JRECINウォッチ 公募情報14選 ~ゴールデンウィークに転職準備~

   




ゴールデンウィークにはまとまった時間がとれるので、転職のための応募書類を書くのに良い機会ではないでしょうか?

公募情報からランダムにピックアップ。

  1. CSTジャパン株式会社 マーケティング部 Cell Signaling Technology (CST) プロダクトサイドに立ち、製品販売促進を企画・立案・実施 勤務地住所 東京都千代田区内神田1-6-10 給与形態 月給30万円以上 x 標準18ヶ月 = 540万円以上 (冬季・夏季賞与それぞれ標準3ヶ月) 募集期間 2019年04月25日 ~ 2019年07月01日 必着 適任者の採用が決まり次第、募集を締め切り 詳細⇒JRECIN-INサイト
  2. 大阪大学 研究オフィス 特任教員(バイオサイエンス系担当)の公募 仕事内容 ・遺伝子組換え実験に係る研究計画書の作成支援、法的適合性の事前審査・全学専門委員会(遺伝子組換え実験安全委員会及び同ワーキング、動物実験委員会、病原体等安全管理委員会及び同ワーキング)の運営・その他遺伝子組換え実験、動物実験、病原体等の適切な取扱いに関する法令遵守のため必要とする業務 勤務地住所 大阪府吹田市山田丘1-1 時間給:2,263~2,469円 募集期間 2019年04月25日 ~ 2019年05月27日 必着 詳細⇒JREC-INサイト
  3. 東海大学 札幌校舎 生物学部(生物学実験)非常勤講師の公募 1コマ/週の月額給与は、21,600円〜28,600円の範囲 募集期間 2019年06月28日 必着 採用が決まり次第、締め切り  詳細⇒JREC-IN
  4. 琉球大学 国際地域創造学部 ポスドク研究員募集(群れ行動分野 松本研究室) 松本研究室では、野生霊長類の社会進化の探求を国際共同研究として実施しています。2019年度より3年間、ケニアに生息する野生ヒヒを対象に、群れ形成のダイナミクスを解明することになりました。仕事内容 群れ行動の野外データ分析と統計・計算モデリングが主たる業務です。タイミングが合えば、野外データ収集の際に1~2か月間海外調査に参加していただくことが可能です。時間給1,671円 募集期間 2019年04月24日 ~ 2019年05月24日 必着 適任者が見つかり次第終了  詳細⇒JREC-IN
  5. 理化学研究所 数理創造プログラム 副プログラムディレクター 応募資格 数理生物学分野における高い研究実績と、生命科学と数理科学を繋ぐ広い見識を有し、理研内外の研究者と協調しながら、iTHEMSにおける研究と運営に意欲的に貢献することができる方。単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から2025年3月31日を上限として再契約可能。2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。詳細⇒JREC-IN
  6. 国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター 水生生物を用いた生態毒性試験および化学分析業務 1名 仕事内容 水生生物(藻類、ミジンコ、ヨコエビ等)を用いた有害化学物質の生態毒性評価研究に係る、生物飼育、試薬調製、試験実施、化学分析等の業務を行う。勤務地 茨城県つくば市 基本給(日給):11,540円より 募集期間 2019年06月30日 必着 ただし適任者が見つかり次第締め切り 詳細⇒JREC-IN
  7. 京都大学 教授公募(植物分子科学全般)京都大学大学院理学研究科生物科学専攻分子植物科学講座の教授を公募 なお、本教授は着任後、テニュア審査を申請できる任期付き助教を公募できる予定です。募集期間 2019年07月01日 必着 詳細⇒JREC-IN
  8. 埼玉大学 生命科学部門 生体制御学領域 助教の公募 勤務形態 常勤(任期あり) 5年(再任可。ただし、1回限りとし、任期は2年の範囲内とする。)とし、業績審査により契約期間の定めのない教員とすることがあります。募集期間 2019年06月14日 必着 詳細⇒JREC-IN
