アメリカ政府が日本を盗聴~ウィキリークスが公表

      2016/06/09

targettokyo

“… The lesson for Japan is this: do not expect a global surveillance superpower to act with honour or respect. There is only one rule: there are no rules.” (Julian Assange)

参考

  1. WikiLeaks Target Tokyo Today, Friday 31 July 2015, 9am CEST, WikiLeaks publishes “Target Tokyo”, 35 Top Secret NSA targets in Japan including the Japanese cabinet and Japanese companies such as Mitsubishi, together with intercepts relating to US-Japan relations, trade negotiations and sensitive climate change strategy. The list indicates that NSA spying on Japanese conglomerates, government officials, ministries and senior advisers extends back at least as far as the first administration of Prime Minister Shinzo Abe, which lasted from September 2006 until September 2007. The telephone interception target list includes the switchboard for the Japanese Cabinet Office; the executive secretary to the Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga; a line described as “Government VIP Line”; numerous officials within the Japanese Central Bank, including Governor Haruhiko Kuroda; the home phone number of at least one Central Bank official; numerous numbers within the Japanese Finance Ministry; the Japanese Minister for Economy, Trade and Industry Yoichi Miyazawa; the Natural Gas Division of Mitsubishi; and the Petroleum Division of Mitsui.
  2. 米の日本盗聴、個人宅も対象か 優先度つけ分類 (朝日新聞DIGITAL2015年8月1日):”ウィキリークスは、NSAのデータから日本国内の盗聴対象を抽出したとする電話番号のリストを公表した。ターゲットは内閣府や経済産業省などの省庁や日本銀行、大手民間企業にも及んでいる。”
  3. 米NSA、日本の内閣や各省庁、三菱などを盗聴か:Wikileaksが暴露(THE NEW CLASSIC 最終更新日:2015.08.01 / 公開日:2015.07.31):”またオーストラリアのTHE SATURDAY PAPERは、盗聴リストに菅官房長官や日銀・黒田東彦総裁などの番号が含まれていたことも報じている。”
  4. 日本盗聴:米、説明避ける「反応しない」 欧州と対応に差(毎日新聞 2015年08月01日 東京夕刊):”NSAによる同盟国も含む諸外国の盗聴は、13年に米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者の情報などを元に各国で大きく報道された。対象とされた独仏など欧州諸国やブラジルなどは強く反発。公に米国を非難して説明を要求したり、首脳の訪米を見合わせたりした。NSAはメルケル独首相の携帯電話を盗聴していたとの疑惑もあり、オバマ氏は同年10月、「独首相の通信傍受をしない」と電話でメルケル氏に約束した。”

 - インターネット・セキュリティとプライバシー