サウジアラビアのジャーナリスト ジャマル・カショギ氏(Jamal Khashoggi 1958-2018)

      2018/10/27




サウジアラビア政府からの迫害を恐れてアメリカに在住していたジャーナリスト ジャマル・カショギ氏が2018年10月2日に結婚の手続きのためにトルコのサウジアラビア領事館を訪れたまま消息を絶っていましたが、領事館内で殺害されていたことが明らかになりました。サウジアラビア政府は関与を否定していますが、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman) 王子の護衛など近い立場の人たちが暗殺団としてサウジアラビアからトルコへ派遣されていたそうです。サルマン王子は絶対的な政治権力を握っていますし、公開された情報だけみても王子の意思ではなかったと考えるにはあまりにも無理があります。

 

カショギ氏のムハンマド王子に対する批判

Is Saudi Arabia’s MBS really a reformer? | UpFront (Al Jazeera English 2018/03/24 YOUTUBE 22:46)

Mohammed bin Salman’s Saudi Arabia: A Deeper Look (2018/03/21 にライブ配信)

ニューズウィーク誌のインタビュー

  • JAMAL KHASHOGGI SECRET INTERVIEW: THE SAUDI JOURNALIST’S VIEWS OF ISLAM, AMERICA AND THE ‘REFORMIST’ PRINCE IMPLICATED IN HIS MURDER BY RULA JEBREAL ON 10/19/18 AT 3:04 PM NEWSWEEK

ジャマル・カショギ氏の最後のコラム記事

ワシントンポスト紙がカショギ氏が殺害される直前に受け取っていた原稿「Jamal Khashoggi: What the Arab world needs most is free expression」が公開されました。

アラブの国々のほとんどで、言論の自由が無いと言います。そのため、国民は情報を与えられることが全くないか、または真実ではない情報を与えられた状態で生活していると言います。

As a result, Arabs living in these countries are either uninformed or misinformed. They are unable to adequately address, much less publicly discuss, matters that affect the region and their day-to-day lives. A state-run narrative dominates the public psyche, and while many do not believe it, a large majority of the population falls victim to this false narrative. Sadly, this situation is unlikely to change.

カショギ氏はこのコラム記事の最後のパラグラフでは、アラブの人たちの声を外に伝え、また外の情報をアラブの人たちに伝えるような、政府の影響を受けないメディアを作らなければならないと述べていました。

The Arab world needs a modern version of the old transnational media so citizens can be informed about global events. More important, we need to provide a platform for Arab voices. We suffer from poverty, mismanagement and poor education. Through the creation of an independent international forum, isolated from the influence of nationalist governments spreading hate through propaganda, ordinary people in the Arab world would be able to address the structural problems their societies face.

 

カショギ氏の殺害事件とその後(ほぼ時系列まとめ)

婚約者がインタビューに応じる

ジャマル・カショギ氏の婚約者トルコ人女性ハティジェ・ジェンギズ(Hatice Cengiz)が事件後初めてトルコの放送局のインタビューに答えました。

 

  • Jamal Khashoggi fiancée Hatice Cengiz first television interview since the killing (NBCNEWS Oct. 27, 2018) 【動画】
  • サウジ カショギ氏の婚約者「犯行関わった者すべて 処罰を」(NHK 2018年10月27日 7時12分)サウジアラビアの当局者がトルコにある総領事館でジャーナリストを死亡させた事件で、ジャーナリストの婚約者が、事件後、初めて、地元テレビ局のインタビューに答え、「残忍な犯行に関わった者をすべて裁判にかけて処罰するよう求める」と訴えました。

スポンサーリンク

サウジアラビア政府がついにカショギ氏殺害が計画的だったと認定

  • カショギ記者殺害は「計画的」 サウジ検察当局が公式見解(2018年10月26日(金)09時09分 NEWSWEEKニューズウィーク日本版)サウジアラビア検察当局は25日、反体制記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ領事館で殺害された事件は「計画的な」犯行だったと発表した。カショギ氏失踪を巡り、サウジ当局は当初関与を否定。その後、「過失により」死亡したと主張していた。
  • サウジの「汚れた皇太子」を待ち受ける結末 国際社会はカショギ氏死亡の説明に懐疑的(池滝 和秀 : 中東ジャーナリスト 2018/10/26 9:20 東洋経済ONLINE)サウジアラビア検察の発表を信用するとしていたトランプ大統領も、24日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューで、サウジアラビアを事実上統治しているのはムハンマド皇太子だと指摘し、「もし誰かが関与しているとすれば、彼になる」と、皇太子の関与説に傾いた。  コメント欄より:”サウジアラビアでは,反政府的な言動は「斬首刑」になる.サウジアラビアにしてみれば,『国内法に基づいて刑を執行した』程度の話なのかも知れない.そうであれば,サウジアラビアと諸外国(特に価値観を一にする先進諸国)との温度差がこれ程までに違うのはある種当たり前だし,逆に言えば,こちらの価値観でサウジアラビアを評するのも見当違いじゃないのか.トルコ国内のサウジアラビア領事館で起こった話だから,これ程までに問題になったが,仮にこれがサウジアラビア国内で起こった話だったら,ここまで問題視されたか?ムハンマド皇太子が王位継承権を握ってから死刑になった人の数が200人を超え,建国史上最大共いわれる中,注目された理由はトルコのしたたかさ故だろう.”

