ハーバード大バカンティ教授「論文編集の過程で起きたささいな誤り」

      2014/02/23

先日ネイチャー(NATURE)に掲載されたSTAP細胞の論文に対して疑念が生じていることに関して、共著者であるハーバード大学ヴァカンティ教授がコメントを発表しました。

「論文編集の過程で起きた、ささいな誤り(minor errors)によって生じたものだと考えている」

とのことです。

⇒ 小保方晴子理研研究ユニットリーダーのSTAP細胞NATURE論文を理研も調査へ

参考記事

  1. STAP細胞:米教授、画像の酷似は「ささいな誤り」(毎日新聞 2014年02月21日)
  2. Paper on STAP cells contains minor errors, co-author says (Mainichi Japan February 21, 2014)

 - 論文データ捏造