稲盛 和夫(1932年(昭和7年)1月21日- )

「ザ・リーダー」12月31日(土)放送 京セラ 創業者 稲盛 和夫 2017/01/16 MBS(毎日放送)

 

会社の研究での成功

「研究室で実験漬けの暮らしをしよう。厳しい環境から逃げずに、逆にそこに自分を追い込もう」 決意も新たに、私は鍋、釜、七輪などの自炊道具を研究室に持ち込んで泊まり込み、朝から深夜まで研究に心血を注いだのです。すると、不思議なことに、すばらしい実験結果がでるようになったのです。(稲盛和夫『ど真剣に生きる』66ページ)

 

妻との馴れ初めと結婚

当時の私は会社に寝泊まりして研究に没頭するあまり、食事をしたりしなかったりと、不規則な生活が続いていました。あるとき、ふと私の机の上を見ると、弁当が置いてあります。(稲盛和夫『ど真剣に生きる』 68~69ページ)

 

嫁入道具一式そろえた娘さんに、まだ海のものとも、山のものとも分からぬ一人の男が、結婚を申し込み、承諾を得るのだから、いかにそこに熱意があり、誠心があふれ、人を感動させる力があったかがうかがわれる。昭和33年12月13日、稲盛は松風を退社した。翌14日、松風で先輩の北大路李正を媒酌人とし、蹴上(けあげ)の京都市庁公舎で稲盛と朝子さんは結婚式を挙げた。(稲盛和夫の結婚記念日2018/12/15 kyocera.co.jp

NECの生体認証システム Bio-IDiom

NECの生体認証システム Bio-IDiomのTV CM

生体認証 Bio-IDiom「Same Face Girls」篇 [NEC公式]

生体認証(バイオメトリクス)とは

  1. 生体認証(バイオメトリクス)とは、人間の身体的または行動的特徴を用いて個人認証する仕組みです。NECは1970年代からいち早く生体認証の研究に取り組み、世界をリードし続けてきました。現在、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響の6つの生体認証技術を有しており、いずれも世界トップクラスもしくはNEC独自の技術です。NECでは、これらの生体認証を「Bio-IDiom(バイオイディオム)」と称し、さまざまなニーズやシーンに応じて使い分け、ときには組み合わせることで、最適なソリューションを提案します。(NEC)

 

虹彩認証とは

  1. 「虹彩認証」時代、始まる!! 意外と知らない虹彩認証のスゴさとは? TIME&SPACE 太田 穣2017/05/23

指紋認証とは

  1. 99.999%の識別力!!「指紋認証」ってどんな仕組み? TIME&SPACE 太田 穣 2016/06/01
  2. 指紋認証のしくみ (NEC)

声認証とは

  1. 認証方式には特定のフレーズの音声データを登録し認証する方式と、フレーズに依存せず非定型の自然な会話の音声データを登録し認証する方式があります。(NEC)

耳認証とは

  1. NECは、長岡技術科学大学の協力により、人間の耳穴の形状によって決まる音の反射を利用したバイオメトリクス個人認証技術「耳音響認証」を開発しました。(NEC)

顔認証の実用例

  1. コンサートで顔パス!!顔認証でスピーディに入場 [NEC公式]

 

メイキングオブSame Face Girls

【メイキング映像】NECの生体認証 Bio-IDiom「Same Face Girls」篇 [NEC公式]

 

 

東芝 過去最大5500億円の赤字、7800人リストラへ

東芝の来年3月期の1年間のグループ全体の決算は、最終損失が5500億円の 赤字になる見通しだそうです。これはリーマンショック後の平成21年3月期に計上した3900億円余りの赤字を大きく上回ており過去最大の赤字です。 6800人の早期退職や配置転換に加えて、新たに本社部門でも1000人のリストラが行われるとのこと。

東芝の赤字5000億円規模 リストラ費用膨らむ見通し(15/12/21)

参考

  1. 東芝 7800人リストラ 過去最大の赤字見通し(NHKNEWSWEB 12月21日)
  2. 東芝歴代3社長の刑事告発検討 証券監視委、消極姿勢から一転 (産経ニュース 2015.12.4):”東芝の利益水増し問題で、田中久雄前社長ら歴代3社長がパソコン事業の不正取引を認識しながら虚偽の利益を計上させた疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反容疑での刑事告発を視野に調査していることが3日、市場関係者への取材で分かった。”
  3. 東芝「粉飾決算」問題 メディアが報じない金融庁の「不正見逃し」疑惑と処分の行方〜なぜ、誰もが消極的なのか (現代ビジネス ニュースの深層 高橋 洋一 2015年10月05日 )
  4. 東芝不正会計、「甘すぎる」処分の真相 すべて予め決められたシナリオ (BUSINESS JOURNAL 小笠原泰「生き残るためには急速に変わらざるを得ない企業」2015.10.04):”この初春に始まり、西田厚聰相談役、佐々木則夫副会長、田中久雄社 長の歴代3社長辞任、さらには第三者委員会の調査報告書公表でも収集がつかず、世間を騒がせた東芝の不正会計・粉飾決算問題。”
  5. 東芝3社長、辞任後も車&部屋付きの厚遇 上司に「おかしい」といえぬ社風変わらず… (産経ニュース2015.9.21):”8月下旬、複数の経済誌や週刊誌が東芝の利益水増し問題で引責辞任したはずの西田厚聡氏や佐々木則夫氏、田中久雄氏の歴代3社長が社用車で浜松町の本社に出勤していると報じた。”
  6. 東芝の不正会計、半導体で行われていたこと 工業会計のプロが図表入りで徹底解説  (東洋経済ONLINE 本間 峰一 2015年09月19日):”東芝の不正会計事件では、当初に発覚した工事進行基準の手口ばかりが注目を集めているが、それをしのぐ金額の不正会計 が行われたにもかかわらず、パソコン事業と半導体事業ではどんなカラクリで不正が行われたのかが正確に伝わっていない。”
  7. 東芝不正会計の温床は、「選択と集中」にあり(PRESIDENT 大前研一の日本のカラクリ 2015年9月1日):”インフラ事業に端を発する東芝の不正会計問題は、パソコン、テレビ、半導体などの主要事業でも利益の 水増しが判明して、社長以下の組織的関与が明るみに出た。第三者委員会の調査報告書によれば、2008年4月から14年12月までの約7年間に行われた利 益の過大計上の総額は1518億円。”
  8. 東芝、不正1千億超でも“甘い”処分?ライブドアは“たった”53億粉飾で経営陣逮捕 (Business Journal 関田真也 2015.07.29):”東芝の不正会計をめぐる問題が、ライブドア事件と比較されるかたちで話題になっている。東芝が行った利益の過大計上は、現段階で総額1562億円に上り、さらに2000億円近くに達するのではないかといわれている。”