殺害されたカショギ氏の長男が、ムハンマド王子と面会し、王子から弔意を受けました。 自分の父を殺した張本人と対面するのはどのような気持ちでしょう。

(写真:BBC)

  • Khashoggi murder: Son arrives in US from Saudi Arabia (BBC 2018.10.26JST)
  • カショギ記者の息子が渡米 サウジ、出国禁止を解除か (2018/10/26 4:35 日本経済新聞)サラー氏は23日にサウジの首都リヤドの王宮で、弔意を伝えたサルマン国王やムハンマド皇太子とこわばった表情で面会する様子が報じられていた。事実上の最高権力者であるムハンマド皇太子を巡っては、殺害を指示・承認する立場にあったとの見方が根強い。
  • Why was MBS so afraid of Jamal Khashoggi? (By David Ignatius October 25 at 7:41 PM The Washington Post) サウジ王子はなぜカショギ氏をそれほど恐れていたのか?
  • 米CIA長官、カショギ氏殺害の音声記録を確認=関係筋 (REUTERS 2018年10月25日 / 19:59 ) [イスタンブール 25日 ロイター] – サウジアラビア政府に批判的だった著名記者ジャマル・カショギ氏がトルコで殺害された事件で、今週トルコを訪問したハスペル米中央情報局(CIA)長官がカショギ氏殺害時の音声記録を確認したことを、2人の関係筋が25日明らかにした。
  • サウジ・ムハンマド皇太子に届けられた? 殺害カショギ氏の生首 (東スポWeb 2018年10月24日 17時00分)生きたまま切断されたとも言われる遺体の頭部は「犬の首」と呼ばれ、ムハンマド皇太子のもとに届けられたという衝撃情報が急浮上している。
  • ‘Bring me the head of the dog’: How the man behind Khashoggi murder ran killing via Skype (Sydney Morning Herald 23 October 2018 — 7:32pm) And, according to two intelligence sources, he ran journalist Jamal Khashoggi’s brutal killing at the Saudi consulate in Istanbul by giving orders over Skype. Saud al-Qahtani, a top aide for Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman, is one of the fall guys as Riyadh tries to stem international outrage at Khashoggi’s death. On Saturday, Saudi state media said King Salman had sacked Qahtani and four other officials over the killing carried out by a 15-man hit team. … Qahtani himself once said he would never do anything without the approval of his boss. “Do you think I make decisions without guidance? I am an employee and a faithful executor of the orders of my lord the king and my lord the faithful crown prince,” Qahtani tweeted last summer.
  • サウジ記者の遺体の一部「総領事公邸の庭で発見」(MSM.com 産経デジタル 2018/10/24 18:59) サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件で、英スカイニューズ(電子版)は23日、カショギ氏の遺体の一部が総領事公邸の庭園で発見されたと報じた。同氏の遺体は切断され、頭部は損傷していたとしている。同公邸は、総領事館から約500メートルの場所にある。

ムハンマド・ビン・サルマン王子がカショギ氏殺害事件について初めて語る

カショギ殺害を命じた張本人と思われる人物ですが、犯人は正義のもとに裁かれるべきと語っています。

Breaking News: Saudi Crown Prince speaks for the first time since Khashoggi murder

  • サウジ皇太子「非道な犯罪」 記者死亡に初言及(2018/10/25(木) 1:05配信 産経新聞 YAHOO!JAPAN)【ハタイ(トルコ南部)=佐藤貴生、ワシントン=加納宏幸】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏=失踪時(59)=がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件について、同国のムハンマド・ビン・サルマン皇太子(33)は24日、リヤドで開かれた投資会議で「非道な犯罪だ」「心が痛む」などと述べた。記者死亡への関与も疑われる皇太子が、事件について公に発言したのは初めて。
  • サウジ国王と皇太子が遺族に弔意 カショギ氏息子に電話毎日新聞2018年10月23日 10時02分 最終更新 10月23日 10時02分) 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件で、国営サウジ通信などは22日、サルマン国王とムハンマド皇太子がカショギ氏の息子に電話し、弔意を伝えたと報じた。息子は2人に謝意を述べた、としている。皇太子が事件に関与した可能性も指摘される中、遺族に哀悼の意を表することで疑惑の目をそらす狙いもあるとみられる。

サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件で、トルコのエルドアン大統領は23日、首都アンカラの国会でこれまでの捜査結果を発表し、「事前に計画された殺人だった」と認定した。「偶発的な死だった」とするサウジ政府の見解とは異なるが、関与が取りざたされているサウジのムハンマド皇太子への言及はなかった。(トルコ大統領「計画された殺人」 サウジ記者死亡事件 イスタンブール=其山史晃2018年10月23日19時37分 朝日新聞DIGITAL

