アディポネクチン受容体アゴニストを発見

      2018/04/29




東大病院 アディポネクチン受容体アゴニストを発見

A small-molecule AdipoR agonist for type 2 diabetes and short life in obesity (Nature doi:10.1038/nature12656 Published online 30 October 2013

アディポネクチン受容体を活性化して健康長寿を実現する内服薬の種を発見東京大学プレスリリース 2013 年10 月29 日 東京大学医学部附属病院

東大、運動/食事制限なしでメタボ/糖尿病の治療ができる薬の候補物質を発見マイナビニュース2013/11/01
東京大学は10月29日、脂肪細胞から分泌される抗糖尿病、抗メタボリックシンドローム作用を有する善玉ホルモンの「アディポネクチン」の代わりに「アディポネクチン受容体」を活性化することができる内服薬(低分子化合物)の種を、マウスを用いた実験により発見することに成功したと発表した。

善玉ホルモンの代替物質=糖尿病、メタボ新薬期待-マウスで効果・東大時事ドットコム2013/10/31-03:12
肥満になると減ってしまう善玉ホルモンと同じ働きをする化合物を発見し、糖尿病のマウスに飲ませると血糖値が下がったと、東京大医学部付属病院の門脇孝教授や山内敏正講師らが30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

東大グループがAdipoRonを同定,アディポネクチン薬開発へ 5年以内に臨床第Ⅰ相試験目指す(MT PRO 2013年10月31日)
10月29日,東京大学病院糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏,同科講師の山内敏正氏らは記者会見を開き,同氏らの研究グループが発見した,アディポネクチン受容体を活性化させる低分子化合物に関する研究成果について発表した。

東大、生活習慣病防ぐ薬剤開発 肥満マウスの寿命を延ばす共同通信2013/10/31 03:00
糖尿病やメタボリック症候群などの生活習慣病を防ぐ薬剤を開発し、短命な肥満マウスの寿命を延ばすことに成功したと、東京大などのチームが30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

肥満での生活習慣病防ぐ飲み薬の候補物質、東大が発見日本経済新聞2013/10/31 3:00
東京大学の門脇孝教授と山内敏正講師らは、肥満が原因となる糖尿病やメタボリック(内臓脂肪)症候群などの生活習慣病を防ぐ飲み薬の候補物質を発見した。

糖尿病・メタボ改善物質を発見 東大など、治療薬に期待朝日新聞デジタル2013年10月31日03時02分
メタボリックシンドロームや糖尿病を防ぐホルモンの働きを活発にする物質を、東京大の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科)らの研究チームがマウスの実験で発見した。

食事制限・運動なしでメタボ治療…マウスで効果読売新聞2013年10月31日03時03分
肥満が原因で発症する糖尿病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を治療する薬の候補物質を見つけたと、東京大の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科学)らの研究チームが発表した。


 - Uncategorized