「ネットで副収入」は大学院生、博士研究者(ポスドク)、任期付き研究者のセーフティネットになり得るか?

      2019/04/11




ネットで稼げるの?みたいな話題がラボ内で普通に出るくらい、研究者の雇用状況は不安定です。職が安定していてみなが実験に打ち込んでいられたら、あまりそういう会話にはならないのでしょう。「誰にでも簡単にできる作業で月100万円稼げる」とか、「専業主婦が子育ての合間にネットで旦那の給料以上の金額を稼いでます」みたいな言葉がネット上に踊っています。

月収68万というと・・・ごく普通のサラリーマンより高いお給料を頂いている事になりますよね。アドセンスアフィリエイトを始めた当初は、まさか私も自分がここまで稼げるようになるとは思っていませんでした(笑)(アドセンス活用術 美鈴)

そういうのを見ると、それって来年度の職が保証されていないポスドク(博士研究者)にとって、セーフティネットになるんじゃないのか?と思いました。

現在はおかげさまで、ネットから収入を得て生活していますが、もしネットビジネスに出会っていなかったら、今頃どうなっていたかと思うとゾッとします。ニートとバイトを繰り返しながら年をとっていき、一生浮かばれなかったでしょう。私にとっては命の恩人、もといセーフティーネットです。(インターネットは社会のセーフティーネット 人生逆転するブログ

まあ、何が嘘で何がほんとかを見抜けないと、いいカモにされてしまう恐れもあります。

【潜入】Twitterで「稼げる方法教えます」とメッセージしてきた人に詳細を聞いてみた (GO羽鳥 2013年11月25日 ROCKET NEWS 24)

そんなことを考えつつ、いまどき、ネットでどうやってみんな稼いでいるの?という情報をまとめてみたいと思います。

以下、紹介するブログ等は、適宜変更する可能性があります。また、紹介したサイトの信憑性を保証するものでもありません。自分が気になったものを勝手に紹介するというスタンスです。

 

誰でもネットで稼げる?

逆に向いている人はこう考えます。「同じ人間でそれほど差があるはずがない、少しの差だけのはず。それはどこにあるのだろうか?」 余談ですが、高学歴というのは根拠のない自信を与えてくれるのであるに越したことはないと思います。「俺、京大だけどこの月商300万円アフィリエイター桃山大じゃん」(ピン大をdisしているわけではありません)。「桃山大の奴にできて、京大の俺に出来ないはずがない」 こんな風に考えてはいかがでしょうか。逆に「俺に出来ない理由」というのは冷静に考えると「お前のやる気がない」が殆どのケースです。前人未到の偉業を成し遂げようとしているわけではなく、その辺のおじさんでも実現していることをやろうとしているだけです。やれば出来るのです。(シャイニング丸の内日報

 

ブログで稼げる金額の目安

  • 1万PV:〜1,000円
  • 5万PV:3,000〜10,000円
  • 10万PV:10,000〜50,000円
  • 20万PV:50,000〜100,000円
  • 30万PV:100,000〜150,000円
  • 40万PV:150,000〜200,000円
  • 50万PV:200,000〜250,000円
  • 100万PV:500,000〜750,000円
  • 150万PV:750,000〜1,250,000円
  • 200万PV:1,000,000〜2,500,000円
  • 250万PV:2,000,000〜3,000,000円

もちろん収益性はサイトの中身次第なので一概には言えないんですが、「コラム中心で雑多なテーマを扱う個人ブログ」の場合はこのような幅に収まるでしょう。うちのブログは、実際こんな感じで成長してきました。(ブログの閲覧回数と報酬の関係。「収益早見表」を作ったよ。 まだ東京で消耗してるの?

 

 

ポスドクがアフィリエイトを実践した結果

アフィリエイトは2015年の7月に始めたのですが、そのときはポスドクの4年目が終了する2016年3月までにこれで最低限稼げるようになろうと、月収30万円を目標にしていました。その後は、副業としての収入が2016年3月の段階で目標としていた30万円を達成し、実際には34万円の収入を確保して研究を辞めました。ちなみに、研究をしていた時の月収が30万だったので、毎日数時間だけの副業で本業の収入を越えたことになります。そして、その後はアフィリエイトに専念して、2016年9月で2016年度の目標にしていた月収100万円を達成し、月収140万円を稼ぐことができたので、無職の危機に脅えていたポスドク時代の月収30万円の4倍近くの月収に到達したことになりますね。(東大卒の博士が無職の危機から年収を倍増させた就職先とは!? 東大卒の博士が本業より稼げて研究を辞めてしまったブログ講座

 

ネットで稼ぐには?