  • 実は大物!? 単なる記者ではない「カショギ氏」の素顔 ダイアナ妃『最後の恋人』のいとこ (2018.10.23 ZAKZAK) 米ワシントン・ポスト紙などによると、サウジ政府を批判するコラムを同紙に寄稿していたカショギ氏は、サウジ初代国王の主治医の孫で、武器商人として知られたアドナン・カショギ氏のおい。ダイアナ英元妃の「最後の恋人」といわれ、1997年にともに自動車事故で死亡したドディ・アルファイド氏はいとこにあたる。
  • サウジ人記者、死亡直前に皇太子と電話か(2018/10/22(月) 0:53配信 日テレNEWS24 YAHOO!JAPAN)トルコで起きたサウジアラビア人記者死亡事件で、地元メディアは21日、記者が死亡する直前にムハンマド皇太子と電話で会話し、サウジへの帰国指示を拒否していたと伝えた。サウジ政府は20日、サウジ人記者カショギ氏が総領事館内で「ケンカの末、死亡した」と発表した。こうした中、トルコのメディアは21日、カショギ氏が総領事館に入った後、ムハンマド皇太子と電話をさせられたと報じた。当時、アメリカに事実上亡命していたカショギ氏は、サウジに帰国するよう指示されたが、拒否したという。そして電話を切った直後に殺害されたと伝えている。

サウジアラビアの二転三転した説明

BBCがサウジアラビア当局の説明の変化をまとめています。

  • Khashoggi death: How Saudi Arabia altered its account (22 October 2018 BBC)

Theresa May told MPs today: ‘I am sure the whole House will join me in condemning the killing of Jamal Khashoggi in the strongest possible terms’ and added that ‘we must get to the truth of what happened’. She spoke before foreign secretary Jeremy Hunt, who said Saudi Arabia’s official claim that he died in a fist fight was ‘not credible’. (Theresa May condemns Jamal Khashoggi killing ‘in strongest possible terms’ Jen MillsMonday 22 Oct 2018 5:07 pm METRO )

Mr Trump said sanctions were a possible response but dismissed the idea of cancelling a $110bn (£84bn) military order from Saudi Arabia. ”It’s over a million jobs; that’s not helpful for us to cancel an order like that. That hurts us far more than it hurts them,” he added. Saudi Arabia dramatically changed its story on Friday night after two weeks of insisting the journalist had left their Istanbul consulate alive. Brexit Secretary Dominic Raab said he doubted the Saudi explanation. In the strongest response so far by a UK government figure, he told the BBC’s Andrew Marr programme: “No, I don’t think it is credible…(Jamal Khashoggi: Trump changes tone with Saudi Arabia over killing (sky news 11:43, UK, Sunday 21 October 2018)

  • Amid skepticism, Saudi official provides another version of Khashoggi death (REUTERS CNBC 2018年10月21日15時40分頃 日本時間)After denying any involvement in the disappearance of Khashoggi, 59, for two weeks, Saudi Arabia on Saturday morning said he had died in a fistfight at the consulate. An hour later, another Saudi official attributed the death to a chokehold, which the senior official reiterated.

ムハンマド王子の関与がなかったことにするためのシナリオがサウジアラビア政府により創作されメディアに伝えらているようです。トルコ側の説明とは完全に異なります。

DUBAI: The instructions of the head of the Khashoggi mission were based on a previous directive to negotiate the return of members of opposition, a Saudi official told Reuters in a report published on Sunday. The source said that the primary reports on the mission were not accurate so they had to investigate further, and that journalist Jamal Khashoggi’s death was a result of a mistake from the negotiation team. The confusion of the negotiation team led them to cover up on the incident, the official told Reuters. The previous negotiation directive did not require the person in charge to obtain approvals from leadership, the official added. According to the Saudi official’s reports to Reuters, primary findings showed that the death was a result of choking during at attempt to stop Khashoggi from raising his voice. The negotiation team disobeyed orders, abused their authority and used violence, and there are 18 suspects in the Khashoggi case and they are currently detained pending an investigation, according to the official. (ARAB NEWS October 21, 2018 10:26) 太字強調は当サイト

