WEB 8月6日 4時00分):”6日の平和記念式典は安倍総理大臣や世界80か国の代表が参列し、午前8時から始まります。式典ではこの1年間に亡くなった人や新たに死亡が確認された人5530人の名前が書き加えられた、30万8725人の原爆死没者名簿が原爆慰霊碑に納められます。”
  4. 6日、広島原爆の日=72回目「核禁止条約、橋渡しを」(時事ドットコムニュース 2017/08/05-20:15):”被爆者健康手帳を持つ人は今年3月末時点で16万4621人。平均年齢は81.41歳で、昨年より0.55歳高くなった。 式典では、この1年に死亡が確認された5530人の名前を記した原爆死没者名簿を慰霊碑に納める。犠牲者は30万8725人となった。”

学術フォーラム「安全保障と学術の関係」開催

日本学術会議主催の学術フォーラム「安全保障と学術の関係:日本学術会議の立場」が平成29年2月4日に日本学術会議講堂で開催されました。

(引用元:プログラム

総合司会 大政 謙次(日本学術会議第二部会員、東京大学名誉教授、愛媛大学大学院農学研究科客員教授、高知工科大学客員教授)

13:00-13:05 開会挨拶 挨拶 大西 隆(日本学術会議会長・第三部会員、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授)

<第Ⅰパート:委員会中間とりまとめの状況報告>
13:00-13:05 開会挨拶 挨拶 大西 隆(日本学術会議会長・第三部会員、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授)
13:05-13:35 委員会中間とりまとめの状況報告 杉田 敦(日本学術会議第一部会員、法政大学法学部教授)

<第Ⅱパート:日本学術会議の内外の意見> 進行 小松 利光(日本学術会議第三部会員、九州大学名誉教授)
13:35-13:50 (演題調整中)兵藤 友博(日本学術会議第一部会員、立命館大学経営学部教授)
13:50-14:05 「学術研究のために」という視点 須藤 靖(日本学術会議第三部会員、東京大学大学院理学系研究科教授)
14:05-14:20 (演題調整中)佐野 正博(日本学術会議連携会員、明治大学経営学部教授)
14:20-14:35 軍民両用(デュアルユース)研究とは何か-科学者の使命と責任について 福島 雅典(日本学術会議連携会員、財団法人先端医療振興財団臨床研究情報センター長(兼)研究事業統括)
14:35-14:50 防衛技術とデュアルユース(予定)西山 淳一(公益財団法人未来工学研究所 政策調査分析センター研究参与)
14:50-15:05 安全保障と学術について(予定)根本 清樹(朝日新聞社論説主幹)

<第Ⅲパート:総合討論>進行 杉田 敦(日本学術会議第一部会員、法政大学法学部教授)
15:20-16:55 総合討論(学術フォーラム参加者と安全保障と学術に関する検討委員会委員による質疑応答)
16:55-17:00 閉会挨拶 挨拶 花木 啓祐(日本学術会議副会長・第三部会員、東京大学大学院工学系研究科教授)
17:00 閉会

報道

  1. 軍事的な研究と大学の関わり 公開討論会 (NHK NEWS WEB 2月4日 20時31分):”防衛省が大学などの研究機関に研究資金を提供する制度を始めたことをきっかけに、安全保障技術など軍事的な研究と大学などとの関わり方について議論している「日本学術会議」が4日、公開討論会を開きました。”
  2. <学術会議>「軍事研究拒否」声明堅持を 都内でフォーラム (BIGLOBE ニュース/毎日新聞2月4日(土)20時4分):”… 防衛省が公募で資金を提供する安全保障技術研究推進制度に対しては「政府による研究への介入の度合いが大きい」と慎重な姿勢を示した。 その間、政府は来年度予算案で同制度について今年度の6億円から一気に18倍となる110億円に拡大。…”
  3. 軍事研究「反対」大多数=防衛省資金提供に懸念-学術会議公開フォーラムで科学者ら (時事ドットコムニュース):”日本学術会議は4日、大学などの研究機関が軍事研究とどう向き合うかを議論する公開フォーラムを東京都港区の同会議講堂で開いた。大学教授や市民ら200人以上が参加し、議論では軍事研究に反対する意見が大多数を占めた。”
  4. 日本学術会議が軍事研究めぐりシンポ 「世界中から不信感持たれる」「平和哲学ない科学技術は凶器だ」と反対意見が大勢占め… (産経ニュース 2017.2.4 21:51):”軍事的な研究は行わないとした過去の声明を見直すかどうか検討している日本学術会議は4日、有識者や一般から意見を聞くシンポジウムを都内で開催した。”
  5. 大学が軍事研究、反対意見相次ぐ 日本学術会議シンポ (朝日新聞 2017年2月4日21時28分):”… 続いて意見表明を申し出て講演した科学史、技術戦略、物理学、医学の各分野の4人とメディア代表の1人が中間とりまとめを支持。一方、未来工学研究所政策調査分析センター研究参与の西山淳一氏はミサイル開発の経験から軍民両用研究に理解を求めた。” (全文を読むには登録が必要)

