ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)から流出した内部文書3万点と電子メール17万3千通をウィキリークスが公開

ウィキリークスは、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)から流出した内部文書3万点と電子メール17万3千通を2015年4月16日にウェブサイトで公開しました。これらの文書や電子メールは、キーワード検索可能になっています。 ジュリアン・アサンジュ代表は「影響力のある多国籍企業がどのように動いているのかを知ることができる。これはみなが共有する財産だ」とのコメントを出した。(朝日新聞DIGITAL) Today, 16 April 2015, WikiLeaks publishes an analysis and search system for The Sony Archives: 30,287 documents from Sony Pictures Entertainment (SPE) and 173,132 emails, to and from more than 2,200 SPE email addresses. (https://wikileaks.org/sony/press/) SPEは声明で、サイバー攻撃が悪意のある犯罪行為だったと指摘。流出した社員情報や非公開情報を検索可能にしたことを強く非難する、とした。(ロイター/ハフィントンポスト2015年04月17日) 参考 ウィキリークス、ソニー子会社の流出文書公開 約3万点(朝日新聞DIGITAL 2015年4月17日):”内部告発サイト「ウィキリークス」は16日、昨年11月に北朝鮮に関係するとみられるハッカー集団によって大量に流出したソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)の内部文書約3万点を自らのサイト上で公開した。” ソニー・ピクチャーズがウィキリークス非難、流出文書ネット公開で(ロイター/ハフィントンポスト 2015年04月17日)