  • サウジの説明「整合性ない」=カナダ(10/21(日) 14:30配信 jiji.com)YAHOO!JAPAN)【オタワAFP時事】カナダのフリーランド外相は20日の声明で、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館でサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が死亡した事件について、サウジ側の説明は「整合性がない」と批判、「徹底的な捜査」を要求した。
  • サウジ人記者殺害事件が単純に「報道の自由をめぐる問題」ではない3つのポイント(六辻彰二 | 国際政治学者 2018/10/21(日) 9:24 YAHOO!JAPAN)今回の事件の捜査がトルコとサウジの政治的な対立を反映したものだったとすると、今後の展開も、人権より政治が優先されるものになるとみられる。
  • トルコメディア 車から記者のDNAと報じる(10/21(日) 6:20配信 テレ朝news YAHOO!JAPAN)トルコで行方不明になった記者について、サウジアラビア当局はサウジ総領事館で死亡したと発表しました。一方、トルコメディアは総領事館の前に止められた車から記者のDNAが見つかったと報じました。 トルコ当局は、この車の走行ルートからイスタンブール郊外の森や近くの県にある農場にジャマル・カショギ記者の遺体が埋められたとみていて、遺体の発見を急ぐ方針です。
  • サウジ記者不明事件~宗教上考えられる恐ろしい事実 (10/21(日) 7:11配信 ニッポン放送 YAHOO!JAPAN)  ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月18日放送)に青山繁晴(自由民主党・参議院議員)が出演。サウジ記者行方不明事件について、サウジアラビアが捜査に合意した真相を解説した。… 例えば日本の場合、各国の大使館や外交高官に盗聴装置を仕掛けていません。しかし、逆に中東諸国や中国、欧米諸国は普通に仕掛けるのですよ。むしろ仕掛けない日本がおかしい。したがって、イスタンブールのサウジ総領事館に盗聴装置はあるのが普通です。すると、アップルウォッチをしていなくても、全部リアルタイムで聞けるわけです。

米紙ニューヨーク・タイムズは十八日、サウジ政府が事件主導の責任を皇太子側近に負わせる方向で調整していると報じた。次期国王の即位が有力な皇太子への責任追及を避ける方向にかじを切った可能性がある。 同紙によると、側近はサウジ軍のアフマド・アシーリ少将で、皇太子の情報担当顧問を務めている。サウジ政府は、カショギ氏を連れ帰って尋問せよとの皇太子の指示をアシーリ氏が誤解して殺害に至ったとする筋書きを検討しているという。 サウジはこれまで、事件への関与を全面的に否定。皇太子も失踪直後に受けた米紙とのインタビューで「カショギ氏は総領事館に入り、一時間後に出て行った」と述べていた。報道が事実とすれば、皇太子の発言と矛盾するが、国際的な批判を受けて殺害と政府関与を一定程度認めつつ、皇太子の保身を優先するとみられる。(カショギ氏殺害疑惑 皇太子関与の有無焦点 2018年10月20日 朝刊 東京新聞)

  • EU calls for full probe, accountability for Khashoggi murder (FRENCH PRESS AGENCY – AFP 2018年10月20日 Daily Sabah) The European Union’s top diplomat Federica Mogherini called for a thorough investigation into the murder of prominent journalist Jamal Khashoggi and full accountability for those behind it.

ISTANBUL (AP) — Turkey will “never allow a cover-up” of the killing of Saudi journalist Jamal Khashoggi in Saudi Arabia’s consulate in Istanbul, a senior official in Turkey’s ruling party said Saturday after Saudi Arabia announced hours earlier that the writer died during a “fistfight” in its consulate. The critical reaction by Numan Kurtulmus, deputy head of the Justice and Development Party, suggested that Turkey, which started its own investigation amid pro-government media reports that a Saudi hit squad killed Khashoggi, was not prepared to go along with the Saudi version of what happened to the writer. “It’s not possible for the Saudi administration to wiggle itself out of this crime if it’s confirmed,” Kurtulmus said. He also said that Turkey would share its evidence of Khashoggi’s killing with the world and that a “conclusive result” of the investigation is close. (Turkish reaction: we won’t allow “cover-up” in Saudi killing By CHRISTOPHER TORCHIA, ZEYNEP BILGINSOY and SARAH EL DEEB  AP 2018年10月20日22:20頃 日本時間)

  • トランプ氏、サウジの捜査結果「信用できる」 (2018/10/20 11:32 日本経済新聞)【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は19日、サウジアラビア出身の記者がイスタンブールの総領事館内で争いになった末に死亡したというサウジアラビア政府の説明について「信用できる」との見解を示した。
  • サウジ、皇太子の責任回避図る  記者死亡発表、打撃限定の狙いか 2018/10/20 11:17 日本経済新聞

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアの国営メディアは20日、同国出身の記者で2日から行方が分からなくなっていたジャマル・カショギ氏が、トルコ最大都市イスタンブールのサウジ総領事館内で死亡したと報じた。サウジ政府は「カショギ氏は生きて総領事館を出た」という当初の説明をくつがえし、初めて館内での死亡を認めた。… サルマン国王が事件に関わった可能性のある情報機関を再編するための委員会の設置を命じ、息子で事実上の最高実力者であるムハンマド皇太子を委員長に起用することも発表した。… カショギ氏の死亡事件に皇太子ら主要王族が関与したことを否定する立場をつらぬき、事件の早期幕引きを求める立場とみられる。ムハンマド皇太子の側近で情報機関ナンバー2のアフメド・アシリ少将の解任も報じられた。米メディアはこれに先立ち、同少将に責任を負わせる形での事態収拾が検討されていると伝えていた。 (サウジ、記者死亡認める 検察「総領事館で争いに」  2018/10/20 10:32 日本経済新聞