参考(参加者の研究分野)

  1. 立命館大学 経営学部 経営学科 兵藤 友博 教授 研究テーマ(1)科学技術政策に関する史的考察 (2)科学と産業技術の現代的相互交渉に関する考察 (3)技術革新に関する比較研究 (4)戦後核兵器開発に関する研究
  2. 東京大学大学院理学系研究科 須藤 靖 教授  研究テーマ 観測的宇宙論、太陽系外惑星探査
  3. 明治大学経営学部 佐野 正博 教授 科研費研究テーマ] 「現代企業の技術戦略と技術の社会的展開に対する技術史的・技術論的アプローチ」(1996-1998年)
  4. 福島 雅典 先端医療振興財団 臨床研究情報センター長 過去四半世紀にわたって一貫して、がんの内科医として、がんの標準治療の実践とその普及につとめるとともに、わが国の医療の民主化ーインフォームドコンセント、セカンドオピニオンの確立と普及、薬害防止のための科学の確立・普及と実践、医療の科学的基盤の構築整備ならびに臨床科学の確立と普及に貢献し、現在もその活動を鋭意続けている。
  5. 西山 淳一 未来工学研究所 政策調査分析センター研究参与 <専門分野> 航空宇宙技術、防衛産業、国際安全保障

日本学術会議のウェブサイト

  1. 日本学術会議 公開講演会・シンポジウム等開催予定表/2017年実施結果 2017/2/4(土)13:00-17:00 日本学術会議主催学術フォーラム「安全保障と学術の関係:日本学術会議の立場」     日本学術会議講堂 東京都港区六本木7-22-34
  2. 日本学術会議 安全保障と学術に関する検討委員会
  3. 日本学術会議 提言・報告等【声明】 1967-10-20 軍事目的のための科学研究を行なわない声明 第49回総会
  4. 日本学術会議 提言・報告等【1950年(昭和25年)】 1950/4/28 声明 戦争を目的とする科学の研究には絶対従わない決意の表明 第6回総会
  5. 日本学術会議 提言・報告等【1949年(昭和24年)】 1949/1/22 声明 日本学術会議の発足にあたって科学者としての決意表明

 

昭和42年10月20日 第49回総会
われわれ科学者は、真理の探究をもって自らの使命とし、その成果が人類の福祉増進のため役立つことを強く願望している。しかし、現在は、科学者自身の意図の如何に拘らず科学の成果が戦争に役立たされる危険性を常に内蔵している。その故に科学者は自らの研究を遂行するに当って、絶えずこのことについて戒心することが要請される。
今やわれわれを取りまく情勢は極めてきびしい。科学以外の力によって、科学の正しい発展が阻害される危険性が常にわれわれの周辺に存在する。近時、米国陸軍極東研究開発局よりの半導体国際会議やその他の個別研究者に対する研究費の援助等の諸問題を契機として、われわれはこの点に深く思いを致し、決意を新たにしなければならない情勢に直面している。既に日本学術会議は、上記国際会議後援の責任を痛感して、会長声明を行った。
ここにわれわれは、改めて、日本学術会議発足以来の精神を振り返って、真理の探究のために行われる科学研究の成果が又平和のために奉仕すべきことを常に念頭におき、戦争を目的とする科学の研究は絶対にこれを行わないという決意を声明する。

 