  9. 九州大学 理学研究院生物科学部門動態生物学講座(地球環境ゲノム科学分野) テニュアトラック准教授の公募 ※理学研究院生物科学部門動態生物学講座では、地球環境ゲノム科学分野を創設することになりました。本分野の推進を、数理生物学研究室佐竹暁子教授と連携して実施し、ゲノム科学・生態学・数理科学を融合した学際的な研究手法の開発によって、分子・細胞レベルから生態系まで多様なスケールの生命現象の解明を目指す新分野に挑戦できる方を募集します。【仕事の内容】大学院システム生命科学府の大学院教育、理学部生物学科や基幹教育におけるゲノム科学やデータサイエンスに関連する講義を担当。常勤(テニュアトラック) 雇用期間の定めのない職への転換の可否については、雇用期間満了前の所定の時期に研究・教育実績に関する学内審査を行います。 学内審査では、下記の点を中心に総合的に判断して行います。 (1)該当分野における研究成果が優れていると認められること。 (2)国際化・学際化に資する活動(国際共同研究等)を積極的に行っていること。 (3)十分な競争的研究資金を獲得していること。 (4)教育成果(学生の研究指導、講義内容)が優れていると認められること。募集期間 2019年06月07日 必着 詳細⇒JREC-IN
  10. 富山大学大学院理工学研究部(理学)教授の公募 募集人員:教授(臨時的採用)1名  所属:大学院理工学研究部(理学)生命・情報・システム学域 ヒューマン・生命情報システム学系(旧:理学部生物学科 生体制御学講座)応募資格 (3) 遺伝子の組換えが容易な実験用げっし動物(ラット・マウス等)を研究材料とし,睡眠脳波や睡眠覚醒リズムについての教育・研究を推進できる方。(4) 実験用げっし動物(ラット・マウス等)の取り扱いについて十分な経験があり,施設管理責任者となれる方 募集期間 2019年05月07日 必着 詳細⇒JREC-IN
  11. 京都大学 教授公募(生物科学分野) 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻生物物理学系高次情報形成学講座の教授を公募 着任後、助教1名(7年任期、任期内にテニュア申請可)を公募して採用していただく予定です。募集期間2019年05月17日 必着 詳細⇒JREC-IN
  12. 新潟大学教育研究院自然科学系教員公募要項(准教授)理学部 理学科(生物学プログラム,および,自然環境科学プログラム)※いずれかのプログラムを主担当,もう一方を副担当とする。応募資格(2)生物学(分子生物学,ゲノム生物学,細胞生物学,進化生物学,またはこれらの関連分野)において優れた研究業績があり,実験や専門分野の講義を担当できること。(3)女性であること。※新潟大学では,男女共同参画及びダイバーシティの視点に立った教育・研究・就業環境の整備を推進しています。本公募では,男女雇用機会均等法第8条に則り,女性教員の割合が相当程度少ない現状を積極的に改善するための措置として女性に限定した公募を実施します。募集期間2019年03月08日 ~ 2019年05月10日 必着 詳細⇒JREC-IN
  13. 神奈川大学 理学部 生物科学科「動物生理学」教授または准教授公募 勤務地 平塚市土屋2946 神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス 2023 年4 月1 日より本学部は横浜キャンパスへ移転予定であり、勤務地が横浜市内へ変更となります。募集期間 2019年04月01日 ~ 2019年05月08日 消印有効 詳細⇒JREC-IN
  14. 九州大学 基幹教育院(自然科学実験系部門)の教授の公募について〈職務〉(1)生物学に関する教育・研究(2)基幹教育院が企画運営する全学的な教育活動 特に、講義、実験実習、教育手法、および教育カリキュラムの開発、募集期間2019年04月16日 ~ 2019年06月27日 必着 詳細⇒JREC-IN

こうしてみると、最近は国立大学の助教も任期付きではなく、テニュアを付与したり無期転換の可能性を与えたりしている例が多いことに気付きます。時代が変わりつつあることを実感します(昔に戻るだけ?)


 - 公募情報, JREC-IN