  • 生きたまま体を切断?サウジ総領事館で“記者不明” ANNnewsCH 2018/10/17 YOUTUBE 3:30

 

カショギ氏の死亡をサウジアラビア政府が認める

カショギ氏は領事館から立ち去ったととぼけていたサウジアラビア政府ですが、ついにトルコのサウジ領事館内で死亡した事実を認めました。CNNがサウジアラビア政府の公式発表の全文の英語訳を報道しています。この政府の発表では、カショギ氏は口論から喧嘩に発展して死に至ったと述べられています。トルコから発信されている情報を信じるならば、このサウジアラビアの公式発表はまったく馬鹿げた言い訳にしか聞こえません。

Jamal Khashoggi case: Saudi Arabia says journalist killed in fight – BBC News BBC News YOUTUBE  2018/10/20

“The case of the disappearance of the citizen Jamal bin Ahmed Khashoggi drew the attention of the Kingdom of Saudi Arabia at the highest levels, and due to the circumstances surrounding his disappearance, the Kingdom took the necessary procedures to clarify the truth and began by dispatching a security team to Turkey on 6 October 2018 to investigate and cooperate with counterparts in Turkey. That was followed by the formation of a joint security team between the Kingdom and the Republic of Turkey, with a permission given to the Turkish security authorities to enter the Consulate of the Kingdom in Istanbul and the residence of the Consul, for the Kingdom’s keenness to clarify all the facts, as the Custodian of the Two Holy Mosques King Salman bin Abdulaziz Al Saud has issued an order to the Public Prosecutor of the Kingdom of Saudi Arabia, No. 5709 dated 3/2/1440 H to conduct investigations into the case. The Public Prosecutor has already investigated a number of suspects on the basis of information provided by the Turkish authorities to the Joint Security Team to determine whether any of them had any information or relation to what has been happened related where the information that transferred to the security authorities indicated that the citizen Jamal Khashoggi had left the consulate. In implementation to the directives of the leadership of the need to clearly know the truth and declare it transparently whatever, the preliminary investigations conducted by the Public Prosecution showed that the suspect had traveled to Istanbul to meet with the citizen Jamal Khashoggi as there were indications of the possibility of his returning back to the country. The results of the preliminary investigations also revealed that the discussions that took place with the citizen Jamal Khashoggi during his presence in the consulate of the Kingdom in Istanbul by the suspects did not go as required and developed in a negative way led to a fight and a quarrel between some of them and the citizen Jamal Khashoggi, yet the brawl aggravated to lead to his death and their attempt to conceal and cover what happened. The source added that while the investigations are still ongoing into the case with the 18 Saudi detainees, the Kingdom expresses its deep regret at the painful developments that have taken place and stresses the commitment of the authorities in the Kingdom to bring the facts to the public opinion, to hold all those involved accountable and bring them to justice by referring them to the competent courts in the Kingdom of Saudi Arabia.” (Saudi Arabia’s full statement on the death of journalist Jamal Khashoggi By Hamdi Alkhshali, CNN Updated 0105 GMT (0905 HKT) October 20, 2018 CNN.com) 太字強調は当サイト
  • sabato 20 ottobre 2018 Kingdom of Saudi Arabia takes necessary measures to clarify truth into case of citizen Jamal Khashoggi, emphasizes to hold all those involved accountable http://www.arabia-saudita.it/news.php?id=900

Former Ambassador : Saudis’ Jamal Khashoggi Story “Absolutely Outlandish” | The Last Word | MSNBC (2018/10/19 YOUTUBE 14:58)

今回の事件は、人道的な問題と、経済的活動、外交関係の何を優先して決着が図られるのか、まさに正解がない問題だと思います。アメリカのトランプ大統領は、サウジアラビアへの武器売却の合意で得られる予定の1100億ドルを今回の問題のせいで失いたくないと明言しており、サウジアラビアへの責任追及には及び腰です。

 

責任逃れ工作か

トルコの英語新聞「Hurriyet Daily News」(10月18日付)が、サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害に関わったとされる15人の特殊部隊員のうち1人の男が交通事故で死亡したと報じた。 死亡が確認されたのは、サウジアラビア空軍の大尉マーシャル・サード・アル=ボスタニ(Mashal Saad al-Bostani)氏(31)。今月2日からトルコ・イスタンブールのサウジアラビア領事館を訪問したきり行方不明になっている反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害への関与が疑われていた。(【サウジ記者不明】カショギ氏の殺害に関わったとされる特殊部隊員が死亡 ”口封じ”か 2018年10月20日 09時25分 @nifty tocana)