昭和25年4月28日 日本学術会議第6回総会
戦争を目的とする科学の研究には絶対従わない決意の表明(声明)
日本学術会議は,1949年1月,その創立にあたつて,これまで日本の科学者がとりきたつた態度について強く反省するとともに科学文化国家,世界平和の礎たらしめようとする固い決意を内外に表明した。
われわれは,文化国家の建設者として,はたまた世界平和の使として,再び戦争の惨禍が到来せざるよう切望するとともに,さきの声明を実現し,科学者としての節操を守るためにも,戦争を目的とする科学の研究には,今後絶対に従わないというわれわれの固い決意を表明する。

 

昭和24年1月22日 日本学術会議第1回総会
日本学術会議の発足にあたつて科学者としての決意表明(声明)
われわれは,ここに人文科学及び自然科学のあらゆる分野にわたる全国の科学者のうちから選ばれた会員をもつて組織する日本学術会議の成立を公表することができるのをよろこぶ。そしてこの機会に,われわれは,これまでわが国の科学者がとりきたつた態度について強く反省し,今後は,科学が文化国家ないし平和国家の基礎であるという確信の下に,わが国の平和的復興と人類の福祉増進のために貢献せんことを誓うものである。そもそも本会議は,わが国の科学者の内外に対する代表機関として,科学の向上発達を図り,行政,産業及び国民生活に科学を反映浸透させることを目的とするものであつて,学問の前面にわたりそのになう責務は,まことに重大である。されば,われわれは,日本国憲法の保障する思想と良心の自由,学問の自由及び言論の自由を確保するとともに,科学者の総意の下に,人類の平和のためあまねく世界の学界と連携して学術の進歩に寄与するよう万全の努力を傾注すべきことを期する。
 ここに本会議の発足に当つてわれわれの決意を表明する次第である。

防衛省のウェブサイト

  1. 防衛省 安全保障技術研究推進制度(競争的資金制度) 安全保障技術研究推進制度について 防衛省では、装備品への適用面から着目される大学、独立行政法人の研究機関や企業等における独創的な研究を発掘し、将来有望な研究を育成するために、競争的資金制度※である安全保障技術研究推進制度を実施しています。本制度は、防衛省が掲げた研究テーマに対して、広く外部の研究者の方からの技術提案を募り、優れた提案に対して研究を委託するものです。得られた成果については、防衛省が行う研究開発フェーズで活用することに加え、デュアルユースとして、委託先を通じて民生分野で活用されることを期待しています。
  2. 安全保障技術研究推進制度の平成27年度採択研究課題について 防衛省 平成27年9月25日 平成27年7月8日(水)から平成27年8月12日(水)までの間、本制度の公募を行ったところ、109件の応募がありましたが、外部の専門家により構成する安全保障技術研究推進委員会の審査を経て、この度、次のとおり採択研究課題が決定しましたのでお知らせいたします。1 平成27年度採択研究課題 採択研究課題数 9件
  3. 防衛装備庁 安全保障技術研究推進制度

大学の声明

東京大学における軍事研究の禁止について
学術における軍事研究の禁止は、政府見解にも示されているような第二次世界大戦の惨禍への反省を踏まえて、東京大学の評議会での総長発言を通じて引き継がれてきた、東京大学の教育研究のもっとも重要な基本原則の一つである。この原理は、「世界の公共性に奉仕する大学」たらんことを目指す東京大学憲章によっても裏打ちされている。

日本国民の安心と安全に、東京大学も大きな責任を持つことは言うまでもない。そして、その責任は、何よりも、世界の知との自由闊達な交流を通じた学術の発展によってこそ達成しうるものである。軍事研究がそうした開かれた自由な知の交流の障害となることは回避されるべきである。
軍事研究の意味合いは曖昧であり、防御目的であれば許容されるべきであるという考え方や、攻撃目的と防御目的との区別は困難であるとの考え方もありうる。また、過去の評議会での議論でも出されているように、学問研究はその扱い方によって平和目的にも軍事目的にも利用される可能性(両義性:デュアル・ユース)が、本質的に存在する。実際に、現代において、東京大学での研究成果について、デュアル・ユースの可能性は高まっていると考えられる。
このような状況を考慮すれば、東京大学における軍事研究の禁止の原則について一般的に論じるだけでなく、世界の知との自由闊達な交流こそがもっとも国民の安心と安全に寄与しうるという基本認識を前提とし、そのために研究成果の公開性が大学の学術の根幹をなすことを踏まえつつ、具体的な個々の場面での適切なデュアル・ユースのあり方を丁寧に議論し対応していくことが必要であると考える。
平成27年1月16日
東京大学総長 濱田 純一
東京大学における軍事研究の禁止について 東京大学 2015年01月16日掲載

