「 ベンチャー 」 一覧

no image

メルカリがリサーチ・アドミニストレーターを募集??MercariがAI?

大学のリサーチ・アドミニストレーター(URA)は、JREC-INの公募要項を見ると1年契約の非常勤でしかも任期付きというものがほとんどです。 常勤(任期なし)のリサーチ・アドミニストレーター募集 そんな中で常勤のリサーチ・アドミニストレーター募集が目をひきましたが、大学ではなくてメルカリでした。 この度は、研究支援活動に対して真摯に、熱意をもって意欲的に取り組む人材を求めます。 プレアワード業務 ポストアワード業務 産学連携支援 勤務地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー
日比谷線六本木駅直結、大江戸線六本木駅徒歩4分 ※6月前後にオフィス増設のため、勤務地が東京都文京区本郷になる可能性もあり 募集期間 2019年12月20日 ~ 2020年01月31日 必着 適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります (研究開発組織のリサーチ・アドミニストレーターの募集 JREC-IN D119121475) メルカリがリサーチ・アドミニストレーターに求める必要条件 どんな人が求められているのか、一部を紹介。 ・大学、企業、公的機関等において研究開発、研究支援の実務経験 ・研究者および社外関係者との協議・連絡・調整を円滑に行うことができる方 ・大学等で競争的資金獲得支援の経験がある、あるいは企業等で競争的公的資金によるプロジェクトの採択・推進業務の経験がある方 ・業務遂行に必要な文書作成能力、交渉能力及びプレゼンテーション能力を有する (研究開発組織のリサーチ・アドミニストレーターの募集 JREC-IN D119121475)   メルカリがリサーチアドミニストレーターを募集する理由 「mercari R4D」は2017年12月に設立した、社会実装を目的とした研究開発組織です。 R4Dは、研究(Research)と4つのD、設計(Design)・開発(Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を意味し、 研究開発と社会実装を目的としています。 この度は、研究支援活動に対して真摯に、熱意をもって意欲的に取り組む人材を求めます。業務の効率化、組織の活性化等、組織の課題を発見し改善策を自ら提案し実行できるフレキシブルな職場環境です。自ら組織をつくっていくことや、多くの関係者・関係機関とのネットワークを拡げていくことに関心を持ち、異なるバックグラウンドを有した関係者とのコミュニケーションを通して働くことにやりがいを持てる方に是非ご応募いただきたいと考えております。 (R4DでResearch Administratorの募集を開始しました December 16, 2019 メルカリR4D) AIテクノロジーカンパニー メルカリ 自分はメルカリで中古の書籍を買ったりすることがありますが、メルカリがどういう会社か考えたことがありませんでした。 濱田優貴(取締役CPO)より『世界のAIのトレンドと、テックカンパニーとしてのメルカリが目指す世界』をテーマにお話ししました。メルカリがグローバルテックカンパニーを目指すためにはテクノロジーによる差別化が重要と位置づけ、特にAIが最注力領域であることを説明しました。… メルカリのAIの強みは、数十億規模にのぼるデータと、卓越したAI人材にあります。データの強みについては、メルカリが累計出品数11億品を超える大規模な商品画像やテキストデータを保有しており、これによって高精度な機械学習モデルを作成することが可能となることを説明しました。(メルカリAI技術説明会レポート …

ZOZOTOWNの前澤友作氏がスペースXと契約 2023年に民間人世界初となる月周回旅行を予定

SpaceXが前澤友作氏と月旅行契約 First Private Passenger on Lunar BFR Mission(記者会見の模様 YOUTUBE動画1:44:22 開始は28:45~) スペースX社のCEOイーロン・マスク氏がまず旅行計画の説明を行いました。この計画を実現するためには資金の調達が非常に重要であり、最初の顧客となってくれる人の存在は非常に助けになると述べたあとで、その最初の顧客となる前澤友作氏を紹介しました(動画49:15秒あたりから)。 アメリカの宇宙開発ベンチャーSpaceX(スペースX)は9月18日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの代表取締役社長・前澤友作氏と、月の周囲を飛行する宇宙旅行の契約を結んだと発表した。実現すれば民間人として初めての月周回旅行になる。スペースXは、2002年に起業家のイーロン・マスク氏によって創設された。周回飛行には、同社が人類の火星移住を目指して開発中の大型ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」を利用する。(前澤友作氏、世界初の「月旅行客」に イーロン・マスク氏のスペースXと契約 実現すれば、民間人として初めての月周回旅行になる。HUFFPOST 生田綾 2018年09月18日 10時35分 JST | 更新 2018年09月18日 12時04分 JST) ZOZOTOWNの前澤友作氏 民間人初の月周回旅行へ(18/09/18) I trust him @elonmusk , so I can ride. #dearMoon pic.twitter.com/DUMvygn80l — Yusaku Maezawa 前澤友作 (@yousuck2020) 2018年9月19日 月周回計画 乗り込むのは開発中の「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」。全長118メートルの大型ロケットだ。計画では打ち上げ後、上段約55メートルの宇宙船部分が切り離され、3日目に月に接近。着陸せず旋回し、6日目に地上に帰還する。(ZOZO前沢社長、月旅行 民間人初、米人以外初、カップル初? 2018年9月19日 …

エイジックがTechCrunch Tokyoで受賞

  2014/11/20    ベンチャー

電子回路を作るのに半田付けもブレッドボードも不要。家庭用インクジェットプリンターで電子回路を印刷したり、電子回路をマジックで書いたり消したりしてつくることができるなど画期的な製品を世に送り出しているベンチャー企業AgIC(エイジック)が、TechCrunch主催のイベントTechCrunch Tokyo 2014(2014年11月19日開催)のプレゼンコンテスト「スタートアップバトル」で見事最優秀賞に選ばれました。 電気の専門家でなくても電子回路を活用して新しいものを作り出すことができる、そんな画期的な製品群をAgIC(エイジック)が出しています。アイデア次第でいくらでも可能性が広がり、教育、おもちゃ、趣味、デザインなどの分野で大きなインパクトがありそうです。 下の動画は、電子回路を描いて“消せる”ペン「Erasable Circuit Marker」。 こちらの動画は、電気を通すインクの入ったインクカートリッジを使って、家庭用のインクジェットプリンターで電子回路が印刷できてしまうというもの。 AgIC lets you print circuits with an inkjet   参考 電子回路をコピー用紙に印刷「AgIC」が最優秀賞:TechCrunch Tokyo 2014 スタートアップバトル(ASCII.JP 2014年11月20日):”AOLオンライン・ジャパンが運営するテクノロジーメディア「TechCrunch」が19日、都内でスタートアップ企業と関係者を集めたイベント「TechCrunch Tokyo 2014」を開催” 東大発ハードウェアベンチャーのAgICが電子回路を描いて消せるペンをKickstarterに出品(週アスPLUS 2014年11月18日):”銀ナノ粒子を含む特殊なインクを使うことで、家庭用の普通のプリンターで電子回路を印刷できようにする『AgIC Print』を開発したハードウェアベンチャー“AgIC”が2014年11月18日、電子回路を描いて“消せる”ペンを同梱したキット『Erasable Circuit Marker』を米国のクラウドファンディングサイト“Kickstarter”に出品し、事前予約を開始した。” AgIC株式会社ウェブサイト:”AgIC は Ag Inkjet Circuit の略であり、家庭用のプリンターを電子回路基板の製造機に変えます。” Kawahara et al., Instant inkjet …