「 科学振興 」 一覧

植松努が教える夢の実現法『思うは招く』TED講演「どうせ無理」「だったらこうしてみたら?」

植松努氏がTEDに登場し、植松努流、夢の実現法『思うは招く』の内容で講演を行いました。「どうせ無理」という夢を殺す言葉へ対処する考え方は、「だったらこうしてみたら?」というものです。 以下、動画の音声の書き起こしの転載です。見出し、太字下線強調は当サイト。 挨拶 はい、では みなさん、改めまして こんにちは。(こんにちは)緊張が ほぐれました。今からみなさんに時間を借りてお話を聞いてもらいます。それは 「思うは招く」っちゅう お話です。僕の母さんが 中学生のときに教えてくれた言葉です。思ったら そうなるよって意味です。思い続けるって大事です。僕は 今日のお話で、みなさんの中か 仲間が見つかったらいいやと思ってしますので、ぜひね仲間になってほしいです。   自己紹介 僕は今から47年前に生まれました。植松 努っていいます。僕は今北海道の真ん中へんにある赤平っていう町で生まれて初めて会社を経営しています。僕たちはそこで本当はリサイクルに使われるマグネットっていう機械をつくっています。でも そのかたわらで ロケットをつくります。僕たちは宇宙開発ができて、丸ごとロケットをつくれて 打ち上げできるようになって、そして人工衛星も丸ごと 飛ばせるようになって、そして世界で3つしかない日本には僕の会社にしかない、宇宙と同無重力状態をつくる 実験装置も持っています。どれも 売っていないから 買うことができません。でも 自分たちでがんばって つくりました。でも僕にとって宇宙開発は僕の夢じゃないんです。僕にとって宇宙開発は僕の手段にすぎません。   祖母のこと 僕は 今から47年前に生まれました。小さかった僕に ばあちゃんが 大事なことを 教えてくれました。僕のばあちゃんは 北海道の北にある 樺太という島で昔から 自動車の会社をやっていてがんばって働いて お金を貯めて豊かに暮らしたそうですでも 樺太は1945年 突然ソビエト軍が攻めてきてたくさんの人が殺されてばあちゃんは 自分が貯金したお金が全部 …