2015年医学生理学賞は北里大学の大村智氏ら3人に

      2015/10/06




Announcement of the Nobel Prize in Physiology or Medicine 2015

大村智博士の業績に関するレビューアーティクル。

Ivermectin, ‘Wonder drug’ from Japan: the human use perspective
Andy CRUMP and Satoshi ŌMURA
Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci. 2011 Feb 10; 87(2): 13–28.
Abstract Discovered in the late-1970s, the pioneering drug ivermectin, a dihydro derivative of avermectin—originating solely from a single microorganism isolated at the Kitasato Intitute, Tokyo, Japan from Japanese soil—has had an immeasurably beneficial impact in improving the lives and welfare of billions of people throughout the world. Originally introduced as a veterinary drug, it kills a wide range of internal and external parasites in commercial livestock and companion animals. It was quickly discovered to be ideal in combating two of the world’s most devastating and disfiguring diseases which have plagued the world’s poor throughout the tropics for centuries. It is now being used free-of-charge as the sole tool in campaigns to eliminate both diseases globally. It has also been used to successfully overcome several other human diseases and new uses for it are continually being found. This paper looks in depth at the events surrounding ivermectin’s passage from being a huge success in Animal Health into its widespread use in humans, a development which has led many to describe it as a “wonder” drug.

 Philosophy of new drug discoveryS Omura. Microbiol Rev. 1986 Sep; 50(3): 259–279.

参考

  1. <大村さんノーベル賞>土に着目で大発見 寄生虫駆除で熱帯の生活改善 (東京新聞2015年10月6日 永井理):”メルク社から研究費は出るが、北里大の研究室員は五人。世界と競うには工夫が必要と考えた大村氏は、目標を動物薬に絞った。「動物薬は人からの転用が多く、研究開発が進んでいなかったから」という。…大村氏と研究室メンバーは、どこへ行くにもポリ袋を携帯。変わった微生物のいそうな場所を見つけると土を持ち帰って数千例を分析した。共同研究を 始めて三年目の七四年、富士山を望む静岡県伊東市にある川奈のゴルフ場近くで取った土から、役立ちそうな化合物を出す放線菌が見つかった。その化合物がエバーメクチンだった。”
  2. <ノーベル賞>医学生理学賞に大村氏…寄生虫感染症の薬開発(毎日新聞 10月5日):”スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル医学生理学賞を大村智(さとし)北里大特別栄誉教授(80)と米ドリュー大のウィリアム・ キャンベル博士(85)、中国中医科学院の女性科学者の屠ゆうゆう(と・ゆうゆう)首席研究員(84)の3氏に授与すると発表した。受賞理由は、大村氏と キャンベル氏が「寄生虫によって引き起こされる感染症の治療の開発」、屠氏が「マラリアの新規治療法に関する発見」。”
  3. <中国>屠氏、初のノーベル自然科学受賞へ 国挙げ成果誇示(毎日新聞 10月5日)

 - ノーベル賞