トルコ当局は、サウジやムハンマド皇太子が関与した可能性が高いことを示す情報を次々にリーク。サウジは具体的な反論ができず、オタイビ・駐イスタンブール総領事に至っては公邸捜索前にサウジに逃げ帰ってしまった。殺害時のものとされる音声では、総領事がその場にいたことが判明しており、捜査対象となるのを恐れたとみられる。一連の報道によると、2日にカショギ氏を暗殺する特命を持った15人が航空機2機に分乗してイスタンブール入りし、同氏が総領事館に入って数分後には拷問、生きたまま殺害するという蛮行に出た。トルコの空港のカメラなどが捉えた15人は、法医学者やムハンマド皇太子に近い当局者や警備関係、情報機関員らで構成され、皇太子の具体的な指示や関与があったことをうかがわせている。(「雑な暗殺」疑惑に騒然、サウジ皇太子の末路 週末に事態は急展開の可能性 池滝 和秀 : 中東ジャーナリスト 2018/10/20 5:40 東洋経済ONLINE

【AFP=時事】(更新)サウジアラビアは20日、行方不明になっている同国の著名ジャーナリスト、ジャマル・カショギ(Jamal Khashoggi)氏の失踪に関する内部調査結果を発表し、カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で死亡したことを確認した。国営メディアが報じた。 国営サウジ通信(SPA)は検事の話として、カショギ氏は総領事館で会った人物らと口論になり、殴り合いになって死亡したと伝えた。(サウジ、トルコ総領事館でのカショギ氏死亡を確認 18人拘束 高官ら解任 AFP=時事 2018/10/20(土) 7:26配信 YAHOO!JAPAN

結婚に必要な書類を取得するため、カショギ氏が最初に総領事館を訪れたのは9月28日。この日は書類を受け取れず、10月2日午後1時に再訪するよう求められていた。容疑者が分乗したプライベートジェット2機のうち、1機がイスタンブールに到着したのが2日早朝だった。 … ニューヨーク・タイムズは18日、皇太子の側近で情報機関ナンバー2のアフメド・アシリ少将に事件の責任を負わせる形で事態収拾を図ることを、サウジ指導部が検討していると報じた。これまで取り沙汰されてきた「尋問中に誤って死亡した」との説明では非難をかわせないとの判断が働いている可能性がある。(サウジ記者殺害疑惑、強まる皇太子関与説 米報道 2018/10/19 20:00 日本経済新聞

  • Trump says Saudi arrests in Khashoggi killing ‘great first step’ (Washington Post 2018/10/19 YOUTUBE 1:58) Trump said that he’ll work with Congress on what the U.S. response should be, but that he’d prefer not to hurt American companies and jobs by cutting billions of dollars in arms sales to the kingdom.
  • Joe And Mika: We Need Nothing From Saudi Arabia (The Late Show with Stephen Colbert 2018/10/19 YOUTUBE 6:15)

 

13日付のサウジアラビア各紙は、公序良俗や宗教的価値観、プライバシーに反する臆測や偽ニュースを広めた者には最大で禁錮5年、罰金300万リヤル(約9000万円)が科されることをあらためて市民に通知した。これが反体制ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏失踪事件の関連であることは誰の目にも明らかだった。トルコ当局者がカショギ氏は殺害され、それを命じたのはサウジ政府だと主張する中で、サウジの政府関係者やメディアは同国に対する中傷だと否定、ムハンマド皇太子の主張に倣った。皇太子はカショギ氏失踪の翌日に行われたブルーバーグ・ニュースとのインタビューで、カショギ氏はトルコ人女性との婚姻手続きを終えるために総領事館を訪れ、何事もなく出て行ったと話した。(サウジの恐怖体制、カショギ事件で浮き彫りに-自宅でも小声で会話 Donna Abu-Nasr、Vivian Nereim 2018年10月19日 6:18 JST Bloomberg)

サウジアラビア政府を批判してきた米国在住のサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が、トルコのサウジ総領事館を訪れたきり行方不明になり、総領事館内でのサウジ当局による殺害疑惑が浮上している。スパイ映画のようだ-などと驚くだけでは済まない重大事件だ。 カショギ氏は2日、結婚の手続きのためにトルコ・イスタンブールにある総領事館に入り、そのまま消息が途絶えた。(サウジ記者失踪 真相究明に国際的圧力を 2018年10月18日 10時50分 西日本新聞)

  • サウジ人ジャーナリスト「最後のコラム」公開 2018年10月18日 09時33分 IT media NEWS

トルコ捜査チームからメディアへの捜査情報のリークが続き、トルコ・サウジ合同捜査が始まったことは、トルコ政府がカショギ氏失踪事件を司法手続きによる解決ではなく政治的な解決で収束させようとしていることを意味する。警察による捜査と容疑者の特定、裁判所への起訴という司法手続きをとれば、事件の証拠を公表し、サウジ王室の責任を公に問うことになりかねず、トルコ・サウジ関係の悪化は免れない。(引用元記事:№70 サウジアラビア:ジャマール・カショギ氏の失踪 #3 中東かわら版 2018/10/17 中東調査会

トルコの日刊紙イエニ・シャファク(Yeni Safak)は、カショギ氏がサウジ総領事館内で尋問される様子を記録した音源を複数聞いたと主張。同氏を殺害したとみられる人物らが、尋問の最中に同氏の指を切断したとしている。同紙はカショギ氏がその後、首を切り落とされたと報じている。 カショギ氏は今月2日、トルコ人女性との結婚を前に必要書類を受け取るためイスタンブールのサウジ総領事館を訪れた後、行方が分からなくなった。トルコの警察は、サウジ当局者15人からなる特務チームが同氏を殺害したとみているが、サウジ政府は「根拠がない」と述べ否定している。 一方、中東ニュースを扱う英ポータルサイト「ミドル・イースト・アイ(Middle East Eye)」は、トルコ政府筋の話として、サウジの特務チームは「カショギ氏の尋問は試みず」、サウジから「彼を殺害するためにやって来た」と報道。 特務チームの中には、サウジ検視当局のサラ・ムハメド・トゥバイギ(Salah Muhammed Al-Tubaigy)中佐がいたという。情報筋は同サイトに対し、カショギ氏が生きているうちにトゥバイギ中佐がカショギ氏の体を切断し始め、カショギ氏は7分後に死亡したと述べている。(失踪記者、サウジ総領事館内で斬首か…生きたまま切断との情報も 2018年10月17日 18:47 AFP)

  • 【記者殺害疑惑】キーマンのサウジアラビア皇太子が分かる厳選5本Business Insider Japan Oct. 17, 2018, 05:30 AM)カショギ氏の殺害疑惑をめぐっては、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が命じたものだとの報道もある。サルマン皇太子と言えば、サウジアラビアの改革を主導する人物だ。
  • ジャマル・カショギはアップルの腕時計をしていた 2018年10月17日 ずくなしの冷や水 inventsolitude.sblo.jp
  • Trump Defends Saudi Arabia Against Murder Allegations to Secure Arms Deal | The Daily Show with Trevor Noah
    2018/10/17 YOUTUBE

 

サウジからイスタンブールに送り込まれた暗殺団の顔ぶれ

  • Jamal Khashoggi: Who’s who in alleged Saudi ‘hit squad’ (19 October 2018 BBC NEWS ) Turkish media have named 15 Saudi nationals who Turkish officials suspect were involved in the disappearance of Jamal Khashoggi

How Jamal Khashoggi’s Murder Suspects Are Tied To The Saudi Crown Prince | Velshi & Ruhle | MSNBC MSNBC 2018/10/17

 

アップルウォッチ録音説の信憑性

アップルウォッチで殺害時の音声が記録されていたという報道に関してですが、報道を読む限り技術的にあり得ないようです。盗聴カモフラージュ説に分がありそうです。

  • サウジ記者の殺害疑惑、Apple Watchが“証言”する可能性は「大いにある」(TEXT BY ROBBIE GONZALEZ TRANSLATION BY CHIHIRO OKA 2018.10.19 FRI 08:30 WIRED.jp

ただ現地報道には疑わしい点もある。1つが「アップルウオッチを見つけた殺害犯が、録音データを消すためにカショギ氏の指紋を利用して端末のロックを解除した」と報じた点だ。アップルウオッチは今年9月に発売された第4世代まで含めて、いずれの機種も指紋認証機能は搭載していない。… アップルウオッチでの録音に成功したとしても、短距離無線通信規格のブルートゥースでiPhoneにデータを転送するには、障害物のない場所でも10メートル程度までが限度だ。建物内ではおよそ5メートルまでとされ、カショギ氏のアップルウオッチと領事館の外にいた婚約者が持つiPhoneが通信するのは現実的でなかったとみられる。… カショギ氏の持っていた機種には米国内では単体でデータ通信ができるセルラー機能が付いていたようだが、トルコは同サービスを利用できる地域ではなかった。… 米CNNはセキュリティー専門家ロバート・べーア氏の意見として「サウジ領事館内の音声が記録されていたとすれば、トルコ政府が盗聴器を仕掛けていたのだろう」との見方を紹介した。(サウジ記者殺害疑惑、アップルウオッチで録音? 報道に疑問も 2018/10/16 17:33 日本経済新聞

  • Saudi Arabia’s Shifting Story About Jamal Khashoggi’s Disappearance (The Daily Show with Trevor Noah 2018/10/16 YOUTUBE 7:29)
  • Fmr CIA Dir.: Khashoggi Scandal Will Be The Downfall Of Mohammad Bin Salman | Deadline |MSNBC
    2018/10/16 YOUTUBE 11:35
  • 米が水面下で手打ち工作か?「墓穴掘った」サウジ皇太子 (佐々木伸 星槎大学大学院教授 2018年10月15日 WEDGE Infinity) サウジアラビア人ジャーナリスト失踪事件で、トランプ米政権がトルコとサウジのメンツが立つ形で手打ち工作を進めているとの観測が出てきた。トルコに2年間拘束されていた米牧師がこのほど釈放されたのもこの工作の一環と見られ、事態がこれ以上悪化しないよう、3国が政治決着に踏み出したようだ。

セキュリティー専門家のロバート・ベーア氏はCNNの番組の中で、サウジ領事館内の音声が記録されていたとすれば、トルコ政府が領事館の建物内に装置を仕掛けていたとしか思えないと指摘。「トルコがサウジ領事館に盗聴器や転送装置を仕掛けていたのだと思う」と推測した。… 同国の治安事情に詳しいトルコの元外交官もベーア氏と同じ意見で、「Apple Watchは注意をそらすための馬鹿げた説」と一蹴した。(不明サウジ記者、Apple Watchで殺害時録音? 専門家は否定 2018.10.15 Mon posted at 12:33 JST CNN.co.jp

著名なサウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・アフマド・カショギ 氏の失踪に関するトルコの調査によって、カショギ氏が着用していた「Apple Watch」に、彼が拷問を受けて殺害されたことを示す録音がされていたことが判明したと、10月13日にトルコの新聞社が報道した。… テクノロジーの専門家たちは、Apple Watchが大使館内での行為を録音し、それがiCloudのアカウントへアップロードされたという可能性は非常に考えにくいという。Apple Watchのほとんどのモデルは、同期設定されているiPhoneから9〜15m以内に置かれていないとiCloudへデータをアップロードすることができないためだ。

ワイヤレスで直接クラウドと接続できる新型モデルでさえ、近くのWiFiネットワークへの接続か何らかのセルラー接続が必要で、専門家によるとトルコではそれらが利用できないDaily Sabahは、Apple Watchの件は「特別諜報部内の信頼できる筋」からの情報だと報じている。カショギ氏は領事館の中へ入る前にApple Watchをオンにしてあったと考えられる、とのことだ。

同紙によると、カショギ氏が殺害された後、彼のApple Watchがその様子を録音していたことにサウジ諜報部員が気づき、カショギ氏の指紋を使ってApple Watchをアンロックしてファイルの一部を削除したが、全部は削除されていなかった、という。(「Apple Watch」に残された拷問・殺害の証拠
外で待つ婚約者のiPhoneと同期されていた? ロイター 2018/10/14 10:50 東洋経済ONLINE)

 

サウジアラビアへの1100億ドル相当の武器の売却を反故にしたくない米トランプ大統領

トランプ大統領は19日、サウジアラビア政府の発表に対して「サウジアラビアは大事な同盟国だが、この事件は受け入れ難い」と批判しました。しかし、サウジアラビアへの1100億ドル相当の武器の売却については「60万人の雇用がかかっている」として、中止に難色を示しています。(トランプ氏「サウジに制裁」 武器売却中止には難色 テレ朝news 2018/10/20 11:46)

  • Trump: Khashoggi case will not stop $110bn US-Saudi arms trade – video (Reuters Fri 12 Oct 2018 15.46 BST The Gardian)
  • President Donald Trump’s Tepid Response To Missing Journalist News | The Last Word | MSNBC 2018/10/12 YOUTUBE 16:24
  • What Jamal Khashoggi Story Says About US Leadership | Morning Joe | MSNBC YOUTBE 21:13 The president on Thursday said he ‘doesn’t like’ that Saudi Arabia may be involved in the disappearance of Jamal Khashoggi but won’t stop arms sales. Trump also noted Khashoggi was not a U.S. citizen.

 

ジャマール・カショギ氏がトルコのサウジ領事館で失踪

  • Saudi Arabia: Last Week Tonight with John Oliver (HBO) LastWeekTonight 2018/10/14 YOUTUBE 18:10

Jamal Khashoggi: The world demands answers – UpFront (Al Jazeera English 2018/10/12 YOUTUBE 25:21)

  • №66 サウジアラビア:ジャマール・カショギ氏の失踪 2018/10/11 中東かわら版 中東調査会
  • What happened to Saudi journalist Jamal Khashoggi? | Inside Story Al Jazeera English 2018/10/10 YOUTUBE 26:10
  • Video claims to show chain of events in Istanbul on day of Khashoggi’s disappearance (Washington Post YOUTUBE 3:03) A video obtained by The Washington Post purports to show events in Istanbul on the day journalist Jamal Khashoggi disappeared.

 

参考

  1. جمال خاشقجي@JKhashoggi

 

参考(ムハンマド・ビン・サルマン王子の政策)

  1. How this young prince seized power in Saudi Arabia (Vox 2018/01/23 YOUTUBE 4:51)
  2. サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に政敵排除 2017年11月16日 / 11:35 REUTERS
  3. サウジ汚職摘発の真相 「王室分裂」はムハンマド皇太子の政敵排除 2017年11月18日(土)11時38分 Newsweek
  4. サウジ王子ら一斉逮捕の汚職事件、損失推計11兆円 2017.11.10 Fri posted at 11:27 JST CNN.CO.JP

 


 - ジャーナリズム