「 初等教育 」 一覧

no image

中学受験の実際、落とし穴、学校選び、後悔しないための実践ガイド

  2020/11/29    初等教育, 中学受験

中学受験の落とし穴:本人と親の問題 家庭崩壊に陥る危険性 結局その夫婦は、子どもの教育方針をめぐる意見対立のために離婚した。(中学受験は親の受験」「子どもの成績は親の腕次第」というメッセージが「教育虐待」の危険を増幅している おおたとしまさ | 育児・教育ジャーナリスト 2019/7/13(土) 12:00 YAHOO!JAPAN) 教育虐待になる危険性 かつて中学受験を経験し難関校に合格した経験を持つ父親の気持ち: 子どもは自分とよく似た人間で、“分身”みたいなイメージがあった。ところが子どもは、私が想像していたほどではなかった。 これぐらいのことができなくて将来どうするんだという焦りと、悔しさ。 その後、息子は、外に出ることが怖くなり不登校になりました。小学5年生の秋のことでした。 ( 中学受験が重圧 心を病む子どもたち 2019年6月24日(月) NHK) 模試の成績で偏差値が下がるたびに不安になり、もっとやらせねばならないと焦り、怒鳴り、わが子を罵倒しました。あの参考書がいいと聞けばそれを買い、『これもやりなさい』とさらに負荷をかけました。(【緊急企画】教育虐待への予防接種としての『中学受験「必笑法」』おおたとしまさ 2019/7/5(金) 21:47 YAHOO!JAPANニュース) まさかの不合格になる危険性 押さえとして確実に受かるつもりで受けた学校もまさかの下のコースでの合格。3年生から塾に通い、6年生になってからは遊ぶのも我慢し本当に朝から晩まで勉強してきました。… どんなに模試や過去問で点が取れていても、本番の一回勝負で点が取れなければ落ちます。その本番に力が出せるかも含めて実力です。… 4年間、何だったんだろうと思います。(【5708886】 投稿者: 立ち直れる? 【5708694】落ちた組が気持ちを吐き出すトピ インターエデュ) 洛南は関西統一入試の3日目にあります。わたしは、王道と言われた「四天王寺→西大和学園→洛南」を迷わず選びました。… 何より合否判定テストが毎回80%以上合格だったし、男女混合の学校別対策のテストでも必ず上位3名に入っていたことから躊躇(ためら)いがありませんでした。… 四天王寺、西大和に落ちたのは、わたしの当日の体調不良とそれのために心に出てしまった不安です。腹痛があって、それが気になって、テストに集中できなかったんです。… 結果、西大和も洛南も落ちました。二次募集なんて受ける気力がなく、わたしは公立中学に行くんだと思うと悔しくて悔しくてその時初めて泣いたと思います。(【中学受験】全落ちした子どもが公立中学校を選んだ理由~全落ち理由を自己分析した結果~2018年11月27日 mimic) インターエデュ【5266618】中学受験で”全落ち”した母子の「最終出口」 どなたか、最後に出てくる学校がどこだか、ご存知ですか? 中学受験で”全落ち”した母子の「最終出口」 受験最終日、ミスチルの「ギフト」で号泣した 宮本 さおり 2018/11/20 5:50 東洋経済オンライン 燃え尽き症候群になる危険性 親が厳しく叱りつけすぎると、自信のない子供になってしまう 中学受験で燃え尽きてしまい、勉強が嫌になってしまう (中学受験の最大の弊害、デメリット 幼児教室ひまわり) 速すぎる授業ついていけず落ちこぼれる危険性 例えば数学なら、中学3年生までの内容を中学1年生の終わりまでには終えてしまい、直ちに高校数学へと進んでいきます。そして中学校を終える頃には、高校の数学Ⅱ(普通なら高校2年生で学ぶ内容です)を修了しているのです。 中学入試の算数問題なら、解法を必死で暗記することで何とか対応できたかもしれません。 自分の頭で考えて理解することができなければ、授業にはまったくついていけないのです。 (引用元: 「進学塾から私立中高」で燃え尽き症候群に…子が壊れる進路 関西教育企画株式会社 …