ムーアの法則50周年

   




「コンピュータチップに集積されるトランジスターの数は2年ごとに倍に増えるだろう」(The number of transistors incorporated on a computer chip will double every 2 years. )という経験則、いわゆる「ムーアの法則」が1965年に提唱されてから、今年で50周年になります。

提唱者であるゴードン・ムーアさんが振り返る50年のテクノロジーの進歩。
Intel celebrates 50th Anniversary of Moore’s Law w. Gordon Moore

ムーアの法則が終焉する理由をDerek McAuley教授が解説。
Is it the End for Moore’s Law? – Computerphile

ムーアの法則が成りたたなくなる理由をSciShowが一般向けに解説。
Moore’s Law and The Secret World Of Ones And Zeroes

参考

  1. Moore’s law is the observation that, over the history of computing hardware, the number of transistors in a dense integrated circuit has doubled approximately every two years. (Wikipedia)
  2. ムーアの法則(ウィキペディア):”1975年には、ムーアは今後2年毎に2倍のペースにしかならないだろうという見通しを立てた。彼は自分が「18か月ごと」と言ったことは一度もないのに、そう引用されたのだと主張している”。

 - Uncategorized