第3弾の本を書くなら「結局、稼ぎ続ける仕組みを作った人が勝つ」とネーミングするかもしれませんね。で、そうような「稼ぎ続ける仕組み」って何なのか?って所ですけど、基本的には

  1. 集客がちゃんと出来る媒体を持っている
  2. 半自動的にもセールスを行う仕組みが出来ている

私、個人的には、1番目の集客がちゃんと出来る媒体の方が結構大事だと思っています。(KAIGAINET.COM)

「集客」こそが全てと言っても過言ではありません。私のような1個人も大手企業も、インターネット上で「集客」することを最大の狙いとしており、「集客」できるコンテンツ作りができるかどうかが成功を左右します。ということは逆に、インターネットで「集客」さえできれば、初心者だろうと中高年だろうと、インターネット上ではお金を稼ぐ仕組みを堂々と作ることができるということなんです。(【インターネットで稼ぐ仕組み作り】初心者・中高年にオススメの方法
2017年12月7日 KOKI OFFICIAL BLOG

 

スポンサーリンク

アフィリエイト

アフィリエイトはとてもシンプルでして、「適切なキーワードに対して、適切な情報+広告を提供するだけ」です。(アフィリエイトで月100万を達成して思うこと【実名+サイト公開あり】2018/11/01 manablog.org

アフィリエイトは一般的には「お小遣い稼ぎ」みたいに見られていますが実は、そんな事はありません。実際、アフィリエイトで稼げる金額の上限はどのくらいだと思いますか?「月に、2~3万円?」「良くても月に、10万円とか?」その程度の数字を思い浮かべたなら、アフィリエイトを甘く見ています。私が把握しているだけでも、一般的には知られていませんがアフィリエイトで月100万以上稼ぐ人はかなりいます。(KAIGAINET.COM)

 

アフィリエイトで稼ぐ戦略とは?

まあとにかく、検索順位というのはこれだけアクセス数を変えてしまうわけですね。アフィリエイトでたくさん稼ぐためには、検索結果の上位に長く居座るようなページを作るのが有効なのです。では、検索結果の上位に居座るページとは、一体どんなページなのでしょうか?(アフィリエイトで稼ぐために~初心者や稼げない人に絶対伝えたいこと 2016/05/14 お金を稼ぐ方法を極めよう! – ネット・自宅で簡単に

 

ネットで稼げる人と稼げない人との違い

稼げるアフィリエイターには稼げる理由があるのと同時に、稼げないアフィリエイターには稼げない理由が必ずあります。また、今回の記事で気づいたことがあります。それは、共通していることは「読者のことを考え続けること」がベースにあるということです。文章量にしても何にしても、どこまで読者のことを考えられるか、それがアフィリエイトビジネスでの成否を分けるのかもしれませんね。(初心者がアフィリエイトで稼げないのは何故か?その理由10個に分けて分析 2017.02.14 Affiliate Japan

今思うのは、「コツコツと続けていくことが全て」だということです。(月収100万円を稼いでわかったこと BTC-1600)

当ブログ「日本の科学と技術(scienceandtechnology.jp)」を始めたのが2013年頃で5年かかって1日3000PVですから、コツコツ続けると少しずつページビューが増加するというのは確かなのですが、お金を稼ぐという目的であれば、ちゃんと戦略を持ってもっと短期間で、しかも桁違いのPVにまで増やす必要があるでしょう。そうでないと、セーフティネットが構築される前に、研究者の任期のほうが先に終了してしまいます (n=1)。

 

アクセスを集める戦略とは?

当ウェブサイトでも最近は戦略的にアクセスを集めるということを試みています。自分もいわゆる情報教材というものを購入してみました。かならずしもその通りに実践しているわけでもないのですが、以前と比べて気にするようになったポイントは、月間検索ボリュームをちゃんとわかった上で、関連キーワードなどにも注意を払いつつ記事を書きましょうということです。

今日の努力の結果が明日出るというものではなくて、今日蒔いた種の芽がでるのは3か月後くらいだそうなので、3カ月もの間、無給、無休で毎日コツコツとブログ記事を書きためていけるような性格の人でないとこのやり方は勧められません。書いた記事が100%ヒットするというわけではもちろんありませんし。自分もこのブログを何年間もやってきましたが、読んで欲しいと思って力を入れて書いた記事が全く読まれずに、超手抜きで書いた記事になんでこんなアクセスが集まるんだろう?と思うことがあります。

ところで、バカ高い情報商材を買う一番のメリットは、「確信」が手に入ることです。情報商材を購入し、指導者や実践者のコミュニティに入ることによって、成功を間近に感じられます。自分のやっていることが絶対に正しいという確信がなければ、長い無給時代を過ごせません。これは自分の能力を信じて安月給で我武者羅に働くポスドクに通じます。情報商材の中身自体は、ネットを検索すればあちらこちらに書いてあるような内容かもしれませんが、バラバラの情報をきちんと順序立てて説明しているところに数万円の価値が、あるとすればあるのでしょう。論文の図を並べる順序(つまりどういうストーリーにするか)で論文の価値が決まるということに似ていますね。

 

独立系(フリーランス)研究者

そもそも大学からサラリーをもらわずに研究をしている方もいて、その場合にはもはや副業ではないわけですが、参考になる部分があるかもしれません。

  • 50歳独立研究者「副業から始まった」稼ぎ方 (古田 雄介 2017/11/02 6:00 東洋経済)しかし最近は、フリーランスとして活動している研究者もいる。その草分けとして知られるのが農学博士であり「独立系研究者」の小松正さん(50)だ。生態学や進化生物学など生き物に関連する分野を専門とする小松さんだが、かかわってきたプロジェクトは幅広い。2004年に「独立」して以来、水深1000mで使える野生生物用の計測機器の開発に携わったかと思えば、選挙ポスターの顔写真から笑顔度と得票率の関係性を分析した実績も残したりしている。

 

参考

  1. No.1906 給与所得者がネットオークション等により副収入を得た場合(国税庁)年末調整が済んでいる給与所得者であっても、その給与所得以外に副収入等によって20万円を超える所得を得ている場合には、確定申告が必要となります

 - インターネットビジネス