その他

  1. 軍と学の接近と学問の自由~その歴史と今~ 名古屋大学名誉教授 池内 了 2016年1月8日付 (長周新聞):”… 2013年12月に安倍首相が「2014年防衛大綱」「国家安全保障戦略」、この二つを閣議決定した。このなかに書かれているのが「大学や研究機関との連携の充実により防衛にも応用可能な民生技術(デュアルユース技術)の積極的な活用に努める」という文書だ。…2014年5月にImPACT(革新的研究開発推進プログラム)が創設された。これは総合科学技術・イノベーション会議というところが5年間で500億円のお金を出して、日本の国の産業力を高めて、非常にハイリスクであるが将来性のある研究開発をおこなう。募集要項の初めの部分に「DARPAを参考にする」と書いてある。… 「安全保障技術研究推進制度」が2015年から始まった。昨年の予算は3億円で2016年の予算は6億円といわれている。このやり方はまず防衛省からのテーマを提示する。…審査結果は応募総数が109件で、採択が9件。10倍以上の競争率だ。非常に高い。大学が58件出して4件通った。ここに東工大、豊橋技術科学大学、東京電機大学、神奈川工大が入っている。…公的研究機関として出したのは22件で通ったのは3件。JAXA、JAMSTEC、理研だが、この3件とも技術交流ですでに防衛省と研究、アイディアの交換をしている。企業が29件出して2件。…「国公立試験研究機関の研究者アンケート」で、36%が軍事研究に賛成している。…今国立大では予算が非常に逼迫している。研究費が1年で20万円とかになると、研究費をとるためにはなんでもしてやろうとなる。研究費のためなら軍事応用でも構わないとなって、軍事研究に繋がっていく。研究費の困窮につけ込んで軍事研究に誘い込む。これを研究者版「経済的徴兵制」といっている。…”
  2. デュアルユース技術の推進がイノベーションを起こすー防衛装備庁シンポジウムで講演 (Huffington Post 投稿日: 2015年12月06日 14時45分 JST):”東京・市ヶ谷で開催された防衛装備庁技術シンポジウム2015で、11月11日、政策研究大学院大学の角南篤教授が、「デュアルユース政策 デュアルユース・イノベーションシステムの構築に向けて」とした講演を行った。”
  3. ノーベル賞の中村修二氏、「アメリカの市民権」を取った理由を語る (withnews 2014年10月18日):”「アメリカの大学教授のする仕事は、研究費を集めることなんですよ。大学は1円(ドル)も出さない、自分で全部現金をとってこないといけない。学生にも給料をやらなきゃいけない。私のところだと年間1億円要るんですけどね、全部自分で集めないといけない。 で、その研究費の半分以上はだいたい軍から来るんですよ。それで、軍のお金をもらう人はアメリカのシチズンシップ(市民権)ないとお金もらえないんですよ。軍は機密でしょ?(支給の対象が)アメリカ人だけなんですよ。 アメリカ人以外のパスポートの人は全部排除されるんですよ、お金もできない、研究もできない。だから(米国で)大学教授として生きるためにはアメリカのシチズンシップもってないとダメなんですよ。取ってないと研究費も集まらないし、研究もできないから。だから、そういう意味で2005、6年ごろに(米国市民権を)取ったんですよ」”

零式艦上戦闘機(ゼロ戦)が復元され日本の空へ

1970年代にパプアニューギニアで見つかり、約10年かけて復元された零式艦上戦闘機「ゼロ戦」が、2016年1月27日についに実際に日本の空を飛びました。このゼロ戦の所有者は石塚政秀さんで、この機体はアメリカ人オーナーから購入しましました。このテスト飛行の操縦桿を握­ったのは、アメリカ人のスキップ・ホルム氏(72)。

零戦、日本の大空に再び=爆音響かせ天高く舞う雄姿-海自鹿屋基地

 

参考

  1. 【動画】復元ゼロ戦 空へ(KTS 鹿児島テレビ 2016年01月27日)
  2. 大空のサムライ 坂井三郎氏 零戦を語る
  3. 零戦 世界最強の伝説 (2004年)
  4. 零戦里帰プロジェクト(株式会社ゼロエンタープライズ・ジャパン)