2021年ノーベル医学生理学賞は熱を感じる受容体の発見でDavid Julius博士、圧力を感じる受容体の発見でArdem Patapoutianの2氏

   




2021年ノーベル医学生理学賞は、温度や圧力がどうして感じられるのかの仕組みを明らかにした2人の研究者に贈られました。熱を感じる受容体の発見でデイヴィッド・ジュリアス(David Julius)博士、圧力を感じる受容体の発見でアーデム・パタポティアン(Ardem Patapoutian)博士の二人が分け合いました。

2021年度ノーベル医学生理学賞受賞者の発表

参考

  1. https://www.nobelprize.org/prizes/medicine/2021/press-release/
  2. Congrats, David Julius! (UCSF) 
  3. Julius Lab at UCSF 
  4. The Patapoutian Lab  
  5. 「フォース」を感知するタンパク質を求めて Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200418 原文:Nature (2020-01-09) | doi: 10.1038/d41586-019-03955-w | The quest to decipher how the body’s cells sense touch 

 - ノーベル賞