「 地域 」 一覧

日本の田舎の生活・価値観・精神性

  2018/09/24    地域

日本の地方大学や僻地の研究所を訪れると、50年くらいタイムスリップしたような感覚になったり、時間が3倍くらい遅く流れているような錯覚に陥ることがあります。 あえて悪い言い方をすれば、何の緊張感もなく、毎日適当に生きて、時間が過ぎていくのが田舎というところです。(都会のスタンダード、田舎のスタンダード 2013.05.07 Tuesday いすみ鉄道 社長ブログ) 研究であれば、日本のどこであろうが世界のどこであろうがやることに大差ないはずですが、生活するとなると都会の生活と田舎の生活とでは大きな違いがあります。地方都市、および、さらに人口の少ない田舎の地域での生活に関するネット情報等をまとめます。   教育格差 釧路にも大学は存在すると書いたが、しかし子供たちにとってそこは病院などと区別されない「建物」にすぎず、「大学生」という存在にじかに出会ったことは、すくなくとも私は一度もなかったし、また私の場合は親族にも大学卒業者が皆無だったため、高校卒業後の選択肢として「大学進学」をイメージすることは、きわめて困難であった。… 私が東大に入学し、なかば憤慨したのは、東大と同じ駒場東大前駅を最寄り駅とする中高一貫校が存在し、その東大進学率が抜群に高いということだった。なんという特権階級だろう! しかも彼らには、自らがその地理的アドバンテージを享受しているという自覚はない。 田舎者(私)の無知と貧弱な想像力の例をいくつか挙げたが、まさに問題は、この「想像力が奪われている」ということにある。こうした田舎では、とにかく文化と教育への距離が絶望的に遠いがゆえに、それらを想像することじたいから疎外されているのだ。… あまりに遠すぎて想像すらできないこと、これが田舎者の本質的な困難なのである。… 教育における地域格差の帰結をあらためて言い換えれば、それは「同じ学力の子供が、田舎に住んでいるという理由だけで、都市に住んでいれば受けられたはずの教育の機会を奪われている」ということである。 いざ大学進学を志したとしても、田舎の子供にはさらなる障壁がいくつも立ちはだかっている。思いつくままに羅列してみよう。 ○「せめて県内の大学に行ってほしい」と希望する親(北海道はとくにこの傾向が強かった) ○「女性は大学・都会になど行くべきでない」という根強い価値観 ○都会に出ようとする若者への激しい嫉妬と物理的・精神的妨害 ○受験に対する精神的な負担(多くの人は飛行機に乗ったことも大都市に行ったこともない) ○単身で「都会へ引越す」ことへの精神的負担 ○都会での大学生活について相談できる大人の不在 ○塾や予備校の不在(都会にどんな機関があるのか知る機会もない) ○近所の本屋に受験参考書が揃っていない(取り寄せるべき参考書を知る機会もない) ○過去問を閲覧することができない ○各種模擬試験の案内がない 田舎者は、こうした数多の困難によって、教育から隔絶されている。こういう話をすると、かならず「いまはインターネットで教育が受けられる」という反応がある。だがこれは、くりかえすが、機会の問題ではなく想像力の問題なのだ。田舎ではそのような発想じたいが不可能なのである。(「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由 2018.04.25 現代ビジネス) 見えている世界が違うのは田舎という場所の問題なのか (4月 25, 2018 かわさきOncology&Palliative Care) 私は高校卒業後、浪人せずに医学部に入っているので、教育は釧路市内でしか受けたことはない。高校の授業と本屋で買った参考書と市内の塾だけで国立大の医学部に進学できているし、私の同級生も同じような教育環境で半分以上が大学に進学している(東大も、医学部も複数いる)。… 田舎か都会かというのは問題を単純化しすぎで、「同じ地域で学生時代を過ごしているのに見えてる世界が違うのはなぜか」という問題を考察した方がいい。 「田舎育ちだと教育や文化に触れられず大学に行く選択肢が与えられない」という記事に対して同意や疑問の声 (4月25日 togetter) 東京の近くであっても、小学校教師の当たりはずれや学習塾に行く機会の有無による運がかなりあると思っている。 彼の親だけでなく、その父親は文壇の権威で知られた大学教授で、彼の幼馴染も東京の超有名大学に籍を置いていました。こうした層の人たちにとって、大学に行くことは、今まで自分の生きてきた場所を後にする事でもない。孤軍奮闘のパイオニアになる事でもないのです。まるで息をするように一流大学に進学しているんです。(家族で初めて大学進学した女子だった私 EdiMadam 2018/04/29 20:50 note.mu)(太字強調は当サイト)   地方大学 都会の大学とは違って、クソ本気で勉強しているっていう人がいない。… 就職は、地銀・地方新聞社クラスならマジで余裕だ。普通に大学生活おくってたら楽勝。ただ、上を目指そうっていう気持ちがあるなら、こんなところには来るな。都会に行け。地方国立大学は安定してるんだよ。安定して卒業できるし、安定して就職できる。でも上は目指すことはかなり難しい。普通でないモチベーションを持ち続けられる自分と、自分と同じようにモチベーションを持ち続けられる友人を最低一人はみつけなければならないからな。(■今年地方国立大学を卒業する俺が新入生にアドバイスしたい 2010